未成年者を法律上特別扱いすることは、憲法の平等原則に反しないのでしょうか?

A 回答 (1件)

合理的な根拠があれば、各人の取扱に区別を設けても憲法に違反しません。

憲法14条の例示されている差別にも年令は入っていません。未成年者は社会的知識に疎く、身体的、精神的にも未熟と考えられますので、法律的に一般人と区別することは公共の福祉にも合致します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。大学の期末試験の問題で非常に困っていたので助かりました。回答を基に様々調べて内容
を膨らませたいと思います。

お礼日時:2002/01/26 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