初めて書き込みします。

エタ沈で得たDNAを70%エタノールでリンスした後、
乾燥させて滅菌水で溶かしているのですが
なかなか溶けなくて困っています。
一応、滅菌水の量を増やし、55℃で温めています。
なにか、良い方法がございましたら、教えていただけませんか?
おそらく乾燥し過ぎたのだと思います。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

時間をかけてゆっくり溶かすしかないと思います。


とりあえず、溶けた量で次に進めるならば進みましょう。

量が足りない場合、作業量が大変でなければ、
もう一回取りなおした方が速いです。

なお、水で溶かすこと自体はなんら問題ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
そうですね、方法としては時間をかけて溶かすしかない…。
量の方は沈澱(ペレット)が見えるくらいあります。
たぶんこの量で次の操作にすすめると思いますが
やはり確実に操作を続けたいので、
このまましばらく温めておきます。

お礼日時:2002/01/25 23:50

全然関係ないかもしれませんが



私がDNAを抽出した際は、滅菌水ではなく、
TE buffer に溶かしました。

DNAは水に溶けるほど弱い物質ではないと思うのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
TE bufferと滅菌水の違いはあまりないことは知っていました。
書き忘れていました。

お礼日時:2002/01/25 23:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRNA抽出時のイソプロ沈やエタ沈で...

動物由来培養細胞でのRNA抽出をTRIzolで行っています.その過程でイソプロ沈,エタ沈がありますが,普段は白いペレットで見えるtotal RNAが,時折,ドロ~っとした半透明の油滴のように見える場合があり,なぜそうなるのかよく分かりません.
普段から同じ細胞を使い同じように作業しているのに,total RNAが白いペレットで見える場合と,そのようなドロっとしたペレットで見える場合の差を教えてください.また,ドロっとしたtotal RNAは実験に不向きとか,そういったものはありますでしょうか.

分かりやすく教えていただけたらと思います.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

一番可能性のありそうなのは、多糖類、とくにglycogenの共沈だと思います。
ヤマトのりのような半透明でジェリー状の沈殿を生じます。
Trizolでの精製過程で、多糖類はRNAの挙動はほとんど一緒なので同じくらい高い効率で抽出されてきます。その時々でそうなったりならなかったりというのは想像するしかないですが、細胞の生理状態、培地等からの持ち込み、系のキャパシティー不足などがあるのでしょうか。

glycogenのコンタミが多いと、
・溶けにくい、溶けない。
・粘性のためカラムを通りにくい、精製度が低くなる。
など、影響がある場合があります。用途にもよるでしょうけれど。

沈殿から多糖類を除く方法として、2 M LiCl水溶液に再懸濁(場合によっては沈殿をホモゲナイズして)して差次沈殿する(large RNAは沈殿し、多糖類は可溶)方法があります。

Qアルコール沈殿(エタ沈)について

質問させてください。
いまDNAの勉強中なのですが、
DNA溶液にアルコールを加えると沈殿するのはなぜですか?
いろいろ調べても、その理由まで書いてあるものがないので
どうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近書き込んだものがありますので、ご参考になれば。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2973525.html

Qエタ沈後のペレットを確実に溶解させるには

プラスミドのTE(pH8)に対する溶解度は高いんですか?

エタ沈後、エタノールを除去するとプラスミドの沈殿が残りますが、
これをTEに溶かすことがあるんですが、どのようにして溶かしたら
いいんですか?
溶解度が高いんならほっとけばいいと思いますが。
エタ沈はWAKOのエタ沈メイトというキットを使っています。

また、大量のエタノールを入れて精製した場合、チューブの壁面に沈殿が付くと思いますが、沈殿後に加えるTEの液料が少ない場合は液に接しない壁面の沈殿はどうやって溶かせばいいですか?
ピペットで落とすしかないんでしょうか?

また、完全に溶解したかどうかはどうやったら確認できますか?
透明になっていれば溶解したということになるんでしょうが。
沈殿自体が見えにくいのでなかなか苦労しています。

Aベストアンサー

プラスミド自体の溶解度は悪くありません。
また、よっぽど大量でなければ、沈殿は透明でほとんど見えません。見えているとしたら不純物のためです。たまに、全然溶けない沈殿が残ることがありますが、プラスミド自体は上清にちゃんと溶けていています。

