敷金から支払ってもらうということで,大家さんから畳・襖・ハウスクリーニング代の請求が来ました。納得がいかないため,現在電話や手紙にて交渉中です。
 ところで,当方,大切な契約書を紛失しています。が,大家さん方もなくした様子なのです(よく探せば,大家さん方の契約書は,今後出てくる可能性はあります)。
 そこでご相談ですが,当方は契約書がないと,少額訴訟にあたって不利でしょうか? 請求が正当なものであることを大家さんは証明する義務があると思っていますので,それができないのであれば,敷金は帰ってくるような気がしているのですが,実際はどうなのでしょうか。アドバイスがいただければ幸いです。
 以上,よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#3のつづきです。

すいません大事な結論を抜かして送信してしまいました。
 というわけなので、私が提案するのは、Cicaさんからは、決して訴えないということです。
 内容証明で、自分なりの言い分を述べたうえで、あくまで支払は拒否します。
 それで、大家があきらめてしまえば、基本的には、なまじ訴えるよりは、Cicaさんにとっていい結果=プラマイゼロになるはずなんです。
 訴えられると、被告ということになりますが、あくまで民事裁判ですから、被告だから悪いということは、聞こえが悪い、ということだけです。
 それぞれの主張が同じなら、原告と被告がひっくり返って、結論が違うということは、この裁判の場合ありません。それどころか、裁判の印紙代、切手代が自分ではなく、相手側負担になります。
 Cicaさんのほうからあえて訴える理由はないのでは?

この回答への補足

 私が11万円の負担を拒否していると,向こうが訴えてくる可能性があると言うことですが,正直な話,そのほうが話が前に進んでありがたいです。いつまでも敷金を向こうに預けっぱなしでは,何だかすっきりしないです。困りました。

補足日時:2002/01/27 12:53
    • good
    • 0

 ぜひどうぞ!


 #2の方が紹介しているサイトいいですね! これだけで十分ですよ。
 ただこういうの読むと、敷金訴訟って、賃借人が普通勝つみたいに書かれているかのようにとられる方多いんですが、、「特約があると・・・」とか、「具体的事情を斟酌して・・・」とか、実際は、そういうことが、問題になってくるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

敷金の問題について,おかげさまで解決いたしました。ありがとうございました。
なお,紛失した契約書は,大家さんのものが見つかりました。

・畳,襖代については,契約書に取り決めがない事が分かったので,国のガイドラ インのとおり大家さんが負担いたしました,
・ハウスクリーニング代については,借り主が負担する契約でしたので,(ガイド ラインとは異なりますが)当方が負担しました。
・解約事務手数料,振込料は,重要事項説明書に基づき,当方が負担しました。

 以上の結果,当初は12万円中1万円弱しか戻ってこない敷金が,交渉後は7万円強返ってくることとなりました。
 いろいろとアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2002/04/13 10:18

通常、十数万の敷金を清算して、それでもまだ十数万足りないから払え、というのが多いのです。


 1円も返ってこないのが不満なわけですから、Cicaさんから訴えなければしょうがないですよね。
 そうなると、額が額なので、弁護士や司法書士には頼めないですよ。精一杯安くやってくれる司法書士で、5万は取るはずですから。
 「和解しろ」とか、「弁護しつけろ」とか言い出す裁判官が担当になったら、それでおしまいですからね。
 裁判所書記官に教えてもらいながら、御自分でやる覚悟が必要です。
 でも実際、貸金請求とか、請負代金請求とかに比べると、ずっと、レベルの高い事件なんですよね。
 どうしても、和解せざるをえないと思ったら、6万円返してもらうというのを一つの目安にしてください。
 どうしてこの数字かというと、万が一全面勝訴できても、大家が任意に11万返さなければ、強制執行をしないといけないけども、そうなると、せめて、司法書士に5万円くらいは払って、アドバイスや書類作成を頼まないと、もう実際問題無理になると思うからです。
 そのさい法廷内で、和解をまとめて調書にしてもらっても、大家がそのとおりしてくれないと同じことなので、「現金6万円持ってくれば、引き換えに、訴状の取下書を渡すから」という話に法廷外ですることです。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=202043

この回答への補足

回答ありがとうございます。
結構難しい面があるのですね。小額訴訟と言う話にならないものか,とも考えているのですが・・・・・・(これは,もう少し先の話と考えています。)
6万円返してもらうと言う目安は,たいへん参考になりました。

この後どうなったか是非この場所に書き込みたいのですが,その場合は,No.6の回答欄(空欄でも構わないのですが)をchakuro様に作成していただく必要があるでしょうか?

補足日時:2002/01/28 22:34
    • good
    • 0

 水をさす感じになってしまいますが、敷金返還請求というのは、いろいろある裁判の類型の中でも、もっとも徒労感をかんじやすいもののように思われます。


 裁判例は腐るほどありますが、判例というものはあまりない、つまり、それぞれが、一見矛盾するような裁判例と
裁判例が腐るほどあり、弁護士でも、「そのような事例なら、こういうことになります」などと明快に結論を述べれるような事件ではないことが多いのです。
 それでも、基本的な考え方は、下記URLの回答で自分がまとめたようなものになると思います。そういう考え方では、Cicaさんが勝てないというなら、「お礼」に書き込まれた質問者の方のような考え方も、それはそれで、一つの主張としてはありなのです。
 必然、裁判にしても、裁判官も取り仕切りに困ることになります。
 そもそも、敷金については、法律の明文規定自体は、特になく(民法の賃貸借の節に、「敷金」の文字は一文字も出てこない)、判例も少ないということで、しかたないので、慣習(その地方地方の習慣)はどうなっているの、という話になります。
 そんな心もとない状態なので、裁判官としても、「和解してみては?」というような訴訟指揮になってしまいがちなのです。
 多分、Cicaさんの件については、契約当初の家主さんの説明不足に原因があると思いますので、契約書の体裁がどうあれ、Cicaさんとしては、「説明不足で原則的な敷金の意義を超える清算方法について合意は成立していない」という形で主張する形になると思います。
 請求をしているということですから、敷金として収めた額は家主さんのほうで確定したうえで、清算して、足らない部分を請求しているのだから、いまさら、収めたお金が、敷金か礼金かというような争点は出てこないでしょう。
 Cicaさんの方で用意する証拠は、その請求のさいの見積書くらいで十分でしょう。それすらちゃんとなく、ただ、いくら払えというのでは、てんで家主側のやり方がでたらめで、それ自体が、Cicaさんにとってとても有利な証拠といえるのでは?
 私が言いたいのは、そんな主張を裁判所で激しく交わそうと思って裁判に臨むと、思いっきり肩透かしを喰らうことになりますよ、ということです。
 裁判官は、ほぼ間違いなく「和解しろ、和解しろ」とせっついてくると思います。あるいは、ひどいのは請求額も考えずに「弁護士をつけろ」といいだしたりします。
 それで、ある程度、減額した額を払うというところで落ち着くか、もし、プラマイゼロということになれば御の字、という感じです。だいたい、そういう感じになるのが、敷金返還請求訴訟というものです。
 

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=202043

この回答への補足

 丁寧な回答,ありがとうございます。これまでとは逆の回答をいただき,何度も読み返しているところです。
 実は,大家さんは,敷金でまかないきれない部分を追加請求しているのではなく,部屋を次の人に貸すにあたって壁紙の張り替え等をしたところ,31万円ほどかかったので,大家さんが20万,私が(敷金12万円の中から)11万円を負担するような話を持ってきたのです。
 ちなみに,私は部屋を借りてから返すまでの6年間,一度も大家さんに会ったことがなく,電話でのやり取りをしたこともありません。大家さんが管理会社(不動産会社)と契約しているので,大家さんが交渉事で表に出てくることはありません。私に11万円の負担を求めてきた請求者は,その管理会社です。ただし,大家さんも管理会社も,契約書を読んだ上で請求しているわけではないことが,交渉と中でわかったので,「教えてgoo」で質問した次第です。
 和解は私の希望する解決方法ではないので,すぐに小額訴訟するのではなく,管理会社の社長当てに内容証明郵便にてこれまでのいきさつを伝えることも考えています(これまで管理会社に郵送した私の手紙は,大家さんは受け取り拒否をしているので)。

