知り合いから聞いた話なので本当かどうか定かでは有りませんが、建築物の耐震解析をする際の解析モデルは、一本棒(建物を一本の棒に置換している)らしいのですが、本当ですか?
このようなモデルで正しい解析結果が得られるのか甚だ疑問なのですがどうなんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんわ。

某ゼネコンで構造設計をしているものです。

本当ですよ。一本棒に置換したモデルで解析計算します。と言っても、特殊な建物の場合(免震構造など)などです。この場合、一本棒の解析だけでなく、柱や梁をモデル化した建物形状どおりの立体モデルの解析も別で行っています。一般建物はちゃんと立体モデルで解析してますので安心してください。

さて、お尋ねの一本棒モデルで正しい解が得られるかという説明の前に、一本棒モデルの解析の目的についてお話しましょう。この解析の目的は、過去に実際に起きた地震の波形を用いて、建物全体の振動性状を把握するためのものです。いわゆるシミュレーションですね。この解析によって、こういう地震がきたときは各階に最大でこのくらいの加速度がかかる、とかが分かります。この各階の最大加速度を立体モデルに外力データとして与え、個々の部材にかかる力を計算し、その力に対して部材を設計する、といった手順で建物が設計されます。

本題に戻りまして、一本棒の解析解が正確かどうか?ですが、理論的には立体モデルでの解析解と全く同じになります。全く同じなため、解析に時間のかからない一本棒モデルで解いています。
なぜ同じ解になるかを説明する前に一本棒モデルのイメージをつかむ為にこのURL(http://www.takenaka.co.jp/quake_j/hyper/hyper.htm)を見てください。ページの真中くらいに串団子のような一本棒モデルの絵があります。団子の部分は各階の質量で串の部分が各階ごとに柱や梁などの性状を考慮し集約した弾塑性の棒バネになります。柱や梁を棒バネに集約する方法は、まずあらかじめ作ってある立体モデルの解析で各階にじょじょに水平力を加えていったときの各階ごとの荷重-変位の関係を調べます。横軸にその階の変位、縦軸に水平力をとったグラフを書かせると、最初は弾性なので直線的に斜め右上に伸びていきますが、あちらこちらにひび割れなどが生じはじめると徐々に寝ていき最終的に平行に近くなるといったグラフが各階ごとに書けます。これとおなじ荷重-変位関係を持つ棒バネを作り、各階に配置します。この棒バネの性状は立体解析から得られた結果をそのまま使っている為、立体解析解と一本棒解析解が等しくなるのです。

こんな説明でご理解いただけたでしょうか?
不明な点は補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。概ね理解できました。

お礼日時:2000/12/22 19:46

解析解の話か計算機による解析の話か分かりませんが...


もしコンピュータが絡んでいるなら,棒,というのは嘘でしょう.1970年頃に,既に曲がった棒で近似した数値計算による解析をしていました.
くどいようですが,もしコンピュータを使った話なら,例えば日本応用数理学会のメッシュ生成研究会の世界を代表する日本の研究者達(東大計算機センタ,京大数理解析研究所,名大...)が真っ直ぐな棒では無く,きちんと建物を正確に近似する形状の研究をして実績をあげてます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2000/12/22 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石

磁石が同時に棒Aと棒Bの中に落下される。しかし、棒Aの磁石が棒Bの磁石より早めに到達する。それは何故ですか?
物理的に説明してください

Aベストアンサー

アクリルのほうは、何も起らず、まっすぐ磁石が落ちる。
銅のほうは、断面の部分に渦電流が生じる。
これがどう働くか?

(1)渦電流により、磁石の磁界と逆向きの磁界を発生させ、磁石にブレーキがかかる。
(2)アラゴの円盤では、円盤が回転するが、銅の棒は重くて回転できないため、磁石が移動しようとするので、まっすぐ落ちずに曲線を描くため遅れる。

このどちらかではないかと思いますが、如何でしょうか。

Q知り合いの中3の子が乗法公式でこの問題がの解き方が分からないらしいのでわかる人いたら教えて下さい!

知り合いの中3の子が乗法公式でこの問題がの解き方が分からないらしいのでわかる人いたら教えて下さい!

Aベストアンサー

図解を書きましたので、貼りつけます。
図解を参考にして勉強してください。

Q棒の先端を直角方向に引いた場合、棒は移動する?

宇宙空間に長さ1mの均質な棒が静止しているとします。
棒の先端を棒と直角にゆっくり引いたとします。
その場合棒は重心を中心に回転すると思いますが、重心は移動(加速度運動)するのでしょうか?

移動しないなら回転が終わり、棒の重心と力の方向が一直線になれば移動するのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2 tanceです。

>棒の一方の端だけ引くということです。その場合回転だけなのか、
>直線運動(移動)もするのかという質問です。


ですから、回転しながら移動します。

完全な実験は難しいですが、ある平面上の動きに限定すれば、近い実験が
可能です。それは、木片を水に浮かべて端部を引っ張る(押す)実験です。
水面という平面内の運動は重力に無関係なので、この実験で概略は
解ります。水の抵抗が十分小さくなるように、非常にゆっくり動かすことが
必要です。

いずれにしても、引っ張らなかった方の端部は慣性があるので、他端を
引っ張られても、動くまいとします。これにより自然に回転運動が生じます。
(摩擦や粘性がない、無重力かつ真空中でも慣性という一種の抵抗があります)

なお、もしも、引っ張り続けた場合は、最後は回転は往復運動になり
全体が移動するだけになるでしょう。最初軸方向と直角に引っ張るので、
回転と移動が起こり、ある程度回転してもまだ引っ張り続けると、
いずれ逆回転の向きに引っ張ることになるので、回転にブレーキがかかり
逆回転し始めます。これが回転が往復運動になると言った動きです。

一瞬引っ張っただけであとフリーにすれば、回転と移動がいつまでも続きます。

シミュレータがあればすぐ解るのですがあいにく持っていません。

No.2 tanceです。

>棒の一方の端だけ引くということです。その場合回転だけなのか、
>直線運動(移動)もするのかという質問です。


ですから、回転しながら移動します。

完全な実験は難しいですが、ある平面上の動きに限定すれば、近い実験が
可能です。それは、木片を水に浮かべて端部を引っ張る(押す)実験です。
水面という平面内の運動は重力に無関係なので、この実験で概略は
解ります。水の抵抗が十分小さくなるように、非常にゆっくり動かすことが
必要です。

いずれにしても、引っ張らなかった方...続きを読む

Q被覆菅、制御棒、燃料棒そして注水で再臨界の可能性?

福島原発1号炉での状況についてです。
まず、制御棒が働き、臨界は停止した。
しかし。全電源喪失により冷却機能を喪失。
崩壊熱により、温度上昇で、燃料棒のジルコニウム被覆菅(融点1850℃)が溶け始める。
水素発生で、水素爆発。
次に、さらなる温度上昇で、制御棒(βボロン融点2180℃、ハフニウム融点2222℃)の溶融あるいは損壊が起こる。
さらに、ウラン燃料の溶融(融点2850℃)で、ペレットの一部溶融まで進む。このとき、プルニウムとストロンチウムが溶ける。
ここで、海水注入をし。燃料棒を冷却し始めた。
一旦は、制御棒で臨界は止めたはずなのだが、制御棒の方が融点が低いため制御棒が脱落あるいは損傷し、制御機能を一部喪失、燃料棒の間で、再臨界が起きた。
つまり注入した海水が減速材として作用した。
Cl38検出とも符号する。
中性子捕獲のためホウ素の注入をし始めたこととも符号する。
結論として、一旦確かに臨界は止まったが、制御棒の脱落により再臨界状態になっている。
今も、ホウ素いれているのもそのためではないか?
制御棒の融点を調べていて、このようなシナリオが思い浮かびました。
制御棒で臨界は停止しているから大丈夫という専門家の話を信じたいのですが、ふと疑問に思い質問します。
宜しくお願いします。
杞憂であればと思います。

福島原発1号炉での状況についてです。
まず、制御棒が働き、臨界は停止した。
しかし。全電源喪失により冷却機能を喪失。
崩壊熱により、温度上昇で、燃料棒のジルコニウム被覆菅(融点1850℃)が溶け始める。
水素発生で、水素爆発。
次に、さらなる温度上昇で、制御棒(βボロン融点2180℃、ハフニウム融点2222℃)の溶融あるいは損壊が起こる。
さらに、ウラン燃料の溶融(融点2850℃)で、ペレットの一部溶融まで進む。このとき、プルニウムとストロンチウムが溶ける。
ここで、海水注入をし。燃料棒を冷...続きを読む

Aベストアンサー

先週当たりから、専門家で制御棒で臨界は停止していると言う人はいなくなったと思いませんか。
制御棒で臨界は停止していると言えるのは燃料棒、制御棒が正常な形状を保っている段階で言えることです。

2号機のトレンチには恐ろしく濃度の高い放射性ホウ素が溜まってあふれそうです。
先日の記者会見で保安員は原子炉は原型を留めている、と言う表現を使いましたが既に原子炉は閉じ込める機能さえほとんど失っていることを認めていると言うことです。
3号機では圧力容器の温度が高いが原因はわかっていません等と、とぼけたことを保安員は言っています。
これらから、燃料棒は崩れ落ちて底に落ちてたまり、2号機は再臨界がとっくに起きて圧力容器は溶融して中身はみな漏れ出ていますし、3号機でも再臨界になってるようです。

Q例えば、30兆メートルの鉄の棒があったとします。その棒の両端にAさん、

例えば、30兆メートルの鉄の棒があったとします。その棒の両端にAさん、Bさんがいる状態で、あさんが棒を前に突き出すと、Bさんの方では、Aさんが突き出したと同時に突き出るのでしょうか?ずれが生じるのでしょうか?[物理じゃなかったらごめんなさい!]

Aベストアンサー

 鉄に限らず、この世の中にあるのは、弾性体だけです。端を押したらすぐさま反対の端が動くような剛体はありません(詳しく言うと剛体は特殊相対論に反するので、あり得ないのです)。
 弾性体はばねのようなものだと考えて差し支えありません。弾性体の端を押すと、その力は、その弾性体の音速で伝わります。つまり、お察しのようにずれが生じます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報