ただし、操作によって非常に溶けにくくなることがあります。
1.むかしは真空乾燥をするのが普通でしたが、これはDNAを溶けにくくさせるうえ、変性させるという報告もあるので、やめたほうが良いといわれています。実際、アイソトープラベルしたDNAを真空乾燥させると、溶液中に回収できずチューブに残る放射活性が非常に高いことがわかります。室温で放置、または37度くらいで穏やかに温めて乾燥させるのがいいです。

2.Mg++が存在するとDNAが非常に溶けにくい塩を作って溶けにくくなります(逆にこれを利用してEtOH沈殿の回収率を高める方法もあります)。これは純水に溶かそうとするときには難儀ですが、TEに溶かすのであればキレートされるのでそれほど問題ではありません。

沈殿を少量の溶媒に溶かすときには、タッピング(チューブの底をはじく)で、溶媒が十分な範囲をなめるようにすると良いでしょう。チューブの性質にもよりますが、沈殿が付いているところは、水はじきが悪くて液が残ります。壁に付いた液が軽くはじいただけできれいに取れるようになったら、溶けていると溶けたと思っていいでしょう。
また、おおよそ10 kb以下の小さなプラスミドならVortexを使ってもかまいません。

プラスミド自体の溶解度は悪くありません。
また、よっぽど大量でなければ、沈殿は透明でほとんど見えません。見えているとしたら不純物のためです。たまに、全然溶けない沈殿が残ることがありますが、プラスミド自体は上清にちゃんと溶けていています。

ただし、操作によって非常に溶けにくくなることがあります。
1.むかしは真空乾燥をするのが普通でしたが、これはDNAを溶けにくくさせるうえ、変性させるという報告もあるので、やめたほうが良いといわれています。実際、アイソトープラベルしたDNAを真...続きを読む

Qエタノール沈殿での70%エタノールと100%エタノールの使い分け

エタノール沈殿をする際に、「70%エタノール」と「100%エタノール」を使用しますが、どうしてこの2種類の違う濃度のエタノールを使用するのか単純に疑問に思っています。
別に70%エタノールで洗浄して、もう一度70%エタノールで洗浄してもいいと思いますし、逆に両方とも100%エタノールでもいいのではないかと素人の私は思ってしまいます。
70%エタノールと100%エタノールを使い分ける意味を知っている方がおられましたら、お暇な時で結構ですので教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

エタノール沈殿の原理は省いて簡単に書きます。

DNAが塩析してくる最適なエタノール濃度が70%ほどであるのです。
通常、100%エタノールをもとの液の2~2.5倍ほど加えると思います。
すると最終的にエタノールの濃度は70%ほどになるはずです。

このように最終的に70%ほどの濃度にする、ということが目的なので
最初に加えるエタノールは100%じゃないとかなり面倒なことになると思いませんか?

そして洗浄のときですが、70%エタノールではDNAは溶けません。
もちろん100%エタノールにも溶けません。

ですが、エタノール沈殿における「洗浄」というのは、余計な塩を取り除くということです。
塩は水に溶けますが、アルコールには溶けません。
なんで、洗浄の時に100%エタノールを使っても塩を溶かし込んで覗けないということになります。
70%エタノールの30%は水であるということが重要なのです。
30%の水に塩を溶かして洗浄すると想像してください。

簡単なエタノール沈殿ですが、それぞれに意味があり、かつよく考えれられてデザインさているのです。

そういうことをきちんと理解して実験することは重要だと思います。

エタノール沈殿の原理は省いて簡単に書きます。

DNAが塩析してくる最適なエタノール濃度が70%ほどであるのです。
通常、100%エタノールをもとの液の2~2.5倍ほど加えると思います。
すると最終的にエタノールの濃度は70%ほどになるはずです。

このように最終的に70%ほどの濃度にする、ということが目的なので
最初に加えるエタノールは100%じゃないとかなり面倒なことになると思いませんか?

そして洗浄のときですが、70%エタノールではDNAは溶けません。
もちろん100%エタノールにも溶けま...続きを読む

QDNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラ

DNA修復機構の勉強をしていて、DNAグリコシダーゼとDNAグリコシラーゼの違いがわからなくて困ってます。
調べていると両者とも同じものじゃないかと思えてきましたが、アミラーゼとアミレイスのように同じ綴りで発音が違うわけではなさそうです。

誰かご存知の方がいらっしゃいましたら助けてください!

Aベストアンサー

「ご存知の方」じゃないけど, ちょっと調べた限りでは同じもの.
どちらも EC3.2.2 のグループ.

参考URL:http://science.jrank.org/pages/29019/%28DNA%29-glycosylase-or-DNA-glycosidase.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報