補足日時:2002/01/27 12:32
    • good
    • 0

 まず、ご質問に列挙されている部分の損傷については、特に故意・過失で損傷した場合でない限り、特約がなければ貸主の負担に属するものです(特約の立証責任は相手方にあります)。

したがって、相手方がそのことを理由に敷金を返還しないことは失当ですから、こちらはあくまで敷金の返還を請求することができます。相手はおそらく、通常の使用による損傷でも敷金から天引きできると誤信しているのではないでしょうか。小規模の貸主にはそのような者が多くいますが、まずは常識や判例等を引用して説得されるのもひとつの方法です。そのような説得にも応じず、あくまで敷金を返還しないような場合は、やはり訴訟を起こすことも視野に入れる必要があります。

 ただ、事実の証明がなければ訴訟には勝てません。訴訟に際しては、こちらは「敷金を支払った事実」や「支払ったものが敷金であること(礼金や権利金であると主張される可能性もあります)」等の事実を証明する必要がありますが、契約書がないとなると少々苦しくなります。証拠も容易せずに訴訟を提起することは少々早計かと思います。たしかに、少額訴訟では敷金返還請求事件が多く扱われますが、訴訟前に話し合いで解決する方が圧倒的に多いです。当事者同士で解決できない場合でも、第三者に間に入ってもらうことによって解決する場合もあります。

 契約書等の文書が全く用意できない場合は、せめて録音テープくらいは用意した方が良いでしょう。「敷金を支払った事実」等の発言を得られれば有利になります。以下に敷金返還問題の解決を順に追って説明したサイトのURLを載せておきます。どのような手段を取るにしても、まずは知識を付けることが重要です。ご参照ください。

参考URL:http://www05.u-page.so-net.ne.jp/cf6/tadayuki/re …
    • good
    • 0

>当方は契約書がないと,少額訴訟にあたって不利でしょうか?



そんなことはありません。契約書がなくてもかまいません。
少額訴訟の請求の趣旨を「被告は原告に○○万円支払え」と書きます。勿論原因は、何時何時借りた、同時に敷金として○○万円支払った、何時何時解約したが返還されるべき敷金を返還しない、よって支払え。と云う内容となります。受け取った家主は、返還しなくてもよい原因とその立証(契約書など)しなければなりません。通常、畳・襖・ハウスクリーニング代を賃借人が支払う契約になっていないはずです。万一、そのような契約であったとしても、その部分の「無効」を主張すれば勝訴につながると思います。
なお、少額訴訟はご存じですネ 簡易裁判所に行けば定型用紙があります。聞きながら書き込めば簡単です。

この回答への補足

 回答ありがとうございます。たいへん心強いです。
契約書がないのに,何を根拠に請求してるのかな・・・・・・?と思う反面,こちらも契約書がないので,「絶対に支払いません」とは言いにくく,「納得の上支払いますので,まず支払い根拠の説明を!」と言って,今まで引き伸ばしてきました(納得のいく説明は未だありませんが)。もう理屈の言い合いも疲れたので,訴訟ですっきり終わりにしたいです。負けても,それはそれで納得するつもりですので,気が楽です。勝手も負けても,生まれて初めての裁判で,きっと勉強になります。

補足日時:2002/01/24 21:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA4の文書の折り方

A4の文書は普通、三つ折りにして、封筒に入れますね。
あれって、考えてみれば、四つ折りにしたほうが、折りやすいし、
開封後、文書の左側にパンチ穴をあけて、ファイルにとじる場合など、パンチの位置決めにも便利です。
A4文書を四つ折りにするということは、かなり、非常識なことなのでしょうか?

Aベストアンサー

自分の場合は入れる封筒の体裁に合わせます。
封筒の幅に対して4つ折の場合は幅が短すぎバランスが悪く
なるので、3つ折にするのが一般的です。
なお、非常識ではありません。

Q大家の都合による契約期間中の退去の敷金は?

過去に重複した質問があったらすみません。
去年の暮れに前に住んでいた家の不動産屋が、大家がここ(借りていた家)の土地を売りたいので引越しの準備をして欲しいと連絡がありました。
大家は事業を営んでおり昨今の不景気により事業資金が苦しいので、更地にしてできるだけ早く売りたいとの話も不動産屋より聞きました。
契約期間は来年(H.16年)4月迄残っていました。
別件で司法書士に相談した際にこの事を話したら、契約期間中なので退去する必要はないと言われました。
幸い不動産屋もいざこざが起きないよういろんな方法で退去しなくてもいい方法を模索してはくれていましたが、万策尽き、先月退去→引越しをしました。
更地にするのなら家のリフォーム等は自分で出来る範囲で良い事を不動産屋に確認し、自分で出来るだけ綺麗にして明渡しました。
その際大家の立会いはありませんでした。
不動産屋に再三、敷金はどうなったかの電話をして、わかったことですが、賃貸契約していた不動産屋のほかに大家が別の不動産屋に土地を売る依頼をしていました。
しかし、敷金返還の連絡が未だに来ていません。
説明が長くなりましたが、ポイントを挙げると、
(1)契約期間中に関わらず大家の都合で土地を売りに出したいので退去せざるをえなかった。
(2)更地にして売るのでリフォームは自分で出来る範囲で、借りたときに近い状態で明渡した。
(3)まだ、住んでいるのにも関わらず賃貸契約していた不動産屋とは別の不動産屋に売りの依頼をしていた。
質問の内容は
一、大家の都合で退去したので敷金は満額返還されるのか?
二、そのような場合引越し費用等も請求できるのか?
です。
要点がうまく伝わらないかもしれませんが、お教え願います。

過去に重複した質問があったらすみません。
去年の暮れに前に住んでいた家の不動産屋が、大家がここ(借りていた家)の土地を売りたいので引越しの準備をして欲しいと連絡がありました。
大家は事業を営んでおり昨今の不景気により事業資金が苦しいので、更地にしてできるだけ早く売りたいとの話も不動産屋より聞きました。
契約期間は来年(H.16年)4月迄残っていました。
別件で司法書士に相談した際にこの事を話したら、契約期間中なので退去する必要はないと言われました。
幸い不動産屋もいざこざが起き...続きを読む

Aベストアンサー

確か、借地借家法には貸主からの解約は6ヶ月前の通知により申し出ることができたと思います。契約書になければこの法律が適用されるでしょう。
もちろん借主は拒否することもできますし、退去に関する条件交渉(敷金全額返還・引越し代・立退き料の請求)もできます。条件交渉は多くの場合認められますが、まったく条件を提示せず退去した場合は、その貸主と締結していた契約にのみ縛られると思います。
壊す建物でも原状回復や損害賠償(善良なる管理義務違反があった場合)はしなければならないたてまえです。退去してからいいだすのは、後出しジャンケンのようなもので、「大家の都合による退去」を理由には貸主には認められにくいでしょう。(細かい事情如何では損害賠償請求が認められる可能性はあると思いますが)
しかし、だからといって敷金清算をしなくていいわけではありませんので、契約上満額返還が妥当と思われるのであれば遠慮なく請求すべきです。

Q案内文書の折り方

A4版用紙1枚分の案内を封書で送りたいんですが,用紙を3つ折りまたは4つ折りにする際に表面の表題が見えるように折った方がよいのですか?
それとも裏面の白い部分だけが見えるように折って入れた方がよいでしょうか?

