こんにちは、お世話になります。
ここ最近とても体が疲れやすくなりました
以前は、栄養ドリンクやサプリメント等を取って
眠ると大体疲れは取れたのですが・・・
最近は、仕事が終わると直ぐに横になってしまい
どんなに寝ても疲れが取れません。
肉体労働ではないのですが、体中が筋肉痛のように強ばっていて常に痛いのです。
酷い時は余りの痛さに、
トイレにかがむ時でさえ苦痛で
涙が出るときもあります。
鬱かとも思ったのですが、食欲はありますし
ふとした時には、とんでもない量を食べ続けたりしてしまいます。(最近凄く太ってしまいました・・)
年齢は27歳です。
職場が変わったり、身の回りにこれといった変化もありません・・・
自分でもどうなってしまったのだろう?と
気になって仕方がありません
何かの病気なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>どんなに寝ても疲れが取れません。


>肉体労働ではないのですが、体中が筋肉痛のように強ばっていて常に痛いのです。

こんにちは。私は上記の点が気になりました。
実は私も同じような症状で、寝ても寝ても疲れがとれず、朝は体がこわばって昼ごろお風呂に入り、ようやく体が動く・・・という感じでした。

これはやっぱり何かの病気かも・・・と思い、病院で血液検査をしたところ、私の場合「リウマチ」と診断されました。

質問なさってから時間がたってるので、今は元気になられたかもしれませんが、もし、まだ疲れがとれないというのであれば、病院で血液検査をされたほうがいいとおもいます。
    • good
    • 0

私は肉体労働をアルバイトで日に数時間やっていますが、疲労が取れず困っていましたがOKWEBの他の類似質問への回答を見て、ミネラルをすすめるものがありましたので、ミネラルといえば、以前から他の目的でたまに飲んでいたもろみ酢を思い出し飲んだところ、回復が顕著でした。

tomoさんにもあてはまるかどうか分かりませんが、書いてみました。なお、もろみ酢は、スーパーで豊富なミネラル含有がラベルに書いてあります。500ccで900円くらいです。
    • good
    • 0

 まだ納得できないようなので。

治癒例を紹介してこれで最後にします。
 他の人の考えにもまだ納得するものがないようなので、心配して、と言うことです。押し付けでないので誤解しないように。

 朝食は絶対抜いたらだめですよ、と言う1日3食主義に洗脳され、TV,新聞、広告で毎日栄養素と効能書きと、医学博士の部分の生化学、MRI脳磁計、の精密電気装置を見せ付けられ、また聞かされ洗脳され続けては、ほとんどの人は、現代医学にこだわるのはしょうがないとは思っています。
 栄養学も現在の西洋医学も、部分部分の知識で、体全体の細胞が絡み合い協力し合い、その総合した結果が病気や健康になっていることを全然考えず、部分の研究ばかりしているのです。
 ですから、あなたのように、具合が悪くて病院に行っているのに、 ★ありきたりの決められた検査(生命体はそんな単純なものでありません)をして、 何も出なければ、わかりません。どこも悪くありません、ビタミン剤だけ上げておきましょう。で帰され・・漢方医に変更したりgooに助けを求めるのです。
 皆、3食主義合わせた部分の医学に ★洗脳されて 他を考える余裕のない人たちが副作用のある薬やサプリや栄養素名に縛られ、過食で悪化していくのです。
 部分に目が行って、細胞たちの修復作用の仕事(これが本当の免疫の仕事)を薬や栄養素のごみの山にして邪魔して仕事を取り上げているのです。

★この部分の現代医学の欠点に気が付いた人が救われるわけです。

 といっても、考えは自由ですから仕方がありません。

治癒例
●「慢性疲労症候群」
生きているのもつらいほどだった
慢性疲労症候群が解消
 32才 パートタイマー オオサキさん談

★仕事をやめ、寝たきりになった
      (註は腎臓の機能が落ちて鈍重になるため起きる病気です。疲れやすい、熱が出る、足が痛い、のどが痛い、筋肉が弛緩するなどの症状が出るのが特徴です。このようなこと、ばらばらに分かれた部分の専門医学では、わからないのです。)

