質問する場所がここでよいのかわかりませんが、CATVとは何ですか。

特に聞きたいことは、このCATVには可能性があるかということです。

地方自治において活用する方法、意見でもかまいません、

いろいろ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Q/CATVとは何ですか。



A/ケーブルテレビ、有線放送といいます。聞いたことがあるでしょう。通常のテレビは電波を利用しますよね。無線という言い方もできます。このCATVは専用の回線を引くわけで、共同のアンテナでテレビを受信しそこから専用線で契約した家庭にテレビ包装を届けます。
BSやCSなどの衛星放送も個別アンテナなしに、CATVで契約すれば見ることができる場合もありますし、地上派も少々場所が悪く、写りにくい地域でも別の場所で専用アンテナを利用して受信したものをCATV専用線で送ってきますので、鮮明な映像で見ることができます。

さらに、CATVではTV放送用に使う専用線の空き帯域を使い高速インターネットサービスや、テレビ電話、電話サービス、在宅医療、在宅バンク、地域情報の発信・受信、地域密着型のサービス各種、ビデオオンデマンド、ミュージックオンデマンド(見たい映画や音楽を見たいときに見るサービス)など様々な次世代サービスを受けることができます。

(ただし、CATV局によって、サービスの種類は異なります・・・また現段階ではサービス予定の物もあります)

ちなみに、将来的には地域によって異なりますが、有線のメディアサービスとしてNTTなどの電話会社が主導するFTTH(家庭用光ファイバ網)を利用したインターネット及び電話など通信サービス(B-ISDN)と、各CATVの光ファイバ専用線もしくはNTTから借りた光ファイバを利用したインターネットやTVなどのマルチメディアサービス、どちらも次世代GTTH(ギガビットトゥーザホームの略)サービスとなるこれらのサービスが残るとされます。
将来性の高いサービスと言うことです。

ただ、全国でCATVが発達しているわけではありませんし、導入の初期投資はまだ高いですし、地域格差も大きいですから、これからというサービスですね。
(一部の地域ではCATVが開局していない、全くサービスがないところもあります。)

ちなみに、madmanさんの解答に補足として、1地域に1事業者とは限らず、利益の出る地域では2社や3社が競合している地域もあります。また、近年の法改正で通信会社なども参入可能な状況となりましたから、将来的にはさらに多くの会社が参入する可能性は高いです。

もし何かあれば補足を・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1地域に1事業の場合などは出資はどこがしているのですか。市町村ですか。
またこのCATVが町おこしなどできる可能性はありますか。
地方の高齢化社会の中では(パソコンなどを触ったことのない御年寄りがいたり)このCATVは何かできますか。
多くの質問をしてすいません。
本当に何も知らないので勉強したいので教えてください。

お礼日時:2002/01/26 14:26

地方自治の観点から。


地域によりけりですが、行政が中心となって民間の資本も導入しつつ、CATV網を張り巡らしているところもあります。
一つには、昔からの有線放送や町内放送に変わる連絡手段や、まだ民間資本が入っていない(利益が上がりそうに無い)状態のデジタルディヴァイドを解消するための一助として政策的に既存のメディアや通信網とは別のラインを作るという理由があります。
この観点は昨今のブロードバンド時代以前、マルチメディアどころかニューメディアといっていたころの町おこし策の一つとして考えられていたものであり、当然スカパーなどのCSも視野には入っていませんでした。(敢えて上げるとするならば、NTTが進めていたキャプテンシステムが念頭にあったとは思います。)
地域への情報伝達のインフラを目的として整備されていったわけですが、現在ではインターネットでのブロードバンドで注目されるようになって、一旦廃れかけたCATVが蘇ってきているといえます。
FTTHなどのさらに高速なブロードバンド手法がメインになったとしても、回線を独自に持っているというハード的な強みがある以上、回線の増強や圧縮技術などの向上によりまだまだ可能性はあると私は思います。
(ADSLは昔ながらの銅回線(メタル)ですからね・・・。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が本当に遅くなってすいませんでした。
今と昔のCATVの役割の変化などがわかり大変ためになりました。
今後の勉強に役立ちます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/24 17:01

CATV:ケーブルテレビネットワーク


俗に言うケーブルテレビのことでしょう。
1地域に1事業者しかいないのですが、独自にケーブルを施設し、各家庭まで接続しているので、現在ではテレビ配信以外に、インターネットも利用できます。
地方自治であれば、専用の端末を各家庭に置けば、在宅投票や、意見の交換、申請書類の配布、などなどいろいろ出来る可能性はありますが、全家庭が、ケーブルテレビに加入する必要があり、施設費等でまだまだ問題はありそうです。
行政で利用するのに、個人負担での加入など。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
madmanさんは以上のことの他にこんなことできたらとかありませんか
例えば(もうすでにあるかもしれないけど)その地域の行政の政策・方針を討論
する番組を流すなど、なんでもいいので教えてください。お願いします。

お礼日時:2002/01/26 13:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方自治

地方自治は民主主義の学校ということをプライスという方がいわれたということを学校で聞きました。これはどういう意味なのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

地方自治は住民自治、つまり、住民自らが政治に参加して、住民の意思を地方政治に反映させると言う事で、住民が身近な政治に参加する事で、住民にとって民主主義を理解する上で良い勉強になる。って感じじゃなかったでしたか?

Q地方自治の呼び名について

地方自治は「民主主義の学校」と呼ばれるそうですが何故ですか?

Aベストアンサー

 直接民主制が実現できていることが多いからです。たとえば、知事や議員を直接選んでいるし、住民は直接請求権などで、直接に政治に参加することが保障されているからです。

Q地方自治体についての本

 地方自治体や市役所について詳しく書かれている本を教えてください。出来れば近年の本でお願いします。

Aベストアンサー

地方公務員です。私が読んできた本の中でおすすめのものを書いてみます。
たいていのものは図書館にありますので、よければご覧になってください。

行政マンの仕事術
行政マンの文章術
地方分権と統計学
お役所の潰れない会計学
地方公務員の人・間・関・係


あと、「地方自治体」でアマゾンを検索してみると、下記URLのような結果が
出ました。こちらもどんどんと読んでいってみてください。期待しています。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=wbnavss?url=index%3Dblended&field-keywords=%92n%95%FB%8E%A9%8E%A1%91%CC&__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&Go.x=9&Go.y=10

Q地方自治体首長選挙に政党が介入する理由

先日行われた都知事選では自民が石原に、民主が浅野を支援していましたが、何ゆえ政党は彼らの選挙に介入せなならんのか分かりません。

Aベストアンサー

中央政党が地方政治に口を出す理由
・政治とは、まず日本や地元をどのようにしたいかというのがあり、政党とはその手段にしか過ぎません。そしてその方法として自らが中央政界に出て中央で頑張るという手段もあるでしょうし、地方政治家として頑張るという手段もあるでしょうが、中央の政治家として自らと思いを同じくする地方の政治家と一緒になって頑張るという手段もあるでしょう。選挙応援もその一環といえます。
・中央選挙の時、地方の政治家の票はかなり大切な支持層です。つまり地方政治家がしっかり固めてくれた票を自分の選挙の時に動員できれば、選挙の時の大きな力になるわけです。したがって、子飼いの政治家を出来るだけ多く作っておき恩を売っておくことは自らの権力基盤を固める事になるわけです。地方政治家は自民党の牙城なのでこれが自民党の権力基盤を支えているともいえます。

地方が中央を頼る理由
・中央とのパイプ
大分解消されてきたとはいえ日本は中央集権が強い国です。したがって何をするにも中央の承認と場合によっては予算が必要なわけです。そのときに話を通してくれる人が中央にいると非常に便利なわけです。
・中央議員の票
これは地方の時の逆ですね。中央議員は実力者が多く、業界団体とのつながりも強いです。したがって中央議員が持つ票田は地方政治家にとっても魅力的なわけです。お互い持ちつ持たれつということですね。

こういうと余り良くないことのように聞こえますが、中央と地方の情報と意思のギャップを生める為にも地方の政治を政党が担うのは悪い事では有りません。しがらみが増えるのは当然ですが、地方の実情を最もよく知り地方自治を担う地方の政治家とのパイプはやはり必要です。

中央政党が地方政治に口を出す理由
・政治とは、まず日本や地元をどのようにしたいかというのがあり、政党とはその手段にしか過ぎません。そしてその方法として自らが中央政界に出て中央で頑張るという手段もあるでしょうし、地方政治家として頑張るという手段もあるでしょうが、中央の政治家として自らと思いを同じくする地方の政治家と一緒になって頑張るという手段もあるでしょう。選挙応援もその一環といえます。
・中央選挙の時、地方の政治家の票はかなり大切な支持層です。つまり地方政治家がしっかり固...続きを読む

