タイトルのとおりです。
玄関先に植えていたのですが、徐々に赤く染まってしまいました。
よく西日があたるところです。
あとは近くにミニバラを植えていて、防虫剤をスプレーしていました。

なにが原因なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

外に置かれているということなので、寒さのためと思います。



実は私も、ベランダにおいてあった鉢植えのヘデラが先日全く同じ症状になりました。
参考URLは、その時に見つけたものです。
(同じような質問があります。)

参考URL:http://www2k.biglobe.ne.jp/~koyamaen/bbs2/868267 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nyanda55さん、回答ありがとうございました。
病気(?)ではないのですね(^-^)
観葉植物=常緑のイメージが強くて、紅葉するとは思いませんでした。
春になるまで、赤い葉っぱを楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/28 17:08

急に寒くなって”紅葉”しただけだと思います。


まったく問題ありませんよ。

防虫剤が原因ではないですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭にバラを 地植えしているのですが フェンスとアーチに ツルバラを 空いてる所に 直立のバラを植えて

庭にバラを 地植えしているのですが
フェンスとアーチに ツルバラを
空いてる所に 直立のバラを植えていますが、なぜだか 直立のバラが 枯れてしまい植えてから1~2年で 駄目になってしまうのは、ツルバラに比べて直立のバラの方が弱いからなんでしょうか。

Aベストアンサー

№1のzyanngoです。
枯れた理由として、水素イオン濃度の生理障害が考えられます(*^-^*)

水素イオン濃度(ph)とは、全ての植物に関係してきます。
つまり植物を植える時に、施肥量と同等に神経を使わなければならないほど重要な関係のものです。

単位が0~14までの間であるもので、
0に近ければ近いほど、酸性度が強くなります。
7が中性です。
14に近ければ近いほど、アルカリ性が強くなります。
そしてある方法で、酸性を中性にすることもできますし、中性をアルカリ性にすることもできます。その逆もできます。
つまり植物の好みに合わせて変える事ができる訳ですね(-。-)y-゜゜゜

日本の土壌の平均値は6.5ph~4.5phの弱酸性です。
多くの植物が生育可能の範囲は8.5~4.5phです。
ちなみに多くの植物が好む範囲は6.5~6.0phです。

バラの水素イオン濃度は5~7phの弱酸性です。
この範囲でなければ、花が咲きが悪く、後に最悪枯れてしまう可能性もあるほど重要です。
ですから何だかの影響がありまして、例えば1phの強酸性に変化してしまい生育が難しくなったのかも知れません。

水素イオン濃度(ph)の測定器はお店にあります。
機会があれば、一度、調べてみればと思います。

何か植物を植える時も、これを知っていると知らないとでは、大差がありますよ(^。^)y-.。o○

№1のzyanngoです。
枯れた理由として、水素イオン濃度の生理障害が考えられます(*^-^*)

水素イオン濃度(ph)とは、全ての植物に関係してきます。
つまり植物を植える時に、施肥量と同等に神経を使わなければならないほど重要な関係のものです。

単位が0~14までの間であるもので、
0に近ければ近いほど、酸性度が強くなります。
7が中性です。
14に近ければ近いほど、アルカリ性が強くなります。
そしてある方法で、酸性を中性にすることもできますし、中性をアルカリ性にすることもできます。その逆もできま...続きを読む

Q1週間前に植えたつるバラの大苗を地植えに植え替えても大丈夫でしょうか。

約1周間前につるバラの大苗を10号鉢植えにしました。品種はアンジェラです。
これを地植えにしようと考えています。
それは,日当たりや,水やり,今後の成長を考えてのことです。
まだ,2月中なので,根は活動していないので,植え替えは大丈夫だと考えているのですが,どうでしょうか。
それとも,鉢植えで1年間育ててから,地植えにするほうがいいのでしょうか。
また,このアンジェラの大苗の他にも つるミミエデンという品種のバラも1週間前に鉢植えにしていますが,この品種は,あまり病気に強くないようなので,地植えよりも鉢植えで育てるほうがいいのでしょうか。
アドバイスよくろしお願いします。

Aベストアンサー

バラの植え付けは今が時期(休眠期)なので最適です。従いこの時期に苗木が多く売られています。
出来れば早いほうが良いと思います。
ミミエデンはどちらでも問題ないのですが、病気 特にうどんこ病が発生しやすいので
その対策(風通し、日当たり)に注意が必要です。鉢の方が管理がしやすいかもしれません。
庭植えなら 苗木ですので、雨の時の泥除けが必要かと思います。
鉢植えなら(雨除け、)日当たり、風通しと場合によっては早めの薬剤散布(春)で大丈夫でしょう。
時々ジョウロ等でシャワーも必要かと思います。(風通しは大事です。)

結構どちらも 日々の点検と早めの対策が好ましいと思います。
バラは比較的病虫害が多いので、放置は危険です。

Qバラと一緒に植える植物(バラとの相性)

バラを植える為に庭にスペースをとりました。
思ったより大きくスペースが出来たので、バラの
手前に丈の低い花を植えようと思います。

今考えているのはアネモネやスノードロップなんですが、
バラと一緒に植えても大丈夫でしょうか。

その他、バラと相性の悪い植物などありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

バラにはアブラムシがつきやすいのですが、フィーバーフュー(別名:ナツシロギク、マトリカリヤ)をそばに植えておくと、アブラムシを防いでくれます。
我が家では毎年、バラのそばに植えています。
フィーバーフューは、ハーブの仲間で、カモミールに似た白い花が春~夏にかけて咲きます。
バラ同様、切り花やドライフラワー(私はまだ試した事はありませんが)としても楽しめるそうです。

Qバラを地植えから鉢に植え替えたいのですが。

中古で購入した家の庭にすでにバラが根付いていたので、バラの種類等は全くよく分からないのですが、草丈50センチくらいで、直径7センチくらいの白いバラが毎年咲いています。今年も6月頃に咲いて、その後、先のほうを剪定しています。

今回、庭をインターロッキングにしようと思い、そのバラを撤去しなくてはならなくなりました。
鉢に植え替えてこれからも育てていきたいと思うのですが、地植えで何年も育ったものを鉢に移すのは成育が難しいでしょうか。
また、バラというのは、上記のサイズくらいのものは根がどれくらいまで伸びて這っているものなのでしょうか。適する鉢のサイズなど教えていただけたら助かります!

なにぶん初心者のためご教授お願いします。

Aベストアンサー

私も、地植えから、鉢に移し翌年の春に別の地域で地植えにしました、バラは非常に丈夫ですのであまり心配いりませんよ。
私の場合、ご質問者様と同じくらいの大きさでした。
去年の10月頃、根を掘り、鉢に植え替えました、それから今年の4月に別の場所で地植えにしました。
その後も順調に育ち、枝も伸びて花も10個以上咲かせてくれました。
今の次期は、やめた方が良いです、秋(9月末~11月)頃が良いですよ、真夏は駄目です。
枝は、思い切り詰めても、春に成れば、すぐに新芽が出ますので、大丈夫です。
根は、30cmくらいあれば、根付きます。但し細い根は、出来るだけたくさん残してください。
鉢の大きさは、直径35~40cmくらいあった方が良いです、深さのあるテラコッタなどが良いです。
根付くまでは、水やりを忘れない様にすれば、大丈夫です。

Q昨年ミニトマトを植え同所に今年もミニトマト

 昨年トマトを植えたところに今年もミニトマトを植えていました。すると先日近所のおばあさんが「おんなじところに植えてはだめだよ。」と教えてくれました。
 確かにそんなような話を聞いたことがあったので、早速場所を植え替えました。
 そこでお伺いしたいのですが、同じところに同じ野菜を植えるとどういった弊害が起こるのでしょうか?できれば科学的な理由をお願い致します。

Aベストアンサー

連作障害は#1さんが答えられているとおりです。

家庭菜園程度でしたら、あまり気にしなくてもいいと思いますよ。
「ミニトマト」は結構強いですから、昨年の種がこぼれて芽が出たものを育てると
収穫できるほどです。
トマトは気にしたほうがよさそうです。

植え替えられたということですので、問題はないと思います。
そのトマトが植わっていたところは、来年はマメ科のものでも植えておくと
いいかもしれません。

参考URL:http://www.honda.co.jp/helloyasai/chishiki10/0004.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報