現在,狂牛病により,色々な牛由来の製品について安全性が問われていますが,コラーゲンについてはどうなのでしょうか?
 同じ原料を由来とするゼラチンについては原料の安全性の確保(感染性のない部位の使用,狂牛病発生国以外からの原料の調達)の他に製法中にプリオンの不活化処理が含まれているとの情報は得ることができましたが,コラーゲンについてはどうなのでしょう。
 原料についてはゼラチンと同様なのかもしれませんが,コラーゲンは安定性が低いため,ゼラチンと同様の不活化処理が行えるとは思えません。
 万が一原料中に混入していたとしたらどのように対処するのでしょうか。
 
 以上,原料や製造法についてお答えいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

コラーゲン コラーゲンペプチド はゼラチンを酵素により加水分解して製造しております。


つまり、コラーゲンペプチドの原料はゼラチンです。「ゼラチンと同様」なのではなく、ゼラチンそのものが原料なのです。

ゼラチンをタンパク質分解酵素により アミノ酸の配列を切断していき 低分子かしていくので ゼラチンの特異な性質は残していませんが、タンパク質の一種としては非常に安定している方だと思います。

そして、現在 牛由来のコラーゲンペプチドは無いはずです。
無いと言い切る理由は、牛由来のゼラチンは現在も一部医療用や高級洋菓子向け等で存在するが
・ 非常に高価である。
・ 豚皮や魚の皮由来のゼラチンの方がはるかに安価で安定している。
・ 酵素分解してしまうので牛由来ゼラチンの特徴も残らないので、意味が無い。
    • good
    • 0

現在市場に出回っているコラーゲンは魚由来、豚由来がほとんどであり、牛由来のものはあまり無いのではないかと思います。


BSEが心配なのであれば、製品の記述を見て、牛由来ではないことを確認すればよいのではないでしょうか。

また、異常プリオンの不活化についてですが、殆どのコラーゲンペプチドはゼラチンを加水分解して得られたものです。ゼラチンを経ているので、ゼラチンを製造する段階で異常プリオンの不活化処理は行われています。
    • good
    • 0

コラーゲンの原料は牛だけではありません。


豚、鶏、魚由来のものがあります。
正確には牛(皮)、豚(皮)、鶏(足)、魚(鱗)から、酸やアルカリで分解をしてコラーゲンを精製します。
フカヒレ(サメ)のコラーゲンは昔から高級食材として人気がありましたが、マリンコラーゲンの原料は魚(テラピア)の鱗が主であり、現在では鮭の皮や、マグロの皮からもとられています。
狂牛病を心配されるのなら、他の原料由来のコラーゲンを利用してみてはいかがでしょう。
酸やアルカリ分解の安全性が気になるのであれば、酵素分解でクラゲから抽出したコラーゲンもあります。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/umisachi/560330/637242/
    • good
    • 0

コラーゲンに関するウェブページを見つけたので


参考にして下さい。


http://www.geocities.com/kawaiclinic/collag.htm

私個人としては勉強不足でよくわかりません。

参考URL:http://www.geocities.com/kawaiclinic/collag.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。

 残念ながら,ここに質問する前に行ったHPでした。
 お医者様の言うことを否定する訳ではないのですが,同一ページ内にあるゼラチンに関する記述が私の知っている情報と異なりましたので,(ゼラチンの製法や安全性の確保の方法は,インターネット上にあります。)コラーゲンに関する記述も鵜呑みにするのは問題かと思い質問させて頂いた訳です。

 せっかく回答いただいたのに申し訳なく思います。
 今後とも何か情報等ございましたらお教え下さい。
 cid-37様 をはじめとする回答者の皆様にたよるだけでなく私自身も情報収集に努めております。
 もし,こちらで回答をつかんでもその際はここで報告いたしますので,よろしくお願いいたします。

お礼日時:2002/01/26 01:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ためしてガッテン」で絶望先生!?

 ジャンルが間違っていたらすみません。
 前、ためしてガッテンで焼きそばの話を見たのですが、その時にさよなら絶望先生の木村カエレのキャラソング、「ゴゴゴ・ビューティー」が流れていてとっても驚いた記憶があります。あれはどちらが原曲なのですか?また、ためしてガッテンにはNSRUTOやのほかのアニメ系の音楽も流れているときいたのですが、本当なのですか?
 ためしてガッテンのHPにもいったのですが、音楽のことには触れていなくて・・・。検索もしてみたのですが、思ったよりも意見が少なく、よく分からなかったので、こちらで質問させていただきました。
 また、もし、ためしてガッテンで他にも使われていた曲が分かる方が入れば、教えれいただけますか?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく質問者さんはご自分の「知っている曲」が他の番組で使われたので驚かれたのでしょう。しかし実は「知らないアニメのBGM」も含めるとバラエティーや報道番組では非常によく使われます。アニメのサントラを一番聞いているのはテレビ局の音効の人かもしれません。

いろいろな雰囲気やジャンルの曲がありいろいろな場面に合わせやすいこと、適度に「知られていない曲」なので曲の方に視聴者の注意が行かないことなどが考えられます。よく知られている曲だと場面と曲のタイトルや雰囲気を合わせたりします(高速道路の場面に Highway Star を使うなど)。

バラエティ系の番組のBGMのうちクラシック、国内外のポップス・ロック以外はほとんどアニメやゲームのサントラと言っても過言ではないほどです。20年以上前のアニメのサントラでいまだに定番のように使われているものもあります。中にはBGMどころか番組テーマ曲になっていたものもあります(ほとんどの視聴者は番組オリジナルと思っているでしょう)。

「ガッテン」は視聴していませんので分かりませんが「絶望先生」の曲が「なんでも鑑定団」で使われていたのは見ました。ある版画家の「絶筆」を紹介する場面でした。

おそらく質問者さんはご自分の「知っている曲」が他の番組で使われたので驚かれたのでしょう。しかし実は「知らないアニメのBGM」も含めるとバラエティーや報道番組では非常によく使われます。アニメのサントラを一番聞いているのはテレビ局の音効の人かもしれません。

いろいろな雰囲気やジャンルの曲がありいろいろな場面に合わせやすいこと、適度に「知られていない曲」なので曲の方に視聴者の注意が行かないことなどが考えられます。よく知られている曲だと場面と曲のタイトルや雰囲気を合わせたりします(...続きを読む

Qドイツ語 食品安全 この着色スプレーは安全?

http://the-deli-garage.de/shopware.php?sViewport=detail&sArticle=16

上記のサイトにあるスプレーを友達へのイタズラ用に購入したいのですが、日本語翻訳機能を使うと食品添加物という記述が見受けられます。

ドイツの安全基準法は満たしているそうなので自分で使う分には何も思わないのですが、友達に使うとなると抵抗があります。

これはあまり良くない物が使われているということでしょうか?

又良くなかったとしてどの程度でしょうか?日本の駄菓子とかそのくらいですよね?

Aベストアンサー

ドイツ生まれの「ESSLACK」というスプレーで、青、赤、銀、金色の4種類があります。
しかし、普通のスプレーと違うのはそのまま食べても体に害が無いとのこと。
食品に対しての添加物等にうるさいドイツの食品基準法も満たしています。
1缶の値段は約3000円(EUR24.9)で基本的にはネット購入となっています

http://www.pelican-travel.net/blog/germany/2013/03/

>これはあまり良くない物が使われているということでしょうか?
価格から考えて、「日本の駄菓子とかそのくらいですよね」とは、レベルが違います。
この商品はドイツの法律に合致しているとの事、これ以上疑う余地はないでしょう。

Qフライパンで作るパエリア byためしてガッテン

近日中に行われるホームパーティーで
フライパンパエリアを作ろうと計画中です。
昨年もパエリアを作ったのですが
色々と試作した結果『ためしてガッテン』のレシピが
一番美味しくできたので,今年もそれで作ろうとしたら
ためしてガッテンのパエリアの項目が削除されていました。どなたか『ためしてガッテン』のパエリアレシピご存知でないでしょうか?
非常に困っております,どなたかお助け下さい。

Aベストアンサー

ためしてガッテンではなく
あるある大辞典ではありませんか?
もし違っていたらすいませんが、
あるある大辞典でやっていたフライパンで作るパエリアのページはありましたよ。

参考URL:http://web.archive.org/web/20030812134001/www.ktv.co.jp/ARUARU/search/arupaeria/pae_4.html

Q粉ミルクとカルシウム・サプリメント等による狂牛病の危険性

 現在妻が授乳(母乳・ミルク混合)中ですが、赤ちゃんへの粉ミルクと母体へのカルシウム補助サプリメント(詳細は下記の物)に狂牛病プリオンが混入してないか心配になってしまいました。(心配すると母乳の出が悪くなり、余計粉ミルクに頼らざるをえません。)
 下記の物の危険性・安全性・対応策について教えていただけないでしょうか?

1.雪印[ネオミルク]
2.明治コナミルク[ほほえみ]
3.雪印BodyNavi[Ca・コラーゲン]

ついでにというと申し訳ありませんが、追加
4.カップヌードル(原材料に肉エキス、牛肉ゼラチン含む)
5.その他現在避けるべき食品ありましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問にある製品について、直接の試験をしたことがありませんので、確実な回答はできないのですが‥
雪印乳業、明治乳業、日清製粉の各製造元に対し、BSE対策と安全性に関する資料を請求されるのがいいでしょう。
ミルクについては、BSE感染牛のミルクを直接脳に投与したところマウスに感染が認められたものの、経口投与したものでは感染が認められなかったという実験結果が得られていたと記憶しています。それ故、ミルクを原料とするものは大丈夫であると‥
以上kawakawaでした

Qためしてガッテンで放送された、しびれ外来について

NHKのためしてガッテンで放送された、しびれ外来について、
どちらの病院の情報だったのかお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

閉塞性動脈硬化症と腰部脊柱管狭窄症を特集した回ですか?

病院名までは覚えていませんが、MRIやABI値測定など、それなりに設備がある循環器科、整形外科なら診断が付きますので、「気になる症状を見て貰いたい」ということでしたら総合病院の循環器科を受診されてはいかがですか?

Q狂牛病の感染原因

牛肉や牛乳は安全で、口にしても問題ないと報道されていますが、英国では100人ほど感染者がいると報道されています。
骨髄や脳髄などが危ないということですが、普通そのようなところは食べないと思います。
感染した人達は何を食べたのでしょうか。

Aベストアンサー

英国を中心とする欧州各地で、狂牛病が人間にも感染したのではないかと疑われている病気、変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJDと略)についてお答えします。欧州を席巻している狂牛病と問題のvCJDの共通点は、どちらも異常プリオンという蛋白質によって脳細胞が脳から抜け落ち、脳がスカスカのスポンジ状になってしまう点です。他にもいくつかの共通点があり、このことからvCJDは狂牛病が人間に感染した伝染病であると言われていますが、いまだ異論を唱える学者もおり最終的な結論には達していません。
ですが今回はあえて異論には触れずに、vCJDとは狂牛病にかかった牛の肉を食べたため異常プリオン蛋白が人体に侵入し感染した病気であるものとしてお話させていただきます。

このvCJDの患者の多くには今回のtakknさんの質問の鍵となる共通点があります。患者の多くが酪農家もしくは肉牛を生産する酪農地帯の住人だったという点です。
英国の酪農家において牛を食べるということは、すなわち皮革、鼻輪、そしてよだれ以外のすべてを何らかの料理にして余さずきれいに食べるということだそうです。当然異常プリオン蛋白を多く含む脳および脊髄を摂取する危険性は、一般家庭より高かったものと思われます。これがtakknさんの求める回答であれば良いのですが。

ただし、最近ロンドンで酪農と何の関係もない少年がvCJDを発症し、その感染源はどうやらハンバーガーらしいという衝撃的なニュースが流れました。日本で食用牛肉から脳、脊髄、眼球の排除が義務付けられるのはこれからです。日本政府の対応の遅さは相変わらずですが、今度は「私は関係ないから大丈夫」と言える人はかえって少数派ではないかと思います。さかのぼってvCJDの潜伏期間10年以内に牛や羊(鹿も含まれるという説も有)の肉を口にしなかった人がどれだけいるかですから。かくいう私も数年前に羊の脳のトリッパなる料理を食した経験がありまして、今軽くドキドキしています。非常に美味しかったのである意味観念してますが。

いいようのない不安にかられる話ですが、家庭レベルでできる防衛策としては、業者を通してない牛や羊の肉を知人から分けてもらうのは、当面は遠慮した方がいいかもしれません。「和牛作ってる知り合いの人が直接屠殺してその場でさばいたお肉を分けてあげるよ」と言われたら、非常にもったいない話ですがvCJD感染の最悪リスクです!!その農家が牛の飼料に動物性蛋白を用いていないことが証明されない限り、断腸の思いで辞退するのがvCJD感染のリスクを回避する最良策です。ただ、私個人に限って言えば、vCJD感染のリスクより「あの時もらっておけば良かった」と一生後悔することの方が怖いので、多分ありがたくいただいて美味しく食べてしまうことでしょう。

英国を中心とする欧州各地で、狂牛病が人間にも感染したのではないかと疑われている病気、変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJDと略)についてお答えします。欧州を席巻している狂牛病と問題のvCJDの共通点は、どちらも異常プリオンという蛋白質によって脳細胞が脳から抜け落ち、脳がスカスカのスポンジ状になってしまう点です。他にもいくつかの共通点があり、このことからvCJDは狂牛病が人間に感染した伝染病であると言われていますが、いまだ異論を唱える学者もおり最終的な結論には達していません。
ですが今...続きを読む

Qためしてガッテンで紹介していた視力回復方法

ためしてガッテンで紹介していた視力回復方法を知りたいのですが、
おしえてgooの回答にあるURLはリンク切れで見れず、結局内容がわかりません。

知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

ANo.1 です。
ためしてガッテン 視力回復
で検索すると、「番組で紹介された方法とは」とは
NHK出版から本が出てるなどの情報ページがヒットします。
信憑性はわかりませんが、参考まで。

google検索 ためしてガッテン 視力回復
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3+%E8%A6%96%E5%8A%9B%E5%9B%9E%E5%BE%A9&lr=

Q甲状腺ホルモンの原料

甲状腺ホルモン剤は、かつては豚の甲状腺などを使って作っていたと聞きました。

現在の甲状腺ホルモン剤であるチラーヂンS錠(レボチロキシン)などは、何を原料に作られているのでしょう?アメリカ牛の甲状腺だけは、ごめんです。

Aベストアンサー

合成T4製剤(チラーヂンS)と有りますから合成ですね.
  http://plaza.rakuten.co.jp/riepon53/3006
昔はチラージンという薬があって,動物(ブタ)の甲状腺を原料とする天然の甲状腺ホルモン薬ですが、T3とT4の両方が含まれていることや、また生物製剤のため成分が一定せず、甲状腺ホルモン濃度が安定しないことなどから、今は使いません。レボチロキシンナトリウム(チラーヂンS)とは違う薬です。
  http://kodomo-kenkou.com/lesson/lesson07.html

心配でしたら,製造元のあすか製薬に問い合わせます.
 くすり相談室    電話: 03-5484-8339
      受付時間: 月~金曜日 9:00~17:30(祝日を除く)

   http://www.aska-pharma.co.jp/contact.html
 
  

Qためしてガッテンの本について

ためしてガッテンには色々な本が出ていますが、今では人気の高い「視力回復」が載っている本はどの種類でしょうか>_<??買いたいのですが、それが分からなくて質問させて頂きました;
一日十五分何かをする感じだったと思います。

ご存知な方がいらっしゃったら、是非お願いします^^。

Aベストアンサー

ためしてガッテンの中の本ではわかりませんが
ためしてガッテンで紹介された視力回復法であれば
アイファンタスティックのことだと思います。
http://clear-up.sakura.ne.jp/

Q狂牛病の流行について

先日、あるテレビ番組で、出演者の一人が 韓国で狂牛病騒ぎで 焼肉屋の売上が落ちているとの指摘がありました。これは本当でしょうか?何故そのような騒ぎが 隣国であり、わが国ではあまり騒がないのでしょうか?とにかく何もせず、 国民の利益を後回しにする、日本のお役所を頼っていて 酷い目にあう事だけはごめんです。真相は どうなのか 教えてください。大好きな 牛丼も安心して食べられません。話によると 病気の牛のたんぱく質が病因で、特に 骨が危ないそうです。目で牛肉とわかる 食品はまだしも、加工された うまみエキスなどに混じっていると 怖い話です。ちゃんとした話を 教えていただきたい。

Aベストアンサー

私もちょっと調べてみましたが、韓国の情報はよくわかりませんでした。
ヨーロッパの情報が比較的よくわかるのは、
http://sv2.humeco.m.u-tokyo.ac.jp/mllogs/bluesky/
このメーリングリストの[BlueSky: 2714] 狂牛病パニック第二波 あたりから現在にいたるまで議論されていますので、ご一読ください。またその中で紹介されていたURL(参考URL)がよくまとまっていると思います。

政府が意図的に情報を隠しているかどうかは個人の知るところではありませんが、牛丼や牛肉を食べるか否かというレベルの問題でないことは確かなようです。上記ML内で紹介されている話として、狂牛病に感染している牛がラードに混入し、それがケーキなどにも使われていたという話(ドイツです)が出ています。

そもそも狂牛病のプリオンがクロイツフェルト・ヤコブ病の原因になりうるかどうかについても確定はしていない(かなり濃厚らしいですが)ような状況なので、いたずらに問題を騒ぎ立てるのはパニックを引き起こすだけなのかもしれません。
ただ、このMLで話されている内容からすると、日本のマスコミがほとんど取り上げていないのは疑問ですね。そのうちきっと出てくるでしょうが。

Niiさんのおっしゃるように「一般流通している商品には、問題のある物が多く含まれている現実」はあると思いますし、狂牛病だけを特にケアする必要があるのかどうかは私にはわかりません(余談ですが、コカコーラライトが出たときに、甘味料となっているアスパルテームが本当に安全かという議論を読んだことがあり、それ以降できるだけ摂取しないようにしています)。
ある程度生産地が明確なものを購入することは(ちょっと無理すれば都会でも)可能なので、「皆が 苦しんでいても ご自分は 大丈夫だと」というのは言葉が過ぎる気がしました。Niiさんに怒ってもしょうがないしね(笑)。

参考URL:http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bse.html

私もちょっと調べてみましたが、韓国の情報はよくわかりませんでした。
ヨーロッパの情報が比較的よくわかるのは、
http://sv2.humeco.m.u-tokyo.ac.jp/mllogs/bluesky/
このメーリングリストの[BlueSky: 2714] 狂牛病パニック第二波 あたりから現在にいたるまで議論されていますので、ご一読ください。またその中で紹介されていたURL(参考URL)がよくまとまっていると思います。

政府が意図的に情報を隠しているかどうかは個人の知るところではありませんが、牛丼や牛肉を食べるか否かというレベルの問題...続きを読む


人気Q&Aランキング