3月20日に、漏水事故の加害者として、ご相談をさせていただいた者です。皆様のご指導で、示談交渉付きの保険会社に稼動をしてもらう事になりました。
先方が、土・日のみの指定のため、漸く保険会社の鑑定人が来訪し、事故を起こした現場を査察して、一応の進展を見たと思っておりました。
ところが、その数時間後、夜になってから、階下の被害者の家より請求書が届けられ、その高額の金額に困惑しております。
事故発生より、当方の原因とされる箇所の工事と、その後の様子を確認する事で、日数がかなりかかり迷惑をかけたのは確かですが、慰謝料100万円。それ以外に物損及び、休業補償、事故発生後の写真撮影立会い等費用が40万円弱、そのほかに内装工事費数十万、送額で200万円弱の請求がされました。
また、和解期日を今月末とし、一日延びる毎に1万円を加算すると書かれています。 
保険会社のカスタマーに連絡しても、休業日のため要領を得ず、老齢の母が心労で寝込んでしまいました。
念のため、請求書は、保険会社の代理店にFAXをして月曜の朝を待つしかないのですが、この先、本当に示談交渉を頼りにしてよいものか、不安です。
こういう場合は、別に第三者となる弁護士等にも、相談すべきでしょうか。
重ね重ねお知恵を拝借したく存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大家してます



全く心配は要りません

相手が1000万円の要求をしてきてもそれは相手の勝手、

重要なのは貴方が返事をしないことです

「あらゆる損害を弁償します」

などと言ってはいけません

示談交渉付きの保険ですから保険会社に任せれば大丈夫です

保険会社は示談結果には責任を持って賠償してくれます

それ以外に貴方が勝手に話した慰謝料などは払ってくれません

示談結果は常識の金額に落ち着き、それはほぼ全額保険で支払われます

相手がいくら要求しようと相手の勝手、

無視すれば済みます

保険会社には弁護士が付いています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
先ほど、保険会社からも連絡がありました。
心を強く持って、保険会社にすべてを任してみます。

お礼日時:2006/03/27 10:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング