こんにちは。うちはブーツという名前の三毛猫を飼っているんですが、半年くらい前から元気がなくなり、嘔吐を繰り前し、医者いわく胃ガンの末期かもしれないらしいのです。できる限りのことはしてきましたが、もう何も食べられないし、ろくに動けないので、明日に安楽死してもらうことになりました。本当につらい決断で初めてのペットだったので悲しくてしょうがないんですが、せめてあと一日、してやれることはないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

この質問を読んで、書き込もうと思う気持ちと、止めようと思う気持ちと葛藤していました。



私も何匹かの犬・猫との最後の別れをしてきました。
そこで、思ったこと。

家で、手元で、最後を迎えさせてあげて欲しいです。
お互いに辛いかもしれませんが、私は毎日痛み止めを獣医さんに打ってもらい、自宅で最後を看取りました。

とても、穏やかな死に顔でした。

何も食べられないのは、もう処置がない状態でしょうけど、私のかかりつけの獣医さんに安楽死を聞いてみると、最後は一緒にいてあげればいいと言われました。

面倒を看てあげられないのでしたら、安楽死もひとつの手なのでしょうが・・・。

今頃、一緒に寝ているのでしょうね。
安らかに・・・。
    • good
    • 0

辛い選択だと思います。


ブーツは本当に癌なんですか?検査とかしたのでしょうか。して無いならきちんと
してもらってからでも安楽死は遅く無いと思います。
私も去年の9月に半年間病気で入院させてた猫が死にました。
この子は生後20日で我が家に来てミルクから育て、何処に行くにも懐に入れて
連れて歩いてた我が子のような子でした。
入院してた半年間はこの子に取って地獄のような日々だったと思います。
飼い主とは離され好きなご飯も貰えず、毎日注射と患部の消毒、数回の手術。
冷たく硬いゲージの中で嫌な事を毎日、毎日繰り返され週1回たった30分の面会の時だけ
飼い主に撫でてもらえるという生活でした。
この子に苦痛を与えてるのは解ってました。でもそれでも私は安楽死は出来ませんでした。
今考えれば飼い主のエゴだったかも知れません。完治例の無い病気だよと医者に
言われてもそれでも出来なかった。
何故ならあの子はその時まだ生きてたから。確かに苦痛なことばかりの毎日だったけど、
面会に行けばそんなそぶり見せないで思いきり甘えてきてくれたから。
段々持って行ったおやつの食べ方が少なくなってご飯も殆ど食べなくなっても
面会に行けば一口でもおやつを食べてくれて甘えてくる姿を見たら
今生きてるこの命を私の考えだけで絶つことは出来ませんでした。
最後は面会日の日に私が病院に着く10分前に亡くなりました。
最後は腕の中で死なせてやりたかった。
今でも思い出せば本当にこれで良かったのか自問自答してますが、
あのこの命ある限り生かしてあげる事が出来て良かったと思っています。
もしブーツが検査もしないで癌だろうだけで安楽死を考えてるなら
どうかお願いですからきちんと検査をしたうえでもう一度考えてあげてください。
    • good
    • 0

>半年くらい前から元気がなくなり、嘔吐を繰り前し


私の飼っていた猫と同じ様な症状です。亡くなりましたが、
腎不全でした。
本当に末期の胃ガンなのかどうか、他の病院へ行って
調べてもらってはどうでしょうか?
それから安楽死でも遅くないような気がしますが。
あまりの苦痛と、治る見込みのない末期の病気の場合、人間には
許されていない(でも本人は望んでいる時もある)安楽死は
動物にはありだと思います。
動物は”死”は怖くないが、”痛み”は怖いという話を聞いたとき
そうかもしれないな、と思いました。

>せめてあと一日、してやれることはないでしょうか?
他の病院へ行くことだと思います。
そして安楽死の時にしてあげれることは、そばについて怖くないと
話しかけてあげる事だと思います。
    • good
    • 0

何で安楽死なんですか?


