キング牧師の、I have a dreamの訳が載っているサイトを御存知ないでしょうか?
いろいろ探してみて、見つけたのですが、ほとんど消えてしまっていて…。
やっと見つけた生きていたサイトも、なんか妙に不自然な日本語で…。
よろしくおねがいいたします!!!

A 回答 (1件)

探したら、有りました。

日本語訳完全版。

スタンフォード大学のキング牧師敬愛グループのHP。
キング牧師の事なら、無料で教えてくれます。
下記参考URLより。TOP画面の一番下>Speechesの一番下>Site Map
>右側11行目。28 August 1963 ”I have a dream ”
>日の丸国旗 Nihongo >此処で詳しい日本語訳が見れます。



参考URL:http://www.stanford.edu/group/King/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました。ありがとうございました~。

お礼日時:2002/01/28 00:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劣等比較の訳し方

中学の英語では優等比較と同等比較はかなり詳しく習いますが、劣等比較は高校でサラッと習うだけですね。そこで質問ですが、英語では劣等比較はあまり好まれないんでしょうか? それとも、訳しにくいから殊更日本の英語では嫌われているんでしょうか?例えば 次の文はどう訳したらいいでしょうか?

My father is less old than my mother.

そして、この文は次の文とどういうニュアンスの差があるでしょうか?

My father is younger than my mother.

Aベストアンサー

劣等比較は受身形と同じで、基本的に使われる場面と言うか、言い方がかなり限られています。

第一の要素は、younger と1語で表現できるのだからその方がいいと言うことでしょう。

第2には、劣等比較は、思考が面倒と言うことがあると思います。old と言うとき、どんどん年をとると言う方向にイメージは広がるわけで、年が若くなると言う情景はイメージしにくいものです。形容詞には一種の方向性があって、その方向性に逆こうした思考を求められるのは面倒と言うことがあるのではないでしょうか。

第3に、ご質問者の方自身が、受身は被害的な感覚を伴うと書かれていたと思いますが、劣等比較は、それと同じように、たとえば馬鹿にしたような感覚を与えるのではないでしょうか。

My father is less old than my mother.
これは、less young に比べると、多少は使われる場面があるような気がします。年をとっていると言うとき、もっと若いといいなと思うことは良くあるので、その意味でless old が使われることはあるかもしれません。しかし、普通は、やはり、young で表現するでしょう。

普通に使われるのは、

It is less expensive than this one. のような場合です。
高い、高価である という感覚とそれがもっと安くならないかと言う感覚は常に誰にでも普通はあるものでしょうから、less expensive と言う表現は普通に使われるものになるわけです。cheap としてしまうと、反対に、安物と言う感覚が出てしまい、less expensive の意味合いとは違ったものになってしまいます。

形容詞には反対の意味を持つものが多いので、less を使うよりは反対の意味を表す形容詞をそのまま使うのが普通であり、それでは意味を表せない場合にless を使うと言うことでしょうね。

劣等比較は受身形と同じで、基本的に使われる場面と言うか、言い方がかなり限られています。

第一の要素は、younger と1語で表現できるのだからその方がいいと言うことでしょう。

第2には、劣等比較は、思考が面倒と言うことがあると思います。old と言うとき、どんどん年をとると言う方向にイメージは広がるわけで、年が若くなると言う情景はイメージしにくいものです。形容詞には一種の方向性があって、その方向性に逆こうした思考を求められるのは面倒と言うことがあるのではないでしょうか。

第3...続きを読む

Q演説 I have a dream の前の司会者の言葉

youtubeのキング牧師の演説
https://m.youtube.com/watch?v=I47Y6VHc3Ms
の冒頭でwe shall over comeが流れたあとキングが喋るまでの間で司会の人が何を話しているかわかりません。英語で書き出して欲しいです。

Aベストアンサー

"At this time, I have the honor to present to you the moral leader of our nation. I have the pleasure to present to you Dr. Martin Luther King. Jr."

