外傷性窒息の診断・病態・治療について、できるだけ詳しく(できましたら、専門的に)教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

外傷性窒息(traumatic asphyxia)は窒息の分類上


呼吸運動障害による窒息に入ります。

■所見(診断のてがかり)
臨床救急の所見で
1)肋骨多発骨折によるフレイルチェスト、あるいは広範な圧迫による打撲所見。
2)溢血点著明
3)顔面うっ血、うっ血にともない脳内出血を合併することがある。
法医学的な所見としては窒息死の所見として同一です。
1)溢血点あり(眼球・眼瞼結膜、顔面)
2)死斑が強く広範囲に出現する(死体血の流動性が高いため)
3)死硬直が早く出現する(死亡直前の痙攣による筋肉疲労による =即時性硬直 )
4)失禁をみる(糞便、尿、精液)
5)内臓うっ血がみられる。
6)粘膜、漿膜下に溢血点が著明に見られる。
■病態
呼吸不全と外傷性ショックで説明されます。
■治療
呼吸路の確保(陽圧呼吸)
外傷性ショックに対する対応
1)内臓出血や疎血に伴う多臓器不全に対する処置
2)脳内出血や疎血に伴う脳圧亢進、組織損傷に対する処置
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この度は、どうも有り難うございました。お礼が遅れ、申し訳ございませんでした。また、いろいろとご指導、お願いいたします。

お礼日時:2002/02/08 04:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳梗塞後の糖尿病・脂質異常症・高血圧の治療について

70才 女性の治療をどうすべきかアドバイスをお願いいたします。

(経緯)
高血糖については、20年以上指摘されてきましたが、服薬に抵抗があり、治療を受けていませんでした。3年前に脳梗塞になったのを機に、脳神経外科で脳梗塞と糖尿病の処方を受けてきました。ここ1年位、胸の痛みがあり、最近、循環器科で検査を受け、心臓は問題ないが動脈硬化があり、血糖と脂質異常症をもっとしっかりコントロールすべきとのことでした。

(質問1 診療科について)
正直、脳神経外科での糖尿病治療は物足りないのですが、脳神経外科での糖尿病治療は一般的なのでしょうか?
循環器科で糖尿病の治療を受けた方がいいでしょうか?それとも、もっとふさわしい診療科がありますか?

(質問2 脳梗塞の治療について)
もし糖尿病の治療を循環器科に移行したとしたら、脳神経外科への通院はどの程度になるでしょうか?脳梗塞後の一般的な管理について教えてください。
脳梗塞後の管理を循環器科に移行しても、大丈夫なのでしょうか?

(質問3 糖尿病の治療について)
糖尿病ではどんな治療をしていくのでしょうか?例えば、血液検査の頻度はどの程度が一般的でしょうか?服薬以外に、栄養指導、入院治療等などは効果的でしょうか?

以下、参考になるかと思われるデータを記載します。
70才 女性 150cm 60kg
・血糖値200 ・ヘモグロビンa1c 18 ・LDLコレステロール180 ・TG 270
現在の処方薬 プラビックス75mg、セイブル50mg、ゼチーア10mg 各1日3錠
ストレスによる過食があり、食事をコントロールできない。
トイレはとても近い。
目がかすみ、見えにくい。

どうぞよろしくお願いいたします。

70才 女性の治療をどうすべきかアドバイスをお願いいたします。

(経緯)
高血糖については、20年以上指摘されてきましたが、服薬に抵抗があり、治療を受けていませんでした。3年前に脳梗塞になったのを機に、脳神経外科で脳梗塞と糖尿病の処方を受けてきました。ここ1年位、胸の痛みがあり、最近、循環器科で検査を受け、心臓は問題ないが動脈硬化があり、血糖と脂質異常症をもっとしっかりコントロールすべきとのことでした。

(質問1 診療科について)
正直、脳神経外科での糖尿病治療は物足りないのです...続きを読む

Aベストアンサー

>目については、年に1度、眼科にかかり、特に何も言われていないのですが、網膜症
の心配はあるのでしょうか?

→霞の招待が、単純性の白内障なら年齢相応ですが、網膜の状態については聞いてみたことはありますか?視力検査ではなく、眼底の状態を断層写真を使うなどして仔細に観察する必要があります。眼科医にも、検査結果や治療内容をきちんと伝えてください。特に、Hba1cは必ず伝えることです。

>腎臓については、血液検査で分かりますか?これについても、特に指摘されません
でした

→腎臓は、尿検査で分かるクレアチニンが主要な指標です。体重にもよりますが、年齢を考えると概ね1.0という数値を超えていると相当悪化していると言えるでしょう。ただ、この数値は悪化し始めるとどんどん上がっていくため、目に見えて数値が上がらないようにすることが大事です。クレアチニンの上昇がある場合は、血圧の上昇と尿蛋白陽性が同時に見られると思います。

腎臓の機能を簡便に図る方法として、eGFRという手法があります。クレアチニンと性別という2つの数値だけで腎臓の残機能が何%くらいあるかをおおよそ図るものです。
http://www.kyowa-kirin.co.jp/ckd/check/check.html

ちなみに、腎臓は50%くらいになっても全く生活に支障はありません。残り20%くらいになってくるとだんだん怪しくなってきます(尿の回数が減ったり浮腫が出ます)。10%~5%位になると目に見えて体調が悪化します。5%を切ると、ほとんどの人は生きていくことはできません。

> 「これらが十分に連携し、慎重に治療計画を立てることが必要です。医師同士で会
話してもらうしかないでしょう。」とのことですが、循環器科の先生のお話を聞いた
限りでは、連携を密にしていただくのは難しそうに感じられたんです

→そうなんですね。実は私も状況は同じで、私も同じ大学病院の複数科にかかっていますが、診察の主要な目的は、私が、他の診療科で受けた検査結果や言われたことを伝えることです。自分自身が連絡係になってお互いの先生に情報を伝えているのです。

同じ病院内で電子カルテ化されているのにこの有り様ですから、他病院では先生同士が会話してくれる、というのは期待できないかもしれないですね。私の回答に無理がありました。申し訳ありません。

現代の医療は複雑化しすぎて専門性が高いためと、互いの領域には踏み込まないという、患者にとってはよく意味の分からないマナーが存在するように思います。糖尿の先生に腎臓のことを聞いたら、「それは腎臓の先生に聞いて!」となんだか怒られたことがありました(^_^;) 

>それから、糖代謝内科というのが近所にありません。交通の不便な所に住んでおり、
脳神経外科と循環器科の二つに通うのは無理なので、循環器科に通って、脳神経外科
を3ヶ月に1度位がいいのかなと思ったりもしています。

→名称は糖尿科だったりしますが、交通の不便さもあるのでしたら、まずは最も重大な循環器、心臓を守ることを第一に考えるのが良いかもしれないですね。質問者様の考えで良いと思います。糖尿病は慢性疾患ですから時間の猶予が有るとはいえ、自己管理をしっかり行う、ということは忘れないようにしてください。それと、上述の、お互いの先生に状況を説明することを忘れないで下さいね。

服薬に関しては、できれば経口薬ではなく、インスリン注射が良いように思いますが、食事の内容も気をつけてください。最も危険なものは「ご飯」です。これは炭水化物、つまり砂糖を山盛りにして食べているのと同じです。そばやうどんも、油っこくなくてカロリーは低いように思いますが、これも炭水化物の塊なのでものすごい勢いで血糖値が上昇します。逆に、脂身たっぷりのステーキはカロリーは高いですが血糖値はそれほど上がりません。このあたりも、ご本人と質問者様で同時に栄養指導を受けてみると気づきが得られると思います。

>目については、年に1度、眼科にかかり、特に何も言われていないのですが、網膜症
の心配はあるのでしょうか?

→霞の招待が、単純性の白内障なら年齢相応ですが、網膜の状態については聞いてみたことはありますか?視力検査ではなく、眼底の状態を断層写真を使うなどして仔細に観察する必要があります。眼科医にも、検査結果や治療内容をきちんと伝えてください。特に、Hba1cは必ず伝えることです。

>腎臓については、血液検査で分かりますか?これについても、特に指摘されません
でした

→腎臓は、尿検査で...続きを読む

Q「消化器官・内臓・血糖値・肥満・糖尿病・インスリン」と「食べ放題・大盛」との関係(健康志向)

サラダを先に食べ、10分後に米飯を食べると血糖値の急上昇が抑えられる&ピークも下がる
という研究結果があります。

「低Glycemic Index食の摂取順序の違いが食後血糖プロファイルに及ぼす影響」
金本 郁男, 井上 裕, 守内 匡, 山田 佳枝, 居村 久子, 佐藤 眞治
日本糖尿病学会誌「糖尿病」(2010)2月号、 53(2):96-101
http://ci.nii.ac.jp/naid/10026317538
(「機関リポジトリ」で無料で見られます。)
(箱根駅伝で有名な城西大学の薬学部の先生が中心になってまとめられた研究とのこと)

上記の食べる順序にかなり興味を持ちました。
今回質問したいのは、食べる量:食べ放題や大盛やバイキングで山盛りにする場合、
消化器官・内臓・血糖値・肥満・糖尿病・インスリン分泌(過剰)に悪影響は
あるのでしょうか。
量的にはどれくらいまでなら悪影響はないor少ないのでしょうか。
腹八分目(デザートならまだ大丈夫かな)・満腹(もういい)・
超満腹(100m全力走したら吐く)までならおkとか、
分かりやすいと有難いですが、正確な表現が必要なら
それで結構です。よろしくお願いします。

サラダを先に食べ、10分後に米飯を食べると血糖値の急上昇が抑えられる&ピークも下がる
という研究結果があります。

「低Glycemic Index食の摂取順序の違いが食後血糖プロファイルに及ぼす影響」
金本 郁男, 井上 裕, 守内 匡, 山田 佳枝, 居村 久子, 佐藤 眞治
日本糖尿病学会誌「糖尿病」(2010)2月号、 53(2):96-101
http://ci.nii.ac.jp/naid/10026317538
(「機関リポジトリ」で無料で見られます。)
(箱根駅伝で有名な城西大学の薬学部の先生が中心になってまとめられた研究とのこと)

上...続きを読む

Aベストアンサー

私は専門家ではないので論理的な記述は出来ないかもしれません。
長文になってしまったのでご批判ある場合は申し訳ないです・・・

身内で糖尿病の経験があるので様々な医師のお話を聞く機会がありましたので
一部でもお伝えしたいと思います。

糖尿病に関して何がやっかいかと言うと
医師によっても治療方針が様々で、複数で受診して違う治療方針の場合に悪化したりする場合がある事です。
せっかくの日本糖尿病学会の内容ですが、医師によっては全く反論の立場である事もあるようです。
そんな訳で結構悩んでいたのですが、幸いにも治療方針に体が合っていたようで現在は良好です。
一般的には、薬剤(血糖降下剤、インスリン)を投与してカロリー制限の食事、運動となるのですが、
実際に完治する例は稀なのが事実です。
私達家族は事前に聞かされていたので、自己で調べた治療方針にあった医師を頼る事にしました。
それが『糖質制限』です。

糖尿病は、単純に糖質の摂り過ぎです。
もっと言うと炭水化物の摂り過ぎという事になります。
更に言うと炭水化物は多くの植物系に含まれている原料で、動物系には殆ど含まれていません。
この様に整理しますと、動物系のみを選んで食べると糖尿病の判定基準である血糖値は正常に戻ってしまいます。

しかしながらおそらく私達が聞かされている一般的な知識では
・動物性は体に悪い
・ご飯、野菜は栄養豊富
などがまず言われます。
ただ、よく考えると漠然とは言われるものの実際はどうなのかを深く考えてはいません。
私達家族が医師に教えられてもっともだと思ったのは、

ご飯、野菜に栄養はあるが、体の細胞は殆ど造る事ができない

という事です。
なぜなら、細胞は、主に肉、魚、卵に含まれる、脂肪酸とアミノ酸でできているからです。
そしてその比重は脂肪酸の方が多い位なのに関わらず、一般的には、

脂肪の摂り過ぎはよくない

と理由もなく、思ってしまっています。
で、私の家族はひたすら4年間、肉、魚、卵を塩のみの味付けで食べた所、健康診断上では
E→Bまで回復しました。
この結果については、糖質制限では他にも多くの事例で殆ど血糖値については正常値に戻っています。

・・・・・長々と書きましたがご質問の食べ放題が糖尿に与える影響としては

・肉、魚、卵を塩のみで食べる場合の量はあまり関係なし
 ソース、カツの場合は糖質、脂肪を含むので要注意。脂肪は糖質なしで食べると必要分のみ吸収され、
 アミノ酸と共に細胞になる。
・糖質を含む食べ物を食べると消化器官・内臓・血糖値・肥満・糖尿病・インスリン分泌(過剰)に影響する

です。

 消化器官
 炭水化物が消化器官に負担になります→逆流性食道炎、ピロリ菌(悪玉菌の餌)、腸内でも糖質は主に悪玉菌の餌になります。
 悪玉菌はガスを発生させるので放屁の度合いも増えます。
 一方炭水化物のもう一つの成分の食物繊維は乳酸菌などの餌になります。ただし摂り過ぎは逆に便秘になります。
 便秘対策は脂肪酸を含む脂の方が効きます。
 内臓
 糖質が脂肪酸を取り込んで中性脂肪から内臓脂肪を造ってしまいます。
 脂肪酸がアミノ酸を取り込めば本来の細胞(筋肉、骨、脳全て)を造ります。
 血糖値
 糖質を摂れば血糖値は上昇します。
 GI値の低い食品を摂れば緩やかに上昇しますが、やはり血糖値は上がります。
 血糖値スパイクと呼ばれる血糖値の急上昇、急降下は抑えられますが、HbA1cの値は糖質の摂取に応じて上昇します。
 肥満
 肥満は中性脂肪を抑える事です。
 その為には糖質を抑えることが重要です。
 糖質が脂肪酸を取り込む事と血糖値の上昇によってインスリンが分泌されて、血糖値を下げようとして変わりに脂肪細胞を造ります
 肥満にならない為には血糖値の増減を少なくする事です。
 血糖値の上昇を緩やかにするという事と増減を少なくするという事は意味が違います。                    
 インスリン
 インスリンについては糖質摂取量が全てです。
 糖質を大量に摂るとインスリンは大量に出ます。
 肥満にもなりますし、急激な血糖値の上下動は高血糖状態でも低血糖の症状が出たりします。
 あと、インスリン抵抗性といって脳がインスリンの信号を受け取りにくくなるので血中の糖を細胞に送る機能が失われてきます。

 最後に一番重要なのが血管です。

 糖尿病にしても何が怖いかというと血管の損傷が起きるからです。
 植物に例えると根(血管)が腐ると植物が枯れます。
 これと同じ状態が体内で起って脳梗塞、心筋梗塞などの血管系の病気、認知症、
 そして最も恐ろしいのは癌等の合併症です
 癌の餌はブドウ糖で、糖尿病と切っても切れない関係があります。

私は専門家ではないので論理的な記述は出来ないかもしれません。
長文になってしまったのでご批判ある場合は申し訳ないです・・・

身内で糖尿病の経験があるので様々な医師のお話を聞く機会がありましたので
一部でもお伝えしたいと思います。

糖尿病に関して何がやっかいかと言うと
医師によっても治療方針が様々で、複数で受診して違う治療方針の場合に悪化したりする場合がある事です。
せっかくの日本糖尿病学会の内容ですが、医師によっては全く反論の立場である事もあるようです。
そんな訳で結構悩んでい...続きを読む

Q数年前に、外傷を負った鼻をまっすぐにしたいです。

 都内在住 20代 男性です。

 数年前、鼻に足が勢いよく当たってしまったことがあります。かなり鼻血が出ましたが、痛みはすぐに治まったので、そのまま生活していました。
 最近、友人に鼻の変形を指摘されたのと、古傷が痛むようなことが続いたので、都内にある耳鼻科専門病院を受診しました。
 
 病院でCTを撮った結果、鼻中隔が曲がっていて(折れてくっついた様なあと?)、外傷が原因でないかと言われました。手術で鼻中隔は真直ぐに治るようなのですが、ぶつかった分、鼻がつぶれた様に低くなっているので、鼻の形はもと通りに治るのかなと、心配しすぎかもしれませんが、ほかに顔に後遺症があるのではと思っています。
 
 そこで一度、現在かかっている先生にも相談して、大学病院の形成、美容外科を受診しようと思っています。
 自分なりに本や、都内にある大学病院の形成外科のHPなどを見ましたが、顔、鼻に長けている、また研究に力を入れている病院が、あったら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

紹介状と画像などの資料をもっていけば同じ検査を全部いちから行うことはありませんよ。

Q糖尿病専門医と甲状腺専門医の違い?

私は現在甲状腺機能亢進症(バセドウ病)で
近所にある総合病院の内分泌内科に通っているのですが
最近主治医の診察内容に納得ができない事が多くて
その主治医についてネットで調べてみたら都内の某大学病院から
週に1回だけ来ている非常勤の先生だと初めて知りました。

その大学病院のHPにあるプロフィール欄でわかったことは
医学部:助手ということと糖尿病学とだけ書いてあることだけでした。
甲状腺という文字はどこにも書いてありませんでした…。

そこで質問なのですが
(1)糖尿病専門の医師と甲状腺専門の医師とでは違いはあるのですか?
(2)糖尿病専門の医師が甲状腺疾患の患者を診る事はよくあることなのですか?
(3)セカンドオピニオンを受けた方が良いでしょうか?


ご回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

バセドウ病歴約8年で、甲状腺専門病院に通院してい
る者です。

>最近主治医の診察内容に納得ができない事が多く

・納得出来ない理由
・バセドウ病の治療を始めて、何ヶ月経過しているか
・薬の投与量
・病状の経過

程度の説明が無いと何とも言いようがないです。

>(2)糖尿病専門の医師が甲状腺疾患の患者を診る事はよくあることなのですか?

あると思います。
私の通院している病院も、甲状腺専門病院であるととも
に、糖尿病専門病院でもあるので、診察日によっては
糖尿病専門医に診察してもらうこともあります。

ただ、糖尿病患者数に比べれば、甲状腺関連の病気の
患者数は少ないので、医師によっては甲状腺の疾病に
詳しくない人もいると思います。

>(3)セカンドオピニオンを受けた方が良いでしょうか?

質問掲示板でこの手の質問は時々見かけますが、すぐ
にでも転院した方がいい場合もあれば、単に医師との
意思疎通不足と見受けられる場合もあるので、先に書
いたような詳細が判らないことには何とも言いようが
ありません。

いずれにせよ、「セカンドオピニオン」ではなく、
「転院」になると思います。

「セカンドオピニオン」は、ガンなど、治療法がドクター
の方針によって大きく異なったり、新しい治療法が次々
に出てくる疾病に必要なことだと思います。

バセドウ病歴約8年で、甲状腺専門病院に通院してい
る者です。

>最近主治医の診察内容に納得ができない事が多く

・納得出来ない理由
・バセドウ病の治療を始めて、何ヶ月経過しているか
・薬の投与量
・病状の経過

程度の説明が無いと何とも言いようがないです。

>(2)糖尿病専門の医師が甲状腺疾患の患者を診る事はよくあることなのですか?