飼っている人間が辛いからですか、「もう何も食べられないし、ろくに動けないから」ですか  
最後まで看てやることは出来ないのでしょうか・・・
    • good
    • 0

ほんの数日前に飼い猫とお別れしました。


それは前触れもなく突然やってきました。
先週の日曜の午後から姿が見えなくなり、心配していたのですが
「何処をうろついているのかな~?」
などと思っていました。
ちょうどその頃風邪を引いて体の具合が悪かったので、探さなかったのですが、
三日目になってあまりに心配になり家の周りを探しました。
その日の朝、いやな予感がしていたので、猫が最後を迎える時に選びそうなところを中心に探したところ、居間の掃き出し窓の外側にうずくまっている飼い猫を見つけました。
あまりにも目に付きやすいところだったので、気に掛けていなかった場所でした。
見つけて抱き上げたところ全身に震えが来ていて、
「これは危ない!」
と思ったので、そのまま病院に直行しました。
先生の診断では、
「五分五分ですが、大丈夫でしょう。」
かなり楽観した状態だったので、恐らく大丈夫だろうと思い込んで家族にも恐らく大丈夫だろうけど、最悪のことは考えておくようにとは言ったところでした。
夕方5時になれば面会ができるので行きたいなと言われても
「先生が『明日になれば回復するので面会にくればよい』と言っていたから明日にしよう」
と先送りするように話をしたときです。
電話のベルが鳴り、病院からの連絡で
「お預かりしていた猫がなくなりました」
すぐに家族全員が車に乗り込み病院へ向かいました。
帰りの車から家に帰り着いて数時間、家族全員涙に暮れました。
突然の出来事に父親である私も取り乱してしまいました。

私たちが飼い猫にしてやれたことは何もありませんでした。
しかし、飼い猫は猫らしくない配慮を見せてくれました。
猫泌尿器症候群に感染し非常に苦しい状態に陥った時にも苦しい表情など何も見せず、自ら姿を消し最後を察知してからは、敢えて家族の声が聞こえる居間の外側でなおかつ猫の最後の居場所として好都合な
・風通しがよく、・日当たりが悪く、・他人の人目につきにくい
を選んで最後を迎えようとしていました。
戻ってこようと思えばほんの数メートルで自分の寝床へ帰れるにもかかわらず、敢えてその場を選んだのは家族の声は聞きたいが、死に様を身近で晒すことをしないという意思の表れだったのではないでしょうか。

飼い猫の最後に何もしてやれなかった飼い主に対して、飼い猫が見せてくれた最大限の心遣いはあまりにもやるせなかったです。
そのまま見つけずに死なせてやった方が猫のためだったような気もしています。
家族の一員だった猫のまるで卓越した老人のような死の選択に対する対応が正しかったかどうか自信がありません。
猫はまだ三歳にもならない若猫でした。
何を書き込んでいるのか解らなくなって取り留めのない回答になってしまいましたが、少しは参考にしていただけるでしょうか。
何かしてやれる時間があると言うことだけでも、時間すら与えられなかった私から見れば飼い主としての本望を遂げられるのではないかと思ってしまいます。
思い残すことないようにしてやってください。
私が猫にしてやれた事は、猫が最後の地に選んだところに半日かかりで穴を掘り、家族全員で埋葬してやり、家族の声を聞かせてやれるところで自然に帰らせてやることです。
今、居間の床下の土の中で安らかに眠っています。
    • good
    • 0

なぜあなたは、安楽死を選択するのですか・・?ブーツは貴方に何をしてくれましたか、・・最後まで見取ってあげてください。

たとえそれが辛くても。
    • good
    • 0

本当に悲しい事ですね。


でも、最後の最後までがんばってあげてください。
皆さんの言われる通り、そばについて見えるのであれば
顔を見せてあげて、触れていてあげるのが一番だと思います。
私が飼っていた犬も、亡くなる前は12時間トイレにも行かず
ずっとそばにいました。
時々話しかけて、目が見えなくなってからはどこか触れているように
していました。
安心そうな顔をしてくれるのです。
もう10年近く前の話ですが、今でも思い出せば涙は止まりません。
でも、心の中はすっきりしています。
Bootsさんの気持ちは、絶対に伝わっているはずです!
つらいけど、猫ちゃんの前では笑顔を見せてあげてくださいね。
    • good
    • 0

ツライ選択でしたね。


私も他の方同様、抱いてあげたり、いつもと同じように接してあげればいいと思います。
胃が悪いのなら、おいしい食べ物をあげるのは無理かな?
猫は人間の気持ちを敏感に察する動物と言います。
Bootsさんが、どれだけブーツといて幸せだったか、伝えてあげれば、きっと通じると思いますよ。

ところで、ひとつ気になったのですが「胃ガンの末期かもしれないらしい」って、確定ではないのですか?
「胃ガンの末期だから安楽死」ではなく「胃ガンの末期『かもしれない』から安楽死」なんでしょうか?
だとしたらちょっと疑問が残ります。
複数のお医者さんに見ていただいた方がいいのではないでしょうか?
もし、すでに複数のお医者さんに見ていただいた上での、最終の結論でしたら、申し訳ありません。

私も猫を飼っているので(しかもBootsさんと同じく、初めてのペットです)考えさせられます。
最後の一日が、Bootsさんにも猫ちゃんにとっても、良い一日になりますように。
がんばってください。
    • good
    • 0

愛する家族の安楽死の選択。


苦渋をお察しします。
あなたが愛したように彼(彼女)もあなたを愛していたと思います。
童話の「長靴をはいた猫」のようにあなたに城をプレゼントしてくれなかったものの、それに劣らないようなたくさんの思い出を残してくれたと思います。
ここに来てあなたが出来るのはやっぱり抱いてあげること、そばにいることしかないと思います。
まだ彼が隣にいる間は涙をこらえてあたたかく接してあげて下さい。
あなたが泣いていると彼も不安でしょうから。

がんばって下さい。
    • good
    • 0

「そばにいてやること」だと思います。


抱いてあげてて下さい。

責任とは言いませんが、いつか来る「ケジメ」だと私は思っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオス三毛の子猫は売れますか?

友人が三毛オスを飼っていてこの猫が大変めずらしいとされている繁殖力のあるオス三毛です。オス三毛であることは研究されている獣医さんに血液をおくって染色体まで調べていただいて間違いなくオス三毛だと言われ、資料もありますので間違いないです。今回このオス三毛の子猫がうまれ現在生後2か月くらいになっていて友人は少しでも有料で売りたいらしいのですが子猫の希少価値を理解して購入してくださる方はいるのでしょうか?ちなみに子猫は三毛は1匹で♀で茶白が3匹そのうち1匹が♀、2匹がオスです。
ネットでは現在生体販売はできませんしどういうふうにして宣伝すればいいのかもわかりません。
もし知恵をお貸ししていただければありがたいです。

Aベストアンサー

猫の毛色の遺伝子は伴性のエックス染色体に乗っています。黒、茶、無(しろ)です。ですから雄猫はエックス、ワイなのでどちらかの色しか出ない、黒と茶が混ざる三毛猫になるためにはエックス染色体が対になる雌でしか三毛が発現しないという原理です。

ですから突然変異で遺伝子がねじれなどを生じ、エックス染色体に2色の遺伝子が一緒に乗っている場合などに、2分の1の確率で三毛オスが生まれてきます。

まずは口コミ、あとは船舶関係で今でも珍重されていますので、そちらの方面に売り込みをかけるという方法もあるかと思います。船に乗せて飼うと船が沈まない、なんて話なんですよ。

珍しい猫ですが、皆にかわいがられるといいですね。

Q子猫の三毛の母猫のお腹ん触った時

乳が張っていました。その時に元気がない声でニァといいながら軽く前足でどけようとしました。どういう意味ですか

Aベストアンサー

乳腺炎になっているのでは?
早めに病院で診てもらってください!

Q生後5ヶ月のメスの子猫(保護猫三毛)なんですが、 毎回ではないのですが布団の上で粗そうをして しまい

生後5ヶ月のメスの子猫(保護猫三毛)なんですが、
毎回ではないのですが布団の上で粗そうをして
しまいます。
行動としては、つるつるした所を好むのか?
洗面所や洗濯機でおしっこしていたり、
空の洗濯カゴの中にうんちをしていたことも
ありました。
猫避け防止のトゲトゲを置いてしなくなりましたが、
布団の上に2回ほどしています。
先日は、いつもと違う鳴き声を出して、
床の上でカキカキしだしたので、慌ててトイレに
連れて行き間に合いました。
昨日もまた同じ行動をしだしたので、連れて行こう
と思った矢先、自らトイレにうんちをしました。

対策としては、
夜はケージにいれる
トイレをもう1つ増やす(先住猫オスもいます)
猫砂を替える(増やしたトイレに違う種類)

