はじめまして。うつ病で休職して1年以上になります。疲弊性抑うつ症候群と診断されました。抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬をいただいています。当初は、すぐに寝れるが朝早く起きてしまい寝た感じがしなかったのですが、今は、一日10時間以上寝ています。当初激減していた食欲も普通に戻っています。ところが、何をするのもおっくう感があり、困っています。先生は、このようなおっくう感がとれないと復職は難しいなあとおっしゃっています。
 それで、現在治療中の方や完治された方、うつ病の知識がおありになる方にお尋ねしたいのですが、うつ病の治療にどのようなことを心がければよろしいのでしょうか。差し支えなければ、お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うつ病治療歴6年のburanです。

私も休職して1年9か月になります。
まずは眠れるようになって良かったんじゃないでしょうか。不眠の改善が何より優先ですから。
森田療法ではないですが、まずは「休養」を徹底してみてください。早く復帰しなきゃという思いがあるとは思いますが、あえてそこをキッチリ休めば、やがて自然に「動く気」が起きてきますよ。
今、下手にがんばるのはよくありません。futajimaさんの意見に反するわけではないですが、脳内伝達物質の変化は気合いでどうにかなるものではありません。
医師の管理下で服薬を続け休養することをまず目標にしてください。
そうして自然に湧いてくる気持ちを大事にされれば、先は見えてきます。
どうか焦らず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。寝れるようになったことは自分でも嬉しいのですが、少し寝過ぎかなと思ったりもします。そうですね。休養は大事ですね。早く元のように活動的になりたいという思いはずっとあります。自然に「動く気」が湧いてくるのでしょうか?おっくう感ばかり感じてしまって。医師の指示は守っています。自然に湧いてくる気持ちを待ちたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 20:37

疲れた時ゆっくり休むのは良いことですが、また歩き始めることも大切なことだとまず自覚して下さい。

一生このままでいるわけにはいかないと。あせることはありませんが、よい意味で燃え上がれる火種を自分の中に見つける必要があります。ヒントになりそうな本を探して読まれることをお勧めします。また、今でも自分のことを認めてくれている方がいたら色々話しをされるのもいいと思います。時間はあるのだから何か勉強されるのもいいと思います。治すというか心持ちを変えるのは自分自身です。医者に状態を話して薬をもらって次の予約をして・・を繰り返すだけでは決して何も変りません。いわゆる薬漬けに自分でしているような面さえあるのです。今はつらいことと思いますが、いつかどうぞ立派に返り咲いて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。治すと言う気持ちは大事ですよね。おっくう感がなくなればと、どうしても思ってしまいます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 19:46

参考になるかどうかわかりませんが、私のうつ病体験をお話します。



私は結局約8年間以上もうつ病に罹っては治りかけてまた悪化するということを繰り返してきました。その間に精神科に行ったり、心療内科に行ったり、薬を飲んだり、カウンセリングを受けたりしましたが、なかなか完治というところまで行きませんでした。で、とうとう会社にも行けず、外出もままならない状態になり、2ヶ月の休職を取った後、退職しました。
それまでにも何回か1ヶ月単位くらいで休職を取ったことがありましたが、少しよくなったと思ったら普通に外出したり友達と遊んだりしていたので、休職の意味が一時的な現実逃避でしかなかったのです。
さすがに最後の休職の間はカウンセラーに指示のもと、なるべく外出しない、激しい運動はしない、両親、兄弟、友人も含めて知人になるべく会わないようにすることなどを守って、外界からの刺激を遠ざけ、毎日自宅でごろごろとして過ごす日々を送りました。その間は好きなテレビ番組を観たり、ビデオを観たりするくらいでほとんど何もしませんでした。ところがそれが功を奏して私は心も体も充分休養することができ、気分も大分良くなりました。
会社を辞めてからは外出もできるようになり、それまで中断していた英会話学校へ通うこともできるようになり、自分が負担に感じないことだけ、好きなことだけを好きな時間だけするようにして17ヶ月を過ごして今に至っています。その間にうつ病のためにできなかった趣味であるギター演奏やジョギングなどもできるようになり、英会話学校で友達もでき、海外のメル友もでき、むしろ病気にかかる前よりも積極的になりました。
今では自分ではほとんど完治しているつもりですが、永年通っている心療内科で処方されている薬(抗うつ薬・抗不安薬等)をいまだに飲んでいます。が、それも心療内科に行くたびに先生と相談して徐々に減薬をしています。

私の場合は、うつ病がなかなか治らなかった原因が派遣社員という形で機械設計技術者としてストレスのかかった状態で我慢して働き続けたことにあったので、会社を辞めてからはもう2度とそういう職には就きたくないと思い、永い時間をかけて自分に向いている職業を探し続けました。その結果、得た結論が在日外国人相手の「日本語教師」になるという道でした。今そのための通信教育と英会話を勉強していて充実した毎日を送っています。
逆説的に言えば、病気のお陰で新しい自分の道が開けてきたと言っても過言ではないでしょう。
私はもう40代半ばを過ぎていますが、何かを始めるのに遅すぎるということはないと思っています。

最後に繰り返しますが、うつ病によく効くのは医者でも薬でもなく、充分な心と体の休養と自分を大切にし労わる気持ちだと思います。
お大事に!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。わたしも好きなことをすることができればと、いつも思うのですが、あれもしなくては、これもしなくてはと、いつも何か荷物のようなものを背負っています。これが心の負担になっているのかもしれません。でも、trunkmanさんに比べれば負担はずっと軽いと思います。心と体と自分を大切にし労わる気持ちですね。参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/26 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病じゃないのに抗鬱薬や抗不安薬はいる?

こんにちは。気になることがあり、投稿させていただきました。

1.過食症状のため精神科に通院していてお薬を処方されています。気分が沈むことも多く、やる気がないので鬱病ではないかと思い、先生に聞いたところ、「鬱症状があるが鬱病ではない」と言われました。にも関わらず、抗鬱薬や抗不安薬のお薬を処方されています。
今まで飲んだお薬は、メイラックス、セルシン、トフラニール、ルボックス、パキシル、ソラナックス、トレドミンなどです。薬が過食症に効いているとはあまり思えません。鬱病と診断されていなくても、これらの薬を飲む必要はあるのでしょうか?元々人と接することが苦手だったり、気分も沈んだり、突然泣きたくなったりするのですが、こういう慢性的なものにも薬は効くのでしょうか?

2.自分勝手なのか、周りの人がうっとうしく思えてしまうことがよくあります。結果、一人になってしまい、閉じこもってしまいがちです。それにも関わらず、「友達欲しい」と思ったり、「もっと遊びたい」と思ったりします。しかしいざ遊ぶとなると、イヤでイヤで仕方がありません。これはただのわがままなのでしょうか?それとも何かおかしいのでしょうか?

1.と2.の質問がバラバラな内容でしかも意味がよくわからなく、申し訳ないです(=_=)

こんにちは。気になることがあり、投稿させていただきました。

1.過食症状のため精神科に通院していてお薬を処方されています。気分が沈むことも多く、やる気がないので鬱病ではないかと思い、先生に聞いたところ、「鬱症状があるが鬱病ではない」と言われました。にも関わらず、抗鬱薬や抗不安薬のお薬を処方されています。
今まで飲んだお薬は、メイラックス、セルシン、トフラニール、ルボックス、パキシル、ソラナックス、トレドミンなどです。薬が過食症に効いているとはあまり思えません。鬱病と診断...続きを読む

Aベストアンサー

現在うつ状態の者です。

1=私も「うつ病」ではありません。「鬱状態」です。その前が「抑うつ状態」といったところでしょうか。
その前は「不安定」や「精神的に不安な時が多い」と医師に言われ、ほぼ同じような薬を服用しましたのがこの時です。つまり鬱状態でも鬱でもありません。
 鬱病と診断されなくとも処方はされる場合はあります。例えば私のように不安な時が多い場合はソレに対しても、鬱に対しても効果があるためです。
 ちなみに、抗鬱剤は鬱自体がほぼ慢性的な所為か持続して飲まなければなかなか効果が得られません。一時的な効果で終わってしまったり、効果がみられなかったり。(薬自体があわないという場合もありますが)
 どちらにしても中には必要でなければ医師が処方をしぶる薬もあるので飲む必要があるから処方されたからだと思います(中には薬のみで治療を行う医師もいますが、ある程度のことを医師が聞いてくれているようですので、こういう医師もいるよ程度に)。
 結論的なことを言えば、個人によって効果は違うこと、処方箋通りに飲むか飲まないかで効果が違うこともあり上に書かれた慢性的なものに効くかどうかも左右されてくると思います。処方箋に不満や不安があるならまずは医師としっかり処方箋について話合うのが改善の一歩だと思います。(合わない薬飲んでてもお金と時間の無駄でしょうし…)

2=例えば満腹の時(遊んだりする人がすぐいる時)に、更に飲物や食べ物を押し込まれると食べれなかったり拒否するのと同じではないでしょうか。
 反対に何も食べるものがなければ満足できずにその対象を求めるでしょう。でもいざ対象を求めても、好き嫌いはあります。
 正直なところ、ちまっとボーダーぽいかなぁとも思いましたが、現在精神的に安定していないのも含めたら仕方ないのではないでしょうか。私ももっと遊びたいと思っても結局途中でダルくなるし、友達が欲しいとおもってメル友などを募集しても3日坊主なのでハナから募集するのを我慢してます。
 我侭かどうかと言われたら我侭だ、と言う方もおられるやもしれませんが、それは個人個人で違うと思います。その人が他人のすることに対してどこまで寛大になれるかどうか。少なくともあなただけの問題ではないと思います。元々誰かと関係を持たなければそれは生じないわけですし。

少しでも精神的に一時的にでも安定する方法がみつかるといいですね。

現在うつ状態の者です。

1=私も「うつ病」ではありません。「鬱状態」です。その前が「抑うつ状態」といったところでしょうか。
その前は「不安定」や「精神的に不安な時が多い」と医師に言われ、ほぼ同じような薬を服用しましたのがこの時です。つまり鬱状態でも鬱でもありません。
 鬱病と診断されなくとも処方はされる場合はあります。例えば私のように不安な時が多い場合はソレに対しても、鬱に対しても効果があるためです。
 ちなみに、抗鬱剤は鬱自体がほぼ慢性的な所為か持続して飲まなければな...続きを読む

Qなぜルーランに抗うつ効果があるのでしょうか?躁うつ病でうつ病エピソード

なぜルーランに抗うつ効果があるのでしょうか?躁うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました。先生いわく、ルーランには抗うつ効果があるとのこと。セロトニンアンタゴニストのルーランになぜそんな効果があるのでしょう。そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?

Aベストアンサー

うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました
双極性障害のうつ状態に坑うつ剤を使うと躁転し易く、
しいては病相がラビットサイクラー化する恐れがあるので
気分調整薬(リーマス、デパケンR等)を主剤にするべきと聞きます。

>そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?
これはあくまでも仮説です。
古典的モノアミン仮説から、延々と続いてる仮説ですよ。
たまたま、坑うつ剤がこの仮説に基づく、作用機序で作られてるに過ぎません。
双極性障害のうつ状態は、うつ病性障害のうつとは同一視されていません。
どちらも現在の所、ハッキリした原因は解明されない「原因不明の精神障害」です。

>セロトニンアンタゴニストのルーラン
全てのセロトニン受容体に拮抗する訳じゃないですよ。
セロトニン5-HT2A受容体には拮抗作用だけどセロトニン5-HT1A受容体へは作動作用する。
非定型では坑うつ作用が強いと言われてるエビリファイと同様に
5-HT1Aへのアゴニスト作用が坑うつ作用を持つと言われている。
同様にリフレックス錠もセロトニンの増加でセロトニン5-HT1A受容体を刺激して
坑うつ作用を生み出しています。
全て、同じ様な作用機序を持ってるのです。

うつ病でうつ病エピソードがひどかったのでリフレックスとルーランが処方されました
双極性障害のうつ状態に坑うつ剤を使うと躁転し易く、
しいては病相がラビットサイクラー化する恐れがあるので
気分調整薬(リーマス、デパケンR等)を主剤にするべきと聞きます。

>そもそもうつ病はセロトニン不足で受容体にセロトニンが十分いかないからうつ状態になるのではないのですか?
これはあくまでも仮説です。
古典的モノアミン仮説から、延々と続いてる仮説ですよ。
たまたま、坑うつ剤がこの仮説に基づく、作用...続きを読む

Qうつ病?昨日心療内科に行きました。抗うつ剤と精神安定剤をもらいました。抗うつ剤はプロアチアデ

うつ病?

昨日心療内科に行きました。
抗うつ剤と精神安定剤をもらいました。
抗うつ剤はプロアチアデン錠25mg
精神安定剤はセラニン錠2mgです。

はっきりその場では言われなかったんですが
これはうつ病と言う事なのでしょうか?

Aベストアンサー

立派な鬱ですよ。

Qうつ病で、抗うつ薬を飲むのをやめました。医者に言ってもよいでしょうか?

2年前からうつ病(反復性うつ病性障害)と診断され、
以前はトレドミンを、現在はデパケンを400mg/day飲んでいます。
こちらが勝手に服薬をやめて、1ヶ月たちますが、とくに悪化はしていません。
次回の診察でそのことを話したほうが診断材料になるでしょうか?
それとももう診てもらえなくなるでしょうか?

なかなか話を聞いてもらっているかどうかよく分からない先生で、
薬を減らしたいと相談してもよく分からない言い方で様子を見ようと
言われ、服薬をやめてしまいました。

どうかよろしくお願いいたいます。

Aベストアンサー

>>うつ病で、抗うつ薬を飲むのをやめました。

絶対やってはいけない事です。
うつは、回復しても「再発」(再燃ともいいますが)が問題になる所です。この為、症状が良化しても、暫くは投与を続ける事が普通です。

>>こちらが勝手に服薬をやめて、1ヶ月たちますが、とくに悪化はしていません。
次回の診察でそのことを話したほうが診断材料になるでしょうか?

