マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 先日、友達とくだらない会話をしていたんですが、「宇宙ってなに?」という話になりました。
 宇宙は何も無い空間で何でそこに地球をはじめとした惑星があるんでしょう?。
 私は以前から宇宙には興味があったので、そういう類のテレビは見るようにしているんですが、その浅い範囲での知識として。
 1、ビッグバンから宇宙が生まれた
 2、私たちの宇宙はひとつの宇宙で他にも沢山宇宙がある。
 程度です。
 しかし、その宇宙がある空間とは何でしょうか?。
 そして、宇宙が出来てその後に星は何を材料に星を形成したのでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 2000年以上前の古代ギリシャの人たちは、


宇宙を巨大な生き物だと考えていました。

 現代物理学の1つ結果として、宇宙には法則、
つまり動きにきまりがあり、ブラックホールと
いった巨大な重力場は、物体の形、エネルギーといった情報を
を壊して宇宙空間に放出しているとして
いるんです。

 動きに論理があり、情報を制御している。
つまり宇宙は巨大なコンピュータかも
しれないというわけです。

 高度な情報処理システムは知能を
持つかもしれません。

 つまり、古代ギリシャ的考えでも、
現代の物理学でも、答えは同じで、
宇宙は巨大な生き物である可能性がある
ということです。


> しかし、その宇宙がある空間とは何でしょうか?。

 巨大生物の大腸の中かもしれません。
    • good
    • 0

これ、詳しく説明すると際限が無いので、あらすじだけ書きますね。



あとは、私の文中にあるキーワードをネットで検索すれば、いくらでも情報が引っかかりますから。


1.
宇宙の種の誕生

(最も有力な説)
「真空」とは、本来、「何も無い」という定義の言葉でしたが、現在の物理学では、違う意味になってしまいました。
かげろうがゆらゆら揺れるがごとく、真空にも「揺らぎ」があり、ある確率で突如、物質と反物質とが出現することがあります。(これは量子力学の話になります。)
そうして誕生した宇宙の種は、「虚の時間」を通って、実時間の世界へやってきました。
虚数って、ご存知ですよね?
2乗したらマイナスになる数です。
宇宙の種は、虚数時間を通って現実の世界へ来たのです。


2.
インフレーション
http://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙のインフレーション
上記で生まれた種宇宙は、現在の宇宙の膨張速度、つまり、時間と膨張が比例するという穏やかなスピードではなく、倍倍計算、つまり、指数関数的な、とんでもない速さの膨張をしました。
そして、次の段階へ移ります。


3.
ビッグバン
http://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙の年表
ついにビッグバンが起こりました。
ビッグバンが起こって間もなく、宇宙の物理法則の全てを決める、
・重力
・核力1(強い相互作用)
・核力2(弱い相互作用)
・電磁気力
という4つの力(と、それをつかさどる粒子たち)が次々と誕生しました。これを、物質が固体→液体→気体と変化することに例えて「真空の相転移」と呼びます。


4.
元素の誕生
http://ja.wikipedia.org/wiki/宇宙の元素合成
元素のうち、最初に合成された元素は、ごく一部の軽い元素でした。(現在でも、宇宙で最も多い元素は水素、第2位はヘリウムです)


5.
銀河、星の誕生

宇宙の中は均一ではなく、ところどころ濃いところ、薄いところがありました。
濃いところは、互いの重力により、さらに密集し、銀河や星を作りました。
そして、元素も、より重い元素が誕生しました。


この辺で、やめときます。


あと、
「私たちの宇宙はひとつの宇宙で他にも沢山宇宙がある」
についてですが、
これには、色々と理論、説があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/パラレルワールド
「ベビーユニバース」っていうのが有名ですね。
個人的には、この世に宇宙が唯1つである、ということは有り得ないと思ってます。
しかし、
「宇宙の外」=「こちらの宇宙とは因果律が切れている」
 =「我々には手が届かない」
ですから、
仮に存在しても、観測や実験で証明は出来ないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙以前に…「この世」って何ですか

誰でも一度は思ったことあると思います。
「宇宙は何であるのか」って。
宇宙の中にたくさんの星があることはなんとなくわかります。
宇宙についてはビッグバン(?)とかなんかいろんな理論があるみたいですね。でも何のことかあまりよくわからないのでその話は置いておきます。

問題は「この世」です。あ、天国地獄とかそういうのでなくて。上手く言葉で言えないんですけど・・

宇宙空間にも端っこというのはあるんですよね?その外は物質の入れないところになっていると聞きましたが。。それではその外の部分にも宇宙以外の宇宙空間のようなものはあるのでしょうか?
ええと、ひとことで言うと「宇宙は他にもあるのか」ってことです。勿論あったとしても名前や環境や性質は違うかもしれないですけれど。。
それで、そういう空間があったとして、さらにどうしてその世界があるのか。。

なんかすみません、色々言ったあげくあまり質問の説明になってないというか・・;
きっとここでは説明しきれないくらいのすごいことなんでしょうけど、私の言いたいことなんとなくわかってくださった方、簡単に回答お願いします!!

誰でも一度は思ったことあると思います。
「宇宙は何であるのか」って。
宇宙の中にたくさんの星があることはなんとなくわかります。
宇宙についてはビッグバン(?)とかなんかいろんな理論があるみたいですね。でも何のことかあまりよくわからないのでその話は置いておきます。

問題は「この世」です。あ、天国地獄とかそういうのでなくて。上手く言葉で言えないんですけど・・

宇宙空間にも端っこというのはあるんですよね?その外は物質の入れないところになっていると聞きましたが。。それではその...続きを読む

Aベストアンサー

>それではその外の部分にも宇宙以外の宇宙空間のようなものはあるのでしょうか?

理論的にはあるはずだということになってきて
いて、今いろいろ実験をやっています。

 事の始まりは、100年以上前にミンコフスキーと
いう学者が、この世の中には縦横高さ以外に
時間という方向があると考えると物理現象が
うまく説明できると言ったことからなんですが、
このミンコフスキーという人、相対性理論で
有名なアインシュタインのいたスイス連邦工科大学の
先生で、相対性理論が時間方向を含めた
4次元の理論として完成したのはこの先生の
おかげでした。
 数学的に空間が安定な次元(空間の方向の数)
というものがあって、4次元というのはその
安定な次元の1つなんです。
 4次元以上でも安定な次元というのがあって、
そういった高次元で物理学の式を計算して
みるという試みが沢山行われたわけです。

 現在11次元あると仮定すると、理論的に
いろいろな計算がうまく行くというところで
多くの学者の意見が一致しています。
 問題は、5~11次元がどうして人間に
見えないのか?観測されないのか?

 それは我々の宇宙の外側に大きく広がって
いるのではないか?ということなんです。

>さらにどうしてその世界があるのか。。

 どうも誰かが作ったらしいと理論物理学者の
多くは考えています。そして、それ、つまり
宇宙は生命と呼べる存在かもしれないと
いうあたり、みんなうすうす感じています。

 宇宙は巨大な生き物であるというのは、
今から2400年くらい前の古代ギリシャの
哲学者たちが言い出したことなんですが、
今のような科学技術はなかったものの、
古代ギリシャの哲学者達の洞察力は
卓越していたので、今でも多くの学者が
参考にしています。
 生き物というからには、仕組みを持って
動いていて、意志があるということです。

 18世紀の産業革命をきっかけに、ゼンマイ
時計や蒸気機関といった機械が世の中に
多く出回りはじめたころ、多くの学者は
この世、つまり宇宙は巨大な機械では
ないかと考えていました。人間が物理法則と
呼ぶきまりに従って動く機械ということです。
 電波を記述する理論として有名な
マックスウェル方程式ですが、これを考えた
マックスウェルは、歯車を書きながら
この理論を考えたと言われていて、電気や
磁気といった現象は、時計のような機械仕掛け
の宇宙で起きる現象だと考えていたわけです。

 1970年にホーキングという学者が、
光も吸い込んでしまうと言われていた
ブラックホールからエネルギーが
放射されるという理論を出したのを
切欠に、ブラックホールに何か物が
吸い込まれてしまった場合、その形の
情報はどうなるのか?という議論が持ち上がり
情報も放射されるという結論になりました。
 ブラックホールは、情報を吸い込み形を
変えて出力する巨大な量子コンピュータと
いう仕組みを持っていることが分かったんです。

http://www.nikkei-science.com/
2005年2月号

 研究が進み、宇宙全体に同じような仕組みが
あることが分かりました。

 今人間が使っているコンピュータも
回路上に電圧があるかないかという単純な
2つの状態を多数組み合わせて結果的に
複雑な動作をしていますが、宇宙の
場合、粒子の右まわり、左まわりといった
簡単な現象の組み合わせで複雑な動きをしているんです。

 ★コンピュータのような演算の仕組みを
持った、巨大な機械、これが宇宙です。

 普通のコンピュータの電子回路の
動きも、部分的に見ているとめちゃくちゃで
動作の意味はわかりにくいですが、全体と
しては、ある意味ある計算をしたりしている
わけで、宇宙も人間の身近な現象だけ見ていると
無意味に見えるものでも、宇宙全体の動きを
一度に見ることができれば、何か意味ある
ことをしていることが分かるかもしれないんです。

 我々の宇宙は、大海原を泳ぐクジラの
ようなもので、その外側には大きな海の
ような広い空間があり、他のクジラ、
つまり他の宇宙もありそうなわけです。

 人間は宇宙という名のクジラのおなかの
中に住む微生物みたいな存在だと思います。

>さらにどうしてその世界があるのか。。

 作ったやつらがいそうです。
それは宇宙の外の観測が本格化
すれば分かることだと思います。

 

>それではその外の部分にも宇宙以外の宇宙空間のようなものはあるのでしょうか?

理論的にはあるはずだということになってきて
いて、今いろいろ実験をやっています。

 事の始まりは、100年以上前にミンコフスキーと
いう学者が、この世の中には縦横高さ以外に
時間という方向があると考えると物理現象が
うまく説明できると言ったことからなんですが、
このミンコフスキーという人、相対性理論で
有名なアインシュタインのいたスイス連邦工科大学の
先生で、相対性理論が時間方向を含めた
4次...続きを読む

Q宇宙の外側って何があるのですか?

宇宙の外側って何があるのですか?

何もない(空間、時間すらない)のですか?

Aベストアンサー

「宇宙の外側」の意味には2通りあって、

一つは、No.1回答のように、観測できる範囲の外側、という意味で、この場合には外側にも(たぶん)同じような宇宙が広がっているのだろうけど、見えないだけ。ということになるのでしょう。

もうひとつは、かって、この地球はどこまでも2次元的に広がる平面(無限の大きさ)だと思われていたのが、じつは有限の大きさの球体だったように、この宇宙も無限に広がる3次元空間でなく、巨大な4次元球体の一部を見ているだけ。という説によるもので、外側とは4次元球体の外のことなので、これはほんとに何も存在しないのかもしれないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報