 筋肉慢性疲労症候群という聞きなれない病気が発病したのは、私が23才になったときのことでした。
はじめに手足がむくみだし、それから微熱、だるさ、目のかすみ、のどの痛み、悪寒、首やわきの下のリンパ腺の腫れ、全身の筋力の低下、そしてこれらの症状がもたらす不快感が次々に出てきて私を悩ませたのです。
私はどうしてしまったのだろうと思いました。わけがわからないまま、みるみる衰退していく自分をもてあましていたのですが、ある日、新聞に自分と同じ症状が載っているのを見て、自分の症状が慢性疲労症候群とわかりました。
 ひどいときには家でトイレに行くのもやっとでした。全身が痛くてたどり着けなかったんです。筋肉という筋肉に激痛が走り、呼吸困難と吐き気がひっきりなしに襲ってきました。すでに仕事をやめて家に寝たきりになっていたのですが、弟や妹は、もうすぐ私が死ぬのではないかと思っていたようです。比較的軽いときに地元の病院や大学病院に何度か足を運びましたが、結局、原因すら分かりませんでした。ですから、症状の改善には至らず、現代医学ではだめなのかなと思い、悲しくなりました。
 しかしこれではいけないという気持ちも徐々にわいてきて、東洋医学系の病院を探し始めました。甲田先生の存在を知ったのはそんな矢先のときでした。
 ある日、症状が珍しく軽いのでデパートに行き、本屋に入ると、甲田先生の「心身症克服のコツ慢性疲労症候群も治る」という本が目に入ったのです。
 今思い出してみれば運命的な出会いだったと思います。
 ページをめくると、発病のしくみが明快に説かれていました。その本には私と同じ症状を克服した人々の喜びの体験談も載っていました。それを見たとき目の前がパッと開けたような気がしました。

●みるみる元気になりパートの仕事を開始
甲田先生にお会いしたのは平成6年8月のことでした。お会いした瞬間「慢性疲労症候群ですね」とズバリ指摘され驚きました。私が治り間すかとお尋ねすると、「治ります」と先生。それを聞いて救われたと思いました。これでらくになれると思うと涙が止まりませんでした。
 入院させていただいたのは、それから8ヶ月後の平成7年でした。症状が重いのと、慢性疲労症候群のげんいんである腎臓の不調は治りにくいため1年3ヶ月という長期の入院になりました。
 最初の1ヶ月は、朝は何も食べず、午前9時にケーるや小松菜など5種類の野菜を搾った青汁を1合(180mlリットル)飲み、そして玄米の5分がゆ400gと豆腐半丁を午前10時と午後4時に食べました。その後3分がゆに変わり、10日間ほど3分がゆと豆腐1/3丁を午前10時と午後4時に食べ、それかは5分がゆと3分がゆのメニューを10日おきにくらいに交互にとりました。
 困ったのは空腹感でした。もっと食べたくて半べそをかいていたこともあります。でも治さなければという気持ちと、そうして続けているうちに背中の痛みが軽くなり、だるさも軽減し、微熱もすくなくなって徐々に治療の手ごたえを感じてきたためふんばることができました。
 そうして1年たったころ、ようやく体力がついたため、すまし汁による断食を3日間行なったのです。

 これは、もちろん朝は何も食べず、昼と夜の2回、すまし汁3合(540ml)飲み、ほかりは水とお茶を1日に合計2リットルいただくだけの断食でした。その結果、症状はさらにぐんぐんよくなり、階段の上がり下りもらくにできるようになったのです。
1回目の入院治療はすまし汁による断食を何回か繰り返して終わりました。
 その後、さらに1年3ヶ月と1ヶ月の2回にわたって入院治療をさせていただきました。治療は内容はほぼ前と同様でしたが、おかげさまでますます元気になり、今では周3回くらいならパートタイムの仕事ができるまで回復しました。今でも、1日1回、青汁とニンジン汁を1合ずつのみ、豆腐1丁を食べるだけの半日断食を続けています。


 
    • good
    • 0

追加 連続 第2段


あなたのような状態を診断できる専門の先生はいないと思います。専門と言うのは、1部分、はっきりしている症状、MRIなどの装置で見える部分・・に付いて対象療法をするところですから。
原因が分からないのですから。言い換えると、人体はそれほど複雑だということ。医学はまだまだと言うことです。氷山の一角だけ見ていてもだめですね。水中や周囲の環境が原因しているのですから。

 ●部分にこだわる限りだめです。
 ●体の内臓の総合結果が、症状として現れると言う考えをしないとだめだというのが私の信念です。
全部関連しているのですから。

そこで、私は、あなたに、お医者さんに、外から装置や、血液を摂ってその1瞬間だけ、分からないことだらけの体内を1部診断してもらうのでなく、
 ★体内の分子や、細胞たちが、常時巡回連絡し合って内情が分かっているのだから、彼らに任せようではないか、と言うのが私の基本方針です。

 ★それには、あなたが、彼ら(栄養分子やIg抗体、白血球、マクロファージといった免疫細胞たち・・)の
 (1)邪魔をしないように、
 (2)本来持っている仕事を発揮できるように
してあげることです。
そうは思いませんか。

そんなことできるのですか。出来るなら、そんなよいことはない。でしょう。

それが出来るのです。

 参考 ●体内の分子や細胞たちが健康を維持しようとする不思議で解明しきれない自然創造の神様が与えてくれたとしか言いようのない総合力のことを、用語を作ることの上手な人間は、「自然治癒力」とか「体の抵抗力」とか、クロードベルナードと言う人の発想で「ホメオスターシス、訳して恒常性機能」などといっています。

