ビデオデッキの質問です。機種は三菱のHV-BS200です。

最近 画面のザラつきがでてます 細かいとは思いますが
バックが黒だとかなり感じます また音の幅も同時にせまく
なりました クリーニングテープも使用してますがかわりません
保障期間内なので 修理にだすべきでしょうか?
 
 保障は今年7月までです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


自分も同じような修理がありました。
メ-カ-はパ○ソニックです。
購入して1週間程度でヘッド交換をしてもらいました。
状態として・・・(使い物にならないです)
録画できない、録画済みのテ-プが映らない、音がボソボソ程度。
新品なのにちょっと疑いましたが・・・

当然、保障期間内ですので修理にだしました。
それから4年ほど経ちますが大丈夫です。

>保障期間内なので 修理にだすべきでしょうか?
だすことをオススメします。ってか当然でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三菱のビデオデッキ HV-BX500について

どなたかHV-BX500を買った方いらっしゃいませんか?
これは、3倍で録画した画像でも標準のように画像が綺麗なんですけど、レンタルビデオ屋で借りてきた古いテープなど再生すると"クリーニングしてください"というメッセージが画面に出てきます。
何秒後かには消えるんですけど、また出てくるんです。
以前に出た旧バージョンBX200でもこういった現象が起こったみたいでそれを改良したのがBX500と聞きました。
聞いた人の話では、三菱電機からそう言われたみたいですし、その人は"クリーニングしてください"というメッセージがまだ出たことがないみたいなんです。(たまたまかもしれないですけど)
それで三菱電機に問い合わせをしたらBX200もBX500も中身は同じでレンタルビデオ屋で借りてきたビデオテープによっては、そういった画面が出てしまうのはしょうがないみたいな感じで言われました。
これって本当はどっちが正しいのでしょうか?
人によって(地域によって)違うんでしょうか?
みなさん、何でもイイのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まぁこれは『どっちもが正しい』、でしょうね。
まず問題にされている
>クリーニングしてください
ですがこれはビデオデッキの構造が分からないと難しいのですが簡単に言いますと、
1).ビデオテープの信号を回転するビデオヘッドがテープに接触しながら取出す。
2).取出した信号から画面の横方向の同期信号と色の基準信号を取出す。
3).同期信号を基準として取出した信号の映像処理をする。
4).色信号を基準として取出した信号のカラー同期とビデオヘッドの回転速度のコントロールをする。←これが(1)の時に使われる、効かないと画像が流れたり色がずれたりしてしまう。
●再生時にもこんな流れで取出された信号によってビデオデッキ自信のコントロールがされています。

「クリーニングしてください」は(1)で取出した信号の強さが内部の基準値とを比較して小さくなった時に出ます。メーカー/製品によっては(2)の色基準信号の大きさを比較としている物も有る様です。

では同一機種によって差が有るかと言うと答えは『有ります』です。それは比較している基準値の大きさは同じですが、ビデオテープから取出す部分にばらつきが有る為です。ビデオヘッド/ビデオドラム(ヘッドの信号を受け取る)は単一の部品ではなく組立て部品のため、基準に対して+/-の誤差を持っています。

そしてこの基準値と比較する部分はデジタル的に動作する為、ほんの僅かでも小さいと「クリーニング」の信号が出力されてしまいます
しかしこの誤差を無くす為にビデオヘッド/ドラムの誤差/ばらつきを無くす事は非常にコストが掛かり現実的では有りません。

それはテープとヘッドの接触具合やビデオテープその物の表面の荒れなどによる影響と、ヘッド/ドラムのバラ付きによる物とが有り、片方だけの精度を上げても結果は大差なくなってしまう為です。

本質はビデオテープに残っている信号の強さ/テープの磁性体の磨耗/劣化度の問題になると思います。
ビデオテープの磁性粉などでヘッドが汚れた場合でも結果的に取出される信号は弱くなってしまうので、「クリーニング」の表示は同時に、汚れに気が付かず録画してしまい後で大切な録画にノイズが入ったり見られなくなるリスクの回避に役立っていると思います。
※この「クリーニング云々」の表示は気が付かないレベルの汚れを対象にしている為、再生画像が乱れてくる前に表示が出ます。


でも表示が出るのは鬱陶しいですね。状況によって表示の切替えができれば良いのですが、ただそうすると今度は録画がうまく行かなかった時に苦情が出る事も有考えられる。メーカー側は不特定多数の人が使う機械なので設計も難しいですね。
しかしメーカーが使用者を過保護している様に思えるのは私だけでしょうか?


最後になってしまいましたが、私の経験ではこの機能にからむ故障はなかったのですが。動作に疑問が有るのでしたら一度メーカーへ点検に出されてはいかがでしょうか。
またまた、答えにもなりませんでした。m(_ _)m

まぁこれは『どっちもが正しい』、でしょうね。
まず問題にされている
>クリーニングしてください
ですがこれはビデオデッキの構造が分からないと難しいのですが簡単に言いますと、
1).ビデオテープの信号を回転するビデオヘッドがテープに接触しながら取出す。
2).取出した信号から画面の横方向の同期信号と色の基準信号を取出す。
3).同期信号を基準として取出した信号の映像処理をする。
4).色信号を基準として取出した信号のカラー同期とビデオヘッドの回転速度のコントロールをする。←これが(1)の時に...続きを読む

QカーステレオのCDデッキのクリーニング

最近カーステレオでCDを再生すると音飛びしたり、読み込まなかったりする事が多くなりました。
ここは一発CDクリーニングだ、と思いましたが、
カーステレオのCDクリーニングは、普通のミニコンポなどで使えるようなクリーニングCDでやってもいいものでしょうか。
MDもクリーニングしようと思うのですが。

Aベストアンサー

yokayo さん こんにちは。

結論から言いますと あまり お勧めできません。

殆ど同じ構造の場合が多いですが 一部 不都合を発生する機種もあるようです。

とても 繊細な部分ですので できれば専用品をお勧めします。


メーカーには申し訳ないですが できれば 使用したくない製品だと思います。
(かけ過ぎて 壊れたことも ...    涙。。。。。)


汚れたらクリーニングすればいいや ではなく きれいなCDで汚さないようにすることが長く楽しめる秘訣かと思います。

(特に喫煙者の側の機器は 寿命が短いです。喫茶店に機器を納入している業者さんが言ってました。)
 
 
 
 
 

参考URL:http://www.cleanboy.co.jp/product/lenscleaner/car-001/index.html

Qカセットテープのクリーニング

これで大丈夫ですと渡されたクリーニング液をカーコンポに使ったところ、早送り状態での再生しかできなくなりました。その品には、ビデオテープクリーニング液と表示されていました。主成分・イオン交換水エチルアルコールと表示されています。これを使用したためのこしょうなのでしょうか。詳しい方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

液そのものは問題ありません。

その、クリーニング液をどうやって使ったのでしょうか?

クリーニングカセットのテープに塗って
走行させたのなら問題ないのですが、
たとえば、綿棒につけて、カセットの取り出し口から
綿棒を突っ込んで清掃したとしたら、
要注意です。

カセットのテープを掴んで、一定速度で走行させる
ゴムのローラーが内部にあります。
ここに綿棒の切れ端が挟まっている可能性が一番
高いので、なんとかしてこれを
取り外して下さい。

懐中電灯で中を見ながら、
ゴムを痛めないように、割り箸の切れ端を突っ込むとか
とにかく、内部を痛めない&その棒の切れ端を
落とさないようにして、
ゴムのローラー(これは手前と奥の両方にあります)の
ところにからまったものを外して下さい。

Qテープデッキに使用するイコライザーはCDプレイヤーに使用可能でしょうか

テープデッキに使用してあるイコライザーはCDプレイヤーに使用可能でしょうか。教えて下さい。使用可能な場合、配線方法も教えて下さい。昔、購入しかったイコライザーが安く売っていましたから。

Aベストアンサー

通常はCDプレイヤー→イコライザー→アンプという接続になります。
CDプレイヤーに音声出力があれば使用可能です。(大抵OKです。)

Qカセットテープの音をパソコンに録音したいのですが、カセットデッキのスピーカーが片方壊れていると出来ないのでしょうか?

色んな曲を集めたカセットテープを、CDに録音しようとした所、上手く行きませんでした。
パソコンのライン入力端子と、カセットデッキのヘッドホン端子を接続コードでつなぎ、録音用のフリーソフトで録音してみましたが、保存したデータを再生しても音楽が流れてきません。
調べてみると、カセットデッキのスピーカーの右の方が壊れているのか音が出なくなっているようです。(再生中にデッキの「バランス」というツマミを右にすると音が聞こえなくなる。)(パソコンにつないでテープを再生すると「L」のスピーカーからしか音が出ない)

このような状態では、パソコンに録音するのは無理なのでしょうか?
それとも何か他に原因があるのでしょうか?
どなたか、教えてくださいm(_ _)m


<使用機種等>
SONY VAIO PCV-J12
Celeronプロセッサー700MHz
メインメモリー64MB
ハードディスク Cドライブ6GB、Dドライブ24GB
Windows Me

使用ソフト
(フリー)A-RECORD (ベクターでダウンロード)

カセットデッキ
 SHARP ステレオダブルカセット QT77(かなり古いです…)
  マイク端子とヘッドホン端子とライン入力端子があります。今回はヘッドホン端子を使用。)

接続コード
 SONY RK-69H (これもかなり古いです…)

※カセットデッキでテープを再生、録音ソフトを「録音」状態にして、曲が終わったら「停止」
 「My Music」フォルダに保存。フォルダを開いてアイコン(リアルプレイヤー)をWクリック→リアルプレイヤーは起動するが、無音状態。

色んな曲を集めたカセットテープを、CDに録音しようとした所、上手く行きませんでした。
パソコンのライン入力端子と、カセットデッキのヘッドホン端子を接続コードでつなぎ、録音用のフリーソフトで録音してみましたが、保存したデータを再生しても音楽が流れてきません。
調べてみると、カセットデッキのスピーカーの右の方が壊れているのか音が出なくなっているようです。(再生中にデッキの「バランス」というツマミを右にすると音が聞こえなくなる。)(パソコンにつないでテープを再生すると「L」のス...続きを読む

Aベストアンサー

デッキ側の故障で、片チャンネルしか出力していないのであれば、PC側が正常でも片チャンネルしか録音出来ません。
ヘッドホン端子にヘッドホンを差し込んでみて、ヘッドホンなら両チャンネル聞こえるのであれば、接続はヘッドホン端子⇒PCライン入力でOK。
ヘッドホンでなら正常に聞けるのであれば、単にスピーカが逝っているか、内部配線断でしょう。
ヘッドホンなら両方聞こえて、PCに繋ぐと片チャンネルしか音が出ないのであれば、接続コードも断線していると思います。
ヘッドホンでも片チャンネルであれば、デッキにはラインアウトが無いようですので、いかなる方法でも正常に両チャンネル録音は不可能です。

今回の場合、片チャンネル録音も不可能のようですので、以下を確認してみてください。
タスクトレイの音量アイコンをダブルクリック。
オプション⇒プロパティ⇒録音でOKをクリック。
再生リダイレクトかラインインが選択されているか。
ここで、違う物(マイク、CD等)が選択されていれば、ラインインからの録音は出来ません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報