次の問題が解けなくて困っています。 
高いエネルギーの状態の分子数が、低い状態の分子数の10分の1になる温度はいくらか?ただし、二つの状態のエネルギー差は1kJ/molとする。
どうかよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

あれっ?昨年まったく同じ問題をやったことがある(@o@)/


有名なのかなぁ.それはさておいて.

Boltzmann分布の式を使えばすぐにできますよ.高エネルギー状態の分子数をNh,低エネルギーの分子数をNlとすると(縮退度を1とする),
Nh/Nl=exp(-ΔE/RT)=1/10  (Boltzmann分布の式)
ここに,ΔE=1000J/mol(←kJをJに直すのを忘れずに),R=8.314を代入して計算すれば,T=52.2Kと出てきます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく助かりました。アトキンスって言う本、読んだんですが分からなくて困ってました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 18:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1molって分子が6.02×10の23乗個有っても1molですよね? 原子だけで見るわけではないです

1molって分子が6.02×10の23乗個有っても1molですよね?
原子だけで見るわけではないですよね??

Aベストアンサー

とても多い誤り
>1molって分子が6.02×10の23乗個有っても1molですよね?
>1mol中の個数は、同じ指定の数=アボガドロ数です

モルの定義は
1. モルは、0.012 キログラム(12グラム)の炭素12の中に存在する原子の数と等しい要素粒子 (elementary entities) を含む系の物質量である。
2.モルを用いるとき、要素粒子を指定する必要があるが、それは原子、分子、イオン、電子その他の粒子、またはこれらの粒子の集合体であって良い。

 数学でもそうですが、定義を間違えているとだめ。どこにもアボガドロ数個が1モルとは書いてない。

アボガドロ数ではなく、【アボガドロ定数】です。
「1969年のIUPAC総会でアボガドロ定数に名称が変更された。( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AC%E3%83%89%E3%83%AD%E5%AE%9A%E6%95%B0 )」

 これはとても重要で、定数となると重力定数と同じ扱いです。

 化学ではとても重要なところでして「12を1ダース」と「1ダースを数えたら12」だったの違いです。将来的には、アボガドロ定数がもう一桁確定すれば、アボガドロ定数はモルの定義に使われることとになるかも。

 現時点ではモルの定義は「0.012 kgの炭素¹²Cの中に存在する原子の数と等しい要素粒子を含む系の物質量」
よって「モルを用いるとき、要素粒子を指定する必要があるが、それは原子、分子、イオン、電子その他の粒子、またはこれらの粒子の集合体であって良い」ので、何を指定するかでモル数が決まる。

とても多い誤り
>1molって分子が6.02×10の23乗個有っても1molですよね?
>1mol中の個数は、同じ指定の数=アボガドロ数です

モルの定義は
1. モルは、0.012 キログラム(12グラム)の炭素12の中に存在する原子の数と等しい要素粒子 (elementary entities) を含む系の物質量である。
2.モルを用いるとき、要素粒子を指定する必要があるが、それは原子、分子、イオン、電子その他の粒子、またはこれらの粒子の集合体であって良い。

 数学でもそうですが、定義を間違えているとだめ。どこにもアボガドロ数個...続きを読む

Qリノール酸1molに付加するヨウ素のmol数。

いつもお世話になっています。

リノール酸のみからなる油脂1molに付加するヨウ素のmolを求めるにはどのようなに考えればいいのでしょうか…?

Aベストアンサー

リノール酸は分子中に2つの2重結合を持っています。

そこにヨウ素I2をほうりこむと、ひとつの二重結合に1分子のI2が入り込むので、2つの二重結合を持つリノール酸には2分子のI2が入ります。

つまり1molのリノール酸には2molのヨウ素が付加されると考えればいいのではないかと思いますが、いかが?

Q非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化

大学の講義で、「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化をそれぞれ図に書き、各領域においてどんな状態にあるかを述べよ。」という課題が出されました。
詳しい方解答いただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&f=false

この図と、ガラス転移温度と融点に付いての説明を組合わせると良いレポート
になると思います。

比容積の温度変化の測定は簡単です。昔ガラス細工をしてディラトメータを作り
測った事が有ります。結晶性樹脂に付いて、絵に描いた様に綺麗なデータが得られました。

「非晶性高分子と結晶性高分子の比容の温度変化の図」は下記URLに有ります。
http://books.google.co.jp/books?id=UfvyZTohrPwC&pg=PA12&lpg=PA12&dq=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%96&source=bl&ots=NByxW_KrIk&sig=L0EjYzuw5CQsZImYQhdRLvTUZZ8&hl=ja&sa=X&ei=OLRIT6bpOLCCmQXDyZWNDg&ved=0CDEQ6AEwAg#v=onepage&q=%E9%AB%98%E5%88%86%E5%AD%90%E3%80%80%E6%AF%94%E5%AE%B9%E7%A9%8D%E3%80%80%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E5%A4%89%E5%8C%...続きを読む

Q官能基で吸収したエネルギーは同一分子内の他の官能基もしくは分子中心で使われることはありますか?

こんにちは、共役系構造をもつ分子構造は光をよく吸収することを学びましたが、吸収された光のエネルギーは、その分子構造そのものでしか使われないのでしょうか? それとも同一分子内の他の箇所で使われることも可能でしょうか? たとえば、アミンの一つのアルキル基をベンゼンにした場合、紫外域の250nmの光をベンゼンが吸収した場合、アミンのNが電子を放出するためのエネルギーに費やされることはありますでしょうか? 

Aベストアンサー

>共役系構造をもつ分子構造は光をよく吸収する
これは「正確」な表現ではありません。共役系が伸びた場合起こることは「吸収効率」の向上ではなく「吸収波長」の赤方遷移、つまり吸収光振動数の低下です。
>同一分子内の他の箇所で使われる
これは、あり得ます、しかしそれは通常「格子緩和」言い換えれば分子振動・回転への分散です。
ですので、
>アミンのNが電子を放出する
様な過程が生ずることを想像することは困難です。
もちろん、電子受容体が共存していて、窒素を含む原子団が励起されることにより、電子伝達効率が高まることはあり得ます。
例を挙げれば、アミノ基がπ電子系と共役しており、nπ*遷移がより長波長で起きるなら、π*軌道から電子受容体への電子移動は有利になります。

Q化学の教科書です。 下線部の意味がわかりません。 1molと1molだったら、2molじゃないんです

化学の教科書です。
下線部の意味がわかりません。
1molと1molだったら、2molじゃないんですか?

Aベストアンサー

ごはん梅干。それぞれは1つずつでも、梅干入りのおにぎりになったら、新しい1つなんです。これと同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報