旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

下請けに仕事を依頼しています。
しかしその下請けは手抜きするし、
人の言った事を時々守りません。
仕事の工期に間に合わそうとする気も
ないようで、仕事を行う上で足りない
資料も私に催促せずに、ぎりぎりに
なってから資料が足りないから
出来ないという状況に持ち込もう
としているのが目に見えます。

こんな相手に対してどのように
対応すべきでしょうか?

ちなみに今依頼している仕事は
時間がないため、やってもらわな
くてはなりません。

A 回答 (6件)

あなたは工事を引渡さなければならないため、下請業者に対して弱い立場に立っているようです。


しかし、本来、工事代金支払に関しては、あなたの方が強い立場にあります。
下請業者の方は、今回の工事が終わらなければ工事代金は貰えないのです。下請業者の立場はこの点では弱いのです。

あなたは下請業者と契約書は交わしているのでしょうか。

請負った仕事が納期に間に合わなければ、下請業者は契約不履行です。契約書が無くても、既に工事に取り掛かっているようですから、双務契約は成立しています。
契約違反で訴える事も出来るのではないでしょうか。
民法541条など参照下さい。

損害賠償の請求以前の問題で、発注した代金を支払う必要すら無いものと思われます。契約の解除も出来る状況です。

ただ、今回の仕事は当該下請業者に仕上げて貰わなくてはならないところが困った所です。まだ間に合う状況なのでしょうか。
工事代金の手付前渡し金、中間金など金銭的な問題はどのようになっているのでしょうか?
どうしても間に合わせなくてはならないのであれば、ここは頭を下げててでも、総力を挙げて完成に向かわせなければなりません。

まず、ここは強くガンと当たってみようと考えるのはやめる事だと思います。あなたの考え方を一寸だけ変えてみては如何でしょうか。口惜しさを抑えてでも、全ての目標を納期に間に合わせる事に絞らなければならないのです。

力では解決しません。
力を使わなければならないのは、引渡しが終わってからでも良いと思います。その間、法律を勉強し無料法律相談などを利用して、下請業者への対策を練るべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

契約書は交わしていません。
仕事の出来具合をこまめに把握しながら
私も一緒に手伝い仕事を仕上げようと思います。
上司とも相談し、強く言うのはやめることにしました。
仕事が完成し支払い時に強く説教し、お金を減額し、
二度とその会社に仕事を依頼するのは
やめることにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/26 04:41

今回はじめて依頼した下請け業者で、


納期が迫っているので別の業者を用意する余裕が無い
ということですね。

であれば、やはり、
「遅れた分の損害は払ってもらいます。」
でしょう。

資料云々にかんしても、仕事への積極性からみれば
下請け業者の方に非があるのは明らかですから
作業が遅れた理由にはなりません。

天災などやむをえない事情と依頼側の
過失・怠慢以外での作業遅延は
当然下請け業者の責任です。
余りにも怠慢はひどいのであれば、
詐欺なりとして刑事立件も検討する事を
言ってやりましょう。

それと、大変かもしれませんが、
やはり、別の下請け業者を急いで
探しておきましょう。

納期に間に合わない事が確定した段階で、
お客様にお詫びを入れ、納期を再調整し、
別業者で突貫作業を行ってお客様に納品し、
遅延損害は問題の下請け業者に請求しましょう。

役に立たない下請けでずるずる仕事をするのと、
きっちりした業者に依頼しなおして急いでやるのと、
どちらが確実で後のあなたの為になるでしょう?

どういった工事かはわかりませんが、
手抜きが後々問題になる可能性って無いんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

徹夜で自分でやるはめになりそうです。
とても参考になるアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2006/03/26 04:33

初めに工期をしっかり守ってもらうよううるさく言って「もし間に合わないときは支払いとめます」攻撃します。

資料がうんぬん言ってきたら「もっと早くに手を打つべきですよね?いままで何してたんですか?手抜きですか?仕事をなめてますか?そんな子供の使いに支払いなんてできませんよ。責任持って仕上げてくださいね。」って私ならいいますけど。「もちろん延長なんかの日当も出しませんから。っていうかお客にそんな言い訳つうじるわけないんで延長されて足でた分はそちらに請求します。」
まあ切れてじゃあ仕事しねえ!なんていいだすと困りますけどね。そのかた個人に仕事を依頼してるんですかね?そんなとこにいつまでも仕事回すから付け上がるんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
相手は個人で会社をやっています。
がつんと言ってやろうと思います。

お礼日時:2006/03/23 22:04

もし外注先を変える権限がないのであれば進捗管理をもっとマメにすることをお勧めします。

必要ならガントチャートなどを用いてでも定量的に数字を出させる。遅れているなら対策も提出させればよろしいかと。で、言い訳になりそうな項目はあらかじめつぶしておいてください。

言い負かすというか、会社間の契約をきっちりして、損害賠償なども盛り込めばよいのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回は損害賠償を契約に盛り込んでいません。
ちょっと私も失敗したのは、
初めて仕事をする相手で、
「できます」とか言っていたので、
ある程度まかせておいたことです。
中間報告は期限に上げてくるのですが、
こちらに相談もなく勝手に自分で判断し、
手を抜きます。
全てを任したのに係らず、
その資料はもらえると思っていたとか
発注者が用意してくれると思っていたから、
自分で集める時間がないとかのたまわります。

お礼日時:2006/03/23 21:57

早急に違う外注を探して、徐々に仕事を減らしていくべきです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間がないため、この仕事に関しては違う外注を
探せません。

お礼日時:2006/03/23 21:48

別のちゃんと仕事をする下請けを探した方がいいのではないですか?



「資料がなかったから」というのは遅れた言い訳には出来ません。
何故なら「追加の資料が欲しい」と言った仕事に対する積極的姿勢が示されていない以上、職務怠慢ととられても仕方ないでしょう。

遅れた事による損害賠償を請求してやったら如何ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間がないため他の下請けを探せません。
二度とこの下請けを使う気はありません。

がつんと言ってやりたいのですが、
どういえば一番こたえるでしょうか?

お礼日時:2006/03/23 21:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報