Q地方自治体の暫定税率廃止反対について

民主党のガソリン税暫定税率廃止の方針に対して、全国知事会など地方6団体から緊急共同声明があったと報道で知りました。

声明は

「暫定税率廃止は地方財政に深刻な打撃を与え、多くの自治体が赤字団体に転落する」
「暫定税率廃止は地方財政運営を直撃し、福祉や教育などの行政サービス低下など国民生活に深刻な影響を及ぼしかねない」
という内容です。

私はガソリン税の暫定税率は元々道路整備に使う目的でドライバーから徴収している税金だと思っていました。
しかしこの声明を聞くと「ガソリン税が無くなると福祉や教育の行政サービスが低下する」と。

ここで「えっ?」と思ったのですが、道路整備が遅れるということなら理解できるのですが福祉や教育サービスが低下ということは、
地方ではガソリン税の暫定税率分の税収の使い道は自由なのでしょうか?

大変幼稚な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

道路特定財源というのは、高度経済成長期にどんどん道路を作ろうとできたのですが、もともと、道路族という議員や有力議員の地元に対して、住民には生活が便利になるという口実で、一方選挙運動に従業員を総動員して協力してくれる土建屋・ゼネコンに対して、大金を流せるという一挙両得の財源です。さらに指定入札で余分に儲かる仕事を貰った業者は、政治献金として議員に還流するという政財官すべていい思いができる図式が出来上がったのです。その後、どんどん車が増えてガソリン消費が増えて、莫大な金額に膨れ上がったため、暫定どころか彼らにとって絶対に手放せないものになりました。結局、我々庶民から吸い上げた税金を「政財官」の3者だけで分け前をしているだけで、「財」も一部の業者に限られ、景気高揚には直接つながらないのです。表向きは道路特定財源なので、道路を作るために交付されるのですが、実際には何に使われているかわからないのです。国は別に道路を作らなくても、そういう関連業者(ゼネコン・土建屋)が潤えば、自分の選挙に有利になるわけだから、関係ないのです。
また、すべての首長がこの法案に全員賛成しているのは、逆らうと見せしめとして国から交付金が一切貰えなくなるからです。
例えば、岩国市には米軍基地があり、騒音などの迷惑料として、優先的に地方交付金が出されてきましたが、現市長が基地に反対したことで、それより前に約束した市役所建設費用の負担もいきなり全額カットされました。つまり見せしめなんです。だから他の都道府県市町村の首長は理不尽でも怖くて反論すらできないのです。この膨大な権力を握った官僚・政治家によって、我々庶民はとことん利用され、どんどん少なくなっていく所得の中から、さらに何とかしてどんどん税金を取ろうとしているという訳です。

昨日もテレビで通称「まこと橋」っていう、車がほとんど通らないのに、60億円もかけて作った無駄な橋があるってやっていましたね。古賀誠っていう大物政治家の地元にあるのです。彼は小泉改革を真っ向から反対して、造反組だったのに、議決の際に、棄権して反対でも賛成でもないって大義名分を作り上げました。結局、離党もせず、今では何と一番党の資金を自由にできる選挙対策委員長に納まっています。こんなのが地方にごろごろあるんですから、テレビはもっと公表すべきでしょう。いかに無駄な税金が湯水のように、ある意味私的に使われてきたかって。

今の国土交通大臣は公明党(創価学会)の冬芝氏ですが、顔を見てください。初当選した頃と比べると、時代劇の悪代官みたいに本当に人相が悪くなってしまいました。悪いことをすると顔に出るものです。他にも人相が悪くなった自民党政治家は山ほどいますよね。

道路特定財源というのは、高度経済成長期にどんどん道路を作ろうとできたのですが、もともと、道路族という議員や有力議員の地元に対して、住民には生活が便利になるという口実で、一方選挙運動に従業員を総動員して協力してくれる土建屋・ゼネコンに対して、大金を流せるという一挙両得の財源です。さらに指定入札で余分に儲かる仕事を貰った業者は、政治献金として議員に還流するという政財官すべていい思いができる図式が出来上がったのです。その後、どんどん車が増えてガソリン消費が増えて、莫大な金額に膨...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報