です。

Q比較の文の訳し方が解らなくて困っています

She has a great deal of vitality and is doing as well as could be expected, all things considered.
長文の一部で、医者が病気の妻の容態について旦那に説明しているところからの一文です。

(1)後半部分のas以下が受身になっているのですが、どう訳すのがよいのでしょうか

(2)比較級の文章を作るとき、
「後半から、前半でも使われている語や比較の軸となった形容詞、副詞を省略する」と習ったのですが、
この文の後半部分のas以下に比較の軸となっている語、wellが省略されていると考えて訳していいのでしょうか?

Aベストアンサー

とにかく,as is expected で「予想通りに」です。
それに could/might がはさまって,「しようと思えば予想できるだろう通りに」

expect は「よいことを期待」「悪いことを覚悟」両方含めた「予想・予期」
今回はいいことなので「期待」でもいいです。

この「予想される」という受身の主語は「ものごと」です。
今回なら「よくなる」ということ。

expect O to 原形
こういう構造で受身と考えると,she が主語と考えられますが,
本来,この as is expected という表現はこの形から来ているのでなく,
expect O だけです。

すべてのことを考慮すると,彼女は予想通りに回復しています。

前にもう1つ as がついて,同等比較の形になっていますが,
実質,「予想通り」とだけ訳せば十分です。
(直訳的には「思われるだろうと同じくらいよくなっている」)

QHave you got~とDo you have~

イギリスでHave you got(I've got)とDo you have(I have)はどれくらいの割合でしゃべられていますか?イギリス英語ではHave you gotですが、イギリス英語の教材を聞いているとDo you haveを使ってる方もいるので気になりまして・・・
教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

イギリスでは両方が使われますが、

Have you got...はカジュアルな表現
Do you have...はよりフォーマルで丁寧な表現

友達同士なら、もっと崩され、

Got...?
が使われます。

Do you have a pen? ペンをお持ちですか?
Have you got a pen? ペンを持っていますか?
Got a pen? ペン、持ってる?

意味は同じですが、丁寧さの度合いが異なるのです。

一般的な「普通」の会話ならHave you gotが使われます。一方、会社の上司に対してならならDo you haveと言う方が少なくとも相手にはより良い印象を与える表現になります。

Qこのlower たまあに長文ででてきてこんがります これは比較級ですか?だからアメリカより〜〜と訳す

このlower
たまあに長文ででてきてこんがります
これは比較級ですか?だからアメリカより〜〜と訳すのですか???

Aベストアンサー

#2 で回答した時はスマホであまり画像が見えず、
「オランダより?」という中途半端な回答をしてしまいました。

画像の上の方にある、OECD 諸国の平均、寄付をする人の率47%よりも、
アメリカの方がわずかに低い
一方(while)
ほぼ42%がボランティアをしている、つまり、OECD の平均24%のほぼ2倍。

とにかく、#2 で申し上げたように、「アメリカの方が低い」となります。

S was lower in the US は、比較級にしないと
S was low in the US です。
この in the US は「米国において低い」となりますので、
「米国において、より低い」のです。
「何かと比べて、何かより」低い。

than ~がなく、直前の than the Netherlands と思ってしまいましたが、
後の double the OECD average というボランティアについての比較から
同じように、寄付についても the OECD 平均との比較です。

Q一般動詞のhaveと完了形のhave

いつも、NHKの番組を中心に独学で英語の勉強をしています。
何とか、英検2級程度にはなったんですが、まだまだで、
考えても仕方ないことなのかもしれませんが、
気になって仕方が無いことがあるので、質問することにしました。

某番組で、「一般動詞のhaveも、完了形のhaveも、コアは同じ」として、
haveを空間で捕らえるとわかりやすい。と言っていました。
それ自体はとてもわかりやすかったんですが、

では、なぜ「完了形のhaveは、疑問文になった時、文頭に来るのでしょうか?」
一般動詞のように、Do or Dose が文頭にこないのはなぜでしょうか?

