ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

10代から30代の人でもガンが見つかって命を落とす人も多いですが、一体何が原因なんでしょうか?50代以上の人がなるガンだったら、食生活やらストレスが原因じゃないかと疑えますが、そんなに若くしてガンを発病するって遺伝的な原因でもあるんでしょうか?
最近、日野原さんの本を読んで気になったので質問してみました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

別の回答欄にも回答したのですが、癌細胞は日々生まれ、そしてそれを排除する機構により消滅させられています。


若い人に癌が多い、という印象を受けるのは良く分かりますが、それはkoba-pさんの言われるように、若いと新陳代謝が活発なために癌の進行が早いからなんです。
見つかって数週間後なんて、よくあるパターンですよ。
あと、癌の原因はさまざまです。
というのは、癌と言うものは全て同じものではないからです。
腫瘍になったり腺状の癌であったり本当にその形態はさまざまです。
なので、癌の原因は特定できません(遺伝を除いて)。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

若いと進行が早いのは知ってるんですが、見つかって数週間なんて早すぎ!!!ですよね。そんだけ全身に転移するのが早いってことなんでしょうかね!?

ガンの形態って腫瘍は知ってましたが、そのほかの形態があるとは知りませんでした。どんなガンにしろ共通に抑制できる方法があれば一番いいんですが、ガンって想像以上に深くて複雑な病気のようです。抗がん剤で副作用が出るのは、ガン細胞と一緒に正常な細胞もその影響を受けるかららしいです。不治の病ではなくなったとはいえ、いまだ持って決定的な治療法は見つからないし。医学の進歩を祈ると同時に考えられる健康管理は今日からやらないと!ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/28 20:49

HCV感染とか、放射線被曝とか、因果関係のかなりはっきりしたものを除くと、


遺伝的要因も考慮しないといけないでしょう。
家族内発生を見ていると、下の代程若年で発生する傾向が見られます。(必ずでは有りませんが)
私の親戚の場合、父親が80代で胃癌、その娘が60代で大腸癌、更にその娘が20代で乳癌でした。
また、父親が70代で肺癌で亡くなり、その数年後に
息子が30代で直腸癌で亡くなりました。
周りを見ると、親子で癌に成る場合、親より子供の方が若くして癌になる例が多いようです。
参考までに。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

kitakanjinさんの御親戚の場合は、遺伝的要素が強かったんですね。子供の方が若くして発病するってのがいたたまれないです。20代で乳がんですか・・・・私も20代だし、ガンとは無縁とは言ってられません。息子さんが30代で亡くなられたのは、ご家族の方は、すごくショックだったでしょうね。

私の知ってる人も30代で、肝臓ガンだったと思いますが、亡くなられています。今の最初治療では、ガン家系などで遺伝が考えられる場合、ガン細胞だけを取り除いて出生させることも可能なようです。だったら早くそーいう技術を普及させて欲しいですよね。

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/28 20:39

一括して「ガン」として考えると多分わからないでしょう。



>生活やらストレスが原因じゃないか
でもないことが報道されています。米国核実験場近くで映画撮影が行われていました。この出場者のほとんどが60代でなくなっています。当時の平均が70代近くなので60代でほとんど全員ガンで死亡するというのは異常です。
また.福竜丸関係者のほとんどが肝臓ガンでなくなっているようです。

小児ガン.白血病などですがこれは放射線被爆をうけているとなりやすいことが報告されています。しかし.「白血病であるから放射線被爆をうけている」わけではありません。
ガンになりやすい体質の方は奇形にもなりやすいのです。ですから.特化則では発ガン性とさいきけいを同じ物のように取り扱っています。したがって妊娠中にガンになりやすい体質の人は流産してしまい小児ガンとはならない場合があります。ここが統計解釈の難しさです。

特定の農薬が使われている場合にはすい臓ガンになりやすいことが報告されています。ところが「すい臓ガンだから農薬が原因である」わけではきないです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

今日、老化の仕組みについて読んでたらガンについて書いてありました。ガンって老化とも関わりが深いらしいです。もともとガン細胞というのは、細胞が狂いだして増殖のコントロールが効かなくなって、どんどん増えるのがガン細胞なんだそうです。しかもいったん増殖するとずーっと増殖し続けるそうです。「悪性新生物」と言われるだけありますね。
なかなか医学が発達した現代でもガンを特定できないのが残念ですね。白血病=放射線被爆、すい臓ガン=農薬とはいかないなら、じゃあ何なんだ!って思ってしまいます。

核実験場での例は恐いですね。うちもおばあちゃんが原爆で被爆してますが、でも今年で80歳だしボケかかってはいるものの病気にはなってないし。被爆したから全員ガンにはなるわけじゃないみたいです。現に、おばあちゃんは心筋梗塞とか関係なさそうなとこが悪いわけだし。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/28 20:32

癌の原因を特定できたら、それはノーベル賞物です。



若いと新陳代謝も早いので、進行も早いと聞きますが。

親父も癌で死にましたが、若い頃の輸血で肝炎となり、きちんと直さず、60を過ぎてからは肝硬変、肝癌 他所への転移となり、肝機能不全により死亡となりました。

遺伝なら俺も早死にだな。

とはいうものの、遺伝だけでも無く・・・
まだ、解明されていないのが現状 されつつあるとは思うけれど。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

肝炎→肝硬変→肝ガン発病のパターンは、最近では良く知られるようになりましたよね。もともとは輸血が原因でというのが一番悔しいですね。
ただお父さんが亡くなられたのは遺伝ではないだし、健康管理や食生活に気をつけて早期発見を心がけましょう。今の時代、誰でもかかる恐ろしい病気です。
もしガンで死ぬなら、苦痛なくして死にたいなあとも思います。最後まで痛みで七転八倒なんてイヤですから。ご回答、有難うございました。

お礼日時:2006/03/28 20:18

>10代から30代の人


…保存料・添加物・残留農薬などのたっぷり入った食品しか食べてないと思います。50代以上の人は農薬など使わない時代に育ちましたよね…

遺伝も実際はあると思います。癌が遺伝するということではないと思うのですが…

胃腸の癌になった親戚がいると血縁者は胃腸の癌の人の方が多いですし、乳ガン・前立腺ガンなどホルモン系の癌が多いファミリーとかあります。
私の母の兄弟姉妹はほぼ全員がホルモン系の癌です(私も昨年乳ガンに)。

それと 若いとどんどん細胞が新しく作られます=ガン細胞もどんどん増えやすいのです。栄養がいいですし…
    • good
    • 10
この回答へのお礼

食品添加物って恐いですよね。亜硝酸塩とか赤や青の着色料は発癌物質だと聞いたので、買い物するときにも気をつけてます。以外と多いんですよ。

遺伝って絶対ありますよね。うちも父方がガン家系なんで私もなる可能性があります。ただそれが大腸ガンだったり皮膚ガンだったり、ばらつきがあるんですが・・・・遺伝でなるんだったら、ここ!って特定部位に決まってたら簡単なのに^^; ただ、全くガン家系でない知り合いが直腸ガンで60歳前にして亡くなったので、家系だけの問題とも言えないようです。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/28 20:05

こんにちは。


遺伝的要因も、食生活の要因もあるでしょうけど、今、若い人達が置かれている高ストレス社会も半端じゃないですよ。
若い人達の中にどうしてひきこもりやうつ病が多発してる現状を見れば、ストレスだけでも半端じゃないことが容易に想像がつきそうですが。

それに食生活の欧米化、というか、ジャンクフードなども関係してるのでしょうね。

それと、癌は年寄りの専売特許じゃありません。
若い人に多発する癌というのも沢山あります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

若くして発病、これがいまいち不思議です。中には小学生で悪性のガンが見つかって亡くなる子もいるし。若い人がかかりやすいガンって何なんでしょうね!?身近な人で30歳やら40歳で、発病してからあっという間に亡くなった例を知ってるんで恐くなります。ガン抑制作用がある緑茶を毎日がぶ飲みすればならないんだろうかと考えたり・・・・
10代とか20代でなるには高ストレスの他に、何か要因があるんだと思います。あと食品添加物、これはよくないですよね。特に保存料とか着色料とか。
ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/28 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30代でガンになった方、いらっしゃいますか?

30代でガンになった方、いらっしゃいますか?

私の知る限り、特に芸能人とかですが、30代でガンになった方など既に亡くなっていることが多い気がします。
ガンができる場所、種類等によって様々だとは思いますが、30代でガンになる確率は多いのでしょうか?
 経験談など、いろんなお話を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

30代半ばで子宮体癌になった者です。
今年で診断・手術から5年目になりますが
二度の再発がありながらも何とかこうして生きておりますよ。

入院していて、確かに自分よりも年上の方が大多数だったのですが
中には自分と同じ年齢でなった人や「年下!?」と思える人もいました。
最近子宮頚癌のキャンペーンの話をよく聞くのですが
20代~30代でかかる方というのが増加していると言ってましたね、確か。

30代に限らず、20代でもかかったという方もいらっしゃいますし。
「余命1ヶ月の花嫁」のモデルになった方も20代でしたしね…。

つまり、30代に限らずどの年代でもかかりうる病気ではないかと思えます。

ま、30代でかかる確率はそんなには多くないと思いますよ。
#1さんも仰っていましたが、芸能人の場合は死因が公表されてしまいますから
それで30代で亡くなる=癌の方が多いと思われるのかもしれませんね。

Q10代の胃がん・大腸がん

癌家系ではない10代で胃がんや大腸がんになる可能性はあるんでしょうか?

