肋軟骨骨化とはどんな病気ですか?

A 回答 (1件)

これは病気ではなく、加齢に伴う生理的な変化です。



肋骨は後方は胸椎から出て、前方で胸骨とつながっていますが、この胸骨とつながっている部分は肋軟骨という軟骨でできていますが、これは年齢とともに石灰化(骨化)していきます。

軟骨部分はX線写真では写りませんが、骨化するとX線で写るため検診などでは、この所見が指摘されることがあるというわけです。

もちろん、同じ年齢であっても骨化の程度は人によって様々です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軟骨は再生出来ないですか

知○袋で質問したら、軟骨は再生出来ないって言う回答だけで、軟骨が再生出来る訳がない、バカじゃないのっていう回答もありました。
その後、テレビ放送があり、東海大学で臨床研究中で、正常な軟骨から細胞を二種類とり、培養して軟骨細胞シートを作り貼り付けることで、軟骨が再生したと言う情報番組があったと補足を入れたら、釣りだとか書き込まれID無効にさせられました。

知り合いから軟骨の再生医療を受けようか迷っていると相談され、わからず質問しました。

再生出来ないと回答する方は、何を根拠に再生出来ないと回答したんでしょうか、疑問です。

確かに研究中の為、保険診療は受けれませんが、保険診療が受けれないので再生医療は無理、だから再生出来ないってことでしょうか?

これは別だと思いますが違いますでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>治験者の細胞から軟骨細胞シートを作り減った軟骨を再生することは出来ると言う認識でよろしいでしょうか?

はいそうです。軟骨を培養し培養されたものを移植するという技術ではなく、軟骨組織と滑膜組織を一緒に生成し培養しているのがポイントのようです。滑膜とは関節内に栄養を供給する組織で、それと合わさることで軟骨再生を可能としているようです。映像に出ていましたがシートはごく薄いものですから、あれ自体が軟骨の役目をするわけではありません。あれをもとに新たな軟骨ができ、軟骨損傷部の再生が可能になるわけです。番組でもMRIの再生像が確認できていましたよね。

軟骨移植は従来から一部行われていますが、これはいまいちハッキリした効果は得られていません。今回の技術は軟骨移植ではなく再生ということがポイントなのです。軟骨再生自体は小動物などで数年前から成功はしていましたが、二足歩行の人間で行うのが難しかったのです(体重がかかるため)。今回の技術はそこの壁を突破できるものなのかもしれません。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

No.1です。補足ありがとうございます。


>治験者の細胞から軟骨細胞シートを作り減った軟骨を再生することは出来ると言う認識でよろしいでしょうか?

はいそうです。軟骨を培養し培養されたものを移植するという技術ではなく、軟骨組織と滑膜組織を一緒に生成し培養しているのがポイントのようです。滑膜とは関節内に栄養を供給する組織で、それと合わさることで軟骨再生を可能としているようです。映像に出ていましたがシートはごく薄いものですから、あれ自体が軟骨の役目をするわけではありません。あれをも...続きを読む

Q首が骨化する病気・・・?

私の母は、2年ほど前にとある事件に巻き込まれて、
首と左肩を痛めてしまいました。
その時痛めてしまった首と左肩は、
何と一生直らない、病気だと診断されて、
母は結構ショック状態。

毎日、病院でマッサージなどをしてもらっています。
先生が言うには、首から骨が固まっていって、
そのうち全身が骨化して動けなくなるというのです。
ごく稀な病気なのだそうです。
うちは、母・子のみの家庭なので将来心配。
頼れる親戚は、1人もいません・・・寂しい。

確か・・・骨化症 と母は言ってたのですが、正式名ってなんでしょう?
そもそもどうしたら良いのでしょう…。
誰か励まして~~(涙)

Aベストアンサー

母・子2人のご家族との事、さぞかし、不安な毎日をお過ごしの事と思ひます。
事故などで物理的刺激を受けた後、骨化する病気は判りかねますが、首から骨が固まっていくとの事ですから、多分、××靱帯骨化症の事だと思ひます。(××には部位の名前が入ります)
この病気は、骨化した所の神経が圧迫される事で、身体が動かなくなってしまふというものです。
事故等の外的要因でなる病気では有りません。
推測ですが、今回、事故で検査をした時に、発見されたのだと思ひます。
骨化した部位がどこかで、予後が異なりますし、稀に骨化が進んでも症状が現れない例も有ります。
初発症状は頸部痛、上肢のしびれ、痛みで始まることが多いので、この症状がお母さまに今まで現れていないのであれば、まだ骨化は初期の段階であると思ひます。
軽微な外傷で、急に麻痺の発生や憎悪をきたすことがありますので、外に出る時は、滑らない靴にしたり重いものを持ったりしない様、出来る限りの安全を確保してあげて下さい。
個人的には手術をして取り除く事が一番良いと思いますが、難しい手術でもあり、保存療法にして様子をみていくか。
現状で、どちらが適切かの判断は、その道の専門家と相談するしか無いと思ひます。
難病と言われましても、原因や治療法が確立されていないだけで、直す方法がまったくない訳では有りませんですし、骨化の進行を遅らせる薬の開発も進んでいます。
長い時間をかけて進行する病気ですから、今すぐどうにかなるといった緊急をようするものでも有りません。
ですから、希望はお捨てにならないでください。
いちばん辛いのはお母さまだと思ひます、どうかいたわって大切になさってあげて下さい。
きっと、貴方、ご家族に良い事が有りますように。

全国脊柱靭帯骨化症患者家族連絡協議会(全脊柱連)FAX(045)-803-4526 は、年会費2500円必要ですが、最新の情報、治療法について会報で知る事が出来たり、骨化症友の会の地域患者どうしの活動として相談や交流会
が有りますので、補助金等色々な情報や体験談を聞く事が出来ると思います。宜しければ参考になさって下さい。

母・子2人のご家族との事、さぞかし、不安な毎日をお過ごしの事と思ひます。
事故などで物理的刺激を受けた後、骨化する病気は判りかねますが、首から骨が固まっていくとの事ですから、多分、××靱帯骨化症の事だと思ひます。(××には部位の名前が入ります)
この病気は、骨化した所の神経が圧迫される事で、身体が動かなくなってしまふというものです。
事故等の外的要因でなる病気では有りません。
推測ですが、今回、事故で検査をした時に、発見されたのだと思ひます。
骨化した部位がどこかで、予後が異...続きを読む

Q軟骨は再生するのですか?

祖母と最近、はやりのグルコサミンの通信販売の番組を見ていました。

番組ではすごく誇大宣伝していましたがよく考えてみると

軟骨って再生しないのですよね?

いくら軟骨成分のグルコサミンを摂取しても再生しない栄養を

どんなに摂取しても意味がないような気がします。

グルコサミンの有用性は是非がありますが軟骨って再生するのでしょうか?

Aベストアンサー

はい仰るとおり、軟骨は今の医学では再生しません。
その効果効能があれば、とっくに処方薬になっているでしょうね。
また、膝痛で苦しむ患者も減っているはず。

>番組ではすごく誇大宣伝

買ったが最後、凄いみたいですよ。
皇○は一日三回の電話勧誘で、買わないとみるや一気に半額以上の値下げをするそうです。

でも、膝痛をほっておくと手遅れになる可能性もあるので、
早めに整形外科にかかり、薬、注射、リハビリと正しい治療をしましょう。

無用なものに何千円もかけるぐらいなら、おいしいもの食べ行きましょうよ。

Q頸椎後縦靱帯骨化症について、セカンドオピニオンは有効ですか?

大切な友人が、1つの病院にて、このような病気の可能性がある、と言われました。
友人は、この為、スポーツを止めようとしています。
この病気の可能性がある、と言われただけなので、
セカンドオピニオンを勧めてみたいと思いますが、
他の病院に、MRIを持ち出し、見ていただくことは有効でしょうか。もし有効でしたら、出来ましたら、お勧め出来る病院も、お教え頂けないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

konnpekinosoraさんこんばんわ。
私は後縦靭帯骨化症で、3度の頚椎の手術を受けています。現在も進行中ですが・・。セカンドオピニオンは必要だと思います。この病気は国の特定疾患の難病ですので、医師のこの病気に対する経験の有無により判断が違ってきます。整形外科ではなく脳外科での受診をお勧めします。運動については、軽い転倒や、衝撃でも、頚椎損傷を受けてしまう可能性がありますので、お休みされたほうが良いでしょう。どちらにお住まいなのかわかりませんので、病院についてはお答えできなくてごめんなさい。
私が手術を受けたのは日本医科大学千葉北総病院脳外科です。
女子医大、横浜労災病院にも受診をしましたが、納得できる答えは得られませんでした。女子医大の伊藤教授(TVにも出演してこの病気の専門医と言われる整形外科医ですが、高慢で、酷い医師でした、)にも受診をしましたが駄目でした。今受診しようと思っている医師は、岐阜県の東海中央病院、脳外科部長、雄山博文Drです。
とても素晴らしい経歴のDrです。
URLを添付致しますので、ご参考下さい。koko320e

参考URL:http://www.tokaihp.jp/guidance/G_009.html

konnpekinosoraさんこんばんわ。
私は後縦靭帯骨化症で、3度の頚椎の手術を受けています。現在も進行中ですが・・。セカンドオピニオンは必要だと思います。この病気は国の特定疾患の難病ですので、医師のこの病気に対する経験の有無により判断が違ってきます。整形外科ではなく脳外科での受診をお勧めします。運動については、軽い転倒や、衝撃でも、頚椎損傷を受けてしまう可能性がありますので、お休みされたほうが良いでしょう。どちらにお住まいなのかわかりませんので、病院についてはお答えできなくてご...続きを読む

Q軟骨の再生について質問です

よく軟骨は再生しないと聞きますが、軟骨には軟骨細胞があるはずなので再生しそうな気がするのですがなぜ再生しないのでしょうか?

Aベストアンサー

難しいことは分りませんが、場所によっては、適切な運動を継続することで、再生する可能性はあるようです。

と、NHK「ためしてガッテン」で、ゲストの医師が説明していました。

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120201.html

Q子宮内石灰化ってどんな病気?

 健康診断を受けて超音波の検査で子宮内石灰化の疑いと出ました、後日再検査に行くのですが聞いた事のない病名で心配です、それと子宮内嚢胞の疑いとも書いてありました、両者は何か関係でもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

聞いたことがない…それが普通だと思いますよ。
あくまでも「石灰化」というのも「のう胞の存在」というのも全て『所見』と呼ばれる医療では「手がかり」の一つなんです。
どういった疾患でそういったことが見られるのかは一部回答がありますが、細かく突き詰めるのは難しいです。やはり異常所見が見つかった、あとは精密検査結果待ちというほか無いですよ。

両者に関係が無いと言い切るのは少々無謀です。
関係のある疾患を専門外であっても2つは知っています。
可能性として少ないかどうかは背景がわかりませんしなんとも言えません。
所見と検査結果を総合して診断を下すのが専門医=産婦人科医のお仕事ですからあとはそちらでね。

Q軟骨再生できるの知りませんか?

私の父(75歳)は脚の間接の軟骨が磨り減って、歩行が困難になっています。
軟骨の再生ができるような病院や技術をしりませんか?

Aベストアンサー

コンドロイチンは軟骨組織の材料になりますが、これだけでは軟骨組織を完全に再生できません。そして日本で販売されているグルコサミン塩酸塩はほとんど臨床データがなく効果はほとんど見込めないそうです。
しかし、硫酸グルコサミンがコンドロイチンと併せて摂取すると軟骨組織を再生できることが欧米の臨床試験にて解明されているそうです。硫酸グルコサミン含有食品は現在カナダで生産され日本にも輸出されています。
保証はできませんが参考のためURLを記しておきます。

参考URL:http://www.mazcal-bf.co.jp/health/nf/NFarthluc.htm

Q肝膿胞とはどんな病気ですか

肝膿胞とはどんな病気ですか。

Aベストアンサー

肝嚢胞なのか肝膿瘍なのかでずいぶんと話が変わってきます。
ま、たぶん前者だと思いますが。

嚢胞というのは水袋です。なんらかの原因で、肝臓の中の管が詰まってしまい、袋状に拡張したものといわれています。
時々検診なので経過観察すればよいものです。

Q人間の軟骨は再生不可?

軟骨は再生できないのですか?
 筋肉は老人でも鍛えて強くなると聞きますが・・・
(1)軟骨を永く活用する留意点は?
(2)補完する方法は? 有効な食物とか?
 識者様教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

軟骨は再生不可

周りに筋肉をつけて補うしか無い

Q脳動脈瘤とはどんな病気ですか?

先日母が病院にて、MRIを受けて来たのですが、帰って来てメモを見せられたのですがそこには「脳動脈瘤」とだけ書かれており、後日家族を集め先生から話がしたいと言っていたそうです。

当方もPCで調べてみました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E5%8B%95%E8%84%88%E7%98%A4

ただこれだけでは、
・どれ程重要な病気なのかどうなのか?
・何が原因なのか?
・今後の予防策は?

いまいち分かり難いので質問をさせて頂きました。
分かる方おりましたら、ご説明頂いたら助かります。

Aベストアンサー

お母様、75歳ですか。お元気そうですね。^^
75歳でお元気なら、脳動脈瘤の外科的治療はしないでしょうね。
そのお年まで元気に過ごせたのですから、手術などによる予防措置よりも薬や生活習慣の面からの予防が中心になると思います。

>3~4回飲むときがあるのですが、これってどうなんでしょう?
病院で出される薬は、弱めにはなっていると思いますが、あまり飲み過ぎるのはお勧めできませんね。最近のお薬は副作用が少なくなっていますが、Dr.に確認した方がいいと思いますよ。
http://www.niwa-care.net/page1/sikkanbetu/07/7-6.htm

>下手に逆らって興奮させるとまずいのではと思い逆らわずに居るのですが、何か良い方法などございませんか?
「あまり怒ると、脳の血管が切れて、半身不随になったり、うんちやおしっこ垂れ流しでおむつが必要になっちゃうよ」とでも脅かすとか。^^;


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング