「杉は谷間の急斜面でも、何でまっすぐ空に向かって育つの?」と弟(小5)に聞かれたので、「太陽に向かって育つからまっすぐにのびるんだよ」と教えたのですが「太陽は動いてるじゃん」と言われてしまいました(;^_^A
結局弟が納得してくれませでした
弟が納得がいくような答えを教えてくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  まず、簡単で分かり易い理由を書きます。
 
  1)樹木はまっすぐ延びた方が、安定がよい。重力があるので、曲がって延びると、倒れたりし易い。それを避けるため、まっすぐ延びる。
 
  上の1の理由に加えて、次のような理由があります。
 
  2)樹木はその枝の生え方などから言って、軸対称になっている。つまり、特定の向きに、特に向いて枝が伸びるという訳ではない。枝があると、その反対側、辺りにも枝があり、これも重力バランスに役立っている。しかし、もう一つ、こういう風に均等に枝が生え、葉が茂ることで、最大限に太陽の光を葉に受けることができるのです。太陽は一日で位置を変えますから、向日葵ならともかく、固定した樹木は、四方八方対称に枝や葉を茂らすことで、結果的に最大の光を全体として受けることができるのです。
 
  陰のある場所の枝や葉の成長が悪いのは、太陽の光が当たらないからですが、また、光がそこにはないので、延びないのだとも言えます。これは、原因と結果が同じような意味になります。
 
  傾いた斜面でも、樹木がまっすぐ生えるのは、重力的にそれが安定しているから。そして、葉に最大の太陽の光を受けるためです。方向的に特殊な条件が課される場合、樹木も傾いて延びます(根が、綺麗に対称形に張れない場合。つまり、地面のある方向が硬くて、根がない場合、根のある方に樹木は少し傾きます……等)。
 
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
1番の理由で納得してくれました。

お礼日時:2002/01/24 21:41

植物が上に幹や葉を、下に根を伸ばすのは、重力に対する反応だと聞いたことがあります。

確か無重力の宇宙空間での実験では根も幹もてんでんバラバラにも伸びてしまい、でたらめな形になっているのを見たことがあります。

たしかこのようにある刺激に対する反応を走性と呼ぶと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
弟に早速教えたいと想います。

お礼日時:2002/01/24 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花の咲かなかった木の剪定時期

4月に樹高が2mほどのエゴノキを植えました。
そろそろ花のつぼみが付いても良い時期だと思うのですが、
そのような気配が全くありません。
木自体は大変元気で若葉がどんどん伸びてきています。
花が咲き終わった直後以降に剪定をすると花芽を切ってしまう
ので、翌年は花が咲かないと聞きましたが、購入時に樹形が
大変良かったので(それを気に入って購入したのですが)、
販売直前に剪定がされたと想像しています。
このまま、今年は花が咲かない場合、来年の花芽の事を考える
と、やはり花の時期直後の6月頃に剪定をすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

エゴノキは、自然に樹形が整うタイプの樹で、あまり剪定を必要としません。
おっしゃるとおり、花芽の形成時期は花後の7~8月ですが、
徒長枝には花芽がつかず、太短いガッシリとした枝の先につきます。
そのため、一般には真冬(1~3月)に(花芽がないことを確認しながら、)
込み合ったところや、樹形を乱している枝を切ります。

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/gumoku/e.html
http://www.san.town.sonobe.kyoto.jp/bio/baio/qa75.htm

参考URL:http://www.san.town.sonobe.kyoto.jp/bio/baio/qa75.htm

Q斜面培地について

こんにちは。大学で植物病理学にかかわっている者です。
寒天培地にはいろんな種類の物があり、菌の保存には斜面培地がよいとされていますがなぜでしょうか?
私が調べたところ
(1)培地の面積を広く取れる
(2)コンタミしにくい
とありました。
試験管なので場所をとらずに培地の表面積を多く取れるというのはわかるのですが、斜面にすると試験管の口付近まで培地がきてしまうのになぜコンタミしにくいと言われるのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

斜面の度合いをどうするかは作成者が加減できます。

シャーレは火炎滅菌が出来ず開封時に落下細菌のコンタミの可能性もありますが、斜面培地の場合はキャップを外すとき、キャップを付けるとき、どちらも火炎滅菌の操作が入ります。

滅菌操作さえしっかり行っていれば、斜面培地でコンタミする可能性は低いと思います。

Q柿とイチジクの木の剪定の可否と時期

柿とイチジクの秋苗を先週買ってきたので、今週末に庭植えを考えています。スペースが狭いので、成長したら剪定して丈を170cmくらいに押さえたいのですが、可能でしょうか。また剪定可能な場合、剪定は秋しかできないのでしょうか。

Aベストアンサー

柿は前年の枝に翌年新しい枝を伸ばし結実する物ですから、翌年が当たり年でも裏年でも剪定した枝には結実しません。柿は隔年結実樹ですので剪定する場合は一度に全体を剪定するのではなく毎年質の良い果樹が均等に結実するように枝を透かす様に剪定して下さい。
イチジクの剪定時期は12月~2月頃が良いと思います。

