次の物質を水溶液にした場合、赤色リトマス紙が青くなるものを選択しなさい。
(1) 塩化アンモニウム
(2) 酢酸ナトリウム
(3) 水酸化カリウム
(4) 硫酸バリウム
(5) 炭酸カルシウム

正しい答えは(2)(3)(5)なんですが、
(2)と(5)がどうしてなのかわかりません。

リトマス紙が青くなるというのは、水酸化物イオンがあるからではないんでしょうか?(全くの化学初心者なので変なこと言ってたらすいません。)
同じ理由で「硫酸銅の水溶液が酸性」というのもわかりません。
どのようにして解いたらいいのでしょうか?
それとも暗記なのでしょうか?

すごく簡単な問題なのかもしれませんが、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうなんです.OH-があるものはアルカリ性なんです.だから,(3)はアルカリ性というのは正解です.


問題は(2)と(5)でしょう.これらを考えるとき,「中和反応」を考えるのが一般的です.
つまり,「OH-があるかどうか」ではなくて,「その塩をつくるためには,何と何を混ぜればよいのか」を考えます.

(1)HCl + NH4OH --> NH4OH + H2O
(2)CH3COOH + NaOH --> CH3COONa + H2O
(4)H2SO4 + Ba(OH)2 --> BaSO4 + 2H2O
(5)H2CO3 + Ca(OH)2 --> CaCO3 + 2H2O
((3)は塩ではないので省略します)

また,一般に次のような法則が成り立ちます.
強酸+強塩基=中性の塩
強酸+弱塩基=酸性の塩
弱酸+強塩基=塩基性の塩
弱酸+弱塩基=一概にはいえない

だから,(2),(5)は「弱酸+強塩基=塩基性の塩」となります.
他には,塩化ナトリウムNaClは中性になるのです.
同様にして,硫酸銅CuSO4は,
H2SO4 + Cu(OH)2 --> CuSO4 + 2H2O
となって,「強酸+弱塩基=塩基性の塩」となるわけです.

-----------------------------------------------------------------

しかし,「なぜそんな法則になるの!?」って思いますよねぇ.そこで,(2)と(5)を例に,なぜ塩基性になるのかを理論的に考えてみます.

(2)CH3COONa --> CH3COO- + Na+
(5)CaCO3 --> Ca2+ + CO32-

さて,「このどこにOH-が入っているんじゃい!」と思われるかもしれません.が,共通するポイントがあります.それは,陰イオンがすべて弱酸由来だということです.これらの陰イオンは,水と反応して,次のような平衡(=反応)をします.

(2)CH3COO- + H2O <--> CH3COOH + OH-
(5)CO32- + H2O <--> HCO3- + OH-

あら,たしかにOH-が出てきましたね.このことから,一般に「弱酸(=炭酸,酢酸など)の陰イオンからなるアルカリ(アルカリ土類)金属塩は,塩基性である」
といえます.


でも,なんだか騙された感じですよね.弱酸の場合なぜこうなるのかを,酢酸を例にとって説明しましょう.酢酸CH3COOHは,水の中で次のように電離します.

CH3COOH <--> CH3COO- + H+

ここでポイントなのは,「この反応は平衡である」ということです.例えば,100個のCH3COOHがあったとしましょう.このうち,100個全部が電離するのではなく,実際はそのうちの2,3個しか電離できません.なぜかというと,CH3COO-というのはあまり安定ではないからです(この記述は厳密には異なりますが,今は平易的な理解を優先してこう説明します).
つまり,水溶液中ではCH3COOHがだいたい97,8個,CH3COO-とH+は2,3個ずつ含まれているのです.この割合は濃度によって変わりますが,その辺は無視しましょう.

じゃあ,このことを頭に入れて,CH3COO-が100個,CH3COOHが0個という水溶液を考えてみましょう.さっき,CH3COO-は不安定といったように,CH3COO-はH+と結びついてCH3COOHとなったほうが安定なんです.じゃあ,このH+はどこからくるのか?それは周りからH2Oをとっ捕まえてくるのです.

CH3COO- + H2O <--> CH3COOH + OH-

このような,「平衡論」と呼ばれる反応機構があるため,上のような法則が成り立ちます.まあ,理系選択でなければ,このような理論はあまり覚える必要はないでしょう.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
すごくすごく丁寧にしっかり教えていただいてありがとうございました。学校の先生よりもわかりやすく、感激しました。同じような問題に挑戦して、このテの問題をしっかりマスターしたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 19:30

化学が暗記と思われるのは少し寂しいので、ちょっとでしゃばらせていただきます。



とはいえ、きちんとした解説はすでに出ていますので、ちょっと「ずるい」解説です。

問題に出てきた物質は全てイオン結合している物質なので、水に溶かすとイオンに別れます。
例えば、「酢酸ナトリウム」は「酢酸イオン」と「ナトリウムイオン」になります。

これではまだ、水酸化物イオンは出てきませんね。

問題は、水の方にあります。
水はH20ですが、実は「水酸化イオン(OH-)」と「水素イオン(H+)」からできているのです。

水酸化イオンがあるからアルカリ性?
でも、水素イオンもあるから酸性かも?

実は純粋な水は、水酸化イオンと水素イオンが同じ個数あります。アルカリ性と酸性が同じ強さなのです。
従って、アルカリ性でも酸性でもない中性なのですね。

今まで説明したように、酢酸ナトリウムを溶かした水は、次の4つの物質を含む事になります。
(1)酢酸イオン
(2)ナトリウムイオン
(3)水酸化イオン
(4)水素イオン

このうち、(1)酢酸イオンと(4)水素イオンが酢酸を作り、(2)ナトリウムイオンと(3)水酸化イオンが水酸化ナトリウムを作ります。

つまり、「酢酸ナトリウム水溶液とは、酢酸と水酸化ナトリウムが混ざったもの」なのです。

酢酸の酸性と、水酸化ナトリウムのアルカリ性。どっちが強いですか?
酢酸は弱酸性、水酸化ナトリウムは強アルカリ性ですね(こういうのは覚えてくださいね)。
水酸化ナトリウムのアルカリ性の方が強いので、酢酸ナトリウム水溶液はアルカリ性・・・赤色リトマス紙を青くするのです。

その他の物質はどうでしょう?
(1)「塩化アンモニウム」は、「塩酸」と「アンモニア」に、
(4)「硫酸バリウム」は、「硫酸」と「水酸化バリウム」に、
(5)「炭酸カルシウム」は、「炭酸」と「水酸化カルシウム」に、
(他)「硫酸銅」は、「硫酸」と「水酸化銅」
になります。

それぞれが強酸か弱酸か、強アルカリか弱アルカリかは、覚えていただくしかないです。

また、『砂糖を水に溶かしたら?』も「共有結合性物質」か「イオン結合性物質」かを、覚えていただくしかないです。
しかし、化学が丸暗記ではないと思っていただけたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、化学は何かと暗記しようとしがちなんです。
でもそうすると、暗記したとおりの問題は解けても、少しでもひねった問題はできなくなってしまうんですよね。
「なんでこうなるのか」っていう原理みたいなものからきちんと理解していけば、化学もおもしろくなるかもしれないと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/29 19:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリトマス紙とフェノールフタレイン溶液

アルカリ性なのか、酸性なのか知りたいのですが、
リトマス紙では、色が赤になったらどちらなのでしょうか?

フェノール液ではどうなのでしょうか?

またリトマス紙や、フェノール液はどこで売っているのでしょうか?

Aベストアンサー

 相反する回答が出て,混乱されたみたいですね。下記ページ(指示薬)には幾つかの指示薬の色変化が出ています。

 リトマス紙(リトマス試験紙)
   酸   性: 青→赤
   アルカリ性: 赤→青

 フェノールフタレイン溶液
   酸性・中性: 無色のまま
   アルカリ性: 赤

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/shijiyaku.html

Q硫酸と水酸化バリウム水溶液の反応

問題集にあったのですが、どうしても納得がいかなくて。

硫酸10gに水酸化バリウム水溶液3gを加えた → 中性になった
更に水酸化バリウム水溶液を加えた。

中和になったじてんからイオン数が増えたものはなにか?

答え:OH-
バリウムイオンは加え初めから増えているので。

バリウムイオンも硫酸イオンと結合して増えていないと思うのですが。

Aベストアンサー

中性になった時点で、それ以前あった硫酸も水酸化バリウムも全て「無意味」になります。硫酸イオンは全てバリウムイオンと結合し固体になって沈殿します。だから系内の硫酸イオンは無視出来ます。
だけどこの答えもひどいな、
>バリウムイオンは加え初めから増えている
中和点後はバリウムイオンも水酸化物イオンも増えています。

Qリトマス紙の精度

リトマス紙は例えばPH6.9でも、酸性を示しますか?

Aベストアンサー

無理です

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9

Q酢酸水溶液と酢酸ナトリウム水溶液の調製

0.2mol dm^3酢酸水溶液200cm^3 の調製方法がわかりません。
教えてください。

酢酸(17.3mol・dm^-3)

また、酢酸水溶液ナトリウム水溶液200cm^3の調製方法もお願いします。
CH3COONa・3H2O

Aベストアンサー

0.2mol/Lが0.2Lですから、必要な酢酸は0.04molです。
CH3COOH=60 ですから、24gの酢酸に水を加えて200mlにすればOKです。

酢酸ナトリウムのほうは濃度が判りませんが、n mol/Lとしておきましょう。
CH3COONa・3H2O=136 ですから、136nグラムのCH3COONa・3H2Oを水に溶かして最終的に1Lにすればn mol/Lになります。

Qリトマス紙

ふと思ったんですが…

何故リトマス紙はアルカリ性に反応すると青になり、酸性だと赤になるのですか?

Aベストアンサー

そもそもリトマス試験紙に、染み込ませてある
リトマス苔の成分が、pH(水素イオン指数)<4.5の酸性では赤
pH(水素イオン指数)>8.3のアルカリ性では青く呈色するので
質問の様になります。

因みに
リトマス試験紙では変色域が広いため、単に酸性かアルカリ性かを判定することしか出来ません。
この為、よく小学校の理科の授業で簡便的に液性の判定用に使われますが
酸・アルカリの濃度を求める中和滴定の際に、通常リトマスが用いられ無いのは
この様に変色域が広く、中和点を正確に判断出来ない為である。
【補足】
厳密に言うと、中性とはpH(水素イオン指数)=7
のみを指します。

参考webページ
リトマス by Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B9

Q硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。

硫酸銅水溶液に、硝酸バリウム水溶液をいれると、白い濁りがでました。
そのときの、化学反応式を教えてください。

Aベストアンサー

CuSO4+Ba(NO3)2→BaSO4+Cu(NO3)2

Q大判のリトマス紙

リトマス紙ですが、B5~A4ぐらいのサイズのものは
市販してないでしょうか?
(チップより大きい必要がないので、入手は難しいでしょうか、やはり)

もしくは、リトマス紙をつくっている会社をご存じでしたら
教えて頂ければと思います。

また、基礎中の基礎の質問でお恥ずかしいですが、
雨で色は変わりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> (チップより大きい必要がないので、入手は難しいでしょうか、やはり)

少し検索してみましたが、そのようです。

製造会社については、こちらが定番かと思います。
(裁断前のものを売ってくれるかはわかりませんが・・・(汗))
http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/tanpin/27_840.html
(ページ最下方にリトマス試験紙あり)


> 雨で色は変わりますか?

上記サイトの説明では、当該リトマス紙の感度は「pH5.0の
緩衝液1滴を滴下すると、赤く変色します」とのことですが、
下記サイトによれば、酸性雨のpHは5.6(または5.0)未満との
ことですので、かなりぎりぎりのところかと思います。
http://www.niikawa.or.jp/mizuhaku/activity/research/sanseiu/sanseiu.html
(「pHと酸性雨」の項を参照)


なお、リトマスだと「あるpHより上か下か」しかわかりませんので、
酸性化の度合いを確認したいという場合は、「ユニバーサル
試験紙」を使うか、pHメーターを使用する必要があります。

ユニバーサル試験紙の色変化の参考サイトを検索していて
見つけたのですが、こちらのサイトの説明が、いろいろ参考に
なるかと思います。
http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/tanpin/27_838.html

・・・「1.緩衝能(緩衝性)」の説明によると、雨水に試験紙は
使えないとのことです(汗)

> (チップより大きい必要がないので、入手は難しいでしょうか、やはり)

少し検索してみましたが、そのようです。

製造会社については、こちらが定番かと思います。
(裁断前のものを売ってくれるかはわかりませんが・・・(汗))
http://www.advantec.co.jp/japanese/hinran/tanpin/27_840.html
(ページ最下方にリトマス試験紙あり)


> 雨で色は変わりますか?

上記サイトの説明では、当該リトマス紙の感度は「pH5.0の
緩衝液1滴を滴下すると、赤く変色します」とのことですが、
下記サイトによれ...続きを読む

Qアルキルアンモニウム塩水溶液からアルキルアンモニウム塩の抽出

アルキルアンモニウム塩水溶液からアルキルアンモニウム塩の抽出
大学で高分子化学を専攻している4回生の学生です。

アルキルアンモニウム塩( [C8H17NH3]+Cl- )が溶解している水溶液から
アルキルアンモニウム塩を得たいのですが、どのような方法が考えられるでしょうか。

とりあえず、減圧や加熱で水を飛ばして乾燥させる、という方法を考えつきました。
ほかにも再沈殿などの方法で沈殿物を得ることは可能でしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

あなたの目的や操作上の制約等がわかりませんので回答しにくいです。水を飛ばすということを考えているのであれば、アルキルアンモニウムが取り出せさえすれば何でも良いということでしょうか?

普通に考えればアルカリ性にして、アンモニウム塩をアミンに変換し、有機溶媒(エーテルなど)で抽出し、抽出溶媒を除いた後、塩酸で中和する方法が思いつきます。これで具合が悪いということであればどのように具合が悪いのでしょうか?

まあ、単純に塩化オクチルアンモニウムを得たいと言うだけなら、購入するのが現実的だと思います。

Qリトマス紙の保存と扱い方

理科の実験でリトマス紙を使ったのですがなぜ手で持ってはいけないのか、などの理由がわかりません。あしえてください。

Aベストアンサー

>理科の実験でリトマス紙を使ったのですがなぜ手で持ってはいけないのか、

手の汗の酸性・アルカリ性を調べるのが目的ではありませんので。

保存は「冷暗所、湿気をさける」です。

ちなみに、長期保存すると青色リトマス紙が赤くなっていることがあります。多分空気中のC02を吸ったのだと思います。わたしはアンモニア水の蒸気をあてて、青くして使っています。青色リトマス紙の製造でもそのようにしていると聞いたことがあります。

Q過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水

過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水溶液の酸化還元反応式を導く問題で 
MnO4(-)+8H(+)+5e(-)→Mn(2+)+4H2O
と 
H2O2→2H(+)+O2+2e(-)
の 
半反応式を掛け足しして電子e(-) を消そうとするのは何故?



最後に反応に関係なかったK(+)とSO4(2-)はどのように、どこに、どうやって加えるの?

Aベストアンサー

この反応が終わった後, 溶液全体でみると電子は「余る」こともなければ「足りなくなる」こともありません. つまり, 溶液全体でおきた反応としては (見掛け上) 電子は関与しなくなります. この事実に対応して, 最終的な反応式には電子が含まれないことになります. 従って「電子を消す」ということになります.
あと, 反応に関係しなかったやつらは「最後に帳尻を合わせるため」に加えます. 例えば MnO4^- は過マンガン酸カリウム KMnO4 として存在していたので, 最終的な式に残っている MnO4^- と同じだけの K^+ を両辺に加えることになります. また, 水素イオン H^+ は硫酸から出てくるので, 水素イオンをすべて硫酸にするために必要な文の硫酸イオンを両辺に加えます. 結果的に右辺では K^+ と SO4^2- が両方余ってきますが, これは K2SO4 という形でまとまるはずです.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報