久々に書き込です。よろしくお願いします。また、父が相変わらずPC使えないので代わりに書き込みさせていただきます(汗)

家は真言宗の檀家です。
今回住職さんに新しい過去帳にいろいろ書き込んでいただいたのですが住職さんはお礼についてなにも言ってくれませんでした。

いったいお礼はいくらぐらい包めばよいのでしょうか?

回答よろしくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんは。



 仏事関連の仕事をしています。
 どれぐらいの手間をかけていただいたかで、考えようが異なるとは思いますが・・・
 書き込んだ尊霊の数が多いか少ないか、お寺の過去帳を調べていただいたか、すぐわかるものだったか等で異なると思います。

 また、お寺それぞれのお布施の基準は、まちまちばらばらで、こういう場合はいくら、という明確で一般的な標準というのはないですね。

 個人的には、そのお寺でご法事をお勤めいただいた際の御布施に準じ、御膳料や御車料を含まずに考えればよいのではないかと思いました。(たぶん2~3万から5万円までぐらいの額だと思う。)
 それをひとつの目安として、前述のように、お寺さんの手間を考慮して増減させればよいと思います。
 ご先祖さまが多く、お寺の古い過去帳を探して記入いただいたのであれば、かなり手間ひまかけていただいたことになりますし、ここ50~60年ぐらいの比較的新しい尊霊を数名記入いただいたぐらいであれば、2万円前後でも良いかなと思いますが・・・
 
 過去帳記入のお礼というのは、通常、新しい過去帳に「開眼供養」のお勤めをしていただく御布施も含まれると考えるべきと思いますので、書き込んでいただいた事柄がほんの少しでも、そのお寺さんのお墓参りや、ちょっとしたお参りごとのお布施を下回る額で良しとすることは避けていただければと思います。

 あくまで、個人的心証なので、参考程度にしていただければと存じます。(地域やお寺さんのお考え等で、記したことと異なる場合もありますので)
 お寺さんに、「なにぶん初めてのことで、よくわからないのですが・・・」と、もう一度お尋ねになってもよろしいかと思いますけど・・・では。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なにぶん初めてのことで、よくわからないのですが・・・といっても多分住職さんはなにも教えてくれないかと(汗)

とてもよい回答をありがとうございます。
今のところ3000円×7人+αと考えています。まあ三万ちょっと超えればよいのかなと。

お礼日時:2006/03/26 07:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去帳について

初めまして。
過去帳についてお聞かせください。
年老いた母親が死亡、息子(母親を恨んでいた)は自殺して家には誰もいなくなってしまった親戚の過去帳を預かっています。
この家の娘が遠くにいるのですが、受け取りたくないと拒否されました。
過去帳を我が家に持ち帰った日に父が骨折したので、何か良くないのかなと思いました。
父方の親戚なので、そう思ったのです。
他人の家の過去帳を家に置いていても良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 過去帳はお寺さんなどがお檀家の方々でご逝去なされた人々の戒名・俗名・死亡年月日を記し保管しておく帳簿でもあり、お寺さんが普段よりなされているお檀家の方で命日にあたる人々の供養などに活用なされています。
 菩提寺は、檀家さんである人々の供養をなさってお守りくださっています。
 過去帳のおもな目的は、回向のための忌日の確認としています。
 そして、一般の方は仏壇のなかに過去帳を用意することでその家族のご先祖様などの戒名・俗名・死亡年月日を記し日頃からご本尊様への感謝などされる時に日めくりである過去帳に記されているご先祖の方を確認して供養をする。
 そのような行為に使われています。
 また、ご先祖の存在を後継者に伝えていく為にも役立っています。
 No.1の方がおっしゃった様に供養をされている方が、罰が当たるなどとは考えられないと思います。
 前に真宗大谷派のご住職と様々な事を話した時に、物事は原因が合って結果があるものですよねと色々な事に当てはめて話をしましたが、優しい気持ちで接してあげると逆に優しく接してくもらえて、嫌味に接すると嫌味に接しられますよねと。
 貴方様のなされている事が良い事だとしたら感謝されると思います。
 そして、供養をする心は何事にも優先するように思います。
 もし、骨折の件が気になっているようでしたら私が思うに、骨折の方が良かったのか、骨折程度の出来事で済んで良かったのかなぁとも感じます。
 勝手言って申し訳御座いません。
 せっかく過去帳をお持ちでしたら日毎にめくってご先祖様などの命日は感謝の意を込めて供養されてくださると宜しいのかと存じます。

 過去帳はお寺さんなどがお檀家の方々でご逝去なされた人々の戒名・俗名・死亡年月日を記し保管しておく帳簿でもあり、お寺さんが普段よりなされているお檀家の方で命日にあたる人々の供養などに活用なされています。
 菩提寺は、檀家さんである人々の供養をなさってお守りくださっています。
 過去帳のおもな目的は、回向のための忌日の確認としています。
 そして、一般の方は仏壇のなかに過去帳を用意することでその家族のご先祖様などの戒名・俗名・死亡年月日を記し日頃からご本尊様への感謝などされ...続きを読む

Q石材店に対するお礼

石材店の方には新しいお墓の引渡しの時と納骨式にそれぞれ
祝儀・お礼としてお金を渡すのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1088121.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa992286.html


過去ログにとても良い回答があります。
地域によっても差があります。
心づけと同様なので、出さなければいけないという物ではありません。

Q過去帳の記入について

父が亡くなって、来月四十九日の法要をすることになりました。現在、白木の位牌があります。また、仏壇には、母の過去帳があります。

聞くところによると、四十九日に過去帳に記入するとか。

四十九日の法要はお寺で行います。特にお寺から位牌と過去帳についての話はありませんでした。

この場合、白木の位牌の取扱いと過去帳の記入は、家族がするのでしょうか。それともお寺のほうでしてくれるのでしょうか。一応、浄土真宗です。

教えてください。

Aベストアンサー

うちも浄土真宗ですが、私の住んでいる地域では、過去帳は自分で、四十九日の法要前に記入します。

うちは自宅で法要を行いましたが、四十九日当日は仏壇と経卓の間に、法要の対象になる人のページを開いた状態で過去帳台に乗せて置いておきます。
読経の前に、お寺さんが「今日は釋○○の四十九日の法要です」みたいなことを言われます。
その為にも、法要前に書きます。

位牌は、火葬の時に一緒に燃やしました。
実際のところ、家に持って帰っても置くとこもありませんし。。。
なので、どうしたらよいのか私にはわかりません。
他の方の回答をお待ちになるか、お寺さんに伺うのが一番かとおもいます。

Q過去帳を見せていただいたら

幼児の頃に両親が離婚して母に育てられたために、父親については何も知らないまま育ち生きてきましたが、
最近になって消息を知ることができました。

残念ながらすでに他界していましたが、お寺を知ることが出来たので、お坊さんにお話を伺い、
過去帳など見せていただきたいと思っています。

こんな場合、お礼はどうすればよいのでしょう?
一応手土産に羊羹を用意したのですが、やはりお包みもするのでしょうか?
その場合お幾らが相場になりますか?
又、お目に掛かっていただく時刻は、何時くらいがご都合がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>>>一応手土産に羊羹を用意したのですが、やはりお包みもするのでしょうか?
それで充分だと思います。

>>>お目に掛かっていただく時刻は、何時くらいがご都合がよいのでしょうか?
日時ともに、必ず相手のご都合を伺ってから行って下さい。
ご自身のご都合もあるでしょうが、なるべく相手のご都合に合わせるのがいいです。

その上で、相手がいつでもいいですよという事なら。
午前中でしたら10時から11時くらい、午後でしたら、1時から3時くらいに設定するといいと思います。

Q過去帳について

先日、父方の祖母(93歳)がなくなりました。訳あって孫の私が実家のお仏壇を引き継ぐことになりました。その仏壇の過去帳には本家以外の祖母の実家の両親、兄弟が書かれています。生前、祖母は”私が死んだら過去帳は棺の中に入れて焼いてくれ’と言っていましたがそんな事は出来ませんでした。私も嫁に出ていて、これから先、嫁ぎ先の供養もしていかなくてはいけません。過去帳も古くなっているので今回お寺で新たに書いてもらおうと思ってます。
質問として
1.私の実家の先祖と嫁ぎ先の先祖を過去帳に書いていいのでしょうか?
2.祖母の実家の先祖は整理して過去帳に書かなくていいでしょうか? (祖母の実家の先祖はたぶん他では供養されてないと思います)
宗派は浄土真宗、大谷派です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

前提として、過去帳はお寺さんが回向を奉げる方の戒名を読み込む時や、お家の方がご先祖様の命日を確認する時などに参照する、いわばご先祖様の登録名簿のようなものです。それ自体に霊魂が宿っているというものではありません。

(1)について、
お家によっては、お嫁さんの実家の過去帳を引き継いだりして、複数の過去帳を持っているケースも珍しくはありません。また一方で、「一つの過去帳には一つの家系のご先祖さま方しか書いてはいけない」という決まりがあるわけではありません。
しかし、過去帳はよほど詳しく書かれていない限り、3代も遡れば「この人誰?」というように続柄がよくわからなくなってしまう場合が多いのです。ですから、ご先祖様の登録名簿という性格上、一つの過去帳は一つの家系のご先祖様のみにしておいた方が、紛らわしくならず都合が良いと思われます。
できれば、そのお家の過去帳である「○○家過去帳」と、他の家系のご先祖さまで、縁あって供養することになった方々のための「有縁物故者過去帳」の2冊に分けて書かれておくことをお勧めします。

(2)について、
一般に「○○家過去帳」といっても、実際に家系が繋がっている全てのご先祖さまが書かれているわけではありません。分家した時を起点に新たに書き始めるとか、古くなりすぎて新調する時に誰だか分らなくなってしまったご先祖さまの分は「先祖代々諸精霊」として一つにまとめてしまうなど、いろいろな機会にご先祖さまを「整理」している過去帳もあります。
しかし、一般的な人の心として「先祖代々諸精霊」よりも、一人ひとりの戒名がわかる過去帳にふれた方が、ご先祖さまに対する気持ちもよりはっきりすると思われますので、本当にやむを得ない事情があるのでなければ、できるだけ「整理」は避けられた方が良いように思われます。

蛇足ながら。他宗のことを書いて恐縮ですが。
一般に、真宗大谷派では過去帳は用いません。真宗・浄土真宗では「特定のご先祖さまのためだけの供養」という考え方がありませんので、過去帳の必要性が薄いためではないでしょうか。
真宗・浄土真宗ではご先祖さまのお名前(法名)は、お仏壇の中に掲げる法名軸という小型の掛け軸に書かれるようになっているようです。
地域の習慣や過去の経緯によって、真宗の門徒さんながら過去帳を用いているお家もありますが、真宗本来の考え方からすると、改めた方が望ましい習慣であるようです。
この機会に、お世話になっているお寺さんに、よく相談されてから具体的な過去帳の扱いを決められてはいかがでしょうか。

曹洞宗の僧侶です。

前提として、過去帳はお寺さんが回向を奉げる方の戒名を読み込む時や、お家の方がご先祖様の命日を確認する時などに参照する、いわばご先祖様の登録名簿のようなものです。それ自体に霊魂が宿っているというものではありません。

(1)について、
お家によっては、お嫁さんの実家の過去帳を引き継いだりして、複数の過去帳を持っているケースも珍しくはありません。また一方で、「一つの過去帳には一つの家系のご先祖さま方しか書いてはいけない」という決まりがあるわけではありませ...続きを読む

Q香典のお礼に対する言葉

ご不幸に際し香典を包んだ場合、後日に「御丁寧に香典を戴きまして有難うございました」のようなお礼を頂きます。会社の同僚や後輩の場合は「大変でしたね」のような返答をしますが、上司や先輩など目上の人の場合には少し戸惑ってしまいます。この様な時も「ご愁傷様でした」と言うものでしょうか?他に適切な言葉があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

「ご丁寧に恐れ入ります。少しは落ち着かれましたでしょうか。どうかお疲れになりませんよう。」

Q過去帳

過去帳
先日、父が亡くなりました。 四十九日も納骨も終えました。
今まで無宗教の状態でしたが、葬儀は曹洞宗のお坊さんに上げていただきました。(聞けば、言い伝えで我が家は曹洞宗とかで・・・・・)
仏壇もなかったので、先日購入いたしました。
いろいろ調べてみたら、我が家には、過去帳といううものがありません。
過去帳とは、これから自力で作るものなんでしょうか?
無知で汗顔の至りですがご教示ください。

Aベストアンサー

専門外ですが。
過去帳というのはそれぞれの家の仏壇にまつって法事などを執り行なっているご先祖を月日ごとにまとめた台帳のようなものです。ですのでもしお父様が分家初代であるならば、過去帳はこれから作っていくものとなります。仏壇を購入されたお店か、お寺様が過去帳に書き込む場合も有りますのでお寺様に御相談されても良いかもしれません。

Q香典返しに対してお礼の手紙がきました。

先日父の四十九日が終わったので、葬儀に参列していただいた方に香典を送りました。
しばらくたってから、父の飲み仲間だという方にお礼のお手紙をもらったのですが、
こういった場合、お返事の手紙を書いたほうがいいのでしょうか?
私と手紙の送り主は面識は無く、お線香を上げに家にきていただいた時にお会いしただけです。

Aベストアンサー

 必要ありません。
 本来は香典返しにはお礼は必要ないのですが、礼儀的にしっかりした方なのでしょう。
 次会う機会があれば礼を言う、といった程度に覚えておけば充分です。

Q過去帳の誤字

宗教を変えたので新しい過去帳を買いました。

もとの過去帳も寺に書いてもらったものではなく、実家の方で記入したものです。

なので、自分で書き写そうと思ったのですが、私は字がきれいではないので、
字のうまい知人に頼んで古い過去帳の中身を書き写してもらいました。

あとから書き写してもらった新しい過去帳を見ると、祖母の名前の漢字が違いました。
写す際に間違ったのかと思いましたが・・・

よく見てみると、もとの過去帳自体が間違ってました(汗)
祖父が書いた際に間違えたようです。

知り合いに書き直してもらおうにも忙しい方なので、今度いつ会えるかわからず、
自分で直そうかと思うのですが、一字だけ直したいときどのようにすればよいのでしょうか?

できれば、新しく買いなおさず、このまま使っていきたいのです。

Aベストアンサー

全く意味不明な事をされていると思います。
宗教が変わるからと言って、過去帳を書き直す必要があるのかと言えば、
僕は書き直す必要は無かったと思いますね。
過去帳は以前に行った葬祭に関しての事を書き記して記録した物で、新し
ければ良いと言う物ではありません。
中に書かれている事を説明しなくても、あなたが既に中身を見られていま
すから、あえて説明する必要はありませんよね。
水害等で破損が酷い時には、今のままでは永代まで保管が出来ませんので
作り返すしかありませんが、ただ単に宗教が変わるからと過去帳を作り変
る必要はないと僕は思います。

祖母の方の漢字が間違っていたようですが、その間違いがあったページに
「〇(チェック) △(チェックボックス 空欄)の△は、正しくは▽が正しい」と書いたメモを貼り、あなた
の子孫が見た時に間違いが分かるようにされたらどうでしょうか。
書いてあるのもを消して書き直すのは良くありません。

Q法要に位牌・遺影・過去帳がなくて済ませられるの?

父母の13回忌法要を準備中ですが、位牌・遺影・過去帳を預かっている兄(長男)がのっぴきならない事情を抱えていて対応がつきません。この場合、法要に長男の欠席はやむなしとして、位牌・遺影・過去帳もなく、弟妹と親類だけで済ませられるものなのでしょうか?また、御坊様に相談できるレベルのものなのでしょうか?どなたか教えてください。ちなみに浄土真宗です。

Aベストアンサー

うちも浄土真宗でお西です。
こちらだと、葬儀のとき木の位牌がありますけど、お寺さんが処分?するので、仏壇に位牌はありません。
遺影も仏壇には飾りません。
過去帳はお寺さんにあるようですが、それぞれの家にはありません。

法要では、お寺さんから仏様(掛軸ですけど)と仏具を持ってて、仏壇の横の床の間に飾ります。
家で用意するのは、お供えのお花、お菓子、おけそく、果物、ご飯、赤のろうそく、くらいです。
お寺さんに聞けば、お布施の金額も含めて、教えてくれます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング