つちのこの泣き声は変な泣き声っていう話をちょっと聞いたことがあるの
ですが、どんな泣き声なんですか?
私は、つちのこはいるかいないか知りませんが、ご自身が直接泣き声を聞いたこと
なくても人から聞いた話でもいいので泣き声を教えてください。
お願いします。

A 回答 (3件)

直接見たことはないですが、


つちのこがいびきを書く、という情報が載っていました。

あと、懸賞金を出しているところもあるので、
そういうところに聞いてみると
情報がつかめるかもしれません。

参考URL:http://uma-adventure.net/
    • good
    • 0

自分もツチノコに興味があったのでツチノコに関する本を読んでみたのですが、


それには「グァッ グァツ」とか「チチッ」と鳴くと書いてありました。
ちなみにツチノコは蛇というよりトカゲに近いものではないかと言うことです。
普段は「グァッ グァツ」で警戒すると「チチッ」だそうです。
ツチノコはいてもおかしくないですよね。
目撃した人もたくさんいるみたいだし、見た目は蛇に似てても動きが独特なので
生物としてのひとつの進化した姿なんじゃないかって気がします。
    • good
    • 0

以前テレビで、つちのこ目撃報告の大部分はアオジタトカゲの見間違いで、


つちのこの声というのはそのトカゲの声であるというのを
やってましたよ!
つちこのが蛇の一種だとすれば、蛇には声帯がないから
声が出せないそうです。

参考URL:http://www3.synapse.ne.jp/doragon/tuchinoko/tuch …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれ、そうですかぁ~。。。
残念です。。。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/27 15:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何の鳥の鳴き声なのでしょうか??

最近夜になると近所から、鳥のような鳴き声が聞こえてきてとてもうるさいです。
何の鳥?の鳴き声か分かる方はいらっしゃいますでしょうか??
少し小さいですが音声を添付してあります。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

夜になって鳴き出す鳥ってほとんどいません。住宅地ではほぼ皆無でしょう。おそらくヒキガエルだと思います。

http://www.bird-research.jp/1_shiryo/nakigoe.html

同ページの下の方の「その他」の鳴き声聞いてみてください。

Q雷魚とつちのこ

雷魚つりを趣味にしている友人がつちのこの正体は雷魚じゃないかと言っています。
その理由はそのかたちが似ていることと、雷魚は肺呼吸なので陸の上でもはって移動することができるということだそうです。陸上ではっている雷魚をみて、つちのこと思ったのではないかといっています。
ネットで調べてみると、陸の上でも4,5日は生きられると書いてありました。また蛇のようにはっていくともかいてあったので、その可能性もあるかなと思いましたがどうなんでしょうか、

Aベストアンサー

雷魚は肺呼吸で地面を這って移動できると言っても水中からわざわざ出る事はしないと思います。
ツチノコはヘビ同様にかま首を上げると聞いたことがありますが魚類は横には体が曲がりますが縦には曲がらないと思いますが…?
釣った事もありますがほとんどじっとしていました。それに舌も無いはずです。
雷魚は平野部の野池に多いのでツチノコの目撃例の場所的にも(山間部が多い?)可能性は低いと思いますね。

でもツチノコが未確認生物である事実上、否定はしません(^^)

Q北海道で夜飛ぶ鳥はなんという鳥?

夜、早朝にビービビビビ(ビービュビュビュ?)とあまりキレイな鳴き声ではない鳥は何という鳥でしょうか?鳴き声と一緒に飛んでいる翼のバサバサという音が聞こえる事もあります。
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、オオジシギという鳥です。
湿原などにいて、バサバサバサという羽音をたてながら急降下してきます。下記URLで声が聞こえるので、確認してみてください。

参考URL:http://miura1.cool.ne.jp/SYMBOL/yacho/ichiran.htm

Q人間が生まれる確率は64兆分の1という話を聞いたことがあるのですが、なぜ64兆分の1という値にな

人間が生まれる確率は64兆分の1
という話を聞いたことがあるのですが、
なぜ64兆分の1という値になるんでしょう?
気になって夜も眠れません

Aベストアンサー

「人間が生まれる確率」では無くて、あなたが生まれた確立でしょう。
男性が生涯作れる精子と、女性が生涯作れる卵子の組み合わせの中で生まれる子供の数。

ただの、数字のお遊びですね。

マンボウなんかは、1度に3億の卵を産むそうです。
この計算だと、恐れ多くてマンボウに近寄れません。
なんてことは、全く無いですね。

Q夜に林から聞こえる鳴き声

すみません、ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非お教えください!!

十数年前から気にはなっていたのですが、
名前も種類も姿も分からない鳥があります・・・。
年数回ですが、夜になると林から「ギャーーーー」というか、「アー----」というか表現しにくいのですが、
周囲に響き渡る、叫び声(よく恐怖モノで夜鳴いている鳥の声に近いです)のような鳴き声をする鳥(だと思われます)がいるのですが、
名前等が分からなくて・・・。

鳴き方は叫び声のような鳴き声を10秒~20秒に1回程で、
鳴かない時は数分間鳴かない事もあります。
また鳴くのも不定期で、十数年前は結構聞こえていたのですが、
ここ数年は年数回しか聞こえません。
たまたま昨日、数回鳴いたのを聞き、再度気になった次第です・・・。
冬で雪がある中での林から聞こえ、恐らくその鳥でしょうが、ガサガサと林の木が揺れる音がしました。
鳴き声からするとサギ等ではなさそうなのです・・・。

申し訳ございませんが、お教えください!!
宜しければ紹介されているHP、できればその種の鳴き声を紹介しているHP等もご紹介いただけると幸いです。

すみません、ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非お教えください!!

十数年前から気にはなっていたのですが、
名前も種類も姿も分からない鳥があります・・・。
年数回ですが、夜になると林から「ギャーーーー」というか、「アー----」というか表現しにくいのですが、
周囲に響き渡る、叫び声(よく恐怖モノで夜鳴いている鳥の声に近いです)のような鳴き声をする鳥(だと思われます)がいるのですが、
名前等が分からなくて・・・。

鳴き方は叫び声のような鳴き声を10秒~20秒に1回程で、
...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です

>断続的な「グワァ」「ギャッ」ではなく、
カラスの長めの鳴き方をもう少し長くし、かつ高い音で、
カラス+トンビ+何かを3で割ったような、何とも言えない
「アーーーーーー」というような、3秒前後かそれ以上の長さの
鳴き方が主なものです<

これなんです!
言葉の表現で言うなら、これ、私の知っているカケス系(と言うよりオナガかな?)の声のイメージとかなり一致するのですが・・・・。

何となくカケスの方が「ギャー」と言うような低音成分の濁った(要はダミ声)声で、オナガの方が比較的カン高く澄んだ声だった気がします。

しかもこの声を出すのは決まって夕暮れ~夜の浅い(9時頃まで)うちでした。昼間は貼ったURLのファイルのような、断続的な鳴き方しかしなかったです。(鳴く事も少なかった)

「木がガサガサ」と言う部分も合っている気がします。
カケスやオナガは「見た目に反してかなりガサツな鳥」、と言う印象が有ります。夜に木が物音を発てるのは大抵、カラスでは無くこの辺の鳥が犯人でした。(幼少期は非常~に怖かったです)

・・・ただ、うちの辺りは新興住宅地なので、質問者様の家の周辺とはやや環境が異なります。質問者様のところの環境の方が遥かに自然が豊かであると思われますので、他の似たような声を出す鳥が多数生息している可能性もありますよね・・・。

文字での表現だとどうしても「これっ!」って言う決め手が無いのですよね・・・・それが非常にもどかしいです。

No.4です

>断続的な「グワァ」「ギャッ」ではなく、
カラスの長めの鳴き方をもう少し長くし、かつ高い音で、
カラス+トンビ+何かを3で割ったような、何とも言えない
「アーーーーーー」というような、3秒前後かそれ以上の長さの
鳴き方が主なものです<

これなんです!
言葉の表現で言うなら、これ、私の知っているカケス系(と言うよりオナガかな?)の声のイメージとかなり一致するのですが・・・・。

何となくカケスの方が「ギャー」と言うような低音成分の濁った(要はダミ声)声で、オナ...続きを読む

Qどくくらげの毒はどくくらげ自身にも効くのか

毒を持っているクラゲなど、体から毒を分泌する生き物同士が戦ったり接触した場合、その毒は相手に効くのですか?

Aベストアンサー

効きます。
自分自身を指したり咬んだりしても効きます。
毒を作る器官から毒を出す器官(牙等)までは、毒が自身に
回らないようになっていますが、それ以外の経路から侵入した
毒は、効くそうです。

Qこんな鳴き声の鳥を知りたいです。

4~5日前より夜になると田んぼの方から、トゥルルルル トゥルルルルと電話の呼び出し音のような音が聞こえます。
たぶん鳥の鳴き声だと思うのですが、今まで聞いたことがない珍しい鳴き声です。
なんという鳥なのかとても気になっています。
知っている方がいたらお願いします。

Aベストアンサー

野鳥の声は文字で表現しても聴いてみないとわかりませんが、田んぼと「トゥルルルル」で、
ヒクイナというクイナの仲間の声を連想しましたが?
http://pikanakiusagi.web.fc2.com/songs/hikuina.html
http://pikanakiusagi.web.fc2.com/songs/index.html

参考URL:http://www.yachoo.org/Book/Show/200/hikuina/

Q人間は見たり聞いたりしたことをどのようにして認識しているのでしょうか?

人間は見たり聞いたりしたことをどのようにして認識しているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
#2です。回答をお読み頂き、ありがとうございます。

>このようなことを説明するのにどのような実験が行われるのですか?

そうですね、
このようなものは世界中の学者さんたちがありとあらゆる実験によって積み上げてきたものですから一概には何とも言えないのですが、脳のそれぞれの機能といいますのは概ね以下のような方法によって明らかにされます。
「解剖学的手法(組織の位置や神経接続)」
「組織破壊実験(動物の神経や脳の一部を切除する)」
「非破壊検査(MRIなどの撮像装置を使って観察する)」
「伝達物質の化学的性質(神経伝達に使われる物質を調べる)」

昔、「ワイルダー・ペンフィールド」というお医者さんが患者さんの脳に電極を刺しましたら、見えない物が見えたり聞こえない音が聞こえるといったことが起こりました。そこで、色々なところに電極を刺してみますと、大脳皮質の細かい部分が我々の身体の様々な感覚と繋がっていることが分かりました。この領域が、大脳が感覚入力を受け取る「感覚野」ですね。
右目左目、右耳左耳、また嗅覚からの入力、体性感覚野は受け持ちが広く、指先の感覚から裏の痒みまで我々の身体の様々な表在感覚や内臓感覚と事細かに繋がっています。
これと同様に、運動野といいますのは身体に運動命令を出す領域であり、身体の様々な筋肉とどのように接続しているのかも特定されました。これにより、大脳皮質の司る身体機能に対しましてはかなり詳細な「感覚地図」や「運動地図」が作られました。人間に近いサルの脳などを使って一つひとつ丹念に調べたんでしょうね。このようなものは解剖学的手法による「刺激実験」です。
このように、大脳の領域ではそれぞれの役割が決められており、これを「脳の機能局在」と言います。このため、感覚野や運動野のように特定の役割を持たない大脳の他の領域を「連合野」と呼ぶようになりました。大脳皮質連合野はその位置によって「前頭連合野」「側頭連合野」「頭頂連合野」に分かれます。そして、このように特定の機能を持たない連合野では記憶や思考などの作業が行われているのではないかと考えられています。

