はじめまして。
投稿を見ていただいてありがとうございます。
早速ですが、無整流子電動機の特性を、他の各種の電動機の特性と比較したとき、どのような特徴、違いがあるのか教えてください。
あと、三相同期電動機において、負荷が一定でも、界磁電流によって電機子電流の変化する理由が分かる方、もしくはこういう理由ではないかというのがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

無整流子電動機の、どの特性でしょうか?


速度変動率?、効率特性?それとその他の電動機は何と比較されます?
あと、三相同期電動機の負荷が一定で、界磁電流よって、電機子電流の大きさは変化しません!!
ただ、入力力率は変化しますが、質問の意図からするとどうも、この回答もできそうにないです。
    • good
    • 0

「無整流子電動機」って、「ブラシレスDCモータ」のことですか?


それと比べる「他の各種の電動機」って何でしょう?
「他の各種のDCモータ」ですか?それとも「ACモータ」ですか?

負荷が一定でも、界磁電流によって電機子電流の変化する理由???

界磁電流が変わるのだから、当然ですけど・・・?
その計算式は、とてもASCIIキャラクタだけでは表せません。


下記の本にその回答があります。

●オーム社 「モーター技術百科」
●オーム社 「図解 モータ制御のしくみと考え方」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誘導電動機の無負荷電流

誘導電動機のことについて教えてください。
誘導電動機の無負荷電流は、どの程度あるのでしょうか?
(どのように算出すればよろしいのでしょうか?)
また、概算する場合IMの容量に対して何%という数値が存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

アンローダータイプと呼ばれる、コンプレッサーなどでは、圧縮の必要がない時、圧縮ポンプから吐出される流体を開放するのですが(電動機出力は、無負荷に近いと考えられます)、この時電動機の最大出力時の約20%程度の電流が流れています。
容量で異なるのか、また、計算式があるかについてはわかりません。

Q三相誘導電動機の各端子間の抵抗

三相誘導電動機から出ている端子(3本)の各端子間の抵抗を見ると3つのうち1つだけ抵抗が違うのですが、これは「壊れている」ということになるのでしょうか?
実際にこれを工作機械に取り付けてもうまく動きません。
もし、壊れているのなら、その理由を教えてください。

Aベストアンサー

電動機の定格電圧、定格出力はいくらでしょうか?

>三相誘導電動機から出ている端子(3本)の

とありますから最大でも2.2KW程度ですね。
大容量のモータだと巻線の抵抗値は非常に低いので、テスターでは測定出来ません。

巻線の抵抗値がテスターで測定可能なレベルとして考えますと、1相だけ抵抗値が違うのは恐らくその巻線が層間短絡(レヤーショート)を起こしているものと思われます。
結論としてこのモータは壊れていると判断できます。
モータに変色や焼けた形跡はありませんか?
絶縁抵抗測定(メガーテスト)をするともっと明確に壊れているのが判るかもしれません。(巻線とフレーム間の絶縁抵抗が1MΩ以下に低下している。)

Q三相平衡負荷て何ですか。

力率98%5000Wの三相平衡負荷を線間200Vの三相三線式配電線につないだ時の線電流を求めよ。
とある課題というか宿題です。正直答えはどうでもいいんです。多分、自力で解けると思いますので。でも、問題の意味が分からないのは、それ以前です。ということでどなたか教えてください。「三相平衡負荷」て何ですか?ついでに聞いてしまうと「線間200Vの三相三線式配電線」普通の三相200Vですか?

Aベストアンサー

「三相平衡負荷」とは、単に3つの負荷が同じということです。異なるものを不平衡負荷といいます。
電源は対称三相交流電圧などと言ったりします。

>「線間200Vの三相三線式配電線」普通の三相200Vですか?
はい、いいと思います。記号であらわすと「3φ3W」です。

Q全波整流/半波整流の切替回路

オペアンプやコンパレータを使用してダイオードブリッジの全波整流/半波整流の切替を行いたいと考えています。参考となる回路について解説のあるHPや文献がありましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

電子回路が素人だったら,サイリスタ(SCR)使用は無理ですね.
リレーを使えば,ダイオードブリッジの全波整流/半波整流の切替はできます.
ダイオードブリッジで全波整流する回路の前(入力側)にダイオードを1本直列に入れ,そのダイオードに並列にリレーの接点を入れます.
電源ON後1秒間だけリレーをONさせ,その後OFFさせれば目的は達せられます.
厳密に言えば,ダイオードの順方向電圧VFが全波整流で2VF,半波整流で3VFかかってしまいますが.
1秒間タイマーはここが参考になるでしょう.
http://www.hobby-elec.org/ckt4.htm

目的がわかりませんが,IEC(国際電気標準会議)の高調波規格IEC61000-3-2では,半波整流機器は全面的に使用禁止となっています.
半波整流を使う場合は,自分が何をしているのかを把握して行うようにしたいものです.

Q直流機の電機子鉄心について

直流機の電機子鉄心は鉄損を少なくするため、厚さ0.35mm~0.7mmの電磁鋼板(けい素鋼板)、または無方向性けい素鋼帯の積層鉄心からできていますが、
(1)電磁鋼板の厚さ0.35mm~0.7mmはどう決められた値ですか。
(2)鋼板と鋼帯は何が違いますか。また無方向性は何のことですか。電磁鋼板の方は方向性はありますか。
(3)鉄心を積層にするのが渦電流を小さくするためだと思いますが、積層しても平面が大きいので渦電流は積層鋼板の厚さ方向ではなく面全体に流れることは考えられないですか。積層鋼板の原材料を粉状に粉砕して、その粉を何らかの方法で鉄心形状に加工することはできないでしょうか。
以上、しつこくて申し訳ないが、1つだけでもいいので、ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)電磁鋼板の厚さ0.35mm~0.7mmはどう決められた値ですか。
理論的には,周波数,材料の透磁率と抵抗率から決まる「浸透深さ」から決まります。
高周波交流磁束を鉄心に通そうとすると,
渦電流に邪魔されて,磁束は鉄の表面だけを流れ,
内部に染み込むことができません。
磁束が染み込める深さを「浸透深さ」と言います。
この浸透深さより内側の鉄は磁路として役立たないので,
浸透深さ程度以下には鋼板を薄くする必要があります。

実用的には,磁気的な性能に対して,
製作の手間および占積率のバランスかと思います。


(2)鋼板と鋼帯は何が違いますか。また無方向性は何のことですか。
 電磁鋼板の方は方向性はありますか。

電磁鋼板には方向性と無方向性があります。
方向性鋼板は圧延の時の工夫で,結晶の方向をそろえてあります。
ある方向には磁束を通しやすく鉄損も少ないが,
それと直交した方向では磁気的性質が悪化します。
磁束が通る方向が決まっている場所,
例えば変圧器の鉄心には方向性電磁鋼板を使います。

磁束が通る方向が決まっていない場所,
例えば回転機の回転鉄心などでは,
方向性鋼板のメリットを活かせないので,
無方向性電磁鋼板を使います。

鋼板と鋼帯の違いはよく分かりません。
鉄鋼メーカから機器メーカへの鉄材が,
平面板で入る場合と,巻ロールで入る場合の違いかな?




(3)鉄心を積層にするのが渦電流を小さくするためだと思いますが、
 積層しても平面が大きいので渦電流は積層鋼板の厚さ方向ではなく
 面全体に流れることは考えられないですか。

積層鉄心に交流磁束を流すとき,その方向に大原則があります。
「磁束は鉄板の面に平行に流せ。面に垂直に出入りする磁束は流すな」

面に平行した交流磁束が作る渦電流は,その磁束を囲む経路,
すなわち鉄板の表面を端から端へ流れ,裏面を端から端へと一周します。
この電流経路は長いので電気抵抗は高くなりますが,
囲まれる磁束は厚み分だけなので比較的小さく,渦電流を流そうとする起電力はわずかです。
結果として,渦電流は抑えられます。

しかし,面に垂直に入射する交流磁束があると,鉄板の面内を堂々と渦電流が流れます。
これでは積層鉄心にした意味がなくなります。

回転機の鉄心では,磁束が積層鋼板の面に平行に流れるように,磁路を作ります。
ただし,鉄心の端などで,鉄板の面に垂直な漏れ磁束が発生することがあります。
これは鉄心端部を加熱する原因となり,注意して対策している例があります。



>積層鋼板の原材料を粉状に粉砕して、その粉を何らかの方法で
>鉄心形状に加工することはできないでしょうか。
フェライトとかアモルファスとか新しい磁気材料はあります。
磁気的な性能はよいが,機械的強度の問題を抱えた材料です。

フェライトは鉄化合物の粉を陶器状に焼き固めたイメージです。
高周波特性が良いので,高周波トランスの鉄心に使われています。
飽和磁束密度が低い点,機械的強度が弱い点が問題です。

回転機に使うとなると,固定子鉄心ならなんとか使えるとして,
回転子鉄心では,機械的強度が問題になりそうです。
研究段階の試作例はあったかと思います。

(1)電磁鋼板の厚さ0.35mm~0.7mmはどう決められた値ですか。
理論的には,周波数,材料の透磁率と抵抗率から決まる「浸透深さ」から決まります。
高周波交流磁束を鉄心に通そうとすると,
渦電流に邪魔されて,磁束は鉄の表面だけを流れ,
内部に染み込むことができません。
磁束が染み込める深さを「浸透深さ」と言います。
この浸透深さより内側の鉄は磁路として役立たないので,
浸透深さ程度以下には鋼板を薄くする必要があります。

実用的には,磁気的な性能に対して,
製作の手間および占積率のバランスか...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報