痔になりやすい生活習慣とは?

うちの塾(5校舎以内の小さい塾)の経営者が、
「5教科だけを熱血で教える塾はもう終わりだ」
などと言いはじめ、今はやりの脳力トレーニングなどを
パソコンを使ってはじめました。
ほとんど黒板も使わなくなりました。
その後、ここ2年間くらい5教科合計が300点を切るよう
な子ばかりが集まる塾になってきました。
しかし、全生徒数は、もはや全校舎で100人もいませ
ん。
合計が300点以下の子の申し込みは毎年少しあります。
あと、大手塾と曜日が合わない子がこちらに流れてくる
という状態になっています。

5教科だけを熱血に教えている塾は終わったと思います
か?(大手は別として)
大手塾に頭のイイ子を取られているだけだと思われますか?
熱血小規模塾は大手と対抗塾になってしまって、
ダメなのでしょうか?
それ以外のところに問題はあるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは、


「熱血」の意味がどの様な意味で使われているのかわかりませんが、「5教科だけを教える小規模塾」は決して終わってはいないと思います。但し、塾は学校と違って潰れますので、今現在の経営状態が悪ければ、経営者の方が脳力トレーニングの教室を始められる事もよくわかります。(企業である以上キャッシュ・フローは生命線ですので)
以下、私見で書かせていただくと、
ご質問の状況(生徒100人、5教科合計300以下)ですと、大手塾と同じ事をやっていても勝つ事は難しいと思います。なぜならば、少なくとも私の周りの大手塾の戦略は、「有名○○高校△人合格」であり、これと同じ土俵で戦う事は、ご質問の状況で考えると難しいと考えるからです。(私はこの指標に大いに疑問を感じており、在塾生の何%が有名高校へ合格したかを指標として見ています。)
しかし、塾の価値は、それだけではないと思います。
例えば5教科合計250が350へ140%アップする事は、塾の価値として重要な指標だと考えています。つまり、現在の成績と未来の成績のGapが大きい事=それだけ子供ががんばり、がんばれる環境を提供した塾が優秀な塾だと考えています。有名高校に合格する可能性の高い子供を集めるよりも、今伸び悩んでいる子を伸ばす塾が優秀な塾だと思います。その点を、どの様に親にアピールするかは難しいですが、それこそ塾の説明会で講師が「熱血」に語るべき事だと思います。
私の子供は中学生ですが、塾選びの際は「入塾後の成績のGap」と「在塾生に占める有名高校合格者の割合」を指標として、子供が雰囲気を気に入った塾を選びました。結果として、私の子供は校舎3校(400人)程度の塾に行っています。
長文になりましたが、よい塾作りを目指してご健闘を祈りいたします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング