マクロを含むExcelを開くとマクロを有効・無効の選択画面がでますよね

選択画面をださずにマクロを有効にするにはどうすればいいのか
教えてください。

A 回答 (1件)

メニューの


「ツール」>「マクロ」>「セキュリティ」を選択し、
「セキュリティ レベル」の選択を
「低」にすればマクロを開くかどうかの選択はでません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。  できました。

お礼日時:2002/01/25 14:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

Q自分で作ったマクロを含むエクセルファイルを開くとき常に有効にしたい

自分の作ったマクロを含むエクセルファイルを開くとき
毎回、マクロを有効にするか、ダイアログボックスで
確認されるのですが、ファイルを信頼をさせて、
確認なしに開く方法はありますか?
ちなみにExcel2000を使っています。

Aベストアンサー

こんばんは。

>個人用マクロブックって何ですか?

このレベルがご存知ないと、本当の初歩レベルにも達しておりませんね。そうすると、次の質問になった、コピー&ペーストなど、私が書いたようなことを処理するのは、ちょっと難しいかもしれません。

一度、「個人用マクロブック」のことが書かれているWebサイトを、Google 等で検索してみてください。

マクロ-「新しいマクロの記録」の記録マクロを作るときに、[マクロの保存先]として、その時に、「個人用マクロブック」と出てきます。

そこを選択して、何か、セルでもクリックすれば、「個人用マクロブック」と記録が出来上がります。

Alt + F11 で、左側の「プロジェクト」に、PERSONAL.XLS というのがあるので、それをクリックして、Module1 というのをクリックすれば、そこに記録がありますから、その出来上がったコードを削除し、本来のコードを貼り付ければ、後は、通常どおりつかえます。

ただし、マクロ-セキュリティ-[信頼のおけるソース元](タブ)
□すべての組み込み済みのアドインとテンプレートを信頼する
にはチェックしないといけません。

こんばんは。

>個人用マクロブックって何ですか?

このレベルがご存知ないと、本当の初歩レベルにも達しておりませんね。そうすると、次の質問になった、コピー&ペーストなど、私が書いたようなことを処理するのは、ちょっと難しいかもしれません。

一度、「個人用マクロブック」のことが書かれているWebサイトを、Google 等で検索してみてください。

マクロ-「新しいマクロの記録」の記録マクロを作るときに、[マクロの保存先]として、その時に、「個人用マクロブック」と出てきます。

そこを選...続きを読む

QRange("K" & TR).Formula = で、セルにマクロで式を書きたいのですが

よろしくお願いします。いつもgooの皆さんには大変お世話になっています
エクセルは2013です

わけあって、セルにマクロで式を書いています
例えば TRは行を表す変数ですが
Range("K" & TR).Formula = "=IFERROR(AY" & TR & ","""")" と書いたマクロの結果は
=IFERROR(AY43,"") という式がRange("K" & TR) に書かれます

それでは、いま、マクロで下記のように書いているコード(TRは行を表す変数です)
Range("Z" & i) = Range("Z" & i - 1) - Range("AG" & TR) * 10000 は
Range("Z" & i).Formula = 
で書く場合、=の右側をどう書いたら良いでしょうか

色々とやってみたのですが狙った式になりません

この場合 変数 i を使っているので、もしかしたら、そもそも無理なことでしょうか

うまく説明できていませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1です。申し訳ありません大ボケな回答をしていましました。

要するに↓ってことですよね? また勘違いしていたらスミマセン。

Range("Z" & i).Formula = "=Z" & i - 1 & "-AG" & TR & " * 10000"

QEXCELマクロコードを、それを含むファイルを開かずに編集したい

いつもお世話になっております。

あるマクロコードを含むEXCELファイルがあるのですが、そのコードを含むファイルを開かずに編集することは可能でしょうか。

EXCELファイルを閉じる時にマクロコードのエラーを修正せずに閉じてしまったのですが、それ以来、そのファイルを開こうとするとEXCELがフリーズするようになったからです。
エラーのあるマクロコードを含まないEXCELファイルを開く場合は問題なくEXCELを起動できますので、EXCEL自体の問題ではないようです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

[Shift]を押したまま開く。
または、セキュリティを最高にして開く。
で、自動実行のマクロは起動しないと思いますが・・・

QVBA マクロ実行時エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

*********************************************************
*********************************************************
Sub 日報別ファイルに保存したい1()
Worksheets("日報").Range("A3:AF36").Copy
With Workbooks.Add
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks _
:=False, Transpose:=False
Cells.Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False
Range("A1").Select
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, Operation:=xlNone, _
SkipBlanks:=False, Transpose:=False

ApplicationDisplayAlerts = True '同名FILEが存在する場合'
ActiveWorkbook.SaveAs Filename:= _
"c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & ActiveSheet.Range("l2") & "月" & ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls" _
, FileFormat:=xlNormal
.Close file


End With

End Sub

マクロ実行時に、エラー’1004RangeクラスのPasteSpecialメソッドが失敗と表記され、マクロが実行されません。

マクロの内容は、任意の範囲をコピー、新規book追加し、
新規bookに(1)Paste:=xlPasteValues (2)Paste:=xlPasteColumnWidths (3)Paste:=xlPasteFormats の順に貼り付けし保存するものです。

いろいろ調べては見たのですが、当方初心者の為、わからずじまいです。お手数ではございますが、どなたかご教授願います。
下記にマクロ内容全部記載します。
よろしくお願いします。

***********...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-------------------------------------------
''もし、そのままでダメでしたら、 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する のところのコメント・ブロック('コードの手前のアポストロフィ)を外して、再度試してみてください。

Sub 日報別ファイルに保存したい2()
Dim myRng As Range
Set myRng = Worksheets("日報").Range("A3:AF36")
 ' Application.EnableEvents = False 'イベントの介入を阻止する

With Workbooks.Add
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteColumnWidths, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
  myRng.Copy
 .ActiveSheet.Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteFormats, _
             Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False
 
  Application.CutCopyMode = False
 
 ApplicationDisplayAlerts = True '**これは、そのままでは必要ないはずです。'
 
 ActiveWorkbook.SaveAs Filename:="c:\日報\" & ActiveSheet.Range("J2") & "年" & _
                 ActiveSheet.Range("l2") & "月" & _
                 ActiveSheet.Range("n2") & "日_日報.xls", _
                 FileFormat:=xlNormal
 .Close file
End With
Set myRng = Nothing
'Application.EnableEvents = True 'イベントマクロの活動を戻す

End Sub

こんにちは。

>結果、「ThisWorkbook」上の下記のマクロを削除すると、正常に動きだしました。
それは、Copy 範囲が、消えてしまうことで、PasteSpecial が利かなくなってしまうからです。

まず、シート名の長いコードは、これだけでよいはずです。

Private Sub Workbook_Activate()
 Select Case StrConv(Trim(ActiveSheet.Name), vbNarrow)
 Case "1" To "30", "日報"
  Application.Calculation = xlCalculationManual
 End Select
End Sub


-----------------------------------------...続きを読む

Qエクセル マクロ ファイルが開いてなかったら開く 開いていたら選択する

こんばんは、エクセル2010を使っていて、少し解らない事が有るので教えて頂けませんか?

以下の様なコードで、test.xlsmが開いてなかったら開く、開いていたらsheet1を選択するつもりでしたが上手く行きません。

Sub ボタン26_Click()

On Error Resume Next
If Workbooks("C:\Users\PC\Desktop\test.xlsm") Is Nothing Then
Workbooks.Open "C:\Users\PC\Desktop\test.xlsm"
End If
Sheets("sheet1").Select

End Sub

上記のコードでは、開いてなかったら開く、開いていると、開く確認が入ります。

正確には、どうやったら実現できるでしょうか。

詳しい方、教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

これは、昔、私が考えたコードです。
一度、ステップマクロで動かしてみると、良くわかります。
ご参考までで、決して、標準スタイルのコードではありません。

もし、ツッコミを入れるとしたら、
ErrHandler:


  Set ws = Workbooks(fn)
  Resume Next
----------------------
ErrHandler:


Resume

にすれば良いのですが、そこまでは、無茶できませんでした。

'//
Sub Test1()
'No. 8980161
 Const mPATH As String = "C:\Users\PC\Desktop\test.xlsm"
 Dim fn As String
 Dim ws As Workbook
 fn = Dir(mPATH)
 If fn = "" Then Exit Sub
 On Error GoTo ErrHandler
 Set ws = Workbooks(fn)
 ws.Activate
 Worksheets("Sheet1").Select
 Exit Sub
ErrHandler:
 If Err.Number = 9 Then
  Workbooks.Open mPATH
  Set ws = Workbooks(fn)  '←本来は、下をResumeすれば、ここは無駄 
  Resume Next
 End If
End Sub
'///

こんばんは。

これは、昔、私が考えたコードです。
一度、ステップマクロで動かしてみると、良くわかります。
ご参考までで、決して、標準スタイルのコードではありません。

もし、ツッコミを入れるとしたら、
ErrHandler:


  Set ws = Workbooks(fn)
  Resume Next
----------------------
ErrHandler:


Resume

にすれば良いのですが、そこまでは、無茶できませんでした。

'//
Sub Test1()
'No. 8980161
 Const mPATH As String = "C:\Users\PC\Desktop\test.xlsm"
...続きを読む

QExcelマクロでRange("A1:A5,C1:C5")をCellsで書きたいのですが

マクロ初心者です。
Excelマクロでグラフを作成するときに、元データを指定する所で、
Source:=Range("A1:A5,C1:C5")とするような場合、
「A1」とかアルファベットでの番地指定ではなく、
Cellsを用いて書きたいのです。

Source:=Range("A1:A5")であれば、
Source:=Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1))と書けばいいことは分かるのですが、範囲指定を複数にする場合が分からないのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Unionを使用したらできると思います。

Source:=Union(Range(Cells(1, 1), Cells(5, 1)), Range(Cells(1, 3), Cells(5, 3)))

今Excelがインストールされてないパソコンで作業していないので確認はしていないのですが・・・。

よかったら参考にして下さい

Qエクセル マクロ 選択範囲を含む行の特定列を選択し、決まった値を入力させたいです。

みなさんいつもありがとうございます。

ある範囲を選択しているときに、その選択範囲を含む行の、
特定の列全てに決まった文字列を入力させたいです。

【例】
(1)の範囲を選択している時に実行すると
(2)のセル全てに『ABC』と入力 
(下の場合は文字列を入力させたいのがC列)
 (1)        (2)
A2:A4  ⇒  C2:C4
A2:B4  ⇒  C2:C4
B5:E10  ⇒  C5:C10

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Sub test()
Dim i As Long, ii As Long
Dim a As String
a = "ABC"
i = Selection.EntireRow.Row
ii = Selection.EntireRow.Count + i - 1
Range(Cells(i, 3), Cells(ii, 3)) = a
End Sub

こんなこと?

Qエクセルのマクロ(range)について

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S       U     V
個数 金額  累計個数 金額金額 (=M+Q) (=O+S)
0、   0、   100、   1000、    100、   1000 
1,初期状態

10、  100、  100、   1000、    110、   1100
2,個数を入力すると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる

10、  100、   110、   1100、    120、   1200
3,マクロを実行すると、UとVの数がQとSに入力され、計算式を入力してあるUとVの数がさらに変わる。

0、   0、    110、   1100、   110、    1100
4,MとOの数をゼロ(クリア)にすると、計算式を入力してあるUとVの数が変わる。     


なかなか理解できないのは、Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Valueの部分で、
2,の後にマクロを実行すると、U 110、V 1100がQ 100とS 1000に書き込まれることです。
通常の計算式だと=は対象となったセルをそのまま表示していると思うのですがのですが、
マクロに書いてある式だと3,のところでUとVの数をQとSに書き込んであります。
なぜ=なのにマクロでは一方のセルに数を書き込んでいるのでしょうか。
また、QやSをUやVへ書き込んでいないのでしょうか。

どなたか詳しく教えていただけると幸いです。

マクロの作りと理解の方法について教えてください。

今、日報を作り直しています。
以前作成した方は、このように作っていました。


Worksheets("日報").Select
Range("Q7:Q23").Value = Range("U7:U23").Value
Range("S7:S59").Value = Range("V7:V59").Value
Range("A1").Select
MsgBox " 転写を終了しました。"
End Sub


マクロでは複数の行列を指定していますが、1行だけ表すと、
具体的な表とデータの変化の仕方とするとこのようになっています。

M    O    Q     S...続きを読む

Aベストアンサー

プログラミング言語では、一般的に、
「=」は、右辺から左辺への「代入」
を意味します。

マクロ = Visual Basic = プログラミング言語
なので、Excelにおける「=」とは少し意味合いが違っています。

Qフォルダ内のexcelファイルを順に開いてマクロ有効ブックに別名保存して閉じるマクロを作りたい

マクロは難しい・・・

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/2598781.html
上記URLでフォルダ内の全ファイルを開くマクロがありましたので参考にしていたのですが別名で保存の段階で詰まってしまいました。貴重な休日がああ~~
現在仕事の引き継ぎでマクロ非対応のファイルをマクロ有効にしようとしているのですが多いと1フォルダに100個、全部で400以上あるため自動でできたらなあと考えています
やりたい作業は、

1.同じフォルダにあるファイルを開く
2.別名で保存でマクロ有効ブックとして保存(名前は開いたファイルのまま)
3.閉じる
4.次のファイルを開く
5.1~4をフォルダ内のファイル全てに適用するまで繰り返す

というものです
URL先のコードに別名で保存のコードを入れればいいんじゃん!やったぜひとりでできるもん!と思い追加したいマクロを記憶しながらコードを見て作ってみたのですが同じ名前で保存されたり end sub が必要などとエラーが出て上手くいきませんでした(´;ω;`)

Aベストアンサー

失礼しました。パスの指定が不完全でした。これでどうでしょう。

Sub sample()
Dim Fs, Fl, Fn, wb
Set Fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").GetFolder(ThisWorkbook.Path).Files
For Each Fl In Fs
Fn = ThisWorkbook.Path & "\" & Fl.Name
If Right(Fn, 5) = ".xlsx" Then
Set wb = Workbooks.Open(Fn)
Fn = Left(Fn, Len(Fn) - 5) & ".xlsm"
Application.DisplayAlerts = False
wb.SaveAs Filename:=Fn, FileFormat:=xlOpenXMLWorkbookMacroEnabled
wb.Close
Application.DisplayAlerts = True
End If
Next
End Sub

失礼しました。パスの指定が不完全でした。これでどうでしょう。

Sub sample()
Dim Fs, Fl, Fn, wb
Set Fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject").GetFolder(ThisWorkbook.Path).Files
For Each Fl In Fs
Fn = ThisWorkbook.Path & "\" & Fl.Name
If Right(Fn, 5) = ".xlsx" Then
Set wb = Workbooks.Open(Fn)
Fn = Left(Fn, Len(Fn) - 5) & ".xlsm"
Application.DisplayAlerts = False
wb.SaveAs Filename:=Fn, FileForma...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報