出産前後の痔にはご注意!

シンビジウムの鉢植えを頂きました。玄関においてたっぷり2ヶ月間花を楽しみました。そしてとうとう、かれてしまいました。今、枯れた花がたくさん付いている状態なのですが、この花の終わった茎はどうすればいいでしょうか?切ってしまうのですか??世話をして来年も花を咲かせてほしいと思っております。こちらでも検索して、おおよそ世話の仕方は分かったのですが、この花の付いたままの立派な茎についてはどうすればよいか分かりませんでした。教えて頂けませんか?またシンピジウムの世話で、なにかポイントとなることがあれば教えてくださいませ。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

NO1さんもおっしゃっていますが、できるだけ早く切ったほうが株には負担が少なく、翌年の花もより咲き易くなります。



しかし、花瓶にさした花と、株に付いた状態の花では、ありがたみがぜんぜん違いますよね?株についた状態で楽しみたいというのが人情でしょう。ですから、来年以降は開花後1ヶ月ほど株についた状態で鑑賞なされてその後切り取り、花瓶で鑑賞なさってはいかがでしょうか。

花茎の切り方は、根元から切ればいいだけです。その時、バルブや葉を傷つけないようにしてください。また、切る鋏はガスレンジなどで軽く焼き消毒してからのほうが安全です。シンビジュームは、モザイク病にかかりやすく、罹ってしまうと葉にも花にも病状が出て観賞価値が著しく低下しますので。また成長も阻害されます。もし、タバコを吸われるようでしたら、タバコにはモザイクウイルスが付いていることがありますので、タバコを触った手で触らないほうが良いでしょう。

シンビジュームの花芽は、6月ごろに分化するといわれます。つまり、その頃に花の元となるものが植物体の中に形作られるわけです。花を咲かせるポイントは、その頃までに、大型のシンビならば葉を6枚~10枚ぐらい出していればいいでしょう。6月の時点でそれだけの葉が出ていれば条件はそろうわけです。そこまで成長させているにはどうしたらよいか。それには、春早く、なるべくなら2月ごろから新芽の成長をスタートさせることです。そのために、なるべく室内の暖かいところにおいてあげます。

シンビは他の洋蘭に比べて水が好きです。成長していない(新芽が伸びていない)時は、かなり乾燥気味に管理しますが、真夏なんかは集中豪雨的に水をやります。春とか秋とかはその中間的な感じでしょうか。日光は直射日光でもいいくらいです。ただし、時に日焼けして観賞価値が落ちてしまう事があるために、日よけネットなどで30~50%遮光する場合が多いです。ネットはホームセンターで切り売りで安く手に入ります。あと、置き場所で気をつけていただくのは、屋外がいいんですけど、雨降りのとき、土の跳ね返りがあるようなところは避けてください。病気になります。

秋、10月頃に室内に取り込み、日当たりの良いところで、乾いたら水遣りする管理をしてください。冬も、なるべく温かいところで過ごさせるよう心がけてください。水は、秋よりさらに絞ってください。ただし、あんまり乾燥しすぎるとせっかくの花芽が枯れてしまうことがあるため、バルブ(葉の根元の膨れているところ)にあまり皺がよらない程度にします。空中湿度を充分に保ってあげると皺はよりにくいです。(冬の間は、鉢の中の湿り気より、空中湿度のほうが、大切です)

長々と書かせていただきましたが、決して難しくありません。ご健闘を祈ります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。詳しく教えてくださってありがとうございます。プリントアウトしていつも読み返すように致します!

お礼日時:2006/03/25 20:10

バルブにしわが寄っていないでしょうか?


