73歳の母が膀胱癌になり、TUR-Btにより、手術。
1年後に再発し、また、TUR-Btの後、BCG注入を行いましたが、
半年後の現在又再発しました。又TUR-Btを行うようです。
BCGを行ったにもかかわらず、再発が早まり、今後のことが心配です。
乳酸菌が良いと聞き、ヤクルトを飲んでいます。
膀胱癌に詳しい方、同じような経験をされ、何かおすすめの療法等ご存知の方、
いらっしゃたら回答をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

癌の異型度および浸潤度についての情報は聞かれて見えますか?



一般に表在性でありかつグレードの低いものがTURの適用となります。またBCGの効果も同様に高いとされています。
しかし再発防止の効果は完全ではなく、実際の医師の感覚からすれば『再発が遅ければいい』『浸潤度が進んでいなければいい』という考え方です。膀胱癌については『異所性』『異時性』の再発といって次から次へと出てくるのが常識だからです。前回が1年後、今回が半年後で早まったと感じていらっしゃるのでしたらそれは杞憂です。再発そのものは微小癌の形で常にあると考えるべきだからです。大切なのは常に確認を怠らず、全てを早い段階で処置することです。心配になるとしたら『グレードの上昇と浸潤度の進行』です。その場合は時間をおかずに主治医からお話もありますし、指示もあるはずです。
生活の質(QOL)を落とさずにコントロールするために、主治医は放射線療法などを勧めることは少ないと思います(放射線の副作用で膀胱のコンプライアンスが低下し非常に生活に響いてくるからです、また難治性の膀胱炎も嫌います)。

BCG注入以外にも一種の抗がん剤膀胱内注入療法などもありますが、あくまでも現状との相談です。
健康食品や免疫食品との併用は嫌うものではありませんが、早期の処置を繰り返すことで十分に病気はコントロール可能なものですので、必要以上に現在の治療方針に疑問を抱かないように自制してください。73歳という年齢からと、少ない情報ながらおおよその推測を行ったうえでの、泌尿器科医としての回答です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 回答を頂きありがとうございました。
異型度、浸潤度については、はっきりした数字は聞いていませんが、
一度目の手術後は「顔つきはそんなに悪くない」
という表現をされていました。
 再発の早まりにあまり神経質になる必要は無いということをうかがい、
少し安心致しました。
 すっきりなおるのではなく、ずっと付き合っていくつもりにならなくては
いけないようですね。両親に伝えます。
 いろいろご説明頂きありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 23:40

先ほど本文中に載せたURLにエラーがでるようなのでもう一度。


ここから、
一般向けがん情報→50音順もくじ→膀胱癌
で、私が思っていたページに行きます。

たびたびごめんなさい。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。
私の知らなかったことも載っており、参考になりました。
あまり悲観せず、手術を待とうとおもいます。

お礼日時:2002/01/25 20:53

このHPに非常に詳しく図解付きで載っています。



何度も再発するのが膀胱癌の特徴なようなので、
根気よく検査と治療を続けていくのが大事なようです。

また、
http://www.ncc.go.jp/jp/ncccis/pub/cancer/010225 …
というページにも、同じようなことが載っています。
生存率なども載っているので参考にしてはいかがですか?
ただ、生存率というのはあくまで確立で、
それが全てあなたのお母様に当てはまるか、と言うと疑問です。
参考程度にしておくのがいいでしょう。

何よりもあなたがどんと構えて、
お母様を励ましていくことも大事だと思います。
頑張ってください。

参考URL:http://www.h.u-tokyo.ac.jp/urology/bl_ca.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膀胱癌で BCG治療中の 主人のことで、ご相談します。

膀胱癌で BCG治療中の 主人のことで、ご相談します。
どうぞよろしくお願いいたします。

去年の8月に 表皮の膀胱癌を手術し(膀胱の下のほう、尿管付近に 1~2ミリくらいの小さい 突起物があり、それを 尿道からの手術で 取りました)、その後 9~11月にかけて 6回に渡り 1週間ごとに BCG治療を行いました。
その時は かなりの痛みがあったものの、痛み止めの座薬と抗炎症剤で 痛みをしのぎました。
12月頃には 痛みは 治まったようです。


