質問させていただきます。
例えば、いつも持ち歩いているバッグの中に護身用としてナイフを
持ち歩いていたら銃刀法違反で警察に捕まってしまうのでしょうか?
また趣味でナイフを持ち歩いていたとしたらどうなるのでしょうか?
ご存知の方よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

 刀剣については、銃刀法2条で「刃渡15センチメートル以上の刀、剣、やり及びなぎなた並びにあいくち及び45度以上に自動的に開刃する装置を有する飛出しナイフ」であると規定しており、同法3条でその刀剣の”所持”を禁止しています。

一方、同法22条では「刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物」の”携帯”を禁止しています。つまり、刃渡り15センチ以上の刃物は所持・携帯してはならないが、刃渡り6センチ以上15センチ未満の刃物は、”携帯”は禁止されているが”所持”することは可能であるということになります。

 携帯と所持の違いですが、”携帯”は、現に手に持ったり、体に帯びたり、その他自分の体のすぐ近くに携えることを言います。”所持”は、その刃物を所有することで、家に置いておいたり、カバンに収納しておいたりすることです。カバンの中でも、裸で収納してあればすぐに取り出せますから、”携帯”とみなされる可能性がありますが、ケース等にきちんと収納されている場合は、”所持”とみなされるでしょう。

 なお、銃刀法に違反する刃物を持っていたからといって、警察に見つかればその場で逮捕されるというようなことはありません。よほど運が悪ければ、警察署に連れていかれて、話をさせられるくらいはあるかもしれませんが、ナイフを所持していたくらいで実際に逮捕されるようなことはないでしょう。「護身用」や「趣味」はいずれも正当な理由とはみなされませんが、使途が明確であれば問題ありませんし、そのような理由がなくとも、それほど危険でない刃物であれば、大きな問題とはならないでしょう。

 他にも、Ricosさんが提示されている軽犯罪法でも同様な禁止事項が規定されていますが、これも重大な犯罪に関して注意的に設けられた条項ですから、実際にこの規定に触れて刑罰を課される人間はまず居ません。刃物の所持の禁止は、犯罪が発生する前に、その犯罪を未然に防止するという趣旨のもとに制定されていますから、刃物を持っていただけで司法手続きにかけられるというようなことはまずないと考えて良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にご丁寧に説明していただきありがとうございました。
よくわかりました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/27 13:19

 これは逆に皆さんへの便乗質問になりますが、お許し下さい。


 いわゆる刃を折ることのできるカッター(商品名:オルファカッター等)は、刃をいっぱいに伸ばせばかなりの刃渡りになります。しかも普通はすぐ使えるように手元に置いてあります。片手で一瞬で刃を伸ばすことができます。首を斬りつければ殺人も可能でしょう。少なくとも強盗に使われたことはあります。
 刀剣類不法所持にならないのでしょうか???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく考えたらそうですねー
数センチ~数十センチまで伸びるから
刀剣類不法所持になるかはわかりませんが、
少なくとも、軽犯罪法違反になるのではと私自身は思います。

お礼日時:2002/01/27 13:27

日本の銃刀法では固定できる場合刃長6cm以下、それも軽犯罪法を加えると正当な業務上の理由なしにはいかなる刃物を始め工具も携帯が許されないと言う厳しい制限があります。



銃砲刀剣類等所持取締法
第22条

何人も、業務その他正当な理由による場合を除いては、総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが6センチメートルをこえる刃物を携帯してはならない。ただし、総理府令で定めるところにより計った刃体の長さが8センチメートル以下のはさみ若しくは折りたたみ式のナイフ又はこれらの刃物以外の刃物で、政令で定める種類又は形状のものについては、この限 りではない。

軽犯罪法
刃体の長さが6センチメートル以下であっても、正当な理由がなくて刃物類を隠して携帯することは「軽犯罪法違反」になります。

これらの法律がありますので、捕まってしまうと思います。

参考URL:http://www.hamonoichiba.com/cgi-local/index.pl?g …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLまで提供していただきありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2002/01/27 13:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本の銃刀法違反の法律がおかしい】日本ではカッターナイフを持っているだけで銃刀法違反になる。 カッ

【日本の銃刀法違反の法律がおかしい】日本ではカッターナイフを持っているだけで銃刀法違反になる。

カッターナイフは物を切るためのものですよね?

で、警察官が所持している拳銃は人を殺すための殺人兵器ですよね?

人を殺すための武器を所持しといて物を切るための道具を所持している人間に銃刀法違反とか凶器所持とか言われたくないですよ。

しかも日本の警察官の拳銃使用頻度の一位が

一位 警察官による拳銃自殺
2位 トイレに起き忘れ
3位 上空に威嚇発砲
4位 殺人

ですよ

拳銃の本来の正しい使用目的である殺人で使用したのは4番目ですよ。

あとはまともな使用をしていない。

一方の一般人のカッターナイフの使用頻度1位は

1位 物を切る
2位 自分の手を誤って切る
3位 リストカット


ですよ

カッターナイフで人を刺すのは自分の体なんですよ

警察官の拳銃ように殺人兵器じゃないのに銃刀法違反っておかしくないですか。

警察官の拳銃の方がよっぽど凶器で銃刀法違反ですよ

トイレに起き忘れは減給ではなく銃刀法違反で逮捕されるべきです。

日本の警察官は拳銃を所持する資格はないし所持すべきではない。

警察官は警棒を凶器と言うなら警察官も凶器の警棒を所持すべきではない。

【日本の銃刀法違反の法律がおかしい】日本ではカッターナイフを持っているだけで銃刀法違反になる。

カッターナイフは物を切るためのものですよね?

で、警察官が所持している拳銃は人を殺すための殺人兵器ですよね?

人を殺すための武器を所持しといて物を切るための道具を所持している人間に銃刀法違反とか凶器所持とか言われたくないですよ。

しかも日本の警察官の拳銃使用頻度の一位が

一位 警察官による拳銃自殺
2位 トイレに起き忘れ
3位 上空に威嚇発砲
4位 殺人

ですよ

拳銃の本来の正しい使用目...続きを読む

Aベストアンサー

もうちょっと銃刀法の勉強をしましょうか(・・;)

銃刀法 カッターで検索すれば主さんの疑問は解決するかと。

拳銃も同じ。

Q駐車違反とレッカー移動を受けました警察に職務質問を受け警察署に連行されている間に

先日、たわいも無いことで警察官に職務質問を受け、「急いでいるから駄目(やましいことは何もありません)」と言ったら警官は態度がムキになり、私も感情的になり、口論気味になってしまい、「とりあえず警察署に来なさい」と言われ行ったところ、数時間かかり、当方に何もやましいことは無いということが判明して開放されて、車に戻ると駐車違反とレッカー移動されていました。

駐車違反が15000円、レッカー移動が15000円です。

警察署にいる間、車が放置状態であることは警察に伝えてありますが何も対応をしてくれませんでした。

駐車違反を切った交通課に「警察に呼ばれている間に駐車違反を斬られたのだから、どうにか違反はなしして欲しい」と言ったところ駄目だと言われました。

職務質問した警官と駐車違反の交通課は同じ警察署です。

当方、納得がいかないのですが、何かよいご教授はありませんか。

違反切符に記載されているのには
(1)この処分に不服がある場合は、東京都知事(私は東京ですので)に対して審査背球をすることができます。

(2)この処分に不服がある場合は、東京都(東京都公安委員会)を被告として処分の取り消しの訴えを提起することができます。

と記載があります。
手段としては上記(1)、(2)しかないでしょうか、他に方法はないでしょうか、何か圧力をかけるとか。

もし上記(1)、(2)しかないようでしたら、その請求、訴えの方法や参考URLをご教授お願いいたします。

また、反則金支払い期限は10日間ですが納得がいかないので支払いたくありませんが、審査請求、訴訟に持ち込む場合でも支払いはしたほうがよろしいでしょうか。
それとも、訴訟の結果待ちからで支払いは宜しいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

先日、たわいも無いことで警察官に職務質問を受け、「急いでいるから駄目(やましいことは何もありません)」と言ったら警官は態度がムキになり、私も感情的になり、口論気味になってしまい、「とりあえず警察署に来なさい」と言われ行ったところ、数時間かかり、当方に何もやましいことは無いということが判明して開放されて、車に戻ると駐車違反とレッカー移動されていました。

駐車違反が15000円、レッカー移動が15000円です。

警察署にいる間、車が放置状態であることは警察に伝えてあります...続きを読む

Aベストアンサー

この場合の警察は行政機関なわけですが、
行政行為というのは、たとえそれが不当なものであっても、
法律で定められた一定の手続をしない限り無効にすることはできません。

その「一定の手続」というのが

>上記(1)、(2)

なわけです。

その(1)(2)はおそらくレッカー移動処分とその代金の負担のことだと思いますよ。
点数(法律上は「交通反則通告」)は、法律上は行政処分と解されておらず、
行政不服審査に付することはできないので…

なお、納得いかなければ反則金は払うべきではないです。
反則金を払うのは「これでこの件を落着させます」と表明するのと同じです。

簡単なのは(1)です。ずばり都庁にその旨連絡、でしょう。
代表番号でOKだと思いますが(東京都のホームページに出ています)
直接には総務局法務部審査法務室です。
http://www.taims.metro.tokyo.jp/soumu/totel.nsf/soshiki2?OpenView&Start=1&Count=1000&Expand=5.14.3#5.14.3

不服審査請求のやり方の出ているパンフとかもあるはず…
昔はネットで取り寄せできたけど、今はできないのかなぁ。

ただ、手元の統計によれば、
レッカー移動に関する行政不服審査は通ったためしがないようなので…

行政訴訟となれば、市区の法律相談コーナーとかに相談したほうがいいでしょう。
インターネットは当てになりません。

# Wikipediaに「行政不服審査」も「行政訴訟」も項目はあるけど、
# 法律的に信用できるかどうかは全く保証の限りじゃないです。
# (全般的にWikipediaの法律関係の項目は怪しいケースも少なくない)

この場合の警察は行政機関なわけですが、
行政行為というのは、たとえそれが不当なものであっても、
法律で定められた一定の手続をしない限り無効にすることはできません。

その「一定の手続」というのが

>上記(1)、(2)

なわけです。

その(1)(2)はおそらくレッカー移動処分とその代金の負担のことだと思いますよ。
点数(法律上は「交通反則通告」)は、法律上は行政処分と解されておらず、
行政不服審査に付することはできないので…

なお、納得いかなければ反則金は払うべきではないです。
反...続きを読む

Q誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか? また、犯罪ならば何と言う罪なのでしょうか。 捕まっ

誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか?
また、犯罪ならば何と言う罪なのでしょうか。
捕まったり罰金払ったりしなければいけない罪なのでしょうか?

Aベストアンサー

>誰かが一人でも不快に思ったら、それは犯罪ですか?

いいえ、違います。ですからその後の疑問は不要です。

Qナイフを譲ってそのナイフで犯罪をされたら譲った人も罪ですか?

仮に仮定の妄想の話ですが、知人にナイフを譲り、その知人とは一切連絡しなくなり10年後に、その知人がそのナイフを使って犯罪をしてしまったらナイフを譲った人も法に触れたり、犯罪者になるのでしょうか?

Aベストアンサー

刑法だけ考えますが、結論から言えば「"普通は"故意がないので犯罪にはならない」です。

まず、ナイフ(包丁だろうと刀剣だろうと何だろうと構いません)を譲渡すること自体はそれだけでは犯罪にはなりません(刀剣類には所有等に一定の制限があるにしても譲渡それ自体が一般的に犯罪を構成するわけではない)。もっと言えば、これを「ハンマー」とか「バール」とか「アイスピック」とかに換えても全く同じです。譲渡それ自体が違法でない物であれば、理屈は全て同じです。

