4大文明ってどうやって決められたのでしょう?

なんか他にもいくつかあったというお話も聞いたことがありますが、、、

それとも他にもいくつもあったけれど、代表的な四つに絞って『4大文明』として世間では話されているのでしょうか?

なんだか、変な質問でごめんなさい

A 回答 (2件)

 


  四大文明というのは、黄河流域の中国文明、インダス川流域のインダス文明、ティグリス・ユーフラテス河流域のオリエント文明、ナイル川流域のエジプト文明とします。(確か、この四つを指していたはずです)。
 
  すると、これらの文明は、古くから西欧によく知られていたという事実がまずあります。ティグリス・ユーフラテス文明やエジプト文明は、キリスト教との関係で、『聖書』には必ず出てくるので、昔から、古代の大文明として考えられていたのです。西欧は、その後、中国を大文明国家・世界と認めます。17世紀とか、それ以前の話です。マルコ・ポーロの報告も、アジアの東端にある偉大な文明について述べていますし、更に、モンゴル帝国は東欧を席巻し、西欧も危機に陥りました。
 
  もっと古く、ローマ帝国の時代から東西通商があり、五賢帝の最後の一人、マルクス・アウレーリウスと、中国の後漢王朝が、書翰を交わしたという記録もありますし、原始キリスト教段階で、異端とされたネストリウス派が、中国まで到達し、「景教」の名で伝道されていたというのもあります。
 
  そこで、古代の大文明というと、古いものは、みな、大河川の流域に発達し、「灌漑農業」を営み、高い文化水準を持っていたという認識になります。それ以外にも、中国では、揚子江流域にも長江の文化圏があり、インドにも、豊かな文化圏がありましたし、アフリカにも文化圏がありました。しかし、大河川の流域で古代に行われた灌漑農業を主とする高度文化と考えると、とりあえず、三つが挙げられたのです。
 
  ところが、19世紀末頃だったと思うのですが、インダス河流域に、幾つかの都市遺跡が発見され、それらの都市が、インダス川の水を利用して、高度な灌漑農業を営み、また整備された都市を持っていたことが分かり、更に、古代オリエントとも通商関係を持っていたことが明らかになると、「大河川+灌漑農業+高度文化+都市文化+通商」という条件を満たすので、インダス文明を、第四の世界文明に数えたのだと思います。
 
  この分け方はかなり乱暴ですが、大河川+灌漑農業+高度都市建築など、考古学的に確認できる要素で定義できるので、それなりに有効であったのです。現在は、色々な文化が地域ごとにあったことが知られていますが、それでも、大河川流域の灌漑農業文明というと、この四つ、そして長江流域が、数えられるのではないでしょうか(長江流域の文化もまとめて中国文明に入っていたような気もします)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明、どうもありがとうございます

とても参考になりました(^^)

お礼日時:2002/01/30 17:55

昔、年代測定が今のような科学的な手法により行われていなかったころ、この四つの文明以外は、いつごろのものなのかはっきりしていなかったためです。

(年代などは、かなりいい加減でした)
その後の調査でだんだん同時期に他にも文明があったことがわかるようになってきたのです。
つまり大昔の教科書の名残です。
いまだに四大文明などというのは、4つに絞ったほうが教えやすいという文部科学省の思惑でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり同時期の他の文明も確認されているのですね

どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/30 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四大文明説はもう古い?

私が学校で習った四大文明説と最新の文明の起源に対する見方は変わってきていると人からききました。新しい発掘も進んでいるとのことで。
最新の古代文明の起源についての有力な説を知るのに良いサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

日本の古古代の話ですが

日本の各地に黒曜石が出ます。伊豆の天城にも出ますが、「もっと南の島に出るらしい」ということで神津島まで出かけていって黒曜石を採取します。神津島までいくのに丸太船を使い、ほぼ日中いっぱいかかって着きます。神津島とは言っても、島の内部ではなく、付近の海の中に中にあるので、船を縛っていなければなりません。当然縄などもいる訳です。船はどうやって作ったのでしょう?。これは、弥生時代の話でも縄文時代でもなく、ほぼ2万年前の事だと判っています。日本の黒曜石は、日本海の向こうの朝鮮半島やロシアなどでも見つかるそうです。つまり、そういう交流がなされていたという事です。その後日本の歴史は縄文時代になりますが、それと平行する世界の歴史は旧石器の時代です。発掘からみる日本の歴史は、とてつもなく古く北は北海道から南の沖縄に至るまで至る所で、遺物や遺跡が出てきます。こういうところは世界中さがしても日本にしか無いそうです。例えば、6000年前のものと言われる漆の漆器にはエゴマの油が配合されているらしく、現在にも繋がっています。もし、四大文明前を調べたいのであれば、とりあえず日本の縄文とそれ以前を一度調べられる事をお勧めします。

日本の古古代の話ですが

日本の各地に黒曜石が出ます。伊豆の天城にも出ますが、「もっと南の島に出るらしい」ということで神津島まで出かけていって黒曜石を採取します。神津島までいくのに丸太船を使い、ほぼ日中いっぱいかかって着きます。神津島とは言っても、島の内部ではなく、付近の海の中に中にあるので、船を縛っていなければなりません。当然縄などもいる訳です。船はどうやって作ったのでしょう?。これは、弥生時代の話でも縄文時代でもなく、ほぼ2万年前の事だと判っています。日本の黒曜石は、...続きを読む

Q古代世界の四大文明を今、選ぶと。

60年近く前に四大文明を教わりました。
最近の考古学の進歩から見て、今、四大文明を選んでもやはり60年前と変わらないでしょうか。
5大文明や六大文明とする方が適切でしょうか。
黄河・長江文明は、都市の規模や建造物の大きさの面で他の文明と比べると少し見劣りがするように思うのでこんな質問をしました。
素人がふと思った疑問ですから、文明の定義や王権の定義をどうするのかといった、難しい話は避けて回答をお願いします。

Aベストアンサー

特に変化なしでいいと思います。
というのもまだ発掘物が4大文明に比べて少なすぎるのが現状です。

アフリカから発生した人類が最後に到達したとされるのが南アメリカです。
現在確認されているインカ文明などは鎌倉時代くらいのものです。
そこで紀元前数千年の時点での古代文明は形成できないだろうと思われていましたが、
南アメリカからBC2500年ぐらい昔の遺跡が見つかって物議をよんでいます。

黄河は小さいと言われていますが、神農氏の伝説はそれを補ってもあまりあるものです。
気の経絡とか現在科学でも十分解明できていない文明が誕生したのは奇跡といってもいいです。
その後の中国文明の発展やルネサンスの3大発明といわれた羅針盤、火薬、活版印刷が
全て中国から出た点を考慮しても四大文明の一角に相応しいと思われます。

文明は大きな川の側にできるものですから、今後はミシシッピやアマゾン、
そしてナイル側中流でも文化圏の発見が期待されています。
いずれも発掘調査待ちでまだまだ時間がかかりそうです。

現在、私が注目しているのはハザール汗国です。
8世紀頃なので古代文明というわけではありませんが、世界史でも重要視されていない国です。
ところが最近になってハザールがイスラム勢力の防御壁になっていたと研究されています。

もし、ハザールが滅ぼされていたら東欧はイスラム勢力に落ち、
そこからゲルマン民族がたどったコースで現在の北欧からフランス、英国を攻め、
現在のキリスト教圏はガラッと様変わりしていただろうと言われています。

特に変化なしでいいと思います。
というのもまだ発掘物が4大文明に比べて少なすぎるのが現状です。

アフリカから発生した人類が最後に到達したとされるのが南アメリカです。
現在確認されているインカ文明などは鎌倉時代くらいのものです。
そこで紀元前数千年の時点での古代文明は形成できないだろうと思われていましたが、
南アメリカからBC2500年ぐらい昔の遺跡が見つかって物議をよんでいます。

黄河は小さいと言われていますが、神農氏の伝説はそれを補ってもあまりあるものです。
気の経絡とか...続きを読む

Q四大文明以前について何でも構いませんので教えて下さい

今、とても歴史にはまっていまして、最初は中国の三国志あたりだったんです
どんどん古い歴史に興味がでてきてしまい、困ったことについに四大文明以前が知りたくなってしまいました。
ところが四大文明以前ともなると、さすがにそのような本やサイトが
少ないみたいなのです。
今は・・・コーカソイドやモンゴロイドといったキーワードに敏感に反応したりしてまして・・。
すごく広範囲で曖昧な質問になってしまうのですが、どのようなことでも全くの推測で構いませんので何か知っていることがあれば教えていただきたいのですが。。
ちなみに今はヨーロッパ人が歩んできた道のりのなるべく古い歴史を知りたいと思っています。
でも古いことならなんでも知りたい気分です。
類人猿でも構わないくらい。。
もしかしたら文化人類学や歴史のカテゴリになるのかもしれませんので
カテゴリが違いましたらすみません。
このような失礼な質問で申し訳ありませんが、楽しみにお待ちしております。

Aベストアンサー

No.2のmartinbuhoです。

昔読んだ本を紹介します。図書館にあるかも・・

白水社クセジュ文庫 「アッチラとフン族」ルイ・アンビス 安藤和雄訳

ハンガリア人の祖先と言われるフン族をヨーロッパ人が研究・解説した本です。

Q文明とは??

1.文明とはなにか?
2.文明が起こる必要性
3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
4.文明が起こった当時、交易はあったのか?


                          よろしくお願いします。

Aベストアンサー

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して読み進んでみると良いと思います。
とくに(3)について、文明の交流とそれを阻害する権力の関係は、下の4.の交易の問題ともからんでくるので、それも併せて考察すべきです。

>>4.文明が起こった当時、交易はあったのか?
インダス文明でも、インド半島内だけではなく、バーレーン、メソポタミアなどとの海上交易路も確立したし、エジプト文明とナイル川の水上交通を基盤とした交易は切っても切り離せません。
だいたい、文明発祥の必須条件である農耕が、「その地域で消費される以上の収穫を得る」ことを特徴とするので、農耕と交易の始まりは不可分です。
文明以前、つまり採集・狩猟文化の段階でも、猟具などの交易圏は各地に存在します。
(縄文時代での環日本海の黒曜石交易は有名)

百科事典でまず知識の概略をつかんだほうが良いテーマなように思えます。

>>1.文明とはなにか?
>>2.文明が起こる必要性
何か事典・辞書的なもので、【文明】の項は引いてみましたか?

>>3.明治時代の福沢諭吉の「文明論之概略」の文明とは?
「文明論之概略」はもうお読みになりましたか? 岩波文庫から出ていますが。
同書での文明論の展開を理解するには、
(1)文明の発達に必要な条件は何か、また停滞させてしまう原因は何か
(2)文明発達の初段階
(3)西洋文明の部分的容認と批判
の点に注意して...続きを読む

Q土器の技術と文明の発展状況

遺跡から発掘される土器を見るとき
どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりになるでしょうか?
例えば薄くて固い土器を作るのには高度な技術が必要とされるのでしょうか?
また幾何学的な文様が見られるときは合理的な社会システムが形成されていると予測するのは間違っていますか?
皆様の御意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

文明ですか。文明の定義を考えたことがないので、、、
ということで、文化的向上度という意味に解釈します。

>土器(略)どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりに(略)

文化度を測る要素は、質問者もおわかりと思いますが、いくつかあるのだと思います。
その中で、あえて、土器だけでどの程度推し量ることが可能か、という質問かと思います。
素朴な感想ですと、土器を焼く技術の向上の中で、高温を作り出す「窯」の出現は画期の一つと思います。
高温を管理することは金属を加工する知識の蓄積に繋がっていると思います。
とはいえ、土器を焼く窯で鉄などを精製するわけでないですが、高温を体験・管理する経験は大きな刺激になったと思います。
では、土器焼成技術の発展の文化度がどうかというと、なかなか難しいことで、まずは、文化の発展段階をそれぞれに定義して、その中のどの段階に位置するのか、という作業が必要だと思います。
申し訳ないですが、私は文化発展段階の定義を知りません、、、

土器から文化的向上度を測るには、土器の組成の分化の方が目安になるかと思います。
器種が豊富になっていく度合いです。


>幾何学的な文様(略)合理的な社会システムが形成

文様をつける行為は、祈り(シャーマン的)のデザインの場合と、美的なデザインの場合があるのか思いますので、ご質問に相当する場合は、美的なデザインの文様と関係するのかもしれません。

文明ですか。文明の定義を考えたことがないので、、、
ということで、文化的向上度という意味に解釈します。

>土器(略)どこに注目すれば文明の発展状況を知る手がかりに(略)

文化度を測る要素は、質問者もおわかりと思いますが、いくつかあるのだと思います。
その中で、あえて、土器だけでどの程度推し量ることが可能か、という質問かと思います。
素朴な感想ですと、土器を焼く技術の向上の中で、高温を作り出す「窯」の出現は画期の一つと思います。
高温を管理することは金属を加工する知識の蓄...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報