とことん付けて見ちゃうと 株の消耗が激しく バルブの貯蔵養水分を消耗して しわが寄ってしまうんですが・・・・ これがなかなか回復しないんです

みなさんが言うように 花茎のみ 下から2センチくらいのところで切ってください
全部切ってしまわれて 咲かない 咲かない と言う 相談を受けたとがあります そりゃそうだ(`ロ´)

今やることは 暖かな窓辺に移動してあげて 水と日光を十分に上げること  暖かにするのはなるべく速く新芽を成長させるため
花芽形成期までに 新芽をある程度の大きさまで育てなくては 花芽が付かないので  スタートをなるべく早くしないと間に合わなくなる

新芽が伸びて 葉が展開したら  なるべく朝日が良く当たるようにします  午後からの光はいくら当たっても余り効果がないようです


シンビの切り花生産業者より
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございます。プロの方からご回答をいただいたのですね。参考にさせて頂きます!

お礼日時:2006/03/25 20:11

花は咲き終わりしおれたところから、すぐ取り除きます。


茎に対して、花は数個ついているでしょうが、6割~7割くらいつぼみが咲き終わったら、切って花瓶で楽しみます。
そのほうが、株に負担がかかりません。
光はレースのカーテン越しくらいがちょうどいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。全く何も知りませんでした。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2006/03/25 20:09

すぐに切ってしまったほうが良いですよ。



うちでは、なるべく早くということで、花が咲ききったくらいの時にはもう切って、花瓶に挿していましたが…。

参考URL:http://www.kepco.co.jp/wakasa/takahama/ran/cymbi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考サイト大変参考になりました!

お礼日時:2006/03/25 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンビジュームの葉が枯れてきます!

昨年12月末頃に頂いた鉢植えなのですが、会社で育てています。
それがこの1月の頭から写真の様に葉先から黒褐色に変色し、
葉全体まで広がっていきます。
入り口付近に置いており、入り口側からの葉先が変色していたので、
寒さにヤラレタのかと、移動させましたが変色が止まりません。

色々調べた所、褐色腐敗病が該当するかと考えたのですが、
確証がもてません。仮にそうだとすると、対処法が「植え替え」とのこと
ですが、この時期の植え替えは大丈夫なのでしょうか?

<育成場所>
・室内⇒風通し:悪
    日照:不足
    温度:暖房が効いているので温かいが、乾燥気味

葉が垂れてきてもいるので、日照不足も承知の上です。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ようやく画像が見れました

一部の葉が枯れてくる現象には病気の場合と生理的な場合 葉焼けなどがありますが 他の葉は健康なようですので

寒さと乾燥、物理的な先端へのダメージが発端となり枯れの連鎖が始まったと思われます

経験上1度枯れ出すと進行を止めるのは難しいです
健全な所まで切り戻しても、切り口から水分が失われるために更に枯れるといういたちごっこで・・・・

枯れはじめた葉は諦めて、その葉のつけ根で切り落としてください
その葉だけです、枯れこみが無い葉は大切にします
葉の付け根近くには少し色の違う横線があって そこから先が緑の葉でそこから下は枯れても長く付いているので 境目の少し下で良く切れるハサミかカッターできってください

花は早めに切り花にして株の消耗を軽減

植え込み材料がミズゴケなら 2年に一度植え替え
軽石とバーク堆肥の混ぜた用土なら 新芽が鉢の縁からはみ出ない・新しい株が伸びる余地があるかぎりはなるべく植え替えない方が生育は良いです

Qオンシジュームの花が全部開花した後の育て方について

 オンシジュームの鉢が安くなっていましたので購入しました。
 全部開花していて、花が咲く期間が残り少なくなっているので安かったのだろうと思います。
 さて、この花はどのくらいの期間楽しむことができるのか気になり、私なりにインターネットで検索してみたところ、最も先の部分の花が開花したら、すぐに花茎を株元で切るように記載されていました。
 その理由は、早めに切っておくと株に負担がかからず、次の新芽の生育がよくなるからだとのことです。
 写真の花が私が今回購入したオンシジュームですが、花が全部開花しています。
 今年の秋に花を咲かせるためには、今すぐにでも株元から切り落としたほうがいいのでしょうか。
 また、花が落ちてから、株元から切り落とすと、今年の秋には、あまり開花しなくなるのでしょうか。
 以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新芽を育てていると、やがて株元が太ってきて、前のバルブ(太くなっているもの)と同じような太さになれば、自然と花芽はあがってきます。
花茎(棒状のもの)をどこで切っても関係ありません。その花茎は枯れますので、そこからまた花が咲くことはありません。
支柱が立っていたら、結構手を傷つけるし目にも危ないしじゃまなので、取っちゃっていいです。

