お世話になります。請負契約書に契約金額に応じた印紙を貼り、変更契約書にも金額に応じた印紙を貼るのですが、たとえば工期のみの変更の場合、金額記載のない契約書ということで、弊社では200円の印紙を貼ってます。そして今回初めて請負金額にたいして9450(消費税450円)円の増額とするの額が小さい変更契約書を提出するのですが、この場合1万円未満で印紙を貼らなくていいということでよろしいのでしょうか?なんだか、工期のみの変更で200円貼ってて、金額変更している文書で貼らなくていいということに疑問を感じているのですが、、、(印紙税自体よくわかってないのかもしれません、、、)どちらかが間違っているのでしょうか?
すみませんが教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうですね。


今回は記載(1円~9,999円)があるので、
印紙は要りませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうございます。助かりました。

お礼日時:2006/03/31 13:35

契約書に限らず、手形でも領収書でも金額については非課税部分がありますよね。


それに対して金額の記載のないものは200円となっています。
貴社では基本契約の訂正をされている訳ですが、
国税庁の事務手続きとしてはそれぞれ別個の扱い
と言うように考えていただき、
どちらかが間違って・・・
いる訳ではないと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。やはり今回の場合は非課税で問題なさそうですね。ただなんとなく、今までの工期の変更(弊社は建設業です)というのも金額の変更は0円で非課税になってもおかしくないのでは?とも思ったのです。でも記載がないというところで200円課税なんでしょうか、、?。

補足日時:2006/03/30 13:08
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振込と約束手形で支払をして貰った場合の印紙の金額及び領収書について。

振込と約束手形で支払をして貰った場合の印紙の金額及び領収書について。
売掛金¥1,200,000を
振込 ¥ 200,000
手形 ¥1,000,000
で受けとりました。
この場合、¥400の収入印紙を貼って、受取額は¥1,200,000
内訳として振込額と手形の額を記入しています。
この方法が1番正しいのか、手形金額だけで領収書を発行する事の方が一般的なのか教えて下さい。
近頃100万200万といったキリのいい金額の手形を受け取る機会が多く、
手形の金額だけで領収書を発行した方が印紙代の節約になるような気もします。
混合している場合はトータルの金額で記入した方が、双方が分かりやすいと思って現状はこの形なのですが、一般的なケースを知りたいと思い質問します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収証というのは、金額も大事ですがそれ以上に受領日はいつかということが大事です。

仮に 20万が振込でなく小切手 (もちろん現金でも同じ) だったとして、小切手と手形を同時に受け取ったのなら、領収証は 1枚でそこに内訳を明記しておけばよいです。
手形と小切手を別々にもらったのなら、領収証も別々です。

さて、振込の場合ですが、振込に領収証は必用ありません。
支払い側の手元に残っている振込票の控えで支払の証拠となるからです。
しかも、ネットバンクでない限り、3万円以上の振込には印紙税相当が含まれています。
200円の印紙税相当に消費税 10円のおまけまで付いて。
下手に領収証を書くと、印紙税を 2度負担することになるのです。

それでも領収証を要求されるなら、手形受領と同時ということは考えにくいですから、手形分と振込分とは分けて書くべきでしょう。

Q金額無し契約書の場合、どこに収入印紙を貼るべきか?

ここのカテゴリでの質問で良いのでしょうか、「契約書 注文書 注文請書 請求書」で検索したのですが見つからなかったので、投稿させていただきます。

現在、SOHOでソフトウェア制作関連の仕事をしております。
今回うけた案件で、一人では請けきれない仕事だったため、外部の協力者(SOHO)に業務のいくつかを発注することにしました。

現在、「詳細金額は見積書のとおり」とする、具体的金額を掲載していない、知的所有権や基本的な取り決めだけを書いたソフトウェア制作契約書のみを交わしております。

「契約書を交わす場合は、普通は、注文書と注文請書を省略する意思があるという場合が多い」

と人から聞いたのですが、
今回のような、具体的な取引金額の掲載のない契約書の場合、
注文書・注文請書を省略して、見積書・請求書・受領証(銀行振込の振込票控えが受領証になると思います)のみのやりとりで、経理的には大丈夫なのでしょうか?
その際、請求書に収入印紙を貼付すれば大丈夫ですか?

詳しい方のご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

印紙税(印紙の貼付)は、契約の事実に対してではなく、存在する文書に対してかかるものです。

契約書が1通の場合は1枚ですが、2通の場合(双方が持つ・・一般的です)はぞれぞれ1枚ずつで合計2枚必要です。
どの文書が課税対象かは細かくきめられており、該当しない場合は不要です。
下記URLに課税対象となる文書が記載されています。
http://www.rakucyaku.com/Koujien/H/H010000

今回の場合は、7号文書「継続的取引の基本となる契約書」(4,000円)ではないかと思いますが、確信がありません。

請求書は課税文書ではないので、印紙は不要です。
領収証は課税文書(17号「売上代金に係る金銭又は有価証券の受取書」)なので印紙が必要です。
一般的には、請求書で処理し、領収証は発行しないというケースが多いです。
(税務的にも問題ありません)

Q領収書に関して控え 収入印紙 金額

個人事業で主にパソコンの販売や、修理、指導等行っております。
先日、知人から聞いたのですが、領収書に関して疑問が3つ程あります。
1つ目:お客様に領収書をお渡しするのにあたって、発行側の私にも控えがなくてはいけないのか。
2つ目:私は現在、領収書の発行方法が3つあります。パソコンでの作成・手書きの領収書・レジスタの領収書の3つです。知人から聞いた話では、様式を1つだけにしなくてはいけないと言われたのですが、どうなのでしょうか。
3つ目:収入印紙は税抜き金額で3万円を超えた場合に貼り付けし、押印するのは存じておりますが、3万円以上でも金額が大きくなると、貼り付ける印紙の額が増えるのでしょうか。

以上、3つ質問させていただきます。毎日のように領収書を発行している関係上、できる限りお早い回答いただけると助かります。どうぞよろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

>お客様に領収書をお渡しするのにあたって、発行側の私にも控えがなくてはいけないのか。

なくてはならない。とまでは言えませんが、何時どこの誰に幾らの領収書を発
行したかが分かる様にしていないと、税務調査時や決算時に困ることが発生す
る可能性があります。
将来的に問題が発生しないと予測できるのであれば控えを取っておく必要は、
ありませんが、予測ができないのであれば取っておく事をお勧めします。
(領収書の耳に記載したり、複写式領収書にすれば、それを残しておくだけ
 です)

>私は現在、領収書の発行方法が3つあります。パソコンでの作成・手書きの領収書・レジスタの領収書の3つです。知人から聞いた話では、様式を1つだけにしなくてはいけないと言われたのですが、どうなのでしょうか。

しなければならない。とまでは言えません。管理ができるのであれば併用して
も構いません。但し複数になると管理は煩雑になりますし、後々本当に領収書
を発行したか否かを調査しなければならない場合に、色々な種類の領収書を調
べなければならなくなります。
よって、例えば3万円未満はレシート、一般の売上代金はパソコン、一般的でな
い(通常の売り上げでない収入)は手書きと、何らかの規則性を持った上で発行
し、領収書控えがあるのであれば、3書式でも構いません。
(規則は自分で決めて下さい)
しかし、管理はできるだけしたくないのであれば1様式にされた方が楽です。

>収入印紙は税抜き金額で3万円を超えた場合に貼り付けし、押印するのは存じておりますが、3万円以上でも金額が大きくなると、貼り付ける印紙の額が増えるのでしょうか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7141.htm
上記の17号文書をご覧下さい。

>お客様に領収書をお渡しするのにあたって、発行側の私にも控えがなくてはいけないのか。

なくてはならない。とまでは言えませんが、何時どこの誰に幾らの領収書を発
行したかが分かる様にしていないと、税務調査時や決算時に困ることが発生す
る可能性があります。
将来的に問題が発生しないと予測できるのであれば控えを取っておく必要は、
ありませんが、予測ができないのであれば取っておく事をお勧めします。
(領収書の耳に記載したり、複写式領収書にすれば、それを残しておくだけ
 です)

>...続きを読む

Q請負金額変更字の印紙税等について

建設業を営んでおり、とある会社との設計変更(請負金額増額)時の印紙税の取扱についての質問です。

   A社から注文書にて1,000万円工事の注文を請ける。
    (基本契約は結んでいないため、注文書・請書ともに契約約款を添付)

   後日、請負金額が500万円増額になることになり、A社から注文書が届く。
    (増額後の金額1,500万円のみ記載、備考欄には増額があったことが記載されるも
     いくら増額になったかは未記載。)


 この場合で、A者から来た増額後の注文書には約款や印紙などは不必要で、
 当社が提出する工事注文請書に請負総額1,500万円に見合う
 収入印紙を貼付するという事で良いでしょうか。

 普段は、ほとんどの会社と工事ごとに個別契約を結んでおり、
 金額等の変更時には変更契約書を作成し、双方で印紙を貼付しております。
 
 個別契約でもなく、基本契約も結んでいない場合の注文書での取引で変更事項が発生したのが
 初めてなので、混乱しています。
 そもそも、増額時に注文書で問題ないのか、変更契約のようなものが必要なのかも心配です。
 
 ご存知の方がいらっしゃったら、宜しくお願いいたします。

建設業を営んでおり、とある会社との設計変更(請負金額増額)時の印紙税の取扱についての質問です。

   A社から注文書にて1,000万円工事の注文を請ける。
    (基本契約は結んでいないため、注文書・請書ともに契約約款を添付)

   後日、請負金額が500万円増額になることになり、A社から注文書が届く。
    (増額後の金額1,500万円のみ記載、備考欄には増額があったことが記載されるも
     いくら増額になったかは未記載。)


 この場合で、A者から来た増額後の注文書には約款や印紙な...続きを読む

Aベストアンサー

工事注文請書に1500万円分の印紙を貼付で合っています。

契約約款の有無についてですが、本来ならつけないといけません。
が、ついてないことも有ります。相手先を信用するならそのまま、経営審査や会計監査を受けるつもりがあったり、金額が大きいのでちょっと・・・と思われるなら
約款の添付を依頼するか、こちらで契約書を作成して押印してもらうという方法もあります。

変更前と変更後の注文書を一緒に保管しておけば特に問題にならないと思います。
普通は印紙税の節税のために増額分の金額だけ記載するものなんですが・・・。まあ、それぞれの会社に任されている部分ですね。

Q領収書に貼る収入印紙の金額

ホームページを制作しました。
その代金を相手からもらう時に、領収書に収入印紙を貼るのですが、
いくら貼ったら良いかイマイチ分かりません。

http://www.oooka.gs/insi/

上記ページにて確認しましたが、ホームページ制作のカテゴリー(号数)が分からなくて・・・

17号かな・・・とは思うんですけど、間違ったら嫌なのでご存知の方、アドバイス下さい。

Aベストアンサー

正解!
役務を提供した代金ですから。

Q請負書の収入印紙の金額について教えてください

合計金額が210万でそのうち消費税が10万の収入印紙の金額は1000円でよろしいのでしょうか?教えて下さい宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

400円です。
税抜きで計算します。

100万円超~ 200万円以下400円
200万円超~ 300万円以下       1,000円

Q領収書の収入印紙について

領収書を作成したのですが・・・いくらの収入印紙を貼ったらよいのでしょうか?
領収書の入金内訳で 小切手\400,000- 手形¥450,000-
合計金額 ¥850,000- の領収書です。
収入印紙は小切手と手形分の400円?それとも合計金額の200円?
どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

合計金額850,000円についての印紙200円でいいです

Q破棄された契約書(注文書)に貼った印紙は再利用できますか?

得意先が作成してくる注文書にミスが非常に多いのです。
得意先担当自体が勘違いしていて、こちらが請書を送付した後
訂正が入る事がしょっちゅうです。
こんな場合、間違った請書に貼った印紙(割印済)は
契約が成り立たなかったにも関わらず、再利用は不可能なのでしょうか。
例えば正しい注文書と間違った注文書の請書の印紙額が同じ場合、
前に送った(間違った)請書の印紙と割印の部分を
正しい請書の代用としてもらうなどという事は不可能ですか?

Aベストアンサー

no.1,2 です。
再び回答でなくてすみません。

そもそも、
> 得意先担当自体が勘違いしていて、こちらが請書を送付した後
> 訂正が入る

のような凡ミスがどれだけの手間・費用を生んでるのか理解してないようなので、
いちど説明し、それでもミスしたら、かかった費用分を
「契約書(請負書?)訂正料」として徴収すればいいと思います。
そもそも請負書作成した時点でその内容は確定なんですから、
後になって「ごめん間違ってた」で済まないでしょうに。

Q領収書の印紙貼付についての要否

得意先から毎月定額を口座からの自動引落にて受領しております。金額は約8万円です。
受領するときに【料金口座振替予定のお知らせ】という文面で、次回の引落予定日とその金額、下欄に前月分の口座引落領収書という雛形で書式を作成しておりますが、この前月分の口座引落領収書には印紙は必要でしょうか?
ちょうどNTTの領収書も次月引落お知らせと前月領収書が一体となった雛形になっており、当社もこれと同様な雛形に設定しておりますが、NTTのほうの請求書兼領収書には印紙の貼付はありませんが、得意先から印紙が必要では・・・という問い合わせがありました。

Aベストアンサー

>NTTのほうの請求書兼領収書には印紙の貼付はありませんが…

その請求書兼領収書をよく見てください。
【印紙税申告納付につき○○税務署承認済】
の文言が記載されているはずです。
1枚1枚に印紙を貼る手間を省き、まとめて納付しています。

>この前月分の口座引落領収書には印紙は…

金銭授受を証する文書であれば、印紙税は課税されます。
あなたも NTTの真似をして申告納付の手続きを取ったらよいでしょう。
受け付けてくれる規模かどうかは存じませんが。

Q収入印紙 例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか? 収入印紙は租税や手数料

収入印紙

例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか?

収入印紙は租税や手数料の徴収のために国が発行する証憑であるということ
というのはサイトで見ましたが、手数料が発生する意味がわかりません。

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

他の回答により、手数料ではなく税金(印紙税)だという説明に理解されたと思うのですが…では「なぜ税金をかけるのか?」です。それは税金確保のために取れるところ(お金がからむ契約)から取っておこう、ということでしょう。
印紙収入は年に10,350億円あり、たばこ税より多く、酒税や自動車税よりも少ない程度です。結局はなぜ、たばこ・お酒・自動車に税をかけるのか、という話と同じようになってきます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報