お世話になります。
現在、便宜上OS9.2とOS X(10.1)を使い分けているので、iTunesのライブラリが互いのOSで共有できれば楽だなと思っておりますが、そのような設定は可能でしょうか。
いまは、iTunesはおもにOS Xで使っていて、ライブラリはそっちにあります。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

出来ますよ。



参考URLに詳しくやり方がかいてあります。

Mac OS 9 の音楽ライブラリを Mac OS X で使用するには:

1. Mac OS X ホームの「Documents」フォルダにすでに「iTunes」フォルダが存在している場合は、「iTunes」フォルダをゴミ箱にドラッグします。
2. Mac OS 9 起動ディスク上の「書類」フォルダの中にある「iTunes」フォルダのエイリアスを作成します。
3. Mac OS X の中の「Documents」フォルダにエイリアスをドラッグします。
4. エイリアスの名前を「iTunes のエイリアス」から「iTunes」に変更します。


Mac OS X 音楽ライブラリを Mac OS 9 で使用するには:

1. Mac OS 9 起動ディスク上の「書類」フォルダにすでに「iTunes」フォルダが存在している場合は、「iTunes」フォルダをゴミ箱にドラッグします。
2. Mac OS X ホームの「Documents」フォルダの中にある「iTunes」フォルダのエイリアスを作成します。
3. Mac OS 9 起動ディスクの「書類」フォルダにエイリアスをドラッグします。
4. エイリアスの名前を「iTunes のエイリアス」から「iTunes」に変更します。

参考URL:http://til.info.apple.co.jp/cgi-bin/WebObjects/T …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。
たいへん参考になりました。

お礼日時:2002/01/26 17:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「Mac OS X 」を「Mac OS9.2」へ上書き後、元の「Mac OS X 」へ戻すには

誤って「Mac OS X」が入っている外付けHDへ、
「Mac OS9.2」を、上書きしてしまいました。

もう一度「Mac OS X」へ戻したいのですが、
あいにく、「Mac OS X」のインストールCDが見当たりません。

ひとつ救いとして、上書きの際に、
「もとのデータをのこしたままで上書き」の設定で再インストールしたので、新しくインストールされた「OS9.2」の中に
「オリジナル項目」というフォルダーがのこっていました。
フォルダー内には、「Mac OS X」で使用していたアプリケーションや、
作成ファイルなどはのこっている状態です。


本体の「Mac OS9.2」を立ち上げて、
起動ディスク「Mac OS X」を選択することはできます。
ただ、指定して立ち上げようとすると
画面には、アップルマークが表示されるのみで起動しません。

この状態から「Mac OS X」のインストールCDを使わずに
「Mac OS X」が立ち上がるようにすることは可能でしょうか。

長くなりましたが、よろしくお願い致します。


「オリジナル項目」の中身
----------------------------
Applications
automount
Desktop Folder
Fonts
Library
System
Users
******上記フォルダーのもの

mach
mach.sym
mach_kernel
******上記ファイルのもの

----------------------------

誤って「Mac OS X」が入っている外付けHDへ、
「Mac OS9.2」を、上書きしてしまいました。

もう一度「Mac OS X」へ戻したいのですが、
あいにく、「Mac OS X」のインストールCDが見当たりません。

ひとつ救いとして、上書きの際に、
「もとのデータをのこしたままで上書き」の設定で再インストールしたので、新しくインストールされた「OS9.2」の中に
「オリジナル項目」というフォルダーがのこっていました。
フォルダー内には、「Mac OS X」で使用していたアプリケーションや、
作成ファイルなどは...続きを読む

Aベストアンサー

オリジナル項目として残っているファイル以外にも必要な物が有ります。
HDの上位に『ドット付き』のファイルが存在していればオリジナルフォルダの中身を出せば起動する可能性は有ります。

QOS10.1からOS10.1.5へのアップデート

わが家のiMacDV400にちょっとトラブルがおきまして、さきほどOSXを再インストールしました。

まず10.0をインストールし、次に、アップグレードCDを使って10.1にアップしました。そしてAppleのサイトから10.1.5統合アップデータをダウンロードしてインストールしようとしたのですが・・・

10.1.5統合アップデータをインストールするにはその前にInstaller Update 1.0をインストールせよとあり、Installer Update 1.0をインストールするにはその前にSecurity Update 10-19-01をインストールせよとあったので、その通りにやったのですが、Security Update 10-19-01のインストールでインストール先のディスクが選択できないんです! どうしてですか?

OSX10.1にアップグレードした後、Security Update 7-18-02というのをインストールした(させられた)のですが、これがいけなかったのでしょうか! お分かりの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

もう一度10.0からインストールする時間的余裕があったらそうしてみてください。そして10.1にアップデート後はソフトウェアアップデートの指示に従ってみてください。

Qos.xからos9.2.2に起動しようとして間違えてos9.1を選択し

os.xからos9.2.2に起動しようとして間違えてos9.1を選択してしまい、os9.1の画面が出てきてすぐにフリーズしてしまいます。
どなたか助けて下さい。仕事で使っている為、早く直さねければなりません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

※状況がハッキリしません。
OS9.2.2はOSXと同じボリュームでしょうか?
9.1が何故あるのでしょうか?

それぞれが別のボリュームなら強制的に再起動させて起動する時にoptionキーを押したままにすればOS毎のボリュームが表示されますからそれを選択して起動させます。
後はシステム環境設定等で起動ディスクを再設定します。
同じボリュームに全て入っているのならXキーを押しながら起動させるとOSXで起動しますから再度OS9.2.2に変更すれば良いです。

※焦っているのは解りますが、回答者に全ておんぶにだっこどうかと言う事です。

QOS X(10.1.2)からOS X(10.2)にアップグレード

現在、MAC「QuickSilver」のOS X(10.1.2)をクラシック(9.2.2)で使っています。具体的に言うと、インターネットはOS X(10.1.2)で、仕事はクラシック(9.2.2)を使っています。

Firefox2をインストールしたいと思ったのですが、Firefox2がOS X(10.2)以降しか対応しておりません。そこで、オークションでOS X(10.2)を購入してアップグレードしようと思っているのですが、問題はありませんか?クラシック(9.2.2)環境は正常に動きますか?

親切な詳しい方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#1~4です。
10.3と10.4とはあまり差はありません。むしろOSXとしての洗練度から10.4の方が良いです。また、フリーウェアは対象が広いので10.3でも問題ないケースが多いですが、今の新しいセルソフト及び周辺機器のドライバが10.3.9(10.3の最終バージョン)以降の対応が増えていますので、既に終息に向かっていると考えたの方が良いのでその点でも10.4の方をお奨めします(多分即は導入されないと思いますがAdobeのCS3は10.4.8以降の対応です)。

ブラウザのブックマークとメーラーのアドレス帳は基本的に対応するソフトであれば移行できます。移行するためにはそれぞれをエクスポートしておくとやりやすいです。
ただFireFox2を使用していませんのでメーラー機能が有るか知りませんから、FireFox2にアドレス帳が移行できるかどうかは解りません(例えばThunderbird等のメーラーには移行出来ます。)

QOS X10.5とOS9.2でファイル共有

OS9.2からはゲスト及び登録者利用の双方で問題なく繋がりますが、10.5のサーバへ接続
では、登録ユーザでもゲスト接続でも接続に失敗しました。と表示されて繋がりません。

OS9.2の設定の何処かにミスがあると思い適当に設定を変えてみたのですが上手くいかないので
何か試してみる設定箇所があればお教え下さい。

Aベストアンサー

> 自信はありませんが、Mac OS X 10.5側をサーバにしたファイル共有のつもりです。

Mac OS X 10.5(ホスト側)のシステム環境設定>共有で、「ファイル共有」にチェックを入れます。
共有フォルダと、共有フォルダにアクセスすることができるユーザ、そのユーザの権限を設定できます。というか、設定しないとファイル共有できません。ここをもういちど確認してください。
Mac OS 9.2(クライアント側)から、かならず登録したユーザ名と、そのパスワードでアクセスしてください。Mac OS X 10.5側のMacintoshの、管理者権限のあるユーザでアクセスすると、ハードディスク全体にアクセスできて便利です。(便利ということは、裏を返すと、危険ということでもあります)

以上をふまえても、まだファイル共有できないのなら、やはり非互換性を疑うしかないかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報