さて、犯罪者が犯罪の用に供した道具について、その道具を本犯に供与した者が犯罪になる場合を考えると、共犯しかありません。
共犯には、教唆、幇助、共同正犯の三つがあります。これを設例との関係で考察すると、教唆は「犯罪実行の意思のない者を唆して犯罪を実行する意思を生じさせ、犯罪を実行させる」ことが必要なのですが、ナイフを譲ることそれ自体はそのような意思とは別ものですし、実際にそのような意思があったとはとても思えない(理論上は「(教唆の)故意がない」と言います)以上は、教唆は問題になりません。
幇助は「既に犯罪実行の意思のある者に対して、当該犯罪を物理的に容易にしまたは心理的に促進するような援助を"それと分かって"したこと」が必要ですが、10年も前から「既に犯罪実行の意思がある」とは思えないし、何より通常は「それと分かって」いるとは思えない(つまり「(幇助の)故意がない」)以上、幇助も問題にはなりません。もちろん、仮に10年後に犯罪を犯すつもりの人物にその犯罪のためにナイフを譲渡したというきわめて特殊な状況であるなら幇助にはなりますが。なお、幇助のつもりだったが正犯が10年間犯罪を実行しなかったなんて場合には、そもそも正犯との関係で幇助行為と言えるのかが疑問ですが、場合によっては幇助となることが絶対にないとは言えません(これは教唆でも同じ)。
最後に共同正犯。簡単に言えば、「二人以上で共同で犯罪を実行する」と共同正犯になります。犯罪実行していないのですから共同正犯になどなりっこありません。実行しなくても共同正犯になる共謀共同正犯というのもあるのですが、いずれにしても共謀がないので論じるまでもないです。
なお、日本には共謀罪はありませんので、共謀罪など検討の余地はありません。

あと一応付言しておくと、犯罪によっては予備が独立の犯罪となっていることがあり、例えば殺人予備、強盗予備などがあります。そこで予備の従犯とか他人予備とか理論上の議論は色々ありますが、全部はしょって結論だけ言えば、とにかく、「犯罪の用に供することを意識しつつ譲渡するという意図がない」限りは「犯罪の故意がなく、過失犯処罰規定がない以上は犯罪とならない」です。

余談ですが、「犯罪に使用させるために包丁を作った(売った)」だと逆に故意があるので犯罪になり得ます。Winnyの作成者が罪に問われたのはまさに「著作権法違反に使用されることを意図して」つまり、幇助の故意があるという認定があったから。Winny裁判という個別具体的な裁判の是非については論じる気はありませんが、「犯罪に使用することを意図して作成す(売)ればそれは幇助たりうる」という一般論は確実に成り立ちます。

ということで本件設例は「故意があったかなかったか」がまず問題、次いで10年も経ったら教唆、幇助等とは言えない可能性が高いということが問題になるわけですが、一般的な話として考えれば、故意があったとは言えないと考えるべきで、即ち、10年の方を考慮するまでもなく犯罪とならないということになります。

刑法だけ考えますが、結論から言えば「"普通は"故意がないので犯罪にはならない」です。

まず、ナイフ(包丁だろうと刀剣だろうと何だろうと構いません)を譲渡すること自体はそれだけでは犯罪にはなりません(刀剣類には所有等に一定の制限があるにしても譲渡それ自体が一般的に犯罪を構成するわけではない)。もっと言えば、これを「ハンマー」とか「バール」とか「アイスピック」とかに換えても全く同じです。譲渡それ自体が違法でない物であれば、理屈は全て同じです。

さて、犯罪者が犯罪の用に供した...続きを読む

Q運転中の法律違反と条例違反とマナー違反の壁・・・

運転中(二輪バイク)の行為で法律違反か教えてください。 条例違反・道徳違反は除いてください。

(1)サンダルで運転
(2)ウォークマン聞きながら運転
(3)携帯電話でなくウォークマンをエンジンかけて信号待ちに操作
(4)ヘルメットを頭から離して首ひものみ
(5)信号待ちにスケジュール手帳を開いて見た
(6)信号待ちに水を飲んだ
(7)飲酒したため5~6時間後に酔いが落ち着いたので運転(何時間空けばいいの?)←例えば夜お酒飲んで朝運転は?
(8)精神安定剤を服薬しながら運転
(9)精神障害者手帳所持者が運転

Aベストアンサー

1、違法性はないです
2、安全運転義務違反かな、
携帯プレイヤーのように耳に直に充てるヘッドフォンやイヤフォンでは周囲の音が聞こえなくなるので駄目だそうです。
3.信号待ちに操作だけなら違法性はない。
4.装着していないといけないので違法です。
5.信号待ちの停止中なら問題なし
6.問題なし
7.酒が完全に抜け切っていれば問題なし、時間は人によって差が出ます。
8.正常な運転が困難になると思われる状態を引き起こすものなら駄目でしょう。
9.免許が交付されていれば問題なし、車の免許取得者もいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報