視覚野といいますのは視覚情報を受け取る機能を持っているわけですが、ここには更に細かい受け持ちのあることが分かりました。
ここには直径1mmに満たない小さな「コラム(細胞集団)」が整然と配列されており、その一つひとつが「色」や「形」「傾き」などといった細かな「図形の特徴」と対応しています。これを視覚野コラムの「選択的反応特性」といい、それぞれのコラムは視覚情報の中に自分の受け持ちの特徴があったときにだけ反応を発生させます。これにより、「受け取った画像の中にはその特徴がある」という信号が視覚連合野に送られることになります。
例えば「+」という図形では「縦線」と「水平線」のコラムが反応します。同様に「×」という図形を見ますと「右45度」と「左45度」という信号が発生します。これ以外のコラムは情報を受け取っても反応をしませんので、ここではその図形の特徴だけが整理されていることになります。これが「知覚処理」ですね。同様に聴覚野には「音の高さ」「大きさ」「長さ」などに反応するコラムがあります。

昔はこのようなことをサルの脳に電極を刺して調べたのですが、現在ではfMRIの性能が上がり、普通にしているひとの脳内で直径1mmのコラムの反応を外から観察できるまでになりました。このような装置とコンピューター解析技術を用いた手法を「非破壊検査(非侵襲脳イメージング法)」といいます。つまり、脳に穴を開けないということですね。実際の実験ではサルにコンピューター・ディスプレイの図形を見せて反応場所をマッピングしていくといったことが行われました。
前回答では、我々が「認知・識別」を行うためには感覚情報と記憶情報で答え合わせをしなければならないと申し上げました。ですが、感覚野ではそれぞれのコラムの選択的反応特性によって記憶との照合なしでも「特徴の抽出」を行ってしまうという神経配線が組まれています。このため、認知というのが記憶情報との比較であるのに対しまして、入力情報だけで特徴の識別を行ってしまうというのが認知とは異なる「知覚処理の性質」ということになります。但し、ここではそれ以上の判定はできません。
では、より高度な「認知」が連合野で行われるのであるならば、感覚野からの神経接続はそちらに繋がっていなければなりません。解剖して調べてみますと、果たして視覚野からの神経連絡は「側頭連合野」と「頭頂連合野」の両方に繋がっていました。

「組織破壊実験」といいますのは動物の脳を切除するだけではなく、傷害を受けた患者さんの症例によっても脳の機能を特定することができます。
視覚野の機能が正常であるにも拘わらず、「側頭葉」に傷害を負った患者さんの場合、見えることは見えているのだけれど「何が」見えているのかが分かりません。これに対しまして、「頭頂葉」の損傷ですと「どのように見えるのか」が理解できません。このようなものを器質性の「認知障害(認知症)」と言います。
このため、視覚野から二つの連合野に接続が分岐しているのは、
「側頭連合野:形態認知(何が見えるのか)」
「頭頂連合野:空間認知(どのように見えるのか)」
このように、我々の脳内では「形」と「位置関係」の認知が別々の場所で行われているからではないかと考えられるようになりました。そして、別々に行われる「形態認知」と「空間認知」、この二つの認知結果を統合するのがどうやら「前頭連合野」ではないかということになります。
大脳皮質内でこのような感覚野や連合野などを結ぶ連絡路を「皮質内接続」といいますが、運動神経や感覚神経などの末梢神経系とは違い、こちらはたいへん細かくて複雑です。MRIでもそこまで詳細に観察することはできませんので、お医者さんたちは現在でも顕微鏡や染色薬などを使って根気良く調べています。

この知覚情報に対して何が見えているのかという判断を下すためには記憶情報との照合が必要になります。このため、視覚野との接続を持つ側頭連合野と頭頂連合野の後部外縁は「視覚前野」という役割を持ち、視覚記憶といいますのはその周辺に保持されるのではないかと予測されています。そして、近年ではここで行われる情報の照合には「作業記憶(ワーキング・メモリー)」という新しい概念が設けられており、我々の脳内では、これが外部環境と内部記憶を結び付る機能と解釈されています。