ひとまず、使うのに間違えることはないので、「そういうふうに覚えるしかない」という回答はご遠慮下さい。
もしご存知の方がいらしたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 I have finished the work. のような現在完了は,もともと
I have the work finished. という形でした。
 すなわち,「終えられた仕事を今持っている」という感じで,「終えられた」という過去と,「今持っている」という現在を兼ね備えていたのですが,I have finished the work. のように finished を前にもってくるようになりました。

 これは,結論部分を先にもってくるという英語の性質から考えても自然な流れと言えるでしょう。

 そして,have finished とつながることにより,have finished で一つのまとまった述語動詞のようになり,have の方を助動詞的に,finished の方を本動詞的に扱い,Have you finished ~? という疑問文,have not finished という否定文の形になっていったのだと考えられます。

Q比較「彼女は10年前ほど美しくはない。」を英語に訳してください。お願いします><

比較
「彼女は10年前ほど美しくはない。」

を英語に訳してください。
お願いします><

Aベストアンサー

She is not as beautiful as she was ten years ago.

QDo I have to~、Do we have to~の違いとは・・

もうすぐ留学するので英語の勉強を頑張っているのですが、Do I have to~と
Do we have to~の違いにつまずきまして・・。
「we」の場合は、ルールとか規則を聞く時と書いてあって、なんとなくわかる
のですがいまいち・・。それは「I」の場合では聞けないのかとか、意味的には
聞けるんじゃないかとか。
頭ん中には少し?があります。
なにかはっきりした違いなどあるなら教えてください!

Aベストアンサー

たしかに,状況次第で同じような意味になることも多いかと思いますが,I と we のちがいは,しっかりと意識しておかないと,質問する場合も答える場合も,誤解が生じたり,意味があいまいになったりする恐れがあります。

具体的には,生徒が Do I have to stay here?「ここに残らなくてはいけませんか」と聞いても,先生は,残る必要がある生徒には Yes と答えるし,その必要がない生徒には No と答えるでしょう。もし,Do we have to stay here? と聞くと「私たちは(全員あるいは,特定のグループなど)ここに残らなくてはいけませんか」と聞くことになり,最初の質問とは違った内容になります。

とにかく I というのは「話者=自分」,we というのは「話者を含む複数=自分を含むのはもちろんだが,相手を含む場合と含まない場合がある」ことを意識すべきです。また,we は,自分と相手を指す場合,自分を含む特定のグループを指す場合,日本人全体を指す場合,人類全体を指す場合など,状況によってずいぶん違ってきます。

こう書くと,ややこしそうに見えますが,日本語で「私」「私たち」という場合にも同じことが考えられますよね。だから,Do I have to と Do we have to が同じような意味になる場合があるのは確かですが,それもまた日本語と同じです。そういう意味では,そんなに難しい違いではありません。

たしかに,状況次第で同じような意味になることも多いかと思いますが,I と we のちがいは,しっかりと意識しておかないと,質問する場合も答える場合も,誤解が生じたり,意味があいまいになったりする恐れがあります。

具体的には,生徒が Do I have to stay here?「ここに残らなくてはいけませんか」と聞いても,先生は,残る必要がある生徒には Yes と答えるし,その必要がない生徒には No と答えるでしょう。もし,Do we have to stay here? と聞くと「私たちは(全員あるいは,特定のグループなど)ここ...続きを読む

Q比較級の訳し方について

受験用の英文法問題集を解いていて疑問に思ったことがあったので質問させていただきます。

直接問題内容ではなく、対訳に、なのですが。

When I get older, I want to be an astronaut.

という問題で、訳が
「大きくなるにつれ、私は宇宙飛行士になりたいと思うようになった。」

となっているのですが、これは「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」ではないのでしょうか?

Olderを今より歳をとったとき→大きくなったら、という解釈なのですが。

whenではなくasなら「~につれて」となるのも納得いくのですが、when+比較級でこのような日本語訳になるのになんだか違和感を感じたのです。

それとも私が考えるような日本語訳にするためにはolderではなくoldじゃなければダメでしょうか?