(1)(2)の方法は、甲田医師(博士)が45年掛けて、実証に実証を重ね、発見してくれました。

 先に★(1)について
私たちは、仙人の秘薬の秘密を探り、中の特別な成分があるのだろうと、科学技術を駆使して分析し、様々な栄養素を探り出してきたのです。しかしまだ未知だらけ、結果薬草をばらばらに解体してみたらばらばら成分の効果では効き目がない、元どうりまとめまった薬草、野菜、魚介類をそのまま食べ菜いとだめと、元に元に戻ったのが現在です。
 せっかく分析した栄養素の手前、仕方なく補助食品という使い方をして下さい。となったのです。
すると、個々の栄養素学の知識を科学的と
●そのまま鵜呑みにして、たんぱくしつ、グルコサミン、ミネラル、コエンザイムQ10・・・を数学的に足し算引き算する人が多くなり、
●美味しく食べるほど消化がいう。
●美味しく食べてやせる。・・と言う発表
食べすぎて足の踏み場もないようにして死後角邪魔をしていることが分かりました。

 (2)について
食べすぎで、栄養素が氾濫しているから、余分なもので、はのやり場が無いし、化学変化して毒物になるし、肥満、と、細胞たちは本来の仕事が出来ず、しか処理仕切れない。免疫の仕事が出来ない(免疫力低下)。・・・。結果が、様々の種類の病気発生。

が分かり。
(1)(2)のためには食に関して
半日断食、朝食抜きの1日2食、と、1日水を2リットル飲む。----のが良いことを発見しました。
  半日断食とは、前日の晩ご飯から18時間一切間食しないで、水と柿の葉茶だけで過すのです。だから朝食なしが大事部分です。この時間は排泄時間で、水によって、胃・小腸・大腸(特に大腸に注力すると、必然的に胃・小腸にもよいと覚えます)をきれいにし、目に見えない傷から修復しながら休ませるじかんです。現代の3食主義では過食で、詰まりっぱなしで、傷付いているのです。大腸障害の人が如何に多いか。

 食事の具体的献立の基本は、(長くなるので)回答者atom1の回答履歴の健康関係にたくさん乗せてありますのでご覧下さい。

断食によって、便の停滞を排出します。過剰栄養背j分にとって
 ★体内に作られた出来物
(ガンを筆頭に脂肪肝、動脈硬化、過酸化脂質、糖尿、中性脂肪、ポリープ、間接リウマチ、肥満、慢性疲労症候群・・心筋梗塞、狭心症、老人性痴呆症、慢性腎炎、心身症・・・)

 が供給不足を感じて、本来の仕事を発揮し、体内の隅々から科学装置で発見できない小さい不必要な出来物から大きいものまで溶解してエネルギーとして燃やし、排出してくれるから、患者さんの多くの治癒症例から分かるように、西洋医学の病名に関係なく自然消滅すると、いうことが出来るわけです。
 言い換えると、断食と少食は免疫力が増加する方法といえます。これはアメリカのさるの研究でも認められています。
人体実験で、野菜汁、生の玄米を粉にして食べる。と
体内でたんぱく質がつくられることは、研究で分かって
    • good
    • 0

似たような質問は毎回です。

でも100人100色の人体ですから、たいへんです。
健康の基本は、食事、心の安定、運動(動かす意味)、睡眠の4つがバランスよれていることと思っています。
食事については、サプリメントはお奨めできません(ここでの説明は省略させていただきます)。
あせる状態もストレスでアドレナリンが放出されよくありません。というのは、科学的にはアドレナリンで神経興奮し、血圧上昇・瞳孔拡張・立毛を起こし、筋肉と心臓の血管を広げ、他の血管を収縮させ、闘争や逃走時に都合よい整理状態にします。アドレナリンはグリコーゲン(ブドウ糖が何万もつながって塊になって体内に熱源として蓄えられているもの)を解体し始め、血管に入って高血糖値を引き起こし、血液をねばりっこくし、老化した血の塊が引っかかって血栓ができやすくします。一般に言う血液どろどろですね。逆効果になりかねません。もちろんアドレナリン・ノルアドレナリンは、やる気を起こす積極性ホルモンでもあまりますから、これを心得ておくとよいでしょう。

●太ってきたのはよくありません。よその人の肉体条件が違うあなたの体が、そんなに食べては困るよ!助けて、と処理しきれず、やり場に困っていること(組み合わせがうまくいかず、不必要な悪い余計な化学変化が起きていること)を正直に教えてくれているのです。食べすぎか、偏りか、たぶん両方とアドレナリンや、・・でしょう。
 これは、脳の指令を狂わせる薬物分子成分が(食と環境と空気・仕事・・・あなたの体しか分からないストレス)出来ていると思われます。
このことを、体の異常で教えてくれているのですから、脳の間違った指令に負けないように、その成分を作らせないようにする考え方をする決意が大事かと思います。
それには、闇雲にではなく、ある程度科学的な考えも必要と思い、参考の意味で2~3紹介した次第です。
再度申しますが、個人の考えですが、サプリや薬は不賛成です。

●運動についても個々にあげれば、皆さんのも含め無限に有ります。屋内用、屋外用(気分転換を含めたものも?!)、寝ながらする、ヨガ・・・。

●睡眠は(これについては最近の研究を話してのがあります回答者をクリックして見て下さい)、総合結果です。

もしよければ、今回の回答者の皆さんの他に、回答者atom1のところにたくさんありますので、参考にしてください。
    • good
    • 0

神経症(ノイローゼ)の初期の段階ではないでしょうか。


食欲に関しては、鬱を発症しているわけではないので欲求はありますが、逆に満腹なのに食べ続けてしまったり、特定の食べ物だけおいしく感じられて過食してしまったりというのがあります。
原因は何らかの不安感、強迫観念などがあるのではないでしょうか。例えば会社と自宅間の往復という単調に感じられる毎日の生活、それに伴い職場で「中堅」と呼ばれる年齢に差し掛かっている中で、将来への不安、目的や希望の喪失感(何を目的に働いているのか)かもしれません。まして世間では今の時期は進学、卒業、新卒等のはつらつした様子をつい自分と比べてしまったりとか... これらは自分ではそうではない、と思っていても深層心理にあるのかもしれませんし、そしてそれらの事柄が季節の変わり目による体調の変化にも悪影響を及ぼしていることも考えられます。
精神的なストレスは自分では原因はわからないことが多いのですが、至るには必ず原因になることがありますし、体調の不良から発症してしまうことがあります。カウンセリングを受けて原因を突き止められることをお勧めします。
    • good
    • 0

こんにちは


脅かすようで申し訳ありませんが、お早めに受診したほうがいいと思います。
できれば総合病院がよろしいと思います。
何でもないといいですね。
どうぞご自愛ください。
    • good
    • 0

27歳だと、そろそろ放っておいても丈夫で活躍できる人体の賞味期限が切れ掛かっていますから、今まで以上にメンテナンスをしっかり行うことが必要となってきます・・・これは人によって違うのは当たり前ですから、何歳でも元気な人はいるのは勿論のことで、此の答えは貴君専用で書いています。



>栄養ドリンクやサプリメント等を取って
⇒成分が書いていないので参考になりませんが、もっと基本的な物質が必要な体なのかと思えます。 ある物質を大量に使う体と言う不経済な体もあり、ほとんど必要としない体もあります。


>何かの病気なのでしょうか?
⇒上記様に賞味期限が切れる(自然環境では寿命は20年から30年です。
また、現代アスファルトジャングルでもストレスは自然環境と似たり寄ったりですが、科学・知恵で他の要因・・・微生物感染など・・・とは戦える状態ですので、人類の科学・知恵を使って対処する年齢が近づいてきているので、体が自前で何とかしようとあがいている状態と思えます。

>体中が筋肉痛のように強ばっていて常に痛いのです。
⇒生活状態が書いていないが、運動は? していないなら、順番に徐々に体内を運動ができるようにする(運動といっても、昔の狩のための長距離歩行程度)+ 全身の時間があるたびのストレッチ +
真向法http://www.makkoho.or.jp/がお勧めです。


筋肉が弱いと、そのために骨格が偏移して各部筋肉・腱・神経・血管・内蔵などなどが引っ張られて痛みが出ることが多くあります。
採り合えず、上記を実行してみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樹脂の強度評価について

エンプラなどの樹脂を強度部材として使用する場合強度評価について、

1.金属などで使用している疲労強度評価手法、たとえば修正グッドマン線図や修正マイナー測、累積損傷測などは使用できるのでしょうか。
2.降伏点や耐力という考え方がないので、樹脂の強度は引張強度や曲げ強度をそのまま強度検討に適用してよいのでしょうか。
3.温度や環境状況による劣化を考慮する必要がありますが、具体的にどのように強度評価に見込んでよいのでしょうか。

Aベストアンサー

樹脂の場合、ほとんどがULに登録されていると思います。
イエローブックには2万時間(ちょっと自信無し)の連続使用で電気的及び機械的に強度が半減する温度が記載されていますので参考にしてはどうでしょうか

Q疲れやすい体について

疲れが溜まりやすい体を改善するためには、どのような方法を取ったらよいでしょうか?

