コカコーラと、エリスリムという甘味料(成分:エリスリトール、ステビア、香料 販売元:浅田飴)を混ぜると通常の倍以上の泡が発生しました。それはそれでおいしかったのですが、体に毒?ではないかと少し不安です。どんな反応が起こっているのか知りたいのですが良かったら教えてください

A 回答 (2件)

炭酸水と言うのは、水の中に二酸化炭素が溶けているものです。


栓をしている間は圧力が高く二酸化炭素は大人しく溶けていますが(炭酸の状態です)、栓を開けた途端に圧力が下がりますので、溶けていた二酸化炭素はどんどん出て行きます。
炭酸水に出てくるあの泡は、二酸化炭素です。

炭酸水に新たに何かを加えると、#1の方が回答されている通り、溶けている二酸化炭素が後から溶けてきた物質に押し出され、更に気体となって抜けていってしまいます。
泡が増えるのは二酸化炭素が増えたからです。
ですので、まったく害はありませんよ! (^_-)-☆

ちなみに、「シャンパンカクテル」というカクテルの場合は、シャンパンに角砂糖を落とします。
中に入れた砂糖から泡がシュワ~~っと立ち上って、とてもキレイですよ!
心配するようなものではないですっ。
    • good
    • 0

炭酸の水溶液に新たに何かが溶けることで、溶けていた炭酸が代わりに押し出されるのです。


食塩などでも同じ事が起きます。全く害は有りません
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学・人工甘味料の】ステビア、スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、L-フェニルアラニン

【化学・人工甘味料の】ステビア、スクラロース、アセスルファムK、アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物が使われている代表的な商品を教えてください。

Aベストアンサー

代表的かどうかは存じませんが、使われているのが確かな商品は次の通りです。

ステビア→コカコーラ・ライフ

スクラロース、アセスルファムK→アクエリアスゼロ、三ツ矢サイダープラス、三ツ矢サイダーグリーンレモン

アセスルファムK、アスパルテーム→コカコーラゼロ、ペプシストロングゼロ、-196℃ストロングゼロ(ダブルレモン)、サントリーチューハイ(地中海レモン)、金の微糖、サントリー コーヒー ボス 贅沢微糖、AGF ブレンディボトルコーヒー 低糖、 カルピスソーダ、味の素 鍋キューブ 3種

アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物→トクホ炭酸飲料(メッツコーラ、ファイバー7500など)

Aベストアンサー

氷を白くしている原因で、最大のものは、気泡です。
水にはさまざまな気体が溶け込んでいますが、氷には溶け込むことができません。
水が凍るとき、溶けきれなくなった気体は、気泡となるのですが、ゆっくり凍っていく場合は、気泡が水面まで脱出できるのですが、急激に冷やした場合、すでに凍った水面に気泡が逃げられなくなって、泡として氷の中に残り白濁します。

氷の気泡は中心部に残りますが、氷屋さんの氷は、家庭でつくるよりもずいぶん大きな容器で氷をゆっくりと作り、中心部を取り除いています。

Q食塩水の質問です。 3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パ

食塩水の質問です。


3パーセントの食塩水と7.2パーセントの食塩水 3:1の割合で混ぜるの何パーセントの食塩水になりますか


4%の食塩水と5%の食塩水を 何対何で4.6%の食塩水になりますか



答え合わせをしたいのでわかる方ご回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.046←溶質の質量/溶液の質量になります。
0.046=(4+5x)/(100+100x) ← 仮に100gの4%溶液を想定して、それに対して5%がx倍必要と考えて式を立てます
分母は溶液の質量、分子は食塩(溶質)の質量になります
↑の式を解くと
0.046(100+100x)=(4+5x)
4.6+4.6x=4+5x
0.6=0.4x
x=1.5
0.4%食塩水1に対して1.5倍の0.5%食塩水を混合すると4.6%食塩水になります
答え 1:1.5 → 2:3の比で混ぜるとよい

パーセントの定義がまず不明確です。濃度の定義は重要なので要確認ですよ。
通常は質量パーセント濃度なので、その前提にします。

3%の食塩水は溶液の質量中3%が溶質の質量なので、もし、100gの食塩水なら3gの食塩が溶けていることになります。
同様に100gの7.2%食塩水は7.2gの食塩が溶けています。

それを3:1で混ぜるのですから 食塩の量は 3×3+7.2=16.2g 合わせた食塩水の量は100×3+100=400g
従って質量%濃度は、16.2/400=0.0405=4.05質量%濃度になります。
答え 4.05%

混ぜ合わせた結果4.6%=0.04...続きを読む

Q香料合成について

授業の一環で香料を合成しようとおもうのですが、柑橘系の香料で3~5段階くらいで合成できるものはないでしょうか?自分で調べてみたのですがなかなか良いものができません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リモネンはもともとレモンフレーバーベースなので、リモネンに何かさわやかな葉系のフレーバーを微量追加して、ライムっぽく仕上げれば、5種類ぐらいで終わるんじゃないでしょうか?(ちょっと無理がありますが、、)

Q乳化香料

乳化香料を調整したいと思います。一般的に化成品等で使用されている乳化香料の水・活性剤・油の混合比はどのくらいですか?もちろん商品・香料の種類によって変わるとは思うのですが、大体でかまわないので教えてください。ちなみに乳化香料とは、エマルションに香料を入れるのですか?それとも香料自体がオイルになるんですか?お手数ですが教えてください。

Aベストアンサー

 調べてみたところ、乳化香料とは、精油や調合香料を保護コロイド物質や乳化剤を用いて水溶液中に乳化分散させた水中油型(O/W)エマルションです。
 どうやら、エマルションに香料を入れるみたいですね。
乳化香料はマイルドな香りや呈味感等の独特の風味を備えているそうです。
 下に、詳しい説明を載せておきます。参考URLの一番下に書いてあります。
 調製の混合比は、より詳しい方に。(お

参考URL:http://www.saneigenffi.co.jp/flavor/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報