Aベストアンサー

可能性は否定できませんが、可能性は低いです。

Q20代、がんが心配でたまらなくなる

私はまだ22歳なのですが、時々今現在がんが進行していて気づいたら末期になっていたらどうしようなどと考えてしまい、夜も眠れなくなります。
20代でもがんにはなると聞きますし、若ければがんの進行が早いと聞いたことがあります。症状もなく、何も知らないままに進行して、手遅れになることが怖くて怖くて仕方がありません。
この恐怖をどうしたら克服できるでしょうか?やはりがん検診でしょうか?全身一気にがん検診なんてできるのですか?20代でこんなこと考えるのはおかしいでしょうか?
具体的なアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

30代主婦です。
私も4,5年前に病気に対する(特に癌)恐怖から精神的にまいってしまい、しばらくの間安定剤を服用していました。

胃が痛ければ胃がん、胸が痛い時は食道癌、背骨が痛ければ脊椎癌など。
病院に何度もいきましたが、結果は健康体でした。
先生にも本当に癌で苦しんでいる人に失礼だと叱られました。
でもその時は病気のことしか考えることができませんでした。

あなたが健康体であることを前提にお話します。
私が癌の恐怖から逃れられたのは
1、恐怖からのストレスがよけいに免疫力を下げ癌になる可能性を作る。
2、死=恐怖でなくなった。(江原啓之さんの本を読みました)
3、癌=死ではない。手術をされたり、抗がん剤で回復され社会復帰されている方がたくさんいる。
4、もし癌になってしまってもその時は生きる希望をもってがんばる。

5、心配するよりも毎日いっぱい笑って前向きに物事をかんがえるようにする。
以上のように考えることができるようになり回復しました。

でも、本当に気になる症状があれば病院にいきましょう。
インターネットで病気を検索するのは絶対にやめましょう。
私が悪化したのはこれでした。いろんな病気が自分の症状に当てはまってしまいます。

30代主婦です。
私も4,5年前に病気に対する(特に癌)恐怖から精神的にまいってしまい、しばらくの間安定剤を服用していました。

胃が痛ければ胃がん、胸が痛い時は食道癌、背骨が痛ければ脊椎癌など。
病院に何度もいきましたが、結果は健康体でした。
先生にも本当に癌で苦しんでいる人に失礼だと叱られました。
でもその時は病気のことしか考えることができませんでした。

あなたが健康体であることを前提にお話します。
私が癌の恐怖から逃れられたのは
1、恐怖からのストレスがよけいに免疫...続きを読む

Q10代の死因

10代の死因トップ10みたいなことを学校で習った記憶があるのですが忘れてしまいました。
資料として必要なので、10代の死因についてご存知の方おられたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 厚生労働省が「人口動態調査」と言う全数調査をしています。
 下記のサイトに載っているんですが、残念ながら5位までしか載ってないです。詳しくは冊子が発行されており、役所などで閲覧は出来ると思います。

http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyk_1_2.html
(第1-28表です)

参考URL:http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/youran/indexyk_1_2.html

Qなんとなく呼吸が苦しいです

3ヶ月くらい前から、何となく呼吸が苦しいような、酸素が薄いような感じがし、深呼吸ばかりしています。
肺がゼーゼーする訳ではなく、なんとなく心臓のあたりが苦しいんです。なんともない時は忘れています。
日によって差があますが、生活に支障はありません。

今年の健康診断でヘモグロビンが10.6と出たので、そのせいかと思い病院に行き、心電図、胸部レントゲン、血液検査を受けました。血液検査の結果はまだですが、他は異常なしでした。

ドクターに『肺のCTスキャン、心エコー、24時間計る心電図など、いろいろ検査方法はありが、どうしますか?』と言われ、とりあえずそのときは帰ってきてしまいました。
これらの検査はやっぱり受けるべきなのでしょうか?
調べようと思えばきっとどこまでも調べられると思うので、「どうしますか?」と言われると困ってしまいます。

Aベストアンサー

参考になれば

息苦しさ自律神経の乱れや骨格の歪み(猫背、平背)、そして胸背筋の拘縮と筋力低下、及び、横隔膜の薄弱(筋力が弱っていたり、横隔膜が下が り過ぎていたり、またその反対)の場合にも生じます。

 その結果、呼吸が小さくなり、体液は弱酸生体に傾くと同時に自立神経が乱れ、息苦しくなります。
 
 肺活量を調べる必要がありますが、簡単なチェックの方法として、胸にひもを巻き、力を抜いた状態から、大きく息を吸い胸を膨らませます。そのふくらみにより、5センチ程度(女子は3.7センチ)、ひもが伸びれば、問題ありませんが、3センチ程度(女子は2センチ)だと、横隔膜、胸背筋の筋力低下及び骨格の歪みが考えられます。
試してみてみてください。

 精密検査の件ですが、不安を解消したいのであれば、受診するべきでしょうが、検査事態も、リスク(まれに検査で死亡することもあるし、放射線や超音波等による副作用で遺伝子が壊され、発ガンすることもあります)があることを忘れてはならないと思います。
 それを天秤にかけ、自分で判断する必要があります。

Qガンになる原因は食事とストレスどっちでしょうか?

ガンになる原因は食事が大きいと聞きましたが、本当にそうなのでしょうか。若いときですが、ある人の嫌がらせによって一生分位のストレスを数ヶ月で感じてしまったため、ストレスが多すぎたため細胞レベルで傷ついていると思います。それ以来、がん予防に良いと聞いて、リコピンを含む食事やにんにくを毎日食べるようにしていますが、そういったことを継続していても、極度のストレスにはかなわないのではないかと思います。やっぱりいくら食事に気をつけていても、病気になるときはなりますよね?
変な質問ですが、不安なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の考えですが、やはりストレスがガンの原因としては大きいと思います。
ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることで、お笑いがガンの延命効果があることも度々耳にする事です。
ある程度年をとると二人に一人ガンになりますので、ほとんどの人が免疫力が低下するので、ある程度の年齢になれば誰がガンになってもおかしくありません。
ある程度の年齢でガンになるのはストレスもあるでしょうが、その人の食生活、生活習慣も大きくなります。しかし若い人のガンはこれは十中八九ストレスでしょうね。若い人のガンでストレスと関係ないという人は聞いたことがありません。

精神的なストレスもありますが、肉体的に無理していても結構なストレスになりますので、注意が必要です。

しかしガンは成長期間が必要な細胞ですので、一時的にNK細胞が弱ったとしても後からまた盛り返したら、少し遅れても処理が間に合うかもしれません。なるべくのんびりした生活を送るようにされたらいいのではないでしょうか。
睡眠がストレスの多さの目安になりますので、自律神経が乱れるほどのストレスだと不眠になりますし、NK活性が低下します。
食習慣は長い間の習慣によってガンになりやすいという事もあるかもしれませんが、かなり気の長いはなしです。タバコのようなものでしょうか。タバコも30代40代ではまずガンの原因にはならないでしょう。
人生50年といわれた時代にはまずタバコの害はほとんどなかったと思われます。しかし現在70歳まで生きれないという人がほとんどいないような時代です。タバコの習慣はガンの大きなファクターになっています。

私の考えですが、やはりストレスがガンの原因としては大きいと思います。
ガン細胞をやっつける一番の免疫はNK細胞といいます。NK活性はストレスで下がりますし、笑うと上がる事はよく言われることで、お笑いがガンの延命効果があることも度々耳にする事です。
ある程度年をとると二人に一人ガンになりますので、ほとんどの人が免疫力が低下するので、ある程度の年齢になれば誰がガンになってもおかしくありません。
ある程度の年齢でガンになるのはストレスもあるでしょうが、その人の食生活、生活習慣...続きを読む

Q下痢が続き、便でなく黄色の液体が大量に出始めた

一日ほど前から下痢が続いています。

それが続き、夕方辺りに液体状の便ではなく透明で黄色の液体が出始めました。

此れは何かの病気でしょうか?
病院へ行ったほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

消化管の活動が亢進してはいるものの、出るものがないので腸液の混ざった液が出ている状態ではないでしょうか。この液体が出ること自体は一般的に緊急を要することではないかと思いますが、脱水に気をつけ、下痢が続く場合は医療機関を受診されることをお勧めします。


人気Q&Aランキング