Qシンビジュームの根腐れについて

はじめまして。 シンビジュームについて質問させてください。

洋ランはまるで知識がなく、放置しっぱなしの状態でした。
今春植え替えを行ったところ、根腐れを起こしており
ダメになった根を落とすと、1~2cmしか残らなくなってしまいました。
洋ラン用の土に植えなおしてみたものの、軽石の上に乗せただけ
という感じです。
気休めにメネデールを撒いてみましたが、どうにか救済できないかと思って
質問させていただきました。
カリを多めに与えるとか、発根剤を塗ってみるとかした方が良いでしょうか?
アドバイスありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう場合は、軽石に植え込むよりも湿った水ゴケで根をくるんで、素焼き鉢あたりに植え込んだ方が良いでしょう。(鉢底石は不要。底付近は少しばかり空洞状にする。)
水ゴケは使う前に水に浸しておき、十分水を含ませ、軽く絞ってから使います。
十分に根をくるみ、鉢に設置し、更に湿った水ゴケを追加しつつ、指や割り箸などで軽く突つきながら、少し固めになるようにして植えつけます。(要は水ゴケを詰め込む。)

今はあまり水を吸えない状態ですから、日光に当てるのは避けて少し明るめの日陰で管理しましょう。(屋外です。)
水遣りは普通にやってかまわないです。今頃でしたら毎日、初夏から秋の彼岸までは朝夕2回です。また葉の表裏、鉢周辺にも水をかけて潤いと空中湿度を高め、また夜温を下げます。(液肥が葉にかかってもかまいません。)
鉢内の通気性が保たれていれば、シンビジュームは水を遣り過ぎても根腐れすることはありません。根腐れは本来、根の呼吸障害(酸素不足)に基づくものです。シンビジュームは元々は水の好きな植物です。
水ゴケはカラカラに乾くと水をはじく性質があります。そういう場合は水を張ったバケツなどに、5分~10分ぐらい鉢ごと浸けます。水ゴケが十分湿ったのを確認して引き上げれば良いでしょう。

過湿になり過ぎず、鉢内の通気を良くして、発根及び根の成長を促します。
人為的な処置は控え、しばらくは自然の成り行きにまかせるようにします。メネデールも絶対的な効果のあるものではありません。補助的なものとしてとらえましょう。
肥料もまず3週間ぐらいは控えます。最初に与える肥料は緩効性の肥料(発酵済み油粕主体の玉肥などを推奨。)を1~2個の置き肥か、極薄の液肥(濃縮液肥ならば2000倍希釈。ストレート液肥ならば2倍に希釈。)を週1回与えます。(カリの多い「微粉ハイポネックス」の1000倍希釈の液肥もお勧めです。)
6月、7月は一番成長いちじるしい時期ですから、併用してみましょう。梅雨が明ければ元に戻します。
秋の気配を感じるようになれば、水ゴケが湿った状態で、根の発育を確認してみましょう。
根の本数が増えて、長さが10~15cmぐらいは伸びていれば、本植えできます。シンビジュームの土で正式に植え込みましょう。(元肥としてマグァンプKの大粒を大匙2杯ぐらい用土に混入することをお勧めします。)
いずれにせよ、来年の花はあきらめねばなりません。再来年の花(春先~春)に期待しましょう。再来年の春(花後、あるいは花の途中)にまた植え替えてやりましょう。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

そういう場合は、軽石に植え込むよりも湿った水ゴケで根をくるんで、素焼き鉢あたりに植え込んだ方が良いでしょう。(鉢底石は不要。底付近は少しばかり空洞状にする。)
水ゴケは使う前に水に浸しておき、十分水を含ませ、軽く絞ってから使います。
十分に根をくるみ、鉢に設置し、更に湿った水ゴケを追加しつつ、指や割り箸などで軽く突つきながら、少し固めになるようにして植えつけます。(要は水ゴケを詰め込む。)

今はあまり水を吸えない状態ですから、日光に当てるのは避けて少し明るめの日陰で管理...続きを読む

Qシンビジュームの葉芽

シンビジュームの花がほぼ開ききったので切り取りました。  その時に気がついたのですが、もう葉芽が出てきています。  ひとつはわりとしっかりとした太い葉芽に見えますが、隣の鉢に出てきている葉芽(ふたつのバルブに各ひとつずつ)は2-3cmくらいしか出ていないのですが細くて頼りない感じです。   2月の寒い時期で葉芽が出てくるのは早すぎませんか?  この細くて頼りない葉芽はそのまま付けておいていいですか?  それとも芽カキして、次に出てくる葉芽をしっかり育てた方がいいのでしょうか?   両方の鉢とも2年前に株分けして植え替えました。 それ以来、以前よりも葉が細くなってしまいました。   今期は花芽がひとつしかつきませんでした。

Aベストアンサー

#2です

>今の時期でも最低温度が15度くらい。  普段は20度くらいある部屋です。

最低気温が15度あれば十分です
気温が高いから生長し始めて新芽が伸びてきているともいえるのでは?

新芽に十分光を当ててください
できれば朝日 午前中の日光

加温設備がない戸外で管理できるのは八重桜が咲き終わるころでしょう
それから肥培管理していたのでは 花芽形成期の6-7月までに
新芽の大きさが花芽をつけるのに十分な大きさにするのは
かなり無理があります

芽欠きせず このまま育てることをお勧めします
最低気温がこのまま維持できるのなら
3月くらいから肥培管理に入る
肥料
液肥は新芽の伸び具合をみなから今から始めていいと思います
固形肥料は 新芽が大きくなって 自根が3センチ程度伸びたころが一回目の適期 二回目は一回目の効き目がなくなるころ

Qシンビジウムを地植えしたいのですが・・・

5年程前、友人から頂いたシンビジウムがあります。その年は、勿論満開。

春に、鉢を1回り大きくして植え替えましたが、花が咲きません。

そこで、翌年土を変えてみようと、取りあえず空の鉢に根と葉だけのシンビジウムを入れておいたところ、作業を忘れてしまって、そのまま数年間屋外に放置してしまいました。水遣りは、他の植木と一緒に行っています。
でも不思議と枯れなかったんです(こちらは温暖な地域です)。

そこで、お花は無理にしても、葉だけでも庭で楽しもうと地植えをしようかと思っています。
やはり無謀でしょうか?何か注意する点はありますか?

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

 寒さのことだけを問題にするなら、裸で出しっぱなしで大丈夫なら、地植えでも大丈夫なはずです。裸の方が地植えより寒いでしょう。

 私が広島に住んでいた頃、シンビジウムを地植えしたことがありましたが、一応生きてました。でも、生育は悪く、へなへなの葉っぱしか生えてこなくて、花は全く咲きませんでした。鉢植えで冬に水を極限まで控えて育てると、年中出しっぱなしでもちゃんと生きてて、開花もしました。

 シンビジウムの原種の多くは着生種なので、乾燥と湿潤のメリハリがあった方が、根が健康に育ちます。地植えだと、常に湿ったままになりがちなので、シンビジウムには適さないでしょう。(キンリョウヘンやシュンランなど、温帯産地生種の血が濃い小型で耐寒性の強い品種なら、水はけの良い所なら地植えで差し支えないでしょう。)

 まあ、せっかくだから花を咲かせてあげましょうよ。

Qシンビジウム(?)に虫がついています。

会社に社員が貰ってきたシンビジウム(?)があるのですが、
貰ってきて数週間で花が全部枯れてしまいました。
茎のところにクモの巣のような(でももっと細い)糸が張られているような感じになっていて
そこに1mmくらいの白っぽい虫がけっこうな数動いてます。
アブラムシより小さいし、アブラムシは黒っぽい色だったと思うんですが・・・?
ハダニは見えないくらい小さく葉の裏に多いと聞いたことがあったような・・・?
他にどんな虫が付きやすいんでしょうか?
ベニカXスプレーが手元にあるんですが、かけても大丈夫でしょうか?

花に詳しくないのでよくわからないのですが、
胡蝶蘭ではないです。葉っぱが細長いのでシンビジウムかな?と思いました。

Aベストアンサー

>茎のところにクモの巣のような(でももっと細い)糸が張られているような感じになっていて
ハダニの仲間かと思います。
ハダニは昆虫ではなくクモの仲間です。
成長して他の場所に移動するときに、糸に乗って飛んでいきます。

>ハダニは見えないくらい小さく葉の裏に多いと聞いたことがあったような・・・?
ハダニは種類が多く、ご指摘のように小さなものから大きなものまでいます。
色も白やら赤やらいろいろいます。

>ベニカXスプレーが手元にあるんですが、かけても大丈夫でしょうか?
大丈夫です。
ハダニはクモの仲間なので普通の殺虫剤は効きません。
ベニカXはハダニに効きます。
ただし、最近は耐薬品性のあるものが増えてきていますので、様子をみて薬剤を変えて下さい。
ハダニ用の駆除剤は沢山売られています。
ハダニは世代交代の早い虫ですので、エイヤッといっぺんに駆除しないとすぐ増えます。

>他にどんな虫が付きやすいんでしょうか?
虫よりも病気になり易いので注意して下さい。

>胡蝶蘭ではないです。葉っぱが細長いのでシンビジウムかな?
社員の方が貰ってきたときの花を憶えておられませんか?
ネットに写真がありますので見て下さい。
色はいろいろありますので花の形を見て下さい。

蘭の類は元々あまり水を必要とししない環境の植物ですので、余り水や肥料はやらないで下さい。
根腐れを起こしてしまいます。

贈答品の蘭は、全体を軽くするために、鉢底に発泡スチロールが入れられていることがあります。
桜が咲くころに鉢から抜いて、植え替えてください。
土はシンビジューム用の土を売っていますのでそれを使って下さい。
育て方や病気の予防方法はネットに沢山でていますので、一度目を通しておいて下さい。

尚、乱暴な方法ですが、鉢ごとバケツにいれて水責めにしてハダニを殺す方法があります。
3時間~4時間程度漬けておく手があります。
終わったらよく水を切って乾かして下さい。

>茎のところにクモの巣のような(でももっと細い)糸が張られているような感じになっていて
ハダニの仲間かと思います。
ハダニは昆虫ではなくクモの仲間です。
成長して他の場所に移動するときに、糸に乗って飛んでいきます。

>ハダニは見えないくらい小さく葉の裏に多いと聞いたことがあったような・・・?
ハダニは種類が多く、ご指摘のように小さなものから大きなものまでいます。
色も白やら赤やらいろいろいます。

>ベニカXスプレーが手元にあるんですが、かけても大丈夫でしょうか?
大丈夫です。
ハダ...続きを読む

Qヒヤシンスの花が咲き終わったらどうするのですか?

ヒヤシンスって球根みたいになっていますよね。

このお花が咲き終わったので、切ってしまったのですが、残った球根は
もう一度、土に埋めても来年、咲きませんか?

花の知識がよくわからないので、花が終わったら捨てるべきなのか、とても困っています。

ヒヤシンスはちなみに普通の鉢に3球づつ入っているタイプのものを購入しました。

どうか御回答 よろしくお願いいたします。(カテゴリーが違ったらすみません)

Aベストアンサー

No.3です。
私も含めて皆さんが回答なさっておいでなのは、来年も花を咲かせるために、今年の花が終わった後にどうやって球根を太らせるか、ということです。

大抵の球根植物は、花をつけるための養分が一式詰まった状態になっていて、市販の大きな球根であれば、植え付ければそのまま咲くことになっています。でも、そこで頑張って花を咲かせたら、それまで貯めた養分を使い果たしてしまいますよね。来年も咲くには、新たに養分を貯め直さなければなりません。
それには、根と葉が大切です。
根をしっかり伸ばして養分を吸い上げる事、葉を大きく広げて光合成をすること、その二つを手助けしてやるためにはどういうことができるか、です。

三球植えの鉢は、球根がきっちり入っている上に深さも浅いでしょう? ヒヤシンスの根は真下に長く伸びるものですが、限られたスペースでは鉢にぶつかっては曲がり、他の球根の根と絡まっては曲がりして、土の中でお互いに絡まり合っています。
いうなれば、大型犬の子犬を猫用のケージで飼っているうちに大きくなっちゃった状態です。或いは初めから使い捨て前提で、花が終わったら後はどうでもいいという植え方です。よく「根っこつき切り花」なんて言い方をしますけど、使い捨てではなく活かす方法があるよ、という話です。

現在の鉢の直径が15cmくらいだとしたら、その上の18~21cmくらいの鉢(おおむね3cm刻みになってます)で、プラスティック製でいいので口径よりも深さの方が大きいタイプ(深鉢)と培養土を用意して、先の回答にも書いたように丸ごとポンと植え付けてみて下さい。元の鉢植えの土の表面の高さが鉢の縁から2cmくらい低い位置に来る様に、あらかじめ土を入れて底上げしておいて、そこに乗せる感じです。
植え付けたら、鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりと水をやります。

その後は日当りのいい場所に置く。土がからからにならないように&じめじめにもならないように、様子を見ながら数日置きに水やりをする。
基本はそれだけです。
肥料だのなんだの書きましたが、培養土が肥料入りのものでしたらそのままでも大丈夫です。

まるで何かの勧誘のように一所懸命書いていますが(苦笑)、園芸の入り口に立って興味を持って下さりそうな方をこちら側に引っ張り込もうという魂胆ですから、確かに勧誘かも知れません。
お伝えしたいのは、植物を育てるって楽しいよ、自分が世話をした植物が来年も咲いてくれたら嬉しいよ、ということです。
生き物相手なのでマニュアル通りに成功するとは限らない作業ですが、せっかくですからトライなさってみてくださればと思います。

No.3です。
私も含めて皆さんが回答なさっておいでなのは、来年も花を咲かせるために、今年の花が終わった後にどうやって球根を太らせるか、ということです。

大抵の球根植物は、花をつけるための養分が一式詰まった状態になっていて、市販の大きな球根であれば、植え付ければそのまま咲くことになっています。でも、そこで頑張って花を咲かせたら、それまで貯めた養分を使い果たしてしまいますよね。来年も咲くには、新たに養分を貯め直さなければなりません。
それには、根と葉が大切です。
根をしっかり伸ばし...続きを読む

Q胡蝶蘭の葉先が半分、黄色くなってしまいました

詳しい方、対処法をご教授ください!

・ファノプレシスという品種です。
・今年4月に花が咲いた状態で貰いました。
茎が2本で、葉が5枚でした。
陶器の鉢植えで、水苔?で覆われています。
・花があるうちは、室内の明るい(直射日光はあたらない)ところに置いていました。
・花が全部落ちた6月頃?(正確に覚えていません…)、茎を根本の方で切りました。
そのあとは、室外の1日直射日光の当たらない場所に置いています。
・植え替えはやり方がよく分からなかったので行っていません。
・茎を切ってしばらくした頃、一番下の葉先が2-3cm黄色くなっていましたが、最近まで黄色い範囲は広がったりはしませんでした。
・水やりは、大体夕方か夜で、ずっと1-2週間に1度くらいの割合で、下から流れるまであげて、溜まった水は直ぐに切っています。
・7月くらいから、水やりに加え、洋らん用の液肥をあげています。
・8月に入った頃に、新しい葉が上から出てきて、既存の葉の6割位のサイズまで育ちました。
・数日前、夜に水やり+液肥をあげたら、翌日急に黄色の範囲が、葉の半分位まで広がってしまいました。

このあと、どのようにしたら良いのでしょうか。
ネットで調べると、根ぐされした可能性が高そうですが、結局どうしたら良いのか、よく分かりません。
黄色くなった葉は切った方が良いのでしょうか?
何か不足している情報がありましたらお知らせ下さい。
どうぞ宜しくお願いいたします。

詳しい方、対処法をご教授ください!

・ファノプレシスという品種です。
・今年4月に花が咲いた状態で貰いました。
茎が2本で、葉が5枚でした。
陶器の鉢植えで、水苔?で覆われています。
・花があるうちは、室内の明るい(直射日光はあたらない)ところに置いていました。
・花が全部落ちた6月頃?(正確に覚えていません…)、茎を根本の方で切りました。
そのあとは、室外の1日直射日光の当たらない場所に置いています。
・植え替えはやり方がよく分からなかったので行っていません。
・茎を切ってしばらくした...続きを読む

Aベストアンサー

フウラン・ナゴラン などの着生ラン数種を、細々と栽培しております。コチョウラン自体は未経験なのですが、お邪魔致します。m(_ _)m

まず確認させて頂きたいのですが、今回の件で、質問者さまのコチョウランで「黄色の範囲が、葉の半分位まで広がってしま」ったのは、「一番下の葉」だけ ということでよろしいでしょうか? 以下は、その前提で書かせて頂きます。

● ランに新しい葉が出てきた などの場合に、一番下の葉が 黄色 → 茶色 になり・段々と萎びていって、最終的には 葉の根本からポロッと 自然に脱落することがあります。この場合、一番下の葉は 葉としての "寿命" であって、再利用できる養分 などを株本体に回収されてから、文字通り 枯れていく のだと教わりました。これは、異常ではありません。私は、今回の質問者さまのコチョウランの状況は、これではないのか? と推測致します。

上記の場合には、古い葉の養分をフルに回収してもらうためにも、古い葉が自ら落ちるくらいに萎びるまでは、勿体ないので 切除したりせずに放っておきます。ただそれだけです。^^

一応、今回の件は上記ではないのか? というサイトを、下記に貼らせて頂きます。

元気が無い2株も、少し復調か。その1 (胡蝶蘭をもらって日曜園芸)
↑ 画像を見て頂きたい用です。このタイトルの添付画像3枚の内の3枚目「こちらが今朝。新芽が育ってきている。右側一番下の葉が黄色に枯れてきたので、…」(原文ママ)の説明文が付いている画像(ページ中程)をご覧下さい。
http://tsuune.exblog.jp/i7

No.A2046 2007/01/10   【種類:葉っぱについて、葉っぱが病気かな?の相談/葉が黄色くなった】 (胡蝶蘭の育て方Q&A【胡蝶蘭の愛華園芸】)
↑ 「No.A2046 2007/01/10」以外にも 多くの例が挙げられていますので、ページを通読されると良いように思います。
http://www.aikaengei.com/060n041.htm

葉が黄色くなってきたのですが…何かの病気なのでしょうか? (iファーマー らんぼ店 楽天市場店)
↑ 「よく頂く質問Q&A」>「その他」の内の上記タイトルの記述をご覧下さい。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/e87ippin/ran/contents/qa/index.html


● 葉が黄変する病気も 確かにありますが(上記引用サイトにも記述有り)、その際には、「黄変する葉が「一番下の葉」だけとは限らない(上下の葉が無事なのに中段の葉がおかしい、複数枚の葉が一度におかしくなる とか)」「葉が乾燥していくというよりも むしろ、水分が多いぶよぶよした状態になる」「黄変部のあたりから異臭がする」などの症状が出てくるように思います。あと、実際の黄変具合も、原因究明の手がかりとなります(ので、本当は、画像を拝見できれば 有り難かったんですが… ^^; )。

質問者さまご指摘の「根腐れ」については、今回の箇条書きの水やりの頻度では、起こりにくいようにも思います(絶対に無いとは申しませんが)。実際に、水苔がいつも湿気って ブジュブジュになっていたりしますか?

「陶器の鉢植え」とのことですが、釉薬が塗られた鉢でしょうか(これは、水はけ・通気性があまりよくありません)? また、コチョウランでは、各株が ポリポットに入ったままの状態で(この状態では、水はけ・通気性がよくありません)、1鉢に寄せ植えになっていることも多いので(例えば 今回の鉢で言えば、2株〔「茎が2本で」より〕の寄せ植え とか)、もし そうであれば、各株からポリポットを外して、素焼き鉢 などの 水はけ・通気性のより良い鉢に交換する という手は、あるかと思います(但し、鉢交換の結果、新しい鉢の性質に合うように、水やりの頻度 なども調整する必要が出てくるかも知れません)。

さらに、直射日光による葉焼けでも 葉が黄変することがありますが、今回の箇条書きの状況では、これも考えにくいと思います。

今回引用のサイトは、全てよそさまのサイトです。ありがとうございます。m(_ _)m

長文失礼致しました。

フウラン・ナゴラン などの着生ラン数種を、細々と栽培しております。コチョウラン自体は未経験なのですが、お邪魔致します。m(_ _)m

まず確認させて頂きたいのですが、今回の件で、質問者さまのコチョウランで「黄色の範囲が、葉の半分位まで広がってしま」ったのは、「一番下の葉」だけ ということでよろしいでしょうか? 以下は、その前提で書かせて頂きます。

● ランに新しい葉が出てきた などの場合に、一番下の葉が 黄色 → 茶色 になり・段々と萎びていって、最終的には 葉の根本からポロッと 自然に脱...続きを読む

Qシンビジウムの植え替えについて

 知人からいただいたシンビジウムが根が詰まっている様なので
植え替え、株分けをしようと思い、シンビジウム用の土を買ってきました。 ところが、今そのシンビジウムは市販の培養土に植えられているようで、シンビジウム用の土とは様相が違います。
このような場合、植え替えのときは古い土はきれいに取り除くべきでしょうか? それともあまり取り除かずに隙間に新しいい用土を入れる
だけにすべきでしょうか? 
 ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

植替えをした事があります。シンビジュウムは結構強い植物だと感心しています。
鉢から出すと殆ど土らしきものがなく根ばかりの様な状態でした。
白く濁った根は生きている様には見えなかったのでどんどん落して見ると
土らしきものが少量出てきました。
それも落してしまい。株を新しい鉢に入れて、買って来た土(木片状のもの)根の隙間にいれる形で
植替えをしました。
元の鉢は残っていた培養土は残して植替えましたが、その鉢の成長は良くないです。
株自体が悪かったのかも知れませんけど。

その後は専用の肥料を上げてやり、肥料の袋に書いてあった水やりや追肥を守っていると
2年目に花が付きました。

Qベコニアの花のふちが茶色に・・・!

ここは瀬戸内沿いです。
ベコニアの花のふちが茶色に変色してきだしました。一つではなく全体的にです。プランターに植えて日照時間が1~1.5時間の花台(外)に出しで水も土が乾かないようにあげているのですが・・・・。どうしたらいいのでしょうか?。また、寒い日は夜は家の中に入れたほうがいいのでしょうか?半月くらい前に買い、栄養はまだあげていません。あげるとしたら、どんな栄養がいいのでしょうか?。ハイポネックスは、あまり効かないと聞きますが・・・。

Aベストアンサー

こんにちわ。
花が終わってきたのだと思います。花のついている房を切り戻しましょう。
ベコニアは有名なものでも、センパフローレンス、球根ベコニア、リーガースベコニアなど沢山あります。管理方法は少しづつ違うので、種類を特定してください。

一般的にベコニアは夏花なので室内での越冬が理想的です。
できるだけ日当たりのいい部屋で十分な光を与えてください。夜は窓際から離してください。窓際は結構冷え込みますから。温度と光が十分なら、ベコニアは長く楽しめます。
栄養は鉢花用の化成肥料、マグアンプKかプロミックがお勧めです。液肥は葉の色が薄くなってきたときに霧吹きで500倍で散布(葉面散布)してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング