大相撲中継を見ていて判らないことがあります。力士が口をゆすいだりテッシュをほり込むところはバケツで受けているのでしょうか、もしバケツであればもつれて倒れこむと、怪我の可能性もありますが、土俵係りが水の入った手桶を、さげて逃げるのを何度も見ますが、汚物入れは移動さす事はないのでしょうか。あまりそんなところはTVで写さないだけに、いつも気になります。ご存知の方は教えていただけませんか

A 回答 (1件)

かなり昔に本で読んだ記憶があるのですが、力士が口をすすいで吐き出した水は洗面所のように土俵下にパイプが通っていて、そこから流れ出る仕組みになっていたような気がします。

国技館だけでなく、ほかの場所でもそうなのかと言われると全く自信がありません。そして使用済みの力紙のゆくえですが…。これはちょっと分かりません。確かに気になりますね。ほとんど解答になっていなくてごめんなさい…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。貴方以外の解答が有りませんので正解と思います。naokun89さんが言われる力紙の行方が今度は気になりますね、何処かで情報がありましたらOKwebで教えてください。宜しくお願いします

お礼日時:2002/01/26 15:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相撲の土俵について

土俵には直径4.55mの円形に俵が埋めてあり、その外側にも土俵の縁に沿うように四角形(正確には八角形)に俵が埋めてありますが、この外側の俵は何のためにあるのか、意味を教えてください。相撲協会に電話で聞いたところ、特に意味はないとのことでしたが、納得できません。
私の考えでは、かつて土俵は2重の円でできていたので、その名残では・・・?
という気もするのですが。
勝手なお願いですが、答えてくださる方はその答えの根拠(『~』という本でみた、等)も教えてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

小学館の百科事典には「土俵」という項目があります。そこには「土止めのため」と書いてあります。平凡社の百科事典でも同じようなことが書いてあります。

ところで、昔土俵は確かに二重の円でしたが、それは現在土俵の外側に砂がおいてあるところにありました。この砂のことを「蛇の目の砂」といいますが、これは二重円のことを蛇の目という言い方があることからきています。このときでも、土俵の四囲には俵がありましたから、直接関係は無いと思います。

なお、相撲全般についての簡単な知識は日本相撲協会のページの「相撲博物館」というリンクに記されています。

参考URL:http://www.sumo.or.jp/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング