私には今、ずっと書き溜めてきた詩があります。
先日、ある出版社にその詩を送ったところ、
協力出版で本を出版してもいいと返事が返ってきたのですが、
費用が150~160万もかかるそうで…
まだ高校生だし、とうてい支払えそうもありません…!!
まだ親に正式に話しはしていませんが、恐らく反対すると思います…。

一般の方の本が
図書館においてあったりしますが、
一体どのようにして出版しているのでしょう…?
私の場合は小説ではなく詩ということで
詩の原稿を受け付けてくれる出版社は少ないようです。

でも出版したいのですが…。
やはり150~160万がないとダメなのですか?教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

本を出版できるかどうかはわかりませんが・・・。

アルファポリスはいかがですか?
詳しくは下のURLを見て下さるとわかると思いますが、簡単に言ってしまうとネット上に作品を公開して、その作品を買ってくれる方や、出資者が目標数現れてくれると出版するという形式らしいです。アルファポリスの本は読み応えの割に低価格の為、結構今注目されていますし、若い作家さんも多いようです。

頑張ってください。

参考URL:http://www.dreambookclub.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてしまって申し訳ありません!
アルファポリスいいですね!!
これなら私もできそうですし。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 15:05

 詳しい単価と比較、出版社の造本料金。




自分史の製作費用
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~itonaga/he.html
 │
 └→ 造本の基本料金(大阪地区・某出版会社)
    http://www2s.biglobe.ne.jp/~itonaga/sanko_kakaku …

 

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~itonaga/he.html,http://www2s.biglobe.ne.jp/~itonaga/sanko_kakaku …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅れてしまって申し訳ありません!
やはり、150万は高いなあ…。と思います……。

お礼日時:2002/04/07 15:02

 ここで、本の体裁や頁数に応じた、



本の印刷価格が簡単にわかります
 http://www.hikarikobo.co.jp/book/title.html


とのことで、体裁(軽装版、ハードカバー)、判型(A5, B6)、
部数(100-1000以上)、頁数で、概算コストが自動計算されます。

 

参考URL:http://www.hikarikobo.co.jp/book/title.html
    • good
    • 0

是非、就職してご自分で給料をもらうようになってから共同出版して


ください。

親御さんとて、kokoro34さんの「夢」をかなえてあげたい・・・と、
思われるはずです。150万円出してくれるかもしれませんよね。

いかにも出版社に儲けさせているだけと思えてならないのです。

http://www.ne.jp/asahi/book/sf/pub.htm

協力出版という言い方は、B社だと思います多分。褒めちぎってくるんで
すよね。そんだけ誉めるんなら企画出版(出版社全額持ち)しろって感じ。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/book/sf/pub.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親は「卒業してからにしなさい」と言いました。。
自分でもよくわかりませんι(汗)
なぜ、いま出版することにこだわるのか…。
cid-37さんのいう通り、出版社はB社です。
褒めちぎるんですか!!
だまされてるか不安だったのですが、やはり!だまされてましたね…。

はたして、ウラを知ってしまってよかったのか、、
夢をなくす位なら、知らぬが仏で、
だまされ続け、どん底から這いあがる為の
やりくりセーカツをする方がよかったのか…。

人生って、厳しいですね。
賢く生きなきゃいけませんね、、私!!

お礼日時:2002/03/01 00:49

確かに額が大きいですよね。


親に相談するのも一つの手です。しかし、自費出版を受け付ける出版社は一つではありませんから、検索サイトで「自費出版」で探されて、いろいろ当たってみるのも手だと思います。
また、Zz zZさんのおっしゃるようなオンデマンド出版形式も検討に値するでしょう。
補足ですが、図書館に置かれている個人出版(自費出版)本は、ほとんどが著者の寄贈本です。郷土史に関係したり何かの受賞作品というのでなければお買い上げは予算上難しいようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手が出せないです…150万なんて…。
ここで、皆様のアドバイスを得て、もっと別の方法を
探したいと思ってます。
図書館の本には、そんな秘密があったのですね!
社会勉強になりました!!

お礼日時:2002/03/01 00:33

どうもですー。



つい2年ほど前私の知り合いの女性も、某出版社へ書きためていた詩を送ったところ「共同出版」と言う形で出版のお話があり、出版することになりました、詩集ということもあり、13×15のサイズで表紙にカラーイラスト(自前)と中身はモノクロで数点挿し絵(自前)を入れて100数ページの物でしたが、そのときは費用が50万円程度だったようです。

最初何冊刷ったのかは忘れましたが、一応全国の書店にちょっとずつ置いていただいたようですが、地元の書店には著者本人が私の作ったポスターやポップ等を持って回り、ある書店ではコーナーを設けてもらったみたいです。で、その書店では最初に置いた数が完売してしまい、増刷した話しも効きました・・・が、それでも儲けってのは出てないようです。本人は「記念だから」と納得しているようですので良いみたいですけどね、私の本棚にも大事に置いてあります。

ホントは何か賞を受賞してそれが本になれば、お金はかからなくて良いのでしょうが、自費なら何とか形にできると思います、出版社によってかかる費用が違ってるようですので、何とも言えませんが・・・kokoro34さんの詩集が形になることを祈ってます。

それと、高校生ということであれば、やはり、まずは親に相談することをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか!!
50万なんですか!!!??
私の場合の3分の1ですか!びっくりです☆
儲けたいなんて、私も考えてません。
でも、、自費になると本を手にする方がある程度
限られてくると思うんです…。
あたしはもっと、知らない人や遠いところに住んでいる
人たちにも手にしてもらいたいと考えています。
いずれにせよ、カンタンに出来るものではありませんねι

お礼日時:2002/03/01 00:28

 自費出版(小部数・基本的に自己販売)と、出版社の販売


ラインに乗せる(初版・初刷りは数百部以上)のとは、やは
り違います。



Book-ing
http://www.book-ing.co.jp/index.html
 │
 └ NGP (New Generation Publishers)
   http://www.book-ing.co.jp/my_idx02.html
   http://www.book-ing.co.jp/my_idx05.html

ブッキングオンデマンド自費出版サービス
(New Generation Publishers)
オンデマンド出版とは、書籍原稿の DTP データをサーバ
に蓄積しておいて、読者から注文があった場合に1冊ずつ
印刷・製本・販売する出版システム。

 

参考URL:http://www.book-ing.co.jp/my_idx02.html,http://www.book-ing.co.jp/my_idx05.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんな便利な出版の仕方があったんですね!
…しりませんでした。
今は忙しくてじっくり閲覧できなかったのですが、
いつかこのような形で出版できたらいいです

お礼日時:2002/03/01 00:16

150~160万はホントに出版してくれるなら妥当な金額だと思いますがとりあえずまるっきり無名の高校生の本が売れるというのはかなり難しいです。



とりあえず公募の雑誌を探せば詩の作品募集がたくさんあるのでそれに応募してみてはどうでしょうか?
それで全然目が出ないようなら出版してもかなりきびしいと思いますし、賞が取れればある程度の実績として売り上げも期待できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
さっそく「公募ガイド」買ってきました!!
詩の公募は結構少なくて驚きました。
難しいとは思いますが、まずは応募してみます!!

お礼日時:2002/03/01 00:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定番のフリーソフト

フリーソフトを入れたいのですが、定番のフリーソフトは何ですか?
フリーソフトのほうが市販ソフトより性能が上ということはありますか?

Aベストアンサー

僕がパソコンを買い換えたら必ず入れるソフトは…

・GlaryUtilities(統合メンテナンス)
>ワンクリックメンテナンス機能やOSの起動に合わせて起動するソフトの管理など、パソコンのかゆいところに手が届くメンテナンスソフトです。

・UltraDefrag(デフラグ)
>オープンソースの強力なデフラグソフトです。インストール先がCドライブ直下にフォルダを作ってそこにインストールされるという、他のソフトとは若干違う仕様です。オープンソースってのが個人的には気に入ってます。

・K-LiteCodecPack(コーデックパック)
>WindowsMediaPlayerを万能プレイヤーに変えてくれるものです。WMPはあまり多くの動画や音楽の形式には対応していませんが、このソフトを入れれば世の中にあるほぼすべての形式のメディアファイルが再生できるようになります。
メディア系のソフトを何個も入れるのは嫌なので、これを使っています。

・XMediaRecode(エンコーダ)
>動画や音楽の形式を変換するソフトです。設定項目が多く、やや使いにくいですが、性能はピカイチ。特に容量を指定して、その範囲でベストの綺麗さで変換してくれる機能は良く使います。

・GoogleChrome(ブラウザ)
>世界最速と言われるブラウザです。Googleアカウントを持っていれば、AndroidやiOS版のChromeとブックマークや開いているタブが同期できてとても便利です。パソコンを買えた時にいちいちブックマークを再構築するという手間が省けます。豊富な拡張機能も便利で、ページの読み込みもサックサクです。

・LibreOffice(オフィススイート)
>フリーのオフィススイートで昔から知られているOpenOffice.orgから諸事情で派生したソフトです。MSOffice互換で、MSOffice形式での保存も可能。オープンソースで開発されており、さほどMSOffice2003ライクな操作性で、それに慣れている世代の人は不便は感じないと思います。

・ThunderBird(メーラ)
>ブラウザのFirefoxで有名なMozillaが開発しているフリーのメーラの代名詞的なソフトです。現在は新機能の開発が停止しており、概ね保守のみとなっています。

と、このくらいですね。

これらに加えて昔はフリーのセキュリティソフトも使っていました。ここ数年は、有料のものを使うようにしています。

僕がパソコンを買い換えたら必ず入れるソフトは…

・GlaryUtilities(統合メンテナンス)
>ワンクリックメンテナンス機能やOSの起動に合わせて起動するソフトの管理など、パソコンのかゆいところに手が届くメンテナンスソフトです。

・UltraDefrag(デフラグ)
>オープンソースの強力なデフラグソフトです。インストール先がCドライブ直下にフォルダを作ってそこにインストールされるという、他のソフトとは若干違う仕様です。オープンソースってのが個人的には気に入ってます。

・K-LiteCodecPack(コーデッ...続きを読む

Q様々な出版社から新書が出ていますが、出版社によって、だいたいの内容の傾

様々な出版社から新書が出ていますが、出版社によって、だいたいの内容の傾向性とかってあるんでしょうか?
例えば~~新書は学術的で難しめの本が多いとか、~~新書は流行りのタイトルばかりで中身が薄っぺらく思う、とか。
あったら教えてください。

あと、新書は読書をよくする人(私はほとんどしません)からすると、どういうイメージなんでしょうか?
一般的には、雑誌の延長のような感じで、興味のあるものを流し読みする感じの軽いもの、というイメージなのでしょうか?

Aベストアンサー

中公新書、岩波新書、ブルーバックスは、他の代わりというイメージはまったくないですね。
各々読みたい時がはっきりしてますし。

Qフリーソフトの寄与したことありますか?

多少パソコンの扱いに慣れていれば、フリーソフトというものを
お使いだと思いますが、よく寄与歓迎をもとめるフリーソフトが
あると思いますが、海外製のフリーソフトのほうが多いみたいですが

でも海外製のフリーソフトではなかなか寄与するのも手順がわからず
大変そうですが、国産のフリーソフトなら可能そうですが、

質問ですがフリーソフトで寄与したことがある方っていらっしゃいますか?
寄与したことがある方は金額的にいくらほど寄与したことがありますか?
シェアソフトは含まないものとして回答お願いします。

Aベストアンサー

>結構善意の入金される方もいるのですね、どうも勉強になりました。

自分が普段使っているソフトウェアは長くメンテナンスされて欲しいじゃないですか。
その作者のモチベーションが金銭だというのであれば、多少の額を払うのもやぶさかではないですよ。

フリーソフトというのは、メンテナンスを続けていくのが非常に難しい配布形態なんですね。
タダだから突然開発を止めても文句を言われにくいので、容易に投げ出してしまえるわけですよ。

お金を払うことで、少しても作者のヤル気が出るならラッキー。という思想です。

寄付を求めていない場合は、金銭ではなく使用者からのフィードバックが主なモチベーションになるので、
なるべくバグ報告をしたり、改善の要望を出したりするのが使用者の勤めというものです。

Q 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、14

 文藝書房と言う出版社に原稿を送りました。すると46判での出版で、147万7万8千400円のうち、35%の51万程を評価等支援額、という出版社側の支援による共同出版を提案されました。これは高いのでしょうか、安いのでしょうか?ただ、この会社は「過度な期待には答えられません」「本はよほどの事がなければうれません」等の注意書きがあり、なかなか好感が持てました。会社の評判も含め、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本)で10~50円。上製本(百科事典みたいなヤツ)で100~200円くらい
です。
ということで、本格的な書籍を作ると、100部程度だと1部1万円を超えるなんて状態はよく起こります。
固定費、変動費を大幅に安くする簡易印刷という方法もあります。

で、多分、自費出版の多くは、全体の2/3を占める販売費や流通費を大幅に縮小して、ほとんどゼロにしているんじゃないでしょうか。
まず、校正は、誰がどのような方法でやるかを聞いてみてください。もし、作者におまかせなら、あてになりません。校正とは、文字の間違いを治すという文字校だけでなく、作品をより良くするものも含みます。ここで手を抜くということは、売りたいとか良い作品を創りたいのではなく、街の広場のように作っていくらという商売の出版社ということです。
印刷した本をどれだけ取次に渡し、どのくらいの期間、出版社の在庫がどのようになるかを聞いてみてください。ホントに良い作品と思ってなら、売ることに注力をするはずです。
取次にもし渡さなければ、出費の1/3を抑える事ができます。ただ、そんなことで経費を浮かすトコは、出版社ではないですよね。単に本を製造して発注元に渡す印刷会社に過ぎません。

私はもし、上記のように、出版社が書いた原稿を何もせずにそのまま本を依頼主に渡すだけなら、その費用は「高い」と思いますし、出版社として真っ当な出版活動をするとしたら、営業費が全く出ない費用だと思います。
いずれにしても、ご自身が知人に紹介した範囲でしか売れない類の本になるということです。仮に1万冊刷るとしたら、その1万冊全部がご自身のご自宅に半年後に送られてくることになるかと思います。
まずは、その場所の確保の算段をしてからご依頼されると良いかと思います。

コミックマーケットなどは行かれたことがありますか? 活字本よりも原価が高いので、1冊1000円で手売りしていますが、500~1000冊売って多分、損益分岐なのではと思います。(簡易印刷をしていれば、その1/3くらいでしょうけど)
ご自身がこのような同人誌即売会で手売りをする気持ちがない限り、在庫を抱え続けることになるかと思います。

出版の費用構成は、トータル経費のうち
  1/3 が、広告費
  1/3 が、流通費(書店や取次の取り分。小出版社なら5割程度)
そして、残りが、本を作る費用、いわゆる原価になります。作者の取り分もここに含まれます。
本を作る費用は、
 固定費がページ1000円くらい。これに校正をかける費用で、きちんとつくるならさらにほぼ同額がかかります。
 変動費(部数が増えるほどかかるお金)が、多くても30円、モノクロなら2~10円くらい。これに製本が仮製本(本屋でよく見る柔らかい表紙の本...続きを読む

Qアクセスに替わるフリーソフト

アクセスを勉強したいのです。マイクロOfficeのソフトなら、フリーソフトならオープンOfficeがフリーソフトであります。アクセスでフリーソフトで同じように使えるソフト(一般的にメジャー)はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

その、オープンOfficeがアクセスも入っています

とーぜんの事ですがMSアクセスと違う所もあります、完全互換じゃないので、ご注意ください

Q日本の出版社事情をご紹介いただけないでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。日本の出版社事情をご紹介いただけないでしょうか。有名な出版社、主に何の内容の本が強いかなど教えていただけないでしょうか。本を購入する時の一参考とさせていただきたいと思います。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問の領域をはっきりさせないと回答ができないです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%89%88%E7%A4%BE%E4%B8%80%E8%A6%A7
で「日本の出版社一覧」があります。ほとんどの出版社がリストアップされ、各出版社のHPにリンクされています。

書名か著者名がわかっていてその出版社を探す場合は図書館で検索すると他のデータも表示されます。
http://ufinity51.jp.fujitsu.com/cass/usrshd.do?tenantId=metro&system=1331019062252&login=off

わかっている項目だけ入力して、下部の検索先サイトリストでどこかの図書館にチェックを入れれば検索できます。



週刊誌、月刊誌、全集、文庫などを出版している会社などの個々の条件をつけると回答もつくと思います。

Qフリーソフトのオススメ

フリーソフトでオススメがあれば教えてください。。。 
(1)欲しいのは動画が快適に見れるフリーソフト。
(2)ダウンロードが早くなるフリーソフト
(3)常駐してパソコンを最適化してくれるフリーソフト

オススメガあれば教えてください

Aベストアンサー

(1)動画が快適に見れるかどうかはパソコンのスペックによります

(2)ダウンローダーというジャンルがありますので、自分に合うものをお探しください。どういう物をダウンロードするかにもよりますので。

(3)OS毎に最適化とか高速化ツールがありますので、ご自分にあったものを。パソコンユーザーすべての要求を満たすようなものはないので、ツールごとに一長一短があります。

Windowsユーザーなら窓の杜(まどのもり)やVectorのサイトで分類訳されているので、そちらで探してみてください。

Q出版関係社の方に質問です!ビジネス本の広告紹介について

よく新聞にビジネス本の紹介で広告が掲載されていますが、
「重版」「重版出来」「増刷」「○○万部」などの売り文句的な
紹介キャッチコピーがありますが、それぞれどういう意味で、
どの順番に売れているという評価なのでしょうか?