Aベストアンサー

30代♂です。

素人ですみませんが、体が疲れやすいというのは、
肝機能になにか異常があるのではないですか?
一度、病院で血液を採取して、肝機能検査を受けられた
方がいいと思います。
私の知り合いで、体がだるいと言っていた人が、
取り返しのつかないことになりました。
ほっといてもいいことなど無いですよ。
早めに受診したほうがいいと思います。

Q疲労強度と疲労限界の違いについて

調べたところ、疲労強度は「材料に繰り返し応力を加えた場合に、応力を無限回数負荷しても破壊しない応力振幅の上限のこと」と定義され、疲労限界は疲労限度で調べると「材料の疲労において、物体が振幅一定の繰返し応力を受けるとき、何回負荷を繰り返しても疲労破壊に至らない、またはそのように見なされる応力値のこと」と定義されており、どうもこの違いが分かりません。
疲労強度と疲労限界について違いを教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

同じ意味です。
例えば、金属の薄い板でも針金でも良いのですが、同じ個所を曲げたり延ばしたりすると、細かなヒビが入り最後は破断に至ります。これが金属疲労。

飛行機の機体、新幹線の車体。飛行機は与圧で機体が膨らんだり縮んだり、新幹線もトンネルに入ると強い圧力を受ける。
車等の板ばねも然り
で、簡単に金属疲労で破壊されると大事故に至る。そうならぬように疲労強度に余裕を持たせて設計する。疲労限界は、設計上想定し得る値。
また、事故を未然に防止する為、飛行機や新幹線車両は定期的に超音波探傷機で検査する。
鉄道の車軸も然り。

Q身長171体重63体脂肪16で最近トレーニング始めたものです。

身長171体重63体脂肪16で最近トレーニング始めたものです。
いくつか質問させてください。
・トレーニングの初期は特に食事を多くとらなくても筋肉は増えるし、うまくすれば体脂肪率も減らせると聞いたのですが本当でしょうか? 本当なら初期ってどのくらいの期間でしょうか?
・増量期は3ヶ月がいいと聞くのですが、筋肥大が起きるのは3ヶ月以降なので、3ヶ月以降すぐ減量期に入ってしまったら筋肥大が起こらないのでは?と不安に思っているのですがどうなのでしょうか?

ちなみに、今から1年を目安に最終的には体脂肪率10%で増やせる限り筋肉を増やしたいと思っています。

Aベストアンサー

1.質問者様の体重が、あと20~30kg多かったらそういう事も起こるでしょう。筋肥大のためにはタンパク質は必須ですが、それだけではなく、余剰カロリーが必要です。
ですからあと体重が20~30kgあれば、体内に十分余剰なカロリーが既に蓄えられているので、筋トレして、摂取カロリーを少し押さえていけば、筋肉は増えるし、体脂肪を減らす事も出来ます。

2.増量の期間は別に3ヶ月と決めないで、体重及び体型と相談して決めればよいと思います。トレーニングの始めは、扱う重量がぐんぐん伸びてきて楽しいです。
そうですね。私も3ヶ月ぐらいしたら、大胸筋が少し大きくなったのが分かるようになってきました。
最初の増量は、3ヶ月以上やっていたと思います。

Q射精で疲労するものでしょうか?

男性は、射精で疲労が生じるものと考えておりました.しかしながら、最近、周囲に聞いてみると、同様に疲労するという人と、まったく疲れを感じない、という人に分かれました。疲労は、上半身、特に肩の辺りの気だるさのようです。特に、射精をした直後や、射精後の睡眠後などは顕著となります。セックスでも自慰でも疲労感は変わらないようです。

疲労を感じないという男性は、自慰では疲労がゼロで、毎日でも自慰が可能といい(疲労を感じる人は、毎日はとても無理と言います)、セックスではピストン運動などの激しい動きのために疲労を感じるとは言っています。

(1)どちらが正しく、また疲労があるとしたらどの程度の疲労(聞いた話によれば、100メートルを全力で走ったくらいとか? 本当?)なのでしょうか?

(2)また、そのような疲労の回復にはどのようなことをするとよいのでしょうか?

(3)よく巷で売られる滋養強壮剤はこのような疲労に効くものと思っておりましたが、実際の程はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

専門外なので参考までに。

この方面<も>メインの研究のついで?にしていた教授が母校にいました。 精液なども集めていた様でした。 出来が悪い奴はそれで協力させられていたようです(~_~;)・・・まあそれで単位を貰えれば安いものですが。

研究発表は知りませんが、疲れるのは体力との関係が深いようですが(特にピストン運動は)、
それ以外にも脳が疲労を感じるとか、
自慰に対する罪悪感など、
放出する機序から腎周辺・付属部分の普段使わない筋肉(骨格筋ではないですよ)・臓器を使うので疲れるとか耳にしたことは有ります(肩周辺のは、これの関連でしょう。多分収縮によるものかと)。

