ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

灰色三日月環は、精子進入点の反対側にできる、と書いてありますが、でも、灰色三日月環ができるのは、植物極よりちょっと下のいつも同じ場所と書いてあります。ということは、精子進入点もいつも決まった場所なんでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 1
この回答へのお礼

よくわかりました。
ありがとうございます

お礼日時:2006/03/28 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカエルの発生について

 カエルの発生過程において、
受精するとき、精子の侵入口の反対側に灰色三日月環が現れる。
そして、灰色三日月環の下側の原口から陥入が起き、
原口が形成される側が胚の背側になる
というのを学校で習いました。
 ところが、どの教科書の図にも
灰色三日月環は動物極や植物極のところには
形成されていません。
 もし動物極(または植物極)から精子が侵入した場合、植物極(または動物極)から陥入は起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

カエルの未受精卵は、動物半球に色素があり褐色、植物半球には色素が少なく白色をしていて、境界線はほぼ水平です。精子が侵入すると、この褐色の色素を含む細胞質がぐぐっとシフトして境界線が傾きます。このとき、色素が移動して色が薄くなった部分が灰色三日月環(Gray crescent)と呼ばれています。ここでまず、灰色三日月環が赤道付近以外には生じ得ないことがおわかりかと思います。

さて、ご質問の件ですが、教科書の書き方が誤解を招くというか、高校などではそう教えないのか、あなたはなかなか鋭いポイントを突いていると思います。

実は、灰色三日月環になる部分、つまり原口ができる部分というのは卵の中であらかじめ決まっているのです。
精子が入りやすいのが、あらかじめ決まっている原口予定部の反対側の動物極寄りであると言うだけです。

これは、細いガラス管に精子を入れて、それ以外の場所だけに精子が到達するようにしても、精子の侵入がほとんど全く起こらないことからわかります。
また未受精卵を針で突くと、その刺激で受精反応が起こり、灰色三日月環もできますが、針で突いた反対側にできるというわけではなく、どこを突いてもあらかじめ決まっている場所にできます。いずれも、一世紀近く前の実験なんですけれどね。

カエルの未受精卵は、動物半球に色素があり褐色、植物半球には色素が少なく白色をしていて、境界線はほぼ水平です。精子が侵入すると、この褐色の色素を含む細胞質がぐぐっとシフトして境界線が傾きます。このとき、色素が移動して色が薄くなった部分が灰色三日月環(Gray crescent)と呼ばれています。ここでまず、灰色三日月環が赤道付近以外には生じ得ないことがおわかりかと思います。

さて、ご質問の件ですが、教科書の書き方が誤解を招くというか、高校などではそう教えないのか、あなたはなかなか鋭いポ...続きを読む

Q灰色三日月環について

灰色三日月環は両生類にしかできないのですか?

Aベストアンサー

その通りです。多くの両生類だけに見られるものです。

Qウニの一次間充織と二次間充織の違い

高2です。生物の実験レポートの問題がわからなくて困ってます。

ウニの一次間充織と二次間充織の違いって何でしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一次間充織は植物極の細胞の一部が胞胚腔にこぼれ出たもので、最初にできる中胚葉。その後骨片に分化する。二次間充織は、原腸が伸びるときにその先端からこぼれ出たもので中胚葉になるものだったと思います。

Q灰色三日月環が現れる場所について

灰色三日月環は赤道面より植物極寄りにできると書いてあるのですが、この図を見ると赤道面より動物極寄りにできるようにしか見えないんですがどういうことなんでしょうか?
というか赤道面というのは、受精卵が重力に従ってそこにあるとき、それを(色素がどう存在しているかは関係なく)真ん中で真っ二つに分けるときの面のこと、でいいんですよね?
考えるほどわからなくなってきました…

Aベストアンサー

赤道面とは動物極と植物極の真ん中の面のことです。動物極と植物極は受精によって位置が変わらず,赤道面も位置が変わりません。
受精後に植物極が下を向き,赤道面は真ん中で二つに分けるときの面と一致することになります。

>『受精前の赤道面は、色素の分布に平行に色素を分断するように卵を二等分する面を指し、外から見たときは傾いている。そして受精後は色素の面積の比率は別として、貼付した図のような傾き具合で分布している。』
という理解で合っているのでしょうか?
合っていると思います。

Qセンター過去問(追試験)ってやるべきですか?

はじめまして。センターを控えた国公立理系志望の高3です。センター受験科目は、英語、数学、物理、国語、化学、地理です。

過去問(本試験)や河合の黒本、駿台の青本は終わっちゃって、これからやる問題集が切れてきました。
なので過去問(追試験)もやろうかなと思っています。
しかし学校の先生は追試は難しいからやっても意味ないと言っていました。
そこで質問なのですが、本試験と追試験のレベルが違いすぎてやらない方がいい科目ってなんですか?また、やった方がいい科目とか何年分やった方がいいとか教えてください。お願いします!!

Aベストアンサー

自分はあまり追試験の過去問はオススメしません。
やはり内容はそこそこ難しいのもありますし、
それをする時間があまりにももったいないからです。

過去問・黒本・青本、すべて3回以上やってはどうですか?
全試験の解答時間を3/4に減らしてやってみましょう。
なかなか回答速度があがって、即実践できる勉強方法ですよ!

それと、おせっかいかもしれませんが、質問者様は寝るべきです。
2時まで起きて朝8時(睡眠時間6時間と仮定)に起床するよりか
12時で寝て6時に起きて勉強した方がモノ覚えが数倍良く、
なおかつスッキリした一日をむかえることができますよ!
今が勝負時です!先生や親のいうことがうっとうしくなる時期ですが、
自分が正しい!と思って頑張ってくださいね!
合格できることを祈っております!

Q原口背唇部はどうやってできるんですか?

原口背唇部は形成体となり、他の部分を誘導して、そこからドミノ倒しのように体が次々と形成されていくと習いました。

それならば、その一番大事な原口背唇部は、どうやってできるんでしょうか?

Aベストアンサー

 わからないというのが最も正しいのですが,
それでは前に進まないでしょうから,わかってる中で
ギリギリ言えそうなところに抑えて書きますと,

 桑実胚の頃,内胚葉から中胚葉誘導を受けた外胚葉
の割球群(帯?)の中で,精子陥入点の反対側に位置
する灰色三日月環の細胞質を受け継いだ割球が,内胚
葉からの中胚葉誘導の程度(アクチビン等の濃度)
に従い,脳を誘導しうる原口背唇部や,脊髄,仙髄を
誘導しうる原口背唇部にわかれてできるようです。

 もし受験生でしたら,まだ全体像が掴み切れていな
いというのに,パーツは今の入試によく出ている項目
ですから,上の文章から桑実胚・胞胚・原腸胚前期・
後期と模式図を並べて描いてみてください。


人気Q&Aランキング