Aベストアンサー

裏面かな。

Q敷金返還の大家さんからの電話

H15年7月末に退去したのですが、(一年半住んでいました。特に汚したりしていません!ちなみに時効は5年と確認済みです)
敷金は戻ってくると聞き今日管理会社へ以下のように電話しましたが、書類を調べて後ほど連絡との事でしたが、
電話がなかったので先程再度電話した所、
大家さんに話したら直接大家さんの方から、
私に電話するとの事でした。
大家さんは口が達者な方なので、何て言ってこられるか心配です。
私も法的な事は知識がなく言えないので、今更敷金返還ってどういうつもり?
返せない!!など言われたらなんて言ったらいいでしょうか?
どうか詳しくお願い致します。

「XX年にYY物件を退去した○○です。
ご無沙汰してます。
今日電話したのは、敷金のことについてです。
最近新聞などで、敷金の問題が取り上げられて、
自分も、本当は敷金が戻ってくるべきであるということを
知りました。
弁護士さんに聞いたら、かえってくるべきだとも言ってました。
なんでも、高額な敷引自体消費者契約法という法律に違反している
ので、その分全部かえってくるとのことでした。
お手数ですが、大家さんに確認いただいて、敷金を返して
いただけないでしょうか?」

H15年7月末に退去したのですが、(一年半住んでいました。特に汚したりしていません!ちなみに時効は5年と確認済みです)
敷金は戻ってくると聞き今日管理会社へ以下のように電話しましたが、書類を調べて後ほど連絡との事でしたが、
電話がなかったので先程再度電話した所、
大家さんに話したら直接大家さんの方から、
私に電話するとの事でした。
大家さんは口が達者な方なので、何て言ってこられるか心配です。
私も法的な事は知識がなく言えないので、今更敷金返還ってどういうつもり?
返せない!...続きを読む

Aベストアンサー

あはは。そのまま言うのですね。

電話を受けるまえに、どこまでだったら妥協できるのか
予め決めておくこと
5万かえってきたらOKにする。
10万ならOKにする ということを決めておく。

相手の返答を、冷静に聞く。
ここで、交渉はあまりしないでおくことです。

相手が いくら欲しいの というようなことを言ってきても
私の願いは、敷金を全額返していただくことです。
いくら返していただくことができるのか、お聞かせ下さい。
といって、相手の出方を確認すること。
こちらで最初に金額を言うと、それが一番の上限になるし
そこから、下げられてしまいます。

そして、あいての言ってきた金額が 希望に届かないと
もう一度弁護士に相談します。 と言って一旦打ち切る

と言うかんじかな。

一円も返せません といわれたら、納得できないので、
再度弁護士と相談して、対応を考えます。
とだけ言って、電話を切る のがよいでしょう。

そうしたら、内容証明 でしょうねー。

Q地図の折り方(たたみ方)

地図の折り方(たたみ方)に何通りかあると思うのですが、たたんだ状態で端と端を持って開くと簡単に開く
折り方があったと思うのですが、(たしか人の名前のついた
折り方)その折り方(たたみ方)を教えてほしいのですが
関連サイトでもかまわないのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足です。
三浦折りの現物をご覧になりたいのでしたら,書店の地図売り場をのぞいてみて
下さい。去年の春ごろから,ゼンリンという地図出版社が「ミウラ折り登山地図」シリーズを
出しています。また,「ミウラ折り関東圏広域東京横浜地下鉄鉄道路線図」というのもあります。

Durandal様 私も山は歩きますが,そんなに捨てたものではないと思いますよ。
等高線の正確さや縮尺の大きさなどの点からいうと,常時手元において現在地を確認するのに使うのは
ふつう国土地理院の地形図であって,ゼンリンはじめ民間の登山地図は,むしろ
プランニングとか,頂上からの展望を確認するときなどに補助的に使うものだと思います。
ですから,地形図を三浦折りして山に持っていこうとは思いませんが,登山地図が
最初から三浦折りされているぶんには,私は構わないというか,1つの選択肢として
そういう商品があってもよいと思います。まして鉄道路線図なら,全部拡げる
ことに不便を感じる状況はあまりなさそうなので(ラッシュの車内でもないかぎり),
いいのではないでしょうか。まあ半分は好みの問題なので,意見を押しつけるつもりは
ありません。

ちなみに,人工衛星の太陽電池パネルを折り畳むのにも使われているそうですね。

補足です。
三浦折りの現物をご覧になりたいのでしたら,書店の地図売り場をのぞいてみて
下さい。去年の春ごろから,ゼンリンという地図出版社が「ミウラ折り登山地図」シリーズを
出しています。また,「ミウラ折り関東圏広域東京横浜地下鉄鉄道路線図」というのもあります。

Durandal様 私も山は歩きますが,そんなに捨てたものではないと思いますよ。
等高線の正確さや縮尺の大きさなどの点からいうと,常時手元において現在地を確認するのに使うのは
ふつう国土地理院の地形図であって,ゼンリンは...続きを読む

Q大家さんが敷金を返してくれない。

似たようなご質問もありましたが、若干内容が違うので質問させていただきます。
私の叔母(大阪在住)が5年間ほど賃貸のマンションに入り、最初の契約のときに敷金120万円を支払いました。契約書によれば、退去時に半額の60万円は大家さんから返されるとなっています。叔母はそのマンションを今年の1月に退去したのですが、そのときには大家さんが別の人に代わっていました。そして、その新しい大家さんから敷金60万円の返金の期日になっても何の連絡もないので、叔母が問い合わせたところ、「今はお金がない、待ってくれ」ということでした。叔母が今日まで何度催促しても、同じ答えで埒が明かないので、そのマンションの部屋の連帯保証人であった私が、大家さんに連絡を取りました。が、やはり「60万円は必ず払う。しかし現在はいつ払えるのか目処が立たない」ということです。最後の電話では、「この状態が続くのであれば、法的措置を取らせてもらう」と私が言いましたが、向こうは「そうなる前には何とか支払いたい」とのことでした。しかし、部屋を出てから半年になるのに、いまだにいつ払ってもらえるのか、という約束は全くしてくれません。その大家さんとは電話で数回話しただけですが、話し方は丁寧で私や叔母からの電話には今のところは出ています。しかし向こうからこちらに自ら連絡が来ることはありませんので、こちらから連絡しないと話ができない状況です。このままズルズルと向こうが払ってくれない場合、払ってもらえるにはどうしたらいいのか、教えていただきたいのです。また、時間がたつにつれて、60万円に上乗せをした額を請求できるのか、(たとえば弁護士さんへの相談の費用、私が出向いて言った場合の交通費など)などもできましたら教えてください。お願いします。

似たようなご質問もありましたが、若干内容が違うので質問させていただきます。
私の叔母(大阪在住)が5年間ほど賃貸のマンションに入り、最初の契約のときに敷金120万円を支払いました。契約書によれば、退去時に半額の60万円は大家さんから返されるとなっています。叔母はそのマンションを今年の1月に退去したのですが、そのときには大家さんが別の人に代わっていました。そして、その新しい大家さんから敷金60万円の返金の期日になっても何の連絡もないので、叔母が問い合わせたところ、「今はお金...続きを読む

Aベストアンサー

このような場合こそ少額訴訟です。契約書の最後には合意管轄の記載があるでしょう。その管轄の簡易裁判所に少額訴訟の申し立てをする。敷金返還債務は新大家に当然引き継がれ、明け渡し時に発生。返還義務は当然現在の大家が負います。賃貸借契約書、賃貸マンションの当該部屋の登記簿謄本、書証としてはこれだけで十分です。

 訴えれば、1日一回だけの裁判で証拠調べまでしてくれて、裁判官は60万について毎月10万か後万での分割払いをするという和解を勧めると予想されます。それでも回収できればいいのでは。また、明け渡し時から敷金返還債務は発生していますから遅延損害金の請求は出来ますが、弁への相談費用や交通費は否定されます。

Q普通の鶴の折り方を教えてください!

普通の鶴の折り方を教えてください!
折り方が乗っているサイトを教えてくださっても構いません。

Aベストアンサー

これは自転車の乗り方と同じで(^^)、覚えたら忘れないが、はじめは不思議です。
一例
http://ori-ori.seesaa.net/article/22768112.html

Q契約書がないのに不当な請求をしてくる大家。これってどうなの?

賃貸アパートに住んで18年経つ62歳の叔父がいます。
私の母の兄に当たります。18年前に入居した当時はそのアパートは
改築工事したばかりだったそうです。契約者は叔父本人で、保証人は半年前に
なくなった叔父の内縁の妻だったそうです。

その内縁の妻が亡くなって1ヵ月後、叔父が病に倒れ入院しました。
当然、仕事もできず収入がありません。生活保護を受けることになりました。
家賃は6ヶ月分滞納になり、大家が契約者でも保証人でもない私の母(叔父の妹)に請求に来ました。狭い町ですし、誰かに叔父の妹が母だと聞きつけて
来たようです。

母は義務がないものの、申し訳ないという気持ちから一回分だけ
立て替えたそうです。母もそのままそのアパートに荷物を置いていても家賃が滞納されるだけと思い
叔父本人の了承を得て町営住宅に引越しさせました。

その後大家が母に滞納している家賃を取り立てに毎日のように来ては
玄関先で大声を出して怒鳴ります。
そして、脅すような口調で「毎晩金を払うまで来るぞ」といいます。
挙句の果てに、叔父が18年住んで次の人に貸すために部屋を改築したので
その工事代40万を払え、というのです。
あまりに不条理な気がしたので、「入居したときに交わした契約書」の
提示を求めたところ、大家はもう無い、の一点張りなので、契約内容が一切
わからないのです。賃貸業を営む人が契約書もないと言う事自体、訳がわからないのですが・・・
本当に無くなったのか、故意に無いといっているのかはワカラナイです。

うちの母は家賃を払わなければならないのでしょうか?
また、この大家の言っている話は賃貸業として正当なのでしょうか?
昨日も家にきて、今度はまったくもって関係のない私にまで「あんたでも
いいから払え」と言ってくる始末です。

何かいい解決策はないでしょうか?

賃貸アパートに住んで18年経つ62歳の叔父がいます。
私の母の兄に当たります。18年前に入居した当時はそのアパートは
改築工事したばかりだったそうです。契約者は叔父本人で、保証人は半年前に
なくなった叔父の内縁の妻だったそうです。

その内縁の妻が亡くなって1ヵ月後、叔父が病に倒れ入院しました。
当然、仕事もできず収入がありません。生活保護を受けることになりました。
家賃は6ヶ月分滞納になり、大家が契約者でも保証人でもない私の母(叔父の妹)に請求に来ました。狭い町ですし、...続きを読む

Aベストアンサー

 今晩は。

 突然なんなんですがお母さんは一度支払をされたんですよね、それが確かなら「債権の追認」になる可能性があります。
 債権の追認は(仮定)借りても居ない借金の借用書を提示をされた時に一円でも払ってしまった時は債権が有る事を認めた事になり全額を支払わないといけない事になってしまいます。

 ただ、書き込みにある状況ならば刑法の
恐喝=「第二百四十九条人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する」に
名誉毀損=「第二百三十条公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する」にあたると思いますので他の方が言われているように警察に相談をされる事をお勧めします。
 上記に記載の理由を盾に債権の放棄を要求をするカ慰謝料を請求して相殺せる、など色々方法はありますのでその程度の相手に気を使わない方が良いですよ。

Q鶴の箸置きの折り方

初めて投稿させて頂きます。6月の披露宴で鶴の箸置きを折り紙で作って使用したいと思っていますが、書店等を探したのですが、折り方の本が見つかりません。折り方が載っているものがありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。
鶴の箸置きとかあるんですね。
検索したらこちらの方のブログに折り方が載ってました。
ご要望の折り方かはわかりませんが参考までに。

http://ameblo.jp/kuramoto-yasuko/image-10052160150-10034789710.html

Q大家さんに引越し費用を請求できますか

隣人からのいわれのない苦情に困っています。

軽量鉄骨アパート4世帯入居の2階に住んでいます。深夜早朝を問わずドアを叩き苦情を言われます。とても神経質な人のようで、音の発信源を確かめることもせずやってくるのです。家族皆が寝ており、家ではないと言うと階下に行きドアを叩きます。謝罪は一切ありません。以前無視していたらドアを蹴られ、足跡がいくつもつきました。その割りに、自分は他の住居者に対する配慮のない行動をしています。(階段を上がる足音がとても大きい、アイドリング、「うるせぇな~」という大きな独り言など)大変恐怖を感じて生活をしてきました。

そのつど大家さんに相談しましたが、「本人に苦情は大家に言えと言ってやったよ。また何かあったらすぐに呼んでください。いざというときは警察を呼びなさい」といわれるのみです。とても心配しては下さっているのですが、隣人への退去勧告などは出せないと言われています。

不規則な時間に帰宅する隣人に会いたくないため、外出ができなくなってきたり、夜間物音ですぐに目が覚めるようになりました。5ヶ月の子供がおり、今後ここで生活していくには不安でしかたありません。隣人と話し和解したらどうかとも考えましたが、話しの通用する人とは思えないのです。

そこで今引越しを考えているのですが、資金面でも非常に厳しいのです。隣人のことさえなければ引っ越す意思はなく、ずっと住みたいと思っています。以前こちらでも相談させていただきましたが、隣人に慰謝料を請求するのは仕返しが怖くとてもできません。このような場合、大家さんに引越し費用を負担してほしいなど言っては非常識でしょうか。
「不安でしかたない、困る」とは何度も言いましたが、隣人を退去させて欲しいと強く要望したことはまだなく、大家さんとは親しくさせていただいていました。

相談よろしくおねがいします。

隣人からのいわれのない苦情に困っています。

軽量鉄骨アパート4世帯入居の2階に住んでいます。深夜早朝を問わずドアを叩き苦情を言われます。とても神経質な人のようで、音の発信源を確かめることもせずやってくるのです。家族皆が寝ており、家ではないと言うと階下に行きドアを叩きます。謝罪は一切ありません。以前無視していたらドアを蹴られ、足跡がいくつもつきました。その割りに、自分は他の住居者に対する配慮のない行動をしています。(階段を上がる足音がとても大きい、アイドリング、「うるせぇな...続きを読む

Aベストアンサー

1.

大家さんには、貸家としての通常の性能を備えた住居を提供すると言う義務があります。

その一方で、あなたには、賃料を払うと言う義務があります。


2.

そこで、法律論としては、
大家さんに対して、債務不履行による完全履行請求、および損害賠償請求ができる”可能性”があります。

また、隣人に対しては、不法行為による損害賠償請求ができる”可能性”があります。

ここで、”可能性”と言ったのは、近隣トラブルと言うのは主観的な判断をしがちで、客観的な判断をしたときにそこまでの損害が認められないこともあるからです。


3.

もっとも、以上の方法は法的なものであり、その前に大家さんに隣人に出て行ってもらえないか交渉したり
、第三者に間に入ってもらって隣人に苦情や要望をするのが先と言えるでしょう。

また、ご質問の引越し費用については、引越し以外の方法では問題が解決出来ない場合のみ請求できるといえるでしょう。

今回のケースでは、引越し以外の方法でも解決できる可能性がある以上、すぐさま請求する事は出来ないと思われます。


これ以上は、市町村などの無料法律相談へ!

1.

大家さんには、貸家としての通常の性能を備えた住居を提供すると言う義務があります。

その一方で、あなたには、賃料を払うと言う義務があります。


2.

そこで、法律論としては、
大家さんに対して、債務不履行による完全履行請求、および損害賠償請求ができる”可能性”があります。

また、隣人に対しては、不法行為による損害賠償請求ができる”可能性”があります。

ここで、”可能性”と言ったのは、近隣トラブルと言うのは主観的な判断をしがちで、客観的な判断をしたときにそこまでの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報