其のときの酸素不足もあるのかも知れません。此れは呼吸が下手でも普通の会話の発音はできる日本語を日常語に使う、日本人に顕著らしいです。

疲れの深さは、上記の筋肉を動かすのは普通の運動と同じで、回復方法も同じでしょう。 射精関係の筋肉の疲れは不明だが、横紋筋・平滑筋の疲れ対策と同じでよいと思います。

ほかの面は・・・・軽いアルコールとかカフェィンは効いた気はするでしょう。
良質のたんぱく質(アミノ酸・特にBCAAアルギニン)はある程度は必要でしょうね。

まあ、その方面の大学などへ行けば研究者がいるとは思いますが、ネットではやっていないのかも知れません。

専門外なので参考までに。

この方面<も>メインの研究のついで?にしていた教授が母校にいました。 精液なども集めていた様でした。 出来が悪い奴はそれで協力させられていたようです(~_~;)・・・まあそれで単位を貰えれば安いものですが。

研究発表は知りませんが、疲れるのは体力との関係が深いようですが(特にピストン運動は)、
それ以外にも脳が疲労を感じるとか、
自慰に対する罪悪感など、
放出する機序から腎周辺・付属部分の普段使わない筋肉(骨格筋ではないですよ)・臓器を使うので疲れる...続きを読む

Qリバウンドしやすい体でしょうか?

長文で読みにくいかと思いますがよろしくお願いします。

私は18歳女で恥ずかしながら162センチで75キロもあり、今年6月からダイエットを始めました。


・1日2食は置き換え食(1食290kcal)

・他1食はハム2枚、しらす、ゆで卵、豆腐、無脂肪ヨーグルト、帆立+野菜、キノコ、海藻たっぷりで500~600kcalになるように

・炭水化物、間食はなし

・水は1日2リットル


というメニューに従って現在65キロになりました。
体脂肪は40%→33%です。

まだまだ肥満体なのでダイエットを続けなければならないのですが運動を殆どしておらず、食事制限だけで痩せるとリバウンドしやすい体になるということで心配です。

やはりこの食事を4ヶ月続けている私も基礎代謝が下がってリバウンドしやすい体になっているのでしょうか?
ちなみにダイエット前は朝ごはんは食べず、昼は弁当、夜はカレー、揚げ物、ラーメン、丼物のローテーションみたいな感じで間食したい放題の食生活でした…。


置き換え食が終わり、通常の食事でダイエットを続けようと思うのですが1日何カロリーを目安に摂取すればいいか悩んでいます。

リバウンドを防ぐだけでなくせめて標準体重までは痩せたいです。


運動は短時間でできるものなら取り入れられます。

これからの食事面、生活面におけるアドバイスや注意点などよろしくお願いします。

長文で読みにくいかと思いますがよろしくお願いします。

私は18歳女で恥ずかしながら162センチで75キロもあり、今年6月からダイエットを始めました。


・1日2食は置き換え食(1食290kcal)

・他1食はハム2枚、しらす、ゆで卵、豆腐、無脂肪ヨーグルト、帆立+野菜、キノコ、海藻たっぷりで500~600kcalになるように

・炭水化物、間食はなし

・水は1日2リットル


というメニューに従って現在65キロになりました。
体脂肪は40%→33%です。

まだまだ肥満体なのでダイエットを続けなければな...続きを読む

Aベストアンサー

ダイエット成功おめでとうございます。
3か月程度でこれだけの成果が上がれば上出来だと思います。

筋肉は確実に減少しているので基礎代謝は下がっている可能性は大です。
当然ながら、元の食事量に戻したらリバウンドします。

置き換え食の成分は分かりますか?
少なく見積もっても1食あたりのタンパク質が15gは欲しいところです。
それで多少、筋肉の減少は抑えられると思います。
当然ながら合わせて運動をするのがお勧めですが、
概ねダイエットに関する運動は時間がかかります・・・。

これからの食事面ですが、もう置き換え食の在庫は無くなったでしょうか?
普通食への切り替えですが、いきなり2食とも普通食に変えるのではなく、
当面1食は置き換え食で、もう1食を普通食にし、
1ヶ月ぐらい様子みてから2食とも普通食に切り替える事をお勧めします。
急な変化はよりリバウンドになりやすいです。

個人的には現在ダイエットがうまくいってるようなので、
目標体重-5%ぐらいまで置き換え食を続けられる事をお勧めします。
(リバウンド見込で多めに減らしとく作戦)

1日の総カロリーは1500Kcal程度でいいと思いますが、
当面は1300Kcalぐらいでいいと思います。
今1100Kcal程度なのでさほど増やせないですね。

ここからが勝負所ですが、ボンキュッボーン目指して頑張ってください。

ダイエット成功おめでとうございます。
3か月程度でこれだけの成果が上がれば上出来だと思います。

筋肉は確実に減少しているので基礎代謝は下がっている可能性は大です。
当然ながら、元の食事量に戻したらリバウンドします。

置き換え食の成分は分かりますか?
少なく見積もっても1食あたりのタンパク質が15gは欲しいところです。
それで多少、筋肉の減少は抑えられると思います。
当然ながら合わせて運動をするのがお勧めですが、
概ねダイエットに関する運動は時間がかかります・・・。