あると思います。
私の通院している病院も、甲状腺専門病院であるととも
に、糖尿病専門病院でもあるので、診察日によっては
糖尿病専門医に診察してもらうこともあ...続きを読む

Q糖尿病の進行状況・治療について。

義兄の事で相談させて頂きます。
義兄(38歳)は2年ほど前に糖尿病との診断を受けたのですが、先日久しぶりに会った時に足の指が壊疽を起こし始めていました。ひどいのは1本のみですが、全ての足の爪がおかしくなってきています。
ですが、以前から全く生活態度を改めてくれなく、幾ら言っても煙草を吸う(義母曰く、病院では吸っていけないとはいわれていない、幾ら言っても本人が止められないんだから仕方がない)、ジュース・お菓子等を結構食べる(かなりの肥満です)、運動をしない、好きなだけ食べ物を食べる等、好きなように生活しています。
私は一緒に生活している訳ではないのでよくわからないのですが、服薬はしているものの、糖尿病については家族全員が全くよくわかっていないようなんです。壊疽もただの怪我と思っているようでしたし。。
夫が日頃の生活を色々言って煙草を取り上げても、睨みつけてきたりする始末。義母も「可哀想なのよ、糖尿病で~」等とのんきなのです。
義兄は精神障害者でもあるので、ある意味かなり甘やかしている部分があるようです。
私は嫁の立場なのであまり口を出せないのですが、正直言ってかなり心配です。義母達は生活保護を受けているのですが、これから先、保護費だけで治療ができるのか、また、全く生活態度を改めない義兄をどうしたら良いのか、ほとほと困っています。この2年間散々色々と言ってきたのに、何も改善されてはいません。
糖尿病で壊疽などが始まると、やはり状況としてはかなり深刻なのでしょうか?また、現在は服薬のみらしいのですが、今後はどのような治療に入っていくのでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

義兄の事で相談させて頂きます。
義兄(38歳)は2年ほど前に糖尿病との診断を受けたのですが、先日久しぶりに会った時に足の指が壊疽を起こし始めていました。ひどいのは1本のみですが、全ての足の爪がおかしくなってきています。
ですが、以前から全く生活態度を改めてくれなく、幾ら言っても煙草を吸う(義母曰く、病院では吸っていけないとはいわれていない、幾ら言っても本人が止められないんだから仕方がない)、ジュース・お菓子等を結構食べる(かなりの肥満です)、運動をしない、好きなだけ食べ物...続きを読む

Aベストアンサー

ずっと鬱病で苦労しているところに、2年半くらい前に重度の糖尿病になってしまった者です。
そういう点では、義兄さんに似ていますね。
違うところといえば、両親を早く病気で亡くし、兄弟とも関東(私)と四国(兄妹)と離れて暮らしている点でしょうか。

>足の指が壊疽を起こし始めて

それは大変な状況です。
主治医に報告しているでしょうか?

>好きなだけ食べ物を食べる
>糖尿病については家族全員が全くよくわかっていない

義兄さんは義母さんなど、同居の方はいないのでしょうか?
糖尿病の治療は、食事等の家族の協力(特に食事を作る人)が必要です。
病院での栄養指導などを、家族の方も受けていると思うのですけどね?

>現在は服薬のみらしいのですが、今後は

壊疽が起こるほどの状況なのに、内服薬(血糖値を下げる薬)のみなのでしょうか?

インスリン注射が必要な場合は、2週間程度の入院をして、インスリン量を決めたり、いろいろな教育指導を受けますが、義兄さんは入院経験はないのでしょうか?

血液検査で分かる以下の指標で、ある程度の状況が判断されます。

(1)空腹時の血糖値
(2)HbA1c・・・ヘモグロビンA1c=過去2ヶ月くらいの血糖値の平均が分かる

糖尿病についてまとめられたサイトがあるので、紹介しておきます。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/tounyou/about.html

http://www.e-kenkouseikatsu.net/studyidis/dm/shojyo_dm.html

参考URL:http://www.e-kenkouseikatsu.net/studyidis/dm/shojyo_dm.html

ずっと鬱病で苦労しているところに、2年半くらい前に重度の糖尿病になってしまった者です。
そういう点では、義兄さんに似ていますね。
違うところといえば、両親を早く病気で亡くし、兄弟とも関東(私)と四国(兄妹)と離れて暮らしている点でしょうか。

>足の指が壊疽を起こし始めて

それは大変な状況です。
主治医に報告しているでしょうか?

>好きなだけ食べ物を食べる
>糖尿病については家族全員が全くよくわかっていない

義兄さんは義母さんなど、同居の方はいないのでしょうか?
糖尿病...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報