また、ビジネス本では、何万部売れればすごいのでしょうか?

教えてください!

Aベストアンサー

「重版」は、文字通り「版を重ねること」で、売れ行きがよく品切れしていた書籍を、再度、印刷製本しましたよ、ということです。
また「出来(しゅったい)」は「できあがること」ですので、「重版出来」で「重版ができました」ということです。

「増刷」も「重版」と似たような意味で、「増し刷り」、つまりさらに追加して印刷しましたよ、という意味です。

ですから、「重版」された商品の方がよく売れているとか、「増刷」の方が売れているとか、そういう違いはありません。どちらも「売れ行きがよくて品切れしていましたが、再度、印刷して店に並びましたから買ってください」という売り文句です。

あと、何万部売れたらすごいのか、という質問ですが、これは難しいですね。
ビジネス書ならば、1万部も売れたら、私ならすごいと思いますが、大ヒット!と言われるのは何十万部以上だと思います。
ヒットと言われる部数の基準は、ビジネス書の出版社の方にお答えいただけたらと思います。

Qフリーソフトはなぜフリーで使えるのですか?

私は便利なフリーソフトをたくさん使っています。しかし、なぜ便利なフリーソフトがあるのに、市販されている同じような機能を持ったものが売れるのでしょうか?フリーソフトを使うことの弊害はありますか?

フリーソフトを提供してくれる人は、なぜお金を取ろうとしないのでしょうか?何のために作成しているのでしょうか?
初心者ですがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

>市販されている同じような機能を持ったものが売れるのでしょうか?
>フリーソフトを使うことの弊害はありますか?

市販のソフトを開発するのに工数がかかるのは、バグ取りすることです。通常の処理をして正しく動作するプログラムはそれなりに作ることができますが、イレギュラー操作しても問題無いように処理するのは、いろいろな事例をつぶす必要があります。
又、OSのバージョン対応も必要です。今でもWin98でも動くことを要求するユーザーはそれなりにいるしWinME、Win2000、XP、VISTA、全てで動作するように(あるいはどのOSでは動作しないかの検証をすることに)処理するバグ取り(バグとは言わないかな)も大変です。

フリーならこれらが多少いい加減でも、メイン機能が正しく動けば使う方も文句言わないと思いますが、有料ソフトの場合バグがあれば文句が沢山でます。だから高機能を持ったソフトだけどフリーという方がたくさんいらっしゃると思います。

>フリーソフトを提供してくれる人は、なぜお金を取ろうとしないので
>しょうか?
これは趣味だからなのでは(^_^;)
フリーソフトを作成される方は、自分で興味を持ってプログラムを勉強して、いろいろな事ができるようになります。そしてそれなりの機能を持ったプログラムが完成すると自分で使うわけですが、それだけでは満足できなくなるように思います。多くの人に使ってもらって自分はこんなことができると認めてもらったり、又自分では気づかないソフトの問題点を指摘してもらって更に完成度を高め、市販のプログラムにもひけを取らないソフトを完成させることで自己満足を得るし、それを利用するユーザーからは感謝される。
自分でプログラム開発して自分で使っているだけではこの喜びは味わえないのではないでしょうか。

フリーソフトは本当に便利なものが沢山ありますよね。フリーソフトの作者に感謝して使っていきたいと思います。

>市販されている同じような機能を持ったものが売れるのでしょうか?
>フリーソフトを使うことの弊害はありますか?

市販のソフトを開発するのに工数がかかるのは、バグ取りすることです。通常の処理をして正しく動作するプログラムはそれなりに作ることができますが、イレギュラー操作しても問題無いように処理するのは、いろいろな事例をつぶす必要があります。
又、OSのバージョン対応も必要です。今でもWin98でも動くことを要求するユーザーはそれなりにいるしWinME、Win2000、XP、VISTA、全てで動作する...続きを読む

Q出版社の本

自己啓発関係の書籍をよく読みます。
今まで読んだ中に
古本屋に出ているような古い本ですが、
ごま書房の本は、結構役に立つような本が
多かったです。

自己啓発、能力開発関連で
ほかによい出版社や著者など
あったら教えてください。

Aベストアンサー

その種の本はPHP研究所発行の書籍に多いですね。

参考URL:http://www.php.co.jp/、 http://www.junkudo.co.jp/view2.jsp?VIEW=shelf&ARGS=3446


人気Q&Aランキング