今年 1月始めに、2クール目の BCG治療(1週間あけて 2回)を受けました。
この治療では、非常に 痛みが激しく 5月現在の今も まだ 痛みが続いているようです。
2月末くらいまで 相当 苦しんでいました。
あまりの激痛に 痛み止めの座薬と抗炎症剤に加えて 抗生剤まで 処方してもらいました。

そして、これから 3クール目の BCG治療に入るようです。
医者の先生は 癌が再発しないうちに 早く 次のBCG治療をしたいらしいのですが、本人は 「未だに痛いのに このまま 続けて 次のBCG治療をしたら どうなるんだろう」と 非常に不安を感じているようです。
(先生の説明ですと、手術後 最初の1年は 3~4ヶ月ごとに、次の年からは 検査をして 異常がなければ 半年ごとに、 5年の間継続して BCG治療をするそうです。)



●ここまで 長く 痛みが続くのは 珍しいのでしょうか。
(本人が言うには、手術した部分と 尿道が痛いらしいです)
●いつか 痛みは 取れるのでしょうか。
●そして このまま BCG治療に突入してしまった いいのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

膀胱癌で BCG治療中の 主人のことで、ご相談します。
どうぞよろしくお願いいたします。

去年の8月に 表皮の膀胱癌を手術し(膀胱の下のほう、尿管付近に 1~2ミリくらいの小さい 突起物があり、それを 尿道からの手術で 取りました)、その後 9~11月にかけて 6回に渡り 1週間ごとに BCG治療を行いました。
その時は かなりの痛みがあったものの、痛み止めの座薬と抗炎症剤で 痛みをしのぎました。
12月頃には 痛みは 治まったようです。


今年 1月始めに、2クール目の BCG治療(1週...続きを読む

Aベストアンサー

直ちに、BCG療法を中止して、
主治医にセカンドオピニオンを得たいので、
専門医(例えば、出身大学の泌尿器科など)を
紹介してくれるようにお願いしてください。

黙って、セカンドオピニオンを得ようとすると、
最初から検査しなければならず、時間がかかりすぎる。
また、素人が専門医を探すことは容易ではないからです。

ただし、主治医が気分を害するようならば、
思い切って、転院することも考えてください。
患者の権利を守れないような医師に、まともな治療ができるとは
思えません。

がん保険に契約しているならば、保険会社が提供する
情報サービスの利用も考えてください。

泌尿器科の先生がすべて、がんの専門家ではなく、
また、この治療方法の専門家でもありません。
この治療方法には、膀胱萎縮などの重篤な副作用、
さらには、死亡例も報告されています。
甘く見てはいけません。

Q父がTUR-Btの手術をすることになりました

父・75歳です。
来週、経尿道的膀胱腫癌切除術をすることになりました。
腫瘍はかなり小さいようですが、悪性かどうかはわからないと言われているようです。
父の話が曖昧で、実際来週の入院時に先生にお会いしてお話を聞くまで本当のことがわからないのですが、悪性かどうかは本当にオペをするまでわからないものなのでしょうか?
また、色々調べてオペ自体は簡単なもののようですが、術中に膀胱摘出などに切り替わるようなことが発生することはないのでしょうか?
この病気は再発率が高いと言われているようですが、年齢を考慮してもし再発した場合の治療法としては、どういったものがあるのでしょうか?
父はC型肝炎の治療をしています。
こちらの方と合わせての治療は問題がないのでしょうか?
たくさん質問してすみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が過去に回答させて頂いた下記のURLを参考下さい。

下記のANo.3
http://okwave.jp/qa1696288.html

>悪性かどうかは本当にオペをするまでわからないものなのでしょうか?

以下は推測です。経尿道による内視鏡で細胞診は出来るのだと思いますが、その細胞片をとってくること自体が、ガンであった場合、転移させるリスクがあります。特に悪性の場合は転移しやすいのだと思います。細胞診のリスクに関しては、他のガンでも同じなのですが一般の人にはあまり知られてません。TUR-Btにより腫瘍をとってきて、それを病理検査をし、もし悪性度が高いことが判明すれば、TUR-Btにより基本的に腫瘍がとれている場合であっても「引き続き膀胱全摘をするのが標準治療」ということになるのだ推測します。悪性度が低いものでなければ、再発した場合には、その都度、TUR-Btを繰り返す、ということになるのかと思います。担当医に確認されたらよいです。

ちなみに私の母は経尿道的手術から4年余り経ちましたが今も再発の兆候もなく元気に生活しております。

私が過去に回答させて頂いた下記のURLを参考下さい。

下記のANo.3
http://okwave.jp/qa1696288.html

>悪性かどうかは本当にオペをするまでわからないものなのでしょうか?

以下は推測です。経尿道による内視鏡で細胞診は出来るのだと思いますが、その細胞片をとってくること自体が、ガンであった場合、転移させるリスクがあります。特に悪性の場合は転移しやすいのだと思います。細胞診のリスクに関しては、他のガンでも同じなのですが一般の人にはあまり知られてません。TUR-Btにより腫瘍をとってきて...続きを読む

Q癌の再発転移について、又その不安恐怖との折り合い

私の心身事で相談宜しくお願いします。
42歳男性、3年半前に胃癌を発症しました。ステ-ジIIIAにて胃を75%切除。
その後1年間抗癌剤を投与しまして現在に至ります。
ガイドラインでは5年生存率50%と・・・
年1回の内視鏡と造影剤CT検査、3ヶ月毎には血液の腫瘍マ-カ-確認をしてます。
術後の後遺症や薬の副作用無しに、凄く順調に進んでます。その何事も無く
順調に今まで来てるのも、逆に不安にもなります。
食事にも気を使い、適度の運動(晴れ日は毎朝30分散歩その後出勤)や患者会や
癌の勉強会にも出て自分なりに再発防止?にも取り組んでるつもりです。
ストレスが免疫力低下と判っているのですが、どうしてもつい、再発転移を考えてしまいます。
精神的な療法の本も幾つかは読んだりしました。
再発転移を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
その不安恐怖とはどの様に気持ちを折り合いをとるのか?
自分の気持ちの持ち様や、再発したらその時に最善策を見付よ。とは助言は頂いて
頭の中では理解出来てるつもりですが、どうしても毎々と考えてしまいます。
克服完治された方や医療関係者さん方で良きアドバイスが頂けたら幸いです。
毎日毎日が苦しくて辛いです。楽しく豊な気持ちで日々生活をしたいです。
心の中から「癌」が消えて欲しいです。消せる事は出来ないので、上手く付き合って行く
方法など、体験談など、お願いします。
まだまだ長く人生を家族と過したいです。
何卒宜しくお願いします。

私の心身事で相談宜しくお願いします。
42歳男性、3年半前に胃癌を発症しました。ステ-ジIIIAにて胃を75%切除。
その後1年間抗癌剤を投与しまして現在に至ります。
ガイドラインでは5年生存率50%と・・・
年1回の内視鏡と造影剤CT検査、3ヶ月毎には血液の腫瘍マ-カ-確認をしてます。
術後の後遺症や薬の副作用無しに、凄く順調に進んでます。その何事も無く
順調に今まで来てるのも、逆に不安にもなります。
食事にも気を使い、適度の運動(晴れ日は毎朝30分散歩その後出勤)や患者会や
癌の勉強会...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちよくわかります。私も10年前に肺腺癌ステージ2Bで手術を行い、左肺の上葉を摘出しました。以来、今に至るまで体調が悪くなると「再発か?」、どこかが痛くなると「再発か?」と思い悩んでいます。なので、適切なことが言えるのかどうか自信はありませんが、一言アドバイスさせていただきます。

まず、手術ができて、かつ手術が成功し、目に見える癌がなくなって、なにはともあれ元気で過ごされているという事実があります。もうこれだけで、あなたはめちゃめちゃ運の良い方です。
さらに、手術後3年半もの間、再発しなかったという事実があります。再発は手術後3年以内に起こることが多く、3年半なにもなかったあなたはめちゃめちゃ運の良い方です。

再発転移を防ぐ方法はありません。そんな方法があれば、こんなに多くの癌死は起こりえません。なおかつ、再発転移を防ぐ方法がわかれば、癌にならない方法も開発できることになり、世の中から癌を消し去ることもできます。しかし、残念ながら、現状ではそんなことはありえません。癌が再発するかしないか。それはひとえに、あなたにできた癌のタイプにかかっています。どんなに努力しても、再発するタイプの癌の再発は防げません。再発しにくいタイプの癌なら、なにもしなくても再発しません。つまり、じたばたしても、したばたしがいがないのです。

癌のタイプには、肺癌なら腺癌とか扁平上皮がん、大細胞癌、小細胞癌などがあります。しかし、ここで言うタイプはこうしたよく耳にするタイプのことだけではありません。たとえば、肺腺癌ひとつとってもいくつかのタイプがあります。1期で見つかった腺癌でも、それが低分化型だったら、手術後必ずといっていいほど再発します。そして死に至ります。胃癌のことは勉強不足なのでわかりませんが、肺癌のデータで1期で治療したのに20パーセント以上の方がお亡くなりになっているのは、低分化型がこのくらいの割合で含まれているからです。

胃癌の低分化型といえばスキルス胃癌がよく知られています。さいわいなことに、あなたの胃癌はそうではなかったようですね。「ステ-ジIIIAにて胃を75%切除」とのことですが、これはあなたの癌が素性のよいおとなしい癌だったことを証明しているようなものです。1期なのに胃を全摘する方もたくさんいらっしゃいます。私の友人もそうでした。そして、あなたの癌はおとなしい癌だったので、3年半の間、再発しなかったのです。それゆえ今後も再発する恐れは非常に低いと思われます。40代男性の癌罹患率は2パーセント強です(「2人に1人が癌になる」という言葉が一人歩きしていますが、後期高齢者になってはじめて「2人に1人」になります)。なので胃癌になったのはたいへん不運だったとしかいいようがありませんが、それがおとなしい癌だったのですからめちゃめちゃ好運だったのです。これからも運の良さがついてくれることでしょう。

しかし、こうやって書き連ねてみても、あなたの不安が消えないのは、肺癌体験者の私にはよくわかります。あなたは「心の中から「癌」が消えて欲しい」とおっしゃいますが、消せないこともおわかりになっています。そこからもう一歩進んで、「消すなんてもったいない」と思えるようになればしめたものです。
それには、癌について考え、癌についてもっとよく知り、まだ癌になっていない友人、知人、家族のために、あなたの体験と知識を役立ててあげましょう。あなたの大事な家族を救うことになるかもしれません。

そのためには癌について積極的に話すことです。癌になるとそれを隠したり、話したがらない人がけっこういるのですが、「もの言わぬは腹膨るるわざなり」と昔の人は言いました。どんどん癌について話して心を軽くしていきましょう。あなたの心が軽くなれば、まわりの反応もよくなっていくことでしょう。ただ、癌の話を、積極的には聞きたがらない人もけっこういます。そういう人たちにどうやって癌の話を聞かせるか、その工夫をするのも楽しいものです。せっかく癌になったのですから、ご自分の人生のために活用してください。
我が身を省みず書き連ねましたが、失礼があればお許しください。
それではどうぞ元気にお過ごしください。

お気持ちよくわかります。私も10年前に肺腺癌ステージ2Bで手術を行い、左肺の上葉を摘出しました。以来、今に至るまで体調が悪くなると「再発か?」、どこかが痛くなると「再発か?」と思い悩んでいます。なので、適切なことが言えるのかどうか自信はありませんが、一言アドバイスさせていただきます。

まず、手術ができて、かつ手術が成功し、目に見える癌がなくなって、なにはともあれ元気で過ごされているという事実があります。もうこれだけで、あなたはめちゃめちゃ運の良い方です。
さらに、手術後3年半...続きを読む

Q膀胱がんの検査で膀胱鏡使用します。先生はキシロカインゼリーを膀胱鏡に塗るだけで、すぐ挿入してきます。

膀胱がんの検査で膀胱鏡使用します。先生はキシロカインゼリーを膀胱鏡に塗るだけで、すぐ挿入してきます。これでは麻酔にならないと思いますが、通院している病院ではこのやり方を採用しているようです。インターネットを見ると、どこの病院でも麻酔は時間を決めてしばらく置いてからカメラを挿入するようですがそのようなやり方をしている病院を教えてください。

Aベストアンサー

清瀬市なら、東京病院はいかがですか?
軟性スコープを使用していたはずです。

Q膀胱がん治療中の女性です。再発の治療についてアドバイスください。

NY在住の58歳の女性です。簡単な治療履歴は以下のようなものです。1)2015年、2.5センチの膀胱がんが見つかりTUR(内視鏡切除手術)。非浸潤性の低悪性度,乳頭状尿路上皮がん(Ta)。術後BCGを受ける。2)一年後に再発8ミリのTa癌を1個切除 3)7か月後、5ミリのTa癌を3個切除。術後BCGを受ける という状況です。で先日の膀胱内視鏡で、1-2ミリのTa癌が3個見つかりました。医者は今回は麻酔なし、カテーテルなしで、内視鏡でこの3個を”焼くだけにしたい”と言っています。腸のポリープをとるようなものです。腫瘍が前回と同じもの(TAの低悪性)でとても小さいから、という理由です。質問は、"焼く”だけの治療で浸潤の深さがわかるものなのか、ということと、完全にがん細胞を取り除けるものなのかということです。再発のたびに、癌が小さくなっていて見た目にも同じ種類のTAの低悪性だろうとは思うのですが、、。NYでは、術後すぐ帰宅させられ(まだ出血していました)1回目では、血の塊がカテーテルに詰まり救急に2回駆け込みました。このような地獄の苦しみは2度と味わいたくないので、できればカテーテルなしの〝焼く”だけの治療にしたいのですが、ちゃんとがん組織が取れていなくて、知らぬ間に浸潤(転移)したら、どうするんだろーかと心配です。どうか、適切なアドバイスお願いします。

NY在住の58歳の女性です。簡単な治療履歴は以下のようなものです。1)2015年、2.5センチの膀胱がんが見つかりTUR(内視鏡切除手術)。非浸潤性の低悪性度,乳頭状尿路上皮がん(Ta)。術後BCGを受ける。2)一年後に再発8ミリのTa癌を1個切除 3)7か月後、5ミリのTa癌を3個切除。術後BCGを受ける という状況です。で先日の膀胱内視鏡で、1-2ミリのTa癌が3個見つかりました。医者は今回は麻酔なし、カテーテルなしで、内視鏡でこの3個を”焼くだけにしたい”と言っています。腸のポリープをとるよ...続きを読む

Aベストアンサー

Ta:乳頭状非浸潤がん ですから焼灼と言うのは合理的だと思うのですが、、、。T1や2という診断ではないのですから。浸潤を心配されていますが、適時発見して手を打つのが最善の方法だと思います。焼くという術式では腫瘍の深さは判定できないと思います。しかし、腫瘍の診断名が表面にある事を示しています。非浸潤です。
心を強く持った方が良いです。心配しすぎるとストレスになって免疫力が低下してしまいます。楽しい時間を持つようにしましょう。
なお、米国に居住されているので、理解されていると思いますが、入院は日本より短いです。様子が悪くなれば、様子を見ないですぐにタクシーで駆けつけて受診することをお勧めします。以上、お話としてお読みください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報