こんにちは。
私は今、硫酸・硝酸・塩酸等を用いて酸性雨を自作する方法を探しています。
ネットや文献でいろいろと調べてはみたのですが、情報があまりなく、非常に困っています。

硫酸・硝酸・塩酸等の混合割合等、ご存知の方がおられましたら、
ぜひ教えてください。
また、その割合の根拠となる文献や報告等ありましたら、
あわせて教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

ど素人です。


回答では無いですが、取り敢えず酸性雨だけ作りたいなら以下の方法はダメでしょうか?。

方法、ホースの先端を閉じて、閉じた側の先端から数メートルに穴をたくさん開ける。先端の細い半田ごてが便利かも。その穴の開いた方を水の入った容器に入れて、反対側をディーゼルエンジンの車両のマフラーに取り付ける。しばらくボコボコやっていれば近いものができるかも。

ちなみにマフラーは熱くなり易いのでホースの取り付けに工夫をする。穴が少ないとエンジンに負荷が掛かってエンジンが停止するか、別のまずいことが起きる。

薬品だけで作るとなると混合比の問題もそうですが、結局何かを燃やしたものが酸性雨の原因なら、途中で熱処理とか化学反応などを起こすような仕組み(実験装置や触媒)とかも必要になるかと思います。素人なのでめちゃくちゃな事を言っていたらスミマセン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、ご丁寧なレスありがとうございました。
あれから、自分でもいろいろ調べてはいるのですが、
やはり酸性雨と言っても、
採取する時期、ポイント、条件などによって大きく成分が違うことが分かり、
人工的に酸性雨のサンプルを作るというのは、
非常に難解だということが分かりました。
みなさんが提案してくださった例をもとに、
もう少し研究してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 13:07

酸性雨ですが.降り始めとその後ではかなり大幅に成分が変化します。


Ph2(強酸)がph4(炭酸)程度に下がります。


かなり古い内容ですが.環境汚染ぶしつの生体への影響5.塩素および塩化水素68ページ付近
    • good
    • 0

 私はこの方面全くの素人です。


 そこで酸性雨の定義を調べてみたら、SOxやNOxが雨に溶け込んでいてpHが5.6以下のもの・・・と言うような記述に出会いました。
 と、言うことはご質問の中の硝酸、硫酸だけでは出来ませんし、イオウや窒素の酸化状態を的確に捉える(刻々と組成が変化するものと想像されます)ことはかなり困難だということだけが分かりました。
pHと電気伝導度だけを合わせるということならなんとか可能性はありますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝酸態窒素や亜硝酸態窒素の濃度の高い水の作り方

硝酸態窒素または亜硝酸態窒素の濃度の高い水で、実験をしたいと思っているのですが、どのように作ればいいのかわかりません。

高校の理科室や実験室にあるもので簡単に作る方法はありませんか?

どなたか解答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

どの程度の濃度のことを「高い」とおっしゃっているのか分かりませんが、
硝酸や亜硝酸のカリウム塩やナトリウム塩を天秤で量って、
蒸留水に溶かし、予定の量まで水を加える
のが普通のやり方で、格別難しいこともないと存じます。

Q花水木についていろいろと・・・・・

ご近所の庭ある満開の花水木に憧れて、我が家にもに花水木を植えようと思っています。
基本的には、何年も掛けて大きく育てたいと思っています。
・・・で、最初から大きい木を買うのは、価格面を含めて面白くないので、そこそこの大きさの木を買って大きく育てたいと思っています。
そこで、
1)植え替え時期はいつ頃がベストでしょうか??植え替えの時に特に注意する点はありますか??
2)土は、まさ土と腐葉土が半々で混ざった状態でも良いのでしょうか??
3)虫は付きやすいですか??
4)価格は、ピンキリの様ですが、どのあたりの価格帯が安心でしょうか??1280円の鉢でも大丈夫でしょうか??
5)枝を大きく広げたいと思っていますが、どんな点に注意すれば良いでしょうか??
6)赤花と白花を並べて植えたいと思いますが、可能でしょうか??また、どの程度の間隔が必要でしょうか??
7)根を張る広さと深さはどの程度でしょうか??

何分にも素人ですので、素人にも判り易くご教授の程、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

落葉樹の植え替えは休眠期の12月~2月にやるのが
一般的です。間違っても新芽が吹き出る時期に植え替
えすると枯れる可能性は大です。

でも花木センターなどで買うと、麻の袋に根がまとま
っていたり鉢で売っていたりするので春でも大丈夫で
す。
ほんとうの意味での移植(植え替え)は春はやめた方
がいいですよ。

うちは土はまったく気にしませんでしたけど元気です
よ。土と腐葉土が半々で問題ないと思います。

1280円の鉢ならおそらく来年花が咲くと思います。
挿し木で増やすことできますが、一から育てると
花が咲くまでに数年かかります。
売っているのはみんな接ぎ木してあります。

ハナミズキは自然に枝を広げるように伸びていきます。
ただNo1さんが言ってるみたいにうちは枝を広げな
いタイプが1本ある感じです。(1本だけ形が変に
伸びていくんですよ)
花木センターで普通に買ってきましたが見た目では
解りませんでした。

赤花と白花を並べて植えるのは平気ですよ。
間隔も庭しだいでしょう。
俺も素人ですが、そんなに神経質にならなくても
枯れません。

落葉樹の植え替えは休眠期の12月~2月にやるのが
一般的です。間違っても新芽が吹き出る時期に植え替
えすると枯れる可能性は大です。

でも花木センターなどで買うと、麻の袋に根がまとま
っていたり鉢で売っていたりするので春でも大丈夫で
す。
ほんとうの意味での移植(植え替え)は春はやめた方
がいいですよ。

うちは土はまったく気にしませんでしたけど元気です
よ。土と腐葉土が半々で問題ないと思います。

1280円の鉢ならおそらく来年花が咲くと思います。
挿し木で増やすことできま...続きを読む

Q酸性土壌のほうれん草

お世話様です。ほうれん草を趣味で栽培していますが、「酸性土壌だからかもしれない。」といわれました。それでは、どうすれば酸性土壌を克服出来ますか?ご教示下さい。

Aベストアンサー

日本の土壌は酸性土壌がかなり多いそうですね。私の畑ももれなく酸性です。

そこで年1回、「有機(カキがら)石灰」をまいています。
即効性はないですが種や苗に優しいので使いやすいと思います。

そこの土壌にあった量を自分で計算して入れる必要があります。
酸度計で計って量を出すのが簡単かと思います。が私は野菜の状況を見ながら3年くらいかけて量を出しました。
ちなみに1反当り40~60Kg程度入れています。
当方の近辺では1袋20Kgで600円弱で売っています。

Q硝酸態窒素

硝酸態窒素について質問します。

野菜等の植物中に硝酸態窒素が存在するということまではわかりました。
土壌中の硝酸態窒素除去するという目的で植物に硝酸態窒素をとりこませたのち、その植物を燃焼させた場合、硝酸態窒素はどうなるのでしょうか。
また、このような方法で土壌中の硝酸態窒素は減らすことができますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

植物はほぼ硝酸態窒素の形で窒素を吸収します。
(有名どころでは水稲などはアンモニア態で吸いますが)
それを体内で形を変化させて利用します。
しかし変化しない窒素も体内にあり、
それは硝酸態窒素のままで残っています。
これが「野菜に含まれる硝酸態窒素」と呼ばれる物でしょう。

なので土壌硝酸態窒素を植物を介して除去することは、十分に可能です。
なぜなら栽培時、吸ったものよりも少ない硝酸態窒素を植物はたいてい持つことになるので、差し引きで減ります。

これはファイトリメディエーションという技術の一種では?
詳細は養賢堂から最近出た「根のデザイン」という本に確かのってました。

Q硝酸態窒素の事例

硝酸態窒素が有害であると最近知りましたが、今まで硝酸態窒素が原因で家畜や人間に具体的な被害が出たことがあるのでしょうか?
吸収された硝酸が亜硝酸に変わり、ヘモグロビンと結合することは知っているのですが‥。

Aベストアンサー

メトヘモグロビン血症と呼ばれるもので、生後3か月くらいまでは、摂取した硝酸性窒素を胃の中で還元してしまうため、亜硝酸性窒素が生成し、これがヘモグロビンを酸化させメトヘモグロビンが血中に多量に存在することになる。
大人であれば、メトヘモグロビンの還元酵素があるためヘモグロビンに戻せるが、乳幼児はこの還元酵素が十分にないために、血中メトヘモグロビンが増大し、チアノーゼを呈し(ブル-ベビー状態)呼吸困難で死亡するといったものです。

家畜についての死亡例は知りませんが、人間についてはルーマニアで1980~1990年代にかけて、約3000人が発症し、約100人が死亡した事例があります。
原因は、地下水の高濃度の硝酸性窒素が原因でした。

実は日本でも、地下水の硝酸性窒素汚染問題が存在しています。
北海道東部の酪農地帯で、従来からの液肥(家畜糞尿)の牧草地への散布が原因で地下水汚染が進行しています。
調査井戸の中には、硝酸背窒素および亜硝酸背窒素の濃度が50ppmを超える井戸も確認されています。
現在のところ健康被害は無いようですが、北海道庁では監視を続けるとのことです。

メトヘモグロビン血症と呼ばれるもので、生後3か月くらいまでは、摂取した硝酸性窒素を胃の中で還元してしまうため、亜硝酸性窒素が生成し、これがヘモグロビンを酸化させメトヘモグロビンが血中に多量に存在することになる。
大人であれば、メトヘモグロビンの還元酵素があるためヘモグロビンに戻せるが、乳幼児はこの還元酵素が十分にないために、血中メトヘモグロビンが増大し、チアノーゼを呈し(ブル-ベビー状態)呼吸困難で死亡するといったものです。

家畜についての死亡例は知りませんが、人間につ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報