すごく昔の話になるのですが、ずっと前にスーパーファミコンで「G・O・D」というゲームがありました。サブタイトルは、「失われた時を求めて」だったと思います。(ちょっと自身がありませんが)
 鴻上尚史さんが作ったゲームで、音楽をデーモン小暮さんが担当し、キャラクター原案を江川達也さんが担当しました。
 そのゲーム、RPGだったのですが、最後のラスボスが倒せないままで終わったしまったんです。いつまでも心残りで、ずっと心の奥底で眠ってたんです。
 ラスボスですが、何体か倒した後に、精神体みたいなのが出てくるんですね。いくら、ダメージを与えても倒れないんすよ。特別な方法があるんでしょうが分かりませんでした。しばらく、何もしないと(攻撃を与えないと)情況がかわるのかなぁとおもいきや、そうでもなかったみたいでなんとかなりませんでした。
 攻略本みたいなのも読んだのですが、はぐらかしてあって、結局分かりませんでした。
 どなたか、私の心の奥底の氷のかたまりを溶かしてやってください。
 お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 G・O・D~目覚めよと呼ぶ声が聴こえ~



 ですね。懐かしい。「氷のかたまりを~」とは、氷河大陸のことをおっしゃってるのでしょうか?精神体とは、怒り、不安、悲しみだったでしたっけ?

 「傷つけば傷つくほど・・・」と敵が言えば回復アイテムを投げたり、回復魔法をかける。「たくさんの武器、防具で・・・」と言ったら、装備をはずして・・・ってなかんじで、何となく倒したと思います。

 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング