腎臓って心臓みたいに、部屋にわかれてるんですか??
病名忘れたんですが、腎臓に部屋が多いと言われたのですが??
なんの病気なのでしょう??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずは、下記URLの図2を見てください。


   http://isweb2.infoseek.co.jp/~maoda/jinzou.html

三角形の形をしたものがいくつかありますよね。
su-piさんの言われる「部屋」とは、このことだと思います。
これが多いということで思いつくのは、
  「多発性嚢胞腎」
   su-piさんのおっしゃる、のう胞腎のことです。
   下記URLが詳しいです。
      http://www.jinzou.net/01/ippan/pages/qa/qan.html …
   紛らわしいのですが、「腎嚢胞」というのもあります。
   こちらは、嚢胞腎ほどの症状はありません。
      http://www.jinzou.net/
   上のURLと同じですが、腎嚢胞についても書かれています。

  「重複腎盂尿管」
   主に小児の疾患です。先天性の奇形です。
      http://www.med.toho-u.ac.jp/ri/ippan%20topics4.htm
 
NO.1のhirono_taさんの言われる、【憩室】というのは
私も聞いたことがなかったので調べましたが(勉強不足・・)

  腎盂憩室:稀な先天異常の1つで、その存在は臨床上問題にされない例が多い
                      標準泌尿器科学 医学書院
のことだと思います。憩室に限らず、尿が長い間留まっている
という状態は細菌が繁殖しやすいので、
水分を多く摂るように言われたのではないでしょうか。

以上は学生レベルでの回答ですが、このサイトには
shu_s先生という泌尿器科の先生がいらっしゃいますので
そちらの回答を参考にしてください。
(おそらく今日明日にも回答いただけると思います)

shu_s先生よろしくお願いします!

参考URL:http://www.jinzou.net/

この回答への補足

回答ありがとうございます。。
多発性のう胞腎について調べてみたんですが、
これって、100%遺伝ですか??どこのHP見ても、先天性と書かれているのですが
そう考えると、私の家系には腎臓が悪い、もしくはくも膜下出血をおこした、人は一人もいないのですが?そうなると、hirono_taさんがおっしゃる通り憩室なのですかね?

補足日時:2002/01/25 00:15
    • good
    • 0

下でも少し書きました「(単純性)腎嚢胞」でしたら


必ずしも先天性とは限りません。

   http://www.ohta-hp.or.jp/igaku_132.htm
   http://web.kyoto-inet.or.jp/org/khoken-i/kentele …

参考URL:http://www.ohta-hp.or.jp/igaku_132.htm

この回答への補足

腎のう胞は、けっこうみなさん持っている病気なのですね
それを聞いて、安心しました、、
今日不安だったので、病院で聞いてきたところ、嚢胞腎ではないと、言われました。 ありがとうございました。。

補足日時:2002/01/25 17:50
    • good
    • 0

たぶん【憩室】のことでしょう。


わたしも先天的奇形で右の腎臓に憩室があり、輸尿管もらせん状になっているので、憩室に老廃物が溜まったりして、腎盂腎炎になりがちです。
(このような内臓の奇形というのは意外とあるようです)
定期的に水を飲んで、排尿の回数を増やすように医師の指示を受けています。

この回答への補足

回答 ありがとうございます。。
のう胞腎、とは、また別の病気なのですかね??

補足日時:2002/01/24 15:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 単純性腎嚢胞<腎臓と尿路の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    単純性腎嚢胞とはどんな病気か  片側あるいは両側の腎臓に1〜数個の嚢胞(嚢胞液という液体が詰まっている袋)ができる病気です。通常は無症状でほとんど問題になりませんが、嚢胞による圧迫症状や高血圧、水腎症、血尿を来す時は、嚢胞液を穿刺吸引後にアルコールなどで固定したりするなどの外科的処置が必要となることもあります。 原因は何か  ネフロン閉塞や起因する嚢胞、あるいは遠位尿細管や集合管の小憩室が成長した...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腎のう胞について

腎のう胞って病気は他の臓器に例えると、ポリープみたいなものですよね?
この腎のう胞って物は、一体どのくらいの確立で悪性化するのですかね?
よく腸、のポリープは、ほぼ悪性化するろ言われてますよね。
胃なんかだと、良性の場合は、ほとんど悪性化することはないと言われてますよね。
腎のう胞と言うものは一体どちらの部類に属するのですかね?
回答よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

泌尿器科専門医として回答します。

嚢胞性腎腫瘤の発生頻度は高く50歳以上の剖検(死後の解剖確認)で50%以上みられる…そういう意味でポピュラーな疾患です。しかし良性と判断していいのは『すべての腎腫瘤性病変を否定した上』でのことであり、単純に考えていいものではありません。(主治医として管理下の元に患者さんに伝える言葉と学問的な扱い、本来の意義は等価ではありません。)

通常ポリープというと上皮細胞の実質性腫瘤でかつ悪性でないものを意味しますね。腎のう胞は肝のう胞と同じく『のう胞』という腫瘤で、まったく同じではありません。が、良性腫瘤という意味で同じ範疇に入れることがあります。
腎のう胞は腎臓の皮質に発生し、内容液は1)リンパ性の液体であることがほとんどですが、2)血性のものや3)石灰化を伴うものもあります。1)は問題がないといえますが、2)は悪性腫瘍の可能性(稀にのう胞壁に腫瘍を発生することがある)を否定できず3)に至っては腎癌に特徴的とされる所見にあたります。

問題なのは腎のう胞の場合、画像でしか鑑別は行われないこと、のう胞穿刺をしたとしても細胞診までしかできないことです。普通のポリープは組織を採取して診断する(=これを病理学的診断といい最終診断になりえます)のですが腎のう胞にはコレが許されないこと、またすることによる負担が大きいとされて選択ができないことがあげられます。つまり経過観察によって継続的に悪性の有無を判断していかなければならないということがいえるのです。また肝のう胞と比べれば数%といえども悪性腫瘍の合併例が確認されていること、またのう胞性腎癌という特殊なタイプが存在することから『一般化したお話がしにくい』ところがあるのです。

良性の腎のう胞を悪性と誤ることは現在の泌尿器科診断ではありえないと思いますが、上記悪性の兆候を認めた場合には画像のみで判断することは出来ないために拡大して切除することがあります。これを持って『誤り』とすることには医療者側からの反論は避けられないでしょう。

こうした単純性のう胞(単純性といっても必ずしも単数とは限りません)とはべつに多のう胞腎という病気があります。また多房性腎のう胞というものも今回の話題ではないと思いますので割愛します。

ここまで踏まえた上で、ご質問に答えていきますね。
単純性腎のう胞と診断された上で悪性腫瘍が合併していると判断されるのはコンマ数%です。しかし元々の母集団の大きさを思い出して下さいね。
さらに一応の診断で単純性のう胞とされていてもあくまでも確定診断とはいえない(医学的には病理診断以外での確定診断はありえない)ことを記憶していて下さい。
またのう胞性腎腫瘍の頻度は腎癌全体の数%から10%程度あります。

結論
確定診断し得ない腎のう胞性腫瘤はあくまでも仮診断であると心得よ。
以上です。

泌尿器科専門医として回答します。

嚢胞性腎腫瘤の発生頻度は高く50歳以上の剖検(死後の解剖確認)で50%以上みられる…そういう意味でポピュラーな疾患です。しかし良性と判断していいのは『すべての腎腫瘤性病変を否定した上』でのことであり、単純に考えていいものではありません。(主治医として管理下の元に患者さんに伝える言葉と学問的な扱い、本来の意義は等価ではありません。)

通常ポリープというと上皮細胞の実質性腫瘤でかつ悪性でないものを意味しますね。腎のう胞は肝のう胞と同じく『の...続きを読む


人気Q&Aランキング