多少は医師に叱られる覚悟をもって、必ずお話下さい。それに、勝手に一ヶ月抗鬱薬の服用を止めても悪化していないとの事ですが、突然症状がぶり返す可能性もあります。投薬を続けるか否かは、主治医の決める事です。

>>薬を減らしたいと相談してもよく分からない言い方で様子を見よう

主治医は、上記の「再発」を懸念して投与を続けるつもりなのではないでしょうか。理由は上記の通りです。

いずれにせよ、自己判断で投与を中止されないで下さい。

Qうつ病と自称うつ病(擬態うつ病)

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったことがある、このままでは再発してしまう
 ・最近は死ぬことも考えいてる
 ・食欲が無い。体重は一ヶ月で10kg減った(ふっくらした体型でしたが、確かに最近痩せたようです)
 ・便秘がひどくなった
  (元々便秘症で下剤を常用。先日、内科で摘便&薬を処方してもらった)

このようなことを言い出したのはここ一ヶ月くらいです。
本やネットで得た浅はかな知識ですが、本当にうつ病を患っている人とは少し違う気がしました。
でも、収入が安定しない&以前と同じくらいまで増える見込みが無いことは確かなので、落ち込んだ気分の
うつ状態ではあると思います。
心配なのは、実際にはうつ病じゃないのにうつ病と診断されることで、うつじゃない人が抗うつ剤を飲むことの
リスクを考えると不安です。

そこで、専門家の方や経験者の方にお聞きしたいのですが
 1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?
   その場合、受診科目は心療内科で構わないですか?
 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
   また、見分けが微妙なときに処方するお薬はどのようなものですか?
 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

お医者様によって対応が違うということは重々承知していますので、「私の場合は」という内容で構いません。
お医者様選びの参考にもさせて頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

義理の母(60代・専業主婦)の話です。診察を受けさせる前に、予備知識として知りたいと思っています。

実家は自営業で、昨年秋ごろから仕事が減り収入が半減しているのですが、義母はそのことが原因で
「このままでは、うつになりそうだ」と言っています。
詳しくは次のような内容・症状(?)です。
 ・専業主婦のため家にいる時間が長く、いつもお金のことを考えてしまう
 ・お金のやりくりが大変で、うつになりそう
 ・将来のことを考えると不安で、うつになりそう
 ・以前にもうつ病になったこ...続きを読む

Aベストアンサー

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診断の指標もあるはずです。
ただし、客観的に計測できる方法は今のところ存在しないため、医師の腕に依存するところが大きいのが実情です。受診する側が巧妙に鬱の症状を演出すればうつ病の診断を受けてしまうこともあります。
ただし、抗うつ薬は健康な人が飲んでも危機的な副作用はでません。
種類にもよりますが、のどが渇いたり排尿が出にくくなったり太ったりと、何らかの症状を伴います。副作用が出ない薬は今のところ存在しません。


> 2.患者がうつ病と診断して欲しがっていることは、考慮されますか?
   考慮される場合、実際に処方するお薬は抗うつ剤ではないものになるのでしょうか?

不安感を感じる対策として軽度の抗うつ薬を服用するケースは割と一般的に存在します。
抗うつ薬ではなくて睡眠薬だったりすることもあり、診断結果から判断されます。
ただ、うつ病と診断されることを希望して抗うつ薬の処方箋を書くと、昨今事件になっていますから医師の側はわりと慎重になると思われます。


どうも質問文の様子からだと、相当ストレスを抱え込んでいるようです。
長期にわたって過剰なストレスを抱え込むとうつ病などの精神疾患にかかります。
現状、あなたがネットから得たうつ病の症状と違うからと言っても、うつ病なのかもしれませんし、一歩手前の危険な状態なのかもしれません。
まずは医師の診断を受けることをおすすめします。
未病のうちに手を打てるならそれに越したことはありません。

また、うつ病かどうかは結果でしか無く、根本的な解決方法は、本人が家計のやりくりで執着的に問題を抱えこんでしまっていることのようですので、このストレスから解放させてあげる必要があります。

何が原因で何が結果なのか一度整理すると本人もあなたも落ち着くんじゃないでしょうか?
医師やカウンセラーは病気そのものの対処は出来ますが、根本的な原因となっている家庭の問題はが踏み込めない領域です。

>1.上記のような状態でも、心の安定のために病院に行った方が良いですか?

心療内科かメンタルクリニックです。
心の安定というよりも、正確には病気の診断が目的となります。
病気でなければ特に治療が必要ではありませんが、病気と診断されるようであれば早期治療をした方がよい結果が期待できます。気の持ちようで説明できるものではありませんので医師の診断に従いましょう。。

> 2.「うつ病」と「自称うつ」は見分けが付くものなのですか?
経験が豊富な医師なら見分けはつきます。また、診...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報