他に対策や何故このような行動をするのか、
子猫の時期だけなのか?
同じような経験をされて回避された方
ご意見、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あらあらやはり発情でしたか。
猫自身なんだか体が変な感じになって一番戸惑って困っているでしょうけど、
発情中は夜だけケージで我慢してもらうのも仕方ないかなと思います。

うちの猫も以前発情してた時に、外にオス猫たちが5~6匹集まって鳴いてて大変でした(^_^;)

Q三毛のオス猫いるんですね

三毛のオス猫を見つけたんですが?
よく三毛のオスは見かけないと聞いていたので
詳しい人に教えて欲しい
毛並みは白ベースに黒が多く
顔のところが黒と茶色です
三毛のオスとはどんな猫なんでしょうか?

Aベストアンサー

いくつかの可能性があると思いますが、
私が一番聞いたのは「XXY」の遺伝子を持つ場合ですね。
いわゆるクラインフェルター症候群というものでしょうか。

何度かオス三毛を見たことがありますので、
(知人の保護現場で。珍しいオスとしてではなく普通にもらわれていったようです)
もちろん珍しくはあるけれど、ほぼない、っていうレベルではないように感じます。

生殖能力がない猫のほうが多いようですが、
たまに生殖能力があるといっているのを聞いたこともあります。
昔どこかのペットショップかブリーダーがすごい金額を付けて
オスの三毛ですと売っていた記憶があります。
しかしもし生殖能力があっても遺伝するとは限らないでしょうし、
ただの話題作りの宣伝だったのかも。

ローラ.グールドさん「三毛猫の遺伝子」という本を読むと
わかりやすいかと思います。
(たまたま保護シェルターからもらった猫が三毛の雄だったというところからスタート)

Qペットの安楽死について

昨日10年間飼っていた猫を安楽死しました。
この猫は、10年前、人間の故意的に虐待により輪ゴムを膝関節に強く巻きつれられ、皮肉が壊死し骨から腐ってなくなり、かかと以下の骨はなくなりいた猫が自宅に迷い込んできたのを保護し足の手術と避妊手術をして放したのですが、わが家に来るようになったので、家族に迎えました。
今年から顎に悪性癌が見つかり3階手術したのですが、再発し、もう手術ができなく、喉まで広がってきたので、無念ですが昨日安楽死したのです。
弱っているとはいえ、喉に癌が広がる程度でしたがにまだまだまだ元気でした。家内は窒息死するまでの元気な状態で安楽死したいと申しました。私はもっと容態が悪くなってからでも安楽死を待ってほしかったのですが、家内がかわいがってた猫だったので、仕方なく家内に従いました。
弱っている猫とは違い、まだ元気だったので、なかなか死ねず三倍もの注射を投与しました。
「まだまだ愛猫は生きたかったのでは、?。自分たちの決断は間違っていたのでは?」後悔の日々で泣く日々です。なぜ家内の意見に従ってしまったのか。なぜ私の考えを押しとうせなかったのか。と自分を責め、今日すまなかったと号泣してしまいました。愛猫の死に自分の決断のなさを悔い、「殺処分したのでは。愛猫は苦しんでももっと生き延びたかったのではないのか」と罪悪感で食事ができません。まだ家には老犬と中年猫がいますが、この後悔は絶対にさせたくないと考えます。
「自分の親族に癌末期の家族がいててもこんな決断はしなかったはずだ。」「自分は愛猫を家族以下に考えていたのではないのかと自分を責める毎日です。殺人を犯したような精神状態です。
皆様の中で、余命が宣告されたペットに対してどの時期に安楽死されたのか教えてください。

昨日10年間飼っていた猫を安楽死しました。
この猫は、10年前、人間の故意的に虐待により輪ゴムを膝関節に強く巻きつれられ、皮肉が壊死し骨から腐ってなくなり、かかと以下の骨はなくなりいた猫が自宅に迷い込んできたのを保護し足の手術と避妊手術をして放したのですが、わが家に来るようになったので、家族に迎えました。
今年から顎に悪性癌が見つかり3階手術したのですが、再発し、もう手術ができなく、喉まで広がってきたので、無念ですが昨日安楽死したのです。
弱っているとはいえ、喉に癌が広がる程...続きを読む

Aベストアンサー

これは難しい問題だと思います。
人間でも元気なうちにそのまま. . . と思われる方もいらっしゃるでしょうし。
ただ、私にはそれは無理だとも思います。
以前に動物を看取った時、かなりつらそうな状態で、最後もたいへん苦しそうでしたが、
その時にもし今安楽死させるか?と尋ねられても、できなかったという実感があります。

元気なうちにこのまま、というのが本人(この場合猫ですが)の選択ならば、
もちろん悲しいしつらいけれど、まだしもなのですが、
(本人が選ぶ尊厳死は尊重したいですし)

結局ご家族が、猫がまだ元気なうちに、という選択をされたのは、
ご自分がつらい姿を見ていられないとか、
どちらかというと人間側の都合(自分の気持ちのため)でそうなさったのもあったのかもしれない、
と思うとちょっと苦しいです。

猫が苦しがらないうちにという気持ちもむろん大きな要因であったでしょうが、
猫の場合あまり自殺ということは考えず、いっときいっとき、
幸せな時間を重ねていく(苦しくても、たとえば大好きなうちの人になでてもらう、
特別美味しい物を食べたなど)ことで幸せだと思ってくれるのかなあと考えています。
なのでまだ元気なうちに. . . というのは、周りの友人たちの中ではあまり聞きません。

ただ、これが人それぞれで、外国で暮らす友人のとなりのかたは、
猫がまだ元気で見た目には症状も何も出ておらず. . . というときに
年を取ってるし、病気になったからとすぐに安楽死を選ばれて、
次に別の子猫を何匹も飼われているとのことです。
ようするに「人間のため(たとえば、寂しいときにペットがいるといい、とかかわいくて自分が癒されるとか)」からの視点で見ると、そこで線引きできるひとがいるのかと推測しています。

たぶん、質問者様にとっては、
自分と同じ生き物、家族、仲間的なスタンスの猫であったのだとお察しします。
ご家族のかわいがっていた猫、ということや、病気になったことで動揺されていろいろなことを
考えられないこともあったのかなとか. . .

注射をするときも、そういう結果(何倍もの量を打つなど)になるとか、
そういうのはその場にならないとわからないですし. . .
たとえば、すーっと楽に旅立ったら、そこまで質問者様も辛くなかったのかもしれないし、
やはり同じようにつらかったのかも. . .

あと、もっと頑張って頑張って、ぎりぎりになって、苦しいだけになってしまったときに
注射をしたらよかったのか?
重い病気で苦しむ動物のために、泣きながら選択する方も多くいらっしゃることなので、
そればかりは、実際それを体験してみないとわからないことだと思います。

ただ、私が安楽死できなかった立場から言いますと、
苦しい姿を目の当たりにして、かなりトラウマになりましたし、辛かったですが、
やはりできる限りのことをして、苦しい中でも幸せそうな瞬間があったのをよかった、とも思っています。もちろんなくしたばかりの時はそれどころではなかったです。

ちなみに身内の人間のがん患者のときも、同じことを思いました。
苦しみぬいて、見ていられなかったりしたこともあったけれど、
たとえば安楽死という選択肢があったとしても、多分どの瞬間にそれを選ぶか?と
言われたら、たぶん、もうちょっと、もうちょっと. . . となって、選びきれなかったでしょう。

特にまだ元気なうちにそれを選ぶ人、というのは多分私と違う感覚のかたなのかもしれません。
それが悪いのかどうかというより、とにかく私にはできない事なので. . .

そして、そんなに苦しい状態の質問者様は、私と同じ感覚の方なのかも。
今いる動物は、病気になっても、一緒に歩いて行けるといいですね。

これは難しい問題だと思います。
人間でも元気なうちにそのまま. . . と思われる方もいらっしゃるでしょうし。
ただ、私にはそれは無理だとも思います。
以前に動物を看取った時、かなりつらそうな状態で、最後もたいへん苦しそうでしたが、
その時にもし今安楽死させるか?と尋ねられても、できなかったという実感があります。

元気なうちにこのまま、というのが本人(この場合猫ですが)の選択ならば、
もちろん悲しいしつらいけれど、まだしもなのですが、
(本人が選ぶ尊厳死は尊重したいですし)

結局ご家...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報