イチジクの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/01950.html
こんなに小さ果樹でも生ってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaju38/diary/200608100000/
イチジクの増殖は鹿沼土、赤玉土、富士砂、堆肥等を混合し、排水、保水性の有る土壌に3月~4月頃に挿して下さい。
http://www.yamaen.co.jp/plantsguide/pb-info-sim.asp?kensakumoji=354
イチジクの害虫はスミチオン乳剤等で対処して下さい
http://www.h.chiba-u.jp/soudan/kajyu/ichijiku.htm
イチジクの冬期収穫栽培で着果を促進するための枝管理法
http://www.affrc.go.jp/seika/data_kanto/h16/04/16_04_16.html
イチジク
http://www.pref.shiga.jp/minakuchi-pbo/nogyo/itijiku/itijiku.htm

柿は前年の枝に翌年新しい枝を伸ばし結実する物ですから、翌年が当たり年でも裏年でも剪定した枝には結実しません。柿は隔年結実樹ですので剪定する場合は一度に全体を剪定するのではなく毎年質の良い果樹が均等に結実するように枝を透かす様に剪定して下さい。
イチジクの剪定時期は12月~2月頃が良いと思います。

イチジクの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/01950.html
こんなに小さ果樹でも生ってます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaju38/diary/200608100000/
イチジクの増殖は鹿沼土、赤玉...続きを読む

Q「のび」

くだらない質問ですみません。
私は朝、目が覚めると、起き上がる前に必ず「のび」をしたくなります。コンサートや映画等で、終わった後に席から立ち上がって「のび」をしてから帰り支度を始める人をよく見かけます。犬や猫も「のび」をします。
なぜ「のび」をしたくなるのでしょうか?「のび」にはどんな作用、効果があるのでしょうか?また、他にどんな動物が「のび」をするのでしょうか?ふと疑問に思いました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

普通に生活してると重力だけでも体が縮んでしまいます
体は元の状態に戻ろうとするわけで一旦伸びきった状態から元に戻すのが普通の状態と考えればいいと思います

なので睡眠の他にぶら下がりも気持ちいいです

普段押さえらる事が多いので逆の動きでバランスをとるわけですね
さらに結局体は何を求めてるかは血行などの循環を良くしようとしています
健康とは循環に尽きると言っていいと思います

Q6月の木の剪定について。

剪定に関しては初心者です。近々知り合いの家に剪定の手伝いに行くことになりました。木はウメ、ソテツ、松、サカキ、カイヅカ、一応これだけの木が伸び放題になっていることから、これらの木から剪定することになりました。他にも常緑広葉樹があるみたいなのですが・・。剪定には時期的なものがあると聞きました。あまり強い剪定はこの時期は適していないようなので、徒長枝だけでも切ろうかなと思っています。6月の剪定は徒長枝だけを省くような剪定の仕方でよろしいのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

常緑樹は今くらいの時期が剪定に適しています。
落葉樹は冬の時期が適していますが、今くらいになると樹液の流れもある程度落ち着いてきていますので、おそらく問題ないと思います。
ただし、今の時期に強剪定すると、そこらじゅうから徒長枝が出て始末に負えなくなってしまいます。
剪定ばさみでバサバサ切るくらいなら問題ないですが、のこぎりで太い枝を落とすのは避けたほうが無難です。

Q人の髪の毛はなぜこんなにのびるのでしょうか?

ふと疑問に思ったのですが、人の体毛や他の動物の毛はある程度までしか伸びないのに、なぜ人の髪の毛はこんなにも長くなるのでしょうか?
なにか、自然界を生き抜く上で、良い点があったのでしょうか?

Aベストアンサー

以下の質問のベストアンサーに選ばれた回答に興味深い事が書いてあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1552194.html

Q剪定時期

木というよりも茎のような植物です。
これから花を咲かせるようです。
茂り過ぎるので剪定したいのですが、この植物を知る人は剪定すると枯れると言います。
しかし挿し木をすると容易に根付くとも言います。

そこで質問です。
一般的に、剪定すると枯れるような植物の剪定時期はいつごろでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。外国の植物ですと経験がないので分かりません。
人間も傷を受けた時に何も手当や消毒をしないと、化膿してひどくなるのと同じです。
木の外皮も同じように内部を守ってやっています。もちろん手当をしなくても丈夫な木もあります。

<最高気温は28度、最低気温は7度くらいです。
はっきりした休眠時期はないのかもしれません。でも剪定するとしたら、できるだけあまり成長しない時期が良いと思います。
切った時に切り口から液体が流れ出る状態ですと難しいです。
専用の切り口保護剤が入手できなければ、木工ボンドでも良いです。切り口を外気に触れさせないことです。

剪定する時に、その幹の葉がある部分より上を切ります。剪定した時に葉または葉が出る部分が残っていませんと枯れる木は日本でも多くあります。

Q日光東照宮 杉 根が石垣を崩さないの??

こんにちは、
日光東照宮では大きな杉の木が石垣(他、石の階段)のすぐ近くに育っていますが根が伸びてその石垣を壊したりしないのでしょうか?

アンコールワットの遺跡では木の根が石の建築物を覆うようにして建物を一部崩していたので、そうならないのかなと思いました。
何か崩されないような工夫があるのでしょうか?

何かお分かりの方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アンコールワットを破壊しています樹木は、亜熱帯特有のガジュマルです。この樹木は別名「締め殺し木」と呼ばれまして、枝から気根を垂れ下げ、この気根が地面に接しますと太い根になります。その際に接します木や岩を締め付けまして、樹木なら枯らしてしまいますから「締め殺し木」と名が付いたわけです。ガジュマルについては良いサイトが見つかりませんでしたので同じ性質を持ちますアコウでご容赦ください。
http://www.geocities.jp/senchan3110/yakusima/04/yakusima04.htm

一方、杉はご存じのように気根は持ちませんし、広く深くは根を張りません。ですから台風等で良く倒れるわけです。特に日光地方の日光並木杉は根があまり張らないために現在はどのように保存するか研究中のようです。何かの参考になりましたなら…

Q庭木の剪定時期について

よろしくお願いいます。

庭木の剪定時期について、本などを読むといろいろ書いてありますが、内容が異なっていて良く分かりません。

大まかに言うと、11月か3月位が良さそうで、真冬は避けたほうが良いとあります。

だけど、一方では木が元気に活動している時のほうが切り口が早く直って良いとも書いています。
そうすると、剪定時期は初夏ではないかと思ってしまいます。

また、もみじはどの本にも注意が必要と有ります。
春先では、樹液が動き出しているので遅く、2月が良い。
あるいは、12月では遅く、落葉後すぐが良い。
あるいは、木が動き出して安定している初夏が良い。
と、さまざまです。

花芽を考慮する必要等あるでしょうが、

1.基本的な考え方として剪定時期はいつが良いのでしょうか?
2.またその理由はなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね...。
1年ほど造園屋で修行していた者ですが、時期的にいつだとは断定できません。
はっきりいってプロの選定は一年中やってますからね。

mk1234さんが本で読んだことは間違いではないと思います。
色々な説があるのは樹木の種類や目的によって最適な時期が違うからです。
花を楽しむ木もあれば、樹形を整える木や腐りやすい木、樹液が垂れる木など様々です。
木の状態によっても変わってきます。元気がない木は負担のかかる時期や量はさけるべきです。

一年に一回プロに頼む人の多くは正月にきれいにしておきたいので11・12月が多いです。(松や常緑の木が多い庭)

花を楽しむ木であれば、花が咲いてから花芽がでる前に選定(刈込み)しないと花が少なくなったり咲かなくなったりします。

自分で行う場合は木によって変えるのが良いと思います。また、強選定でなければ基本的にいつでも良いと思いますので庭を見て気になる枝があったらそのつど切る程度であれば木の負担は軽くなります。

ちなみに植物の活動温度は7(5)~37℃といわれています。春先は休眠からさめて根が動き出し、水を吸い上げて新芽を出す時期で植物としては一番がんばっている時期なので負担はあまりかけないほうが良いです。

そうですね...。
1年ほど造園屋で修行していた者ですが、時期的にいつだとは断定できません。
はっきりいってプロの選定は一年中やってますからね。

mk1234さんが本で読んだことは間違いではないと思います。
色々な説があるのは樹木の種類や目的によって最適な時期が違うからです。
花を楽しむ木もあれば、樹形を整える木や腐りやすい木、樹液が垂れる木など様々です。
木の状態によっても変わってきます。元気がない木は負担のかかる時期や量はさけるべきです。

一年に一回プロに頼む人の...続きを読む

Q夜道でウサギはまっすぐ走り、タヌキは道を横切るのはなぜ?

夜、山道を車で走っていてノウサギに出会うと、
ノウサギは避けたりせずに道を走りつづけ、
車でその後を追うかっこうになります。

一方、タヌキの場合は、すぐに道のわきにそれて
どこかへ消えていきます。

このウサギとタヌキの行動の違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。哺乳類はそんなに詳しいわけじゃありません。

タヌキは移動のとき、なるべく茂みや溝など遮蔽物の陰や下を通る習性があり、オープンな場所を移動するのが嫌いなのです。道路というのはオープンな場所ですので、タヌキとしてはなるべくそこは通りたくなく、自分の通り道に道路があるときは一刻も早くそこを通りぬけるべく大急ぎで横切るのです。

ノウサギはもちろん休んだりするときは茂みに隠れるのでしょうが、移動についてはよく発達した後肢で、オープンな場所を移動するほうが効率がよいので、道路があればそれを使って移動するのでしょう。

タヌキは側溝を歩いて移動することが結構多いそうですので、実際には路面の自動車と側溝のタヌキと知らず知らずのうちに並行して移動していることはあるかもしれませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報