神経細胞同士の信号連絡に使われる「神経伝達物質」は接続先を調べるだけではなく、相手の神経細胞に対してその化学的性質が活性に働くか抑制に働くかによって機能が異なります。
脳内で知覚や記憶などの情報伝達では主に「Gul(グルタミン酸):興奮性」「BABA(γアミノ酪酸):抑制性」などが使い分けられています。それぞれが「+-信号」に対応しますので、Gulの投射が繋がっていればそれは活性接続と特定できます。

では、「注意」や「意識」といいますのは、これは脳全体の覚醒状態によるものですから、ここでは何か特定の情報がやり取りされているというわけではではありません。このようなものは「修飾系伝達物質の脳内広域投射」によって制御されています。
「伝達物質の修飾作用」といいますのは、情報を送るのではなく、その神経細胞の働きを強めたり弱めたりするということです。良く知られているのは「青斑核A6番」から中枢系広域に一斉投射される「NA(ノルアドレナリン)」です。
このNAは興奮性であり、投射を受けた組織は活性化され、情報伝達が活発になります。「注意状態」といいますのは知覚系が活性化されるということです。ですから、NAが分泌されませんと、目では見えても頭には入りません。更に、大脳皮質の連合野や海馬の働きが活性化されますと、思考力や記憶力も高まります。
「意識」というものがどういうものなのかはまだはっきりと分かっていませんが、少なくともこれが発生するためにはNAの広域投射によって脳の覚醒状態はある程度亢進されていなければなりません。ただ、このまま緊張状態が続きますと必ず疲れますので、我々の脳は「5-HT(セロトニン):抑制性」によって必ず安静状態に戻るようになっています。
このように「修飾系伝達物質」といいますのは脳内広域に働くものですから、その分泌を調べれば脳がどのような状態であるのかが分かります。実験方法としましては、ネズミを使って脳から抽出するとか、尿や血液中の伝達物質、あるいはその代謝物質の濃度を測るといったものがあります。また現在、伝達物質の機能解明では「アゴニスト(作用剤)」や「アンタゴニスト(阻害剤)」など薬物を用いた実験が盛んになり、その機能が阻害されたらどうなるかといったことが次々と確かめられています。そして、このような研究の成果は精神安定剤など実際の治療薬としても使われるようになりました。

こんにちは。
#2です。回答をお読み頂き、ありがとうございます。

>このようなことを説明するのにどのような実験が行われるのですか?

そうですね、
このようなものは世界中の学者さんたちがありとあらゆる実験によって積み上げてきたものですから一概には何とも言えないのですが、脳のそれぞれの機能といいますのは概ね以下のような方法によって明らかにされます。
「解剖学的手法(組織の位置や神経接続)」
「組織破壊実験(動物の神経や脳の一部を切除する)」
「非破壊検査(MRIなどの撮像...続きを読む

Q鳥の鳴き声騒音ランキングが知りたい

タイトル通り、鳥の鳴き声のうるささを順番に並べたらどうなるのか知りたいです。あと、鳥って夜は寝ますよね?うるさく鳴いたりしますか?
教えていただければ有り難いです。

Aベストアンサー

ランキングは知りませんが、オウム、大き目のインコは、叫び声をあげますのでうるさいでしょう。あとはからすとか孔雀などのキジ類、鶏の類など。

夜鳴くのは、ふくろうなどの一部の夜行性の種だけです。早朝から鳴くのは鶏。

Q雉はケーンと鳴くのは聞いたことあるのですが、山鳥はどのように鳴くのでし

雉はケーンと鳴くのは聞いたことあるのですが、山鳥はどのように鳴くのでしょうか。調べているのですがよく分かりません。

Aベストアンサー

動画(鳴き声メインで動画はおまけだそうですが)ありました。
http://zoome.jp/hase_kyou_1978/diary/36

探してたらこんなのも
http://plaza.rakuten.co.jp/wara2007/diary/?ctgy=12
http://plaza.rakuten.co.jp/newmoon1/diary/200905230000/

ワタシも気になったので勉強になりました


人気Q&Aランキング

おすすめ情報