...続きを読む

Q疲労回復

「疲労回復」という言葉は、国語的には正しいものでしょうか?
辞書によると、「回復」とは、「一度悪い状態になったものが、元の状態になること。」とあります。
国語の先生から、「疲労回復」という言葉は間違っていると教わりました。
確かに、体力回復とか健康回復ということなら分かるのですが、疲労回復は、疲労が元に戻るということになるとすると、ちょっとおかしい気がします。
栄養ドリンク等、「疲労回復」と表示されていますが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

>>
疲労回復は、疲労が元に戻るということになるとすると、ちょっとおかしい気がします。

ちょっとではなく、かなりおかしい言い方です。

ただ、栄養ドリンクを買う人の多くは実際に疲れ果てて困っている人々です。
そういう人達の目には「健康**」よりも「疲労**」の方が感覚に訴えるものが大きいのです(いわゆるアイキャッチとして)。
栄養ドリンクのメーカーは恐らくその辺のことを十二分に計算し尽くして「疲労」の文字を敢えて使っているのでしょう。
もっとも、それならば「疲労解消」と書けばいいわけですが、この「解消」という言葉は、購入層の多くを占めるサラリーマン諸氏にとって得意先との取引解消などを連想させる不吉なイメージがあります。
そこで「疲労回復」の出番になります。

疲れ切ったサラリーマン達は、これを読んで「疲労状態にもどる」などという細かな文法解釈はしません。

先ずは「疲労」2文字で彼等の目を惹きつけ、
続いて「回復」の2文字を見せれば、
疲労 → 回復(疲労状態から回復する / 疲労が消える)

このようなイメージを抱かせることができるのです。

>>
疲労回復は、疲労が元に戻るということになるとすると、ちょっとおかしい気がします。

ちょっとではなく、かなりおかしい言い方です。

ただ、栄養ドリンクを買う人の多くは実際に疲れ果てて困っている人々です。
そういう人達の目には「健康**」よりも「疲労**」の方が感覚に訴えるものが大きいのです(いわゆるアイキャッチとして)。
栄養ドリンクのメーカーは恐らくその辺のことを十二分に計算し尽くして「疲労」の文字を敢えて使っているのでしょう。
もっとも、それならば「疲労解消」と...続きを読む

Qガッと走っても疲れない体になりたい!

子供の頃は体育などで50Mを全力疾走とかやっていたはずなのに、大人になるとそういうことがしんどくなるのはどうしてなのでしょうか?

私自身、子供の頃の大人(特に中年女性)のイメージが、
「走るとき欽チャン走り」・・という感じでした。
要するに足だけでちょろちょろと走る感じ。

子供を3人産んで30代も後半になってはたと気づくと、私自身もそんな中年女性に・・・。
信号がかわりそうなときに全力疾走するのがしんどくて。
息が切れるだけでなく、足がもつれるような感じもする!
中年丸出しって感じで、人前で走るのが気恥ずかしい!

そう言えば、年に一度行われる町内の運動会。若かりし頃、短距離でブリブリ言わしてたであろう中年のお父さんお母さんたちが走るのですが、たいていその中の一人や二人は、途中で足がもつれて転んでしまう・・・。
これも運動不足から来るもののような気がする・・・。

現在私は毎日踏み台昇降運動と、週に2回水泳を習っています。気がついたときにストレッチをして体をほぐすようにもしており、ここ半年、体には気をつかってきてはいます。

こんな私にも、子供の頃ダッシュで走っても足がからまなかったような体に戻れるのでしょうか?
ジョギングよりもウォーキングの方が体にやさしいとは聞いてはいますが、やはし走りこみ(マラソン?短距離?)をしないとそういう体(走っても足が疲れない体)にはなれないのでしょうか?
そしてそれは大人の体には酷??

あの頃よ再び!
どうか、アドバイスください!

子供の頃は体育などで50Mを全力疾走とかやっていたはずなのに、大人になるとそういうことがしんどくなるのはどうしてなのでしょうか?

私自身、子供の頃の大人(特に中年女性)のイメージが、
「走るとき欽チャン走り」・・という感じでした。
要するに足だけでちょろちょろと走る感じ。

子供を3人産んで30代も後半になってはたと気づくと、私自身もそんな中年女性に・・・。
信号がかわりそうなときに全力疾走するのがしんどくて。
息が切れるだけでなく、足がもつれるような感じもする!
中年丸...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
僕もジョグをすすめます。
(よくウォーキングしてる中年の方を見ますが、いつまでたっても痩せません....)

まずは適当にジョギングコースを選択。
(出来れば距離が分かる場所)
で、軽く走ってみて、もうこれ以上は脇腹痛くて走れない、という地点(距離)を把握します。
現状把握ですね。

適当にキリの良い目標を決めて、
毎日(無理なら3日に1度くらい)繰り返し走ります。
1ヶ月もすれば自分に余裕が出てきていることに気づくでしょう。
そうしたら少しずつ距離を伸ばします。

コンスタントに無理なく5キロ程度走れるようになったら、合間にダッシュを加えます。

ここまでやれば充分でしょう。

「大人」の走り方が妙なのは、単純に「筋力」が無いんです。
足を高く持ち上げる筋力。

頑張って運動会のヒロインになって下さい。(笑)

Q疲労回復

毎日仕事で疲労が溜まってます。
筋肉痛もあります。
疲労回復に何か良い食べ物や飲み物はありますか?1人暮らしの男性でも簡単に疲労回復につながる物あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

仕事の疲労がストレスも要因ならば食材だけで回復っ
はなかなか難しいです

疲労回復にはビタミンB群が効果的といわれています
豚肉・納豆・玄米・発芽玄米・うなぎ・あなご・レバー・カツオ
などなど

外食では野菜などは切って水にさらして冷蔵庫保存が多く
求めたいビタミン・ミネラルはほとんど失われています

その為自炊がオススメ

メニューとしては
トンカツ・しょうが焼き・ニラレバ・うな玉・あなごと大蒜の芽の
炒め物・カツオの刺身
を雑穀米や発芽玄米と食べる

添え物のキャベツの千切り等も忘れずに
ビタミンCを一緒に摂取することで回復効果が促進されます

葱や大蒜のアリシンと組み合わせる事で吸収を手助けして
もらえます
レバニラなどはビタミンCもアリシンも組み合わさっている
疲労回復メニューですがレバーはビタミンAが多く、過剰摂取
の弊害があるので毎食の摂取は奨められません

要は自炊してバランスの良い食事と良質の睡眠を得る事が
疲労回復に効果的であるということになります

また休日は普段動いていても全くうごかずゴロゴロ
よりもある程度体を動かすほうがほぐれて乳酸の排出を促し
気分転換にもなります

ぬる目のお湯でゆっくりとお風呂に入り体が温まった状態で
みっちりストレッチを行う事で筋肉痛を軽減できます

疲労を回復する飲み物
カフェイン・ポリフェノール・必須アミノ酸を思い浮かべますが
夜はカフェインを取ると良質の眠りの妨げになるので、寝酒も
×
もろみ酢、梅ジュース、はちみつ入りのホットミルクでしょうか

気持ちを落ち着かせるセロトニンが入っている牛乳に天然の
はちみつを加えることで更なる必須アミノ酸が得られます

安いはちみつは水あめで加糖されているので買うときは
きちんと表示をみて買ってくださいね

仕事の疲労がストレスも要因ならば食材だけで回復っ
はなかなか難しいです

疲労回復にはビタミンB群が効果的といわれています
豚肉・納豆・玄米・発芽玄米・うなぎ・あなご・レバー・カツオ
などなど

外食では野菜などは切って水にさらして冷蔵庫保存が多く
求めたいビタミン・ミネラルはほとんど失われています

その為自炊がオススメ

メニューとしては
トンカツ・しょうが焼き・ニラレバ・うな玉・あなごと大蒜の芽の
炒め物・カツオの刺身
を雑穀米や発芽玄米と食べる

添え物のキャベツの千切り等も忘れず...続きを読む

Q肉離れをしやすくなってしまった体を元に戻したい

40代男子です。
若い頃サッカーをやっていました。
遊びというよりも「選手」というイメージで取り組んでいました。
その後丸10年ほどブランクがあり、今は少年サッカーの指導を始めて10年ほどになります。
ここ2年くらいなんですが、頻繁に肉離れを起こします。
場所はふくらはぎ、ももの付け根の内側、ももの裏側などで、2週間程度で治るものから1ケ月以上もかかるものもあります。
特に左のふくらはぎはこの2年間で3回もやってしまいました。
練習開始前のストレッチはやっているつもりなんですが、普通に入っている感じの時に「ピクッ」とした違和感を感じて肉離れになっています。
まぁ、歳なのは十分に自覚していますが、ストレッチ以外に食事とかを含めて、肉離れをしにくくなる方法があればぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私も40台の男です。やっぱり、若い時には悩まなかったことに、悩む年頃になってしまいましたよね。

 さて、私も肉離れを起こすようになりました。最近、病院に行って、理学療法士の方から毎日行うトレーニングとして簡単な方法を教えてもらったので紹介します。

 「足を伸ばして、つま先を内側にできるだけ曲げる」という方法です。「1日に30回はしてください」と言われました。お陰で今は調子がいいです。試してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報