分かる方いらっしゃいましたらご回答お願いいたします(>_<)

Aベストアンサー

When I get older, I want to be an astronaut.
という問題で、訳が
「大きくなるにつれ、私は宇宙飛行士になりたいと思うようになった。」となっているのですが、これは「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」ではないのでしょうか?

→olderというのは、今より年をとったらという意味で、赤ちゃんが5歳になることも、80歳の老人が85歳になることでも使えます。ですから、この人がこどもなら、「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」でよろしいと思います。それを、「大きくなるにつれて」としていますが、この訳は貴殿の言われるように、よくないと思います。

whenではなくasなら「~につれて」となるのも納得いくのですが、when+比較級でこのような日本語訳になるのになんだか違和感を感じたのです。
→同感です。

それとも私が考えるような日本語訳にするためにはolderではなくoldじゃなければダメでしょうか?
get oldだと、年寄りになることです。老人になることを意味してしまいますので、宇宙飛行士になるのは考えられませんので、oldがダメです。
以下のような訳がいいかもしれません。
If I grow up, I want to be an astronaut.
If I become a man (a woman), I want to be an astronaut.

My dream is to be an astronaut in the future.
程度でも言いたいことは伝わります。

以上、ご参考になればと思います。

When I get older, I want to be an astronaut.
という問題で、訳が
「大きくなるにつれ、私は宇宙飛行士になりたいと思うようになった。」となっているのですが、これは「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」ではないのでしょうか?

→olderというのは、今より年をとったらという意味で、赤ちゃんが5歳になることも、80歳の老人が85歳になることでも使えます。ですから、この人がこどもなら、「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」でよろしいと思います。それを、「大きくなるにつれて」として...続きを読む

Qmust have p.p. と should have p.p.

must には、(1)ねばならない (2)にちがいない
should には、(1)べき (2)はず
という意味がありますが、どうして、must have p.p. は(2)の意味になって、should have p.p. は(1)の意味になるのでしょうか? must have p.p. が「~しなければならなかったのに」で、should have p.p. が「~するはずだったのに」でもいいような気がするのですが、どういうことでしょうか?

Aベストアンサー

must については、仰るとおり、must have done で、「~しなければならなかった」と言う意味にはならず、「~したにちがいない」と言う意味にしかなりませんが、shuoud have done は「~するべきだった」だけでなく「~するはずだったのに」と言う意味になります。

ともかく、過去の事柄について、どの意味も表現自体は出来るわけです。

1.「~しなければならなかった」:I had to go there.:「そこへ行かなければならなかった」
2.「~したに違いない」:I must have left it on the train.:「電車に置き忘れたに違いない」
3.「~するべきであった」:I should have gone there.:「そこへ行っておくべきであった」
4.「~するはずだった」:I should have gone there.:「そこへ行くはずだった」

なぜ、こんな違いが出るかと言ったら、shouldは過去形で、must は現在形だからと言うことですね。
mustの意味は、「絶対だ、100%だ」と言うことで、「列車に置き忘れたと言う可能性は、今考えて、100%だ」と言う意味ですし、「~しなければならなかった」は、過去のある時点での心情の表現ですから、心情表現自体が過去形ある必要があります。
should については、どちらも過去のある時点での心情を表していて、どちらも可能です。

また、mustは、元々は、別の単語の過去形です。過去のことは、既に決定されたことで変えようがないので、その意味で、「絶対」と言う意味が、現在形として使われるようになったのでしょう。

must については、仰るとおり、must have done で、「~しなければならなかった」と言う意味にはならず、「~したにちがいない」と言う意味にしかなりませんが、shuoud have done は「~するべきだった」だけでなく「~するはずだったのに」と言う意味になります。

ともかく、過去の事柄について、どの意味も表現自体は出来るわけです。

1.「~しなければならなかった」:I had to go there.:「そこへ行かなければならなかった」
2.「~したに違いない」:I must have left it on the train.:「電車に...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング