いまこの二つの国のことについてしらべています。
アフリカにはたくさんの飢餓や難民がいるということを知りました。

その中でもとくに私はこの二つの国のことについて興味をもっています。

いまのマリ共和国とスーダン民主共和国での飢餓の状態はいったいどうなっているのでしょうか?
知っている人がいたらおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



あまり資料は豊富ではありません。
そもそも数字の乏しい国なのですが・・

スーダンはなかなか厳しい状況です。
内戦と干ばつのダブルパンチで、過去10年で25万人の命が奪われています。
特に国の南東部で干ばつがひどく、WFP(国際食料計画)は去年の3月に、300万人が飢餓に瀕していて、総計1億ドルの緊急援助が必要だという声明をだしています。
インフレ率も27%程度(1997)と、厳しい状況です。340万人程度の人口の国ですが、平均寿命は男性で55歳ぐらい。去年の推定数字ですが、乳児死亡率(1歳になるまでに死んでしまう赤ん坊の割合)は、1000人のうち69人という数字です。

マリの方も深刻です。この国の乳児死亡率は1000人に対して121人と推計されています。国連では、マリを世界でももっとも貧しく低開発の国(最貧国)のひとつに数えています(世界174か国のうちで165番目)。

数字は乏しいですが、両国の飢餓の背景については、下記のサイトに詳しく書かれています。

参考URL:http://www.tcp-ip.or.jp/~gorba/jrc/98-kiga.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。カナリ参考になります。

あと、スーダン民主共和国のことについてしらべたのですが、スーダンは、諸外国からの支援が全面停止になったり、技術協力などでは日本が今までは協力していたのに今では原則として協力をじっししていないということがわかりました。なぜそのようになってしまったのかがわかったらまたおしえてくれるとうれしいです。

お礼日時:2002/01/27 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフリカの飢餓状態は外国からの援助が原因?

現在おもにアフリカで人口増加による基金が問題になっていると聞きますが、その原因は外国からの食糧などの援助だという説があるようです。つまりそれまで自給自足で貧しいながら成り立っていた人口構成が外国から豊富な食料や医療物資が供給されたため出産、育児が容易になり、土地の生産力以上の人口となり永続的な飢饉状態になったという説です。これはどのくらい信憑性がある説明なのでしょうか。

Aベストアンサー

「どれくらい信憑性があるか」という疑問の持ち方って、なんか変だなと思います。

「STAP細胞論文はどれくらい信憑性があるか」という言い方は、自然科学(いわゆる理科や数学)の分野は真実が1つだから、言うことができるのですが、
「アフリカ社会が⚪︎⚪︎なのは×のせい、と考えるのは信憑性があるか」という言い方は変です。なぜなら、人間や社会が、なぜそうなっているかは理由は1つではないですし、物の考え方や政治的な立場によっても変わってくるからです。

ですから、「先進国のせいだ」というのは、理由の1つであるとは私も思いますが、だからといってすぐに「先進国は悪だ」と考えるのは安易な気がします。
信憑性があるかないか、ではなくて、いろいろな角度から物事を見るようにすると、立体的に世の中がわかってきて面白いですよ!

Qスーダン民主共和国への援助活動などについて。

スーダン民主共和国のことについてしらべたのですが、スーダンは、諸外国からの支援が全面停止になったり、技術協力などでは日本が今までは協力していたのに今では原則として協力をじっししていないということがわかりました。なぜそのようになってしまったのかがわかるひとはおしえてくれるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
また、ですが、ちょっと補足させてもらいます。
やはり食料援助の話の前には、内戦のことも触れないとわからないと思いますので。

スーダンの激しい内戦は1983年から続いています。
内戦と干ばつのダブルパンチによる死者は、累計でなんと200万人という推計を出している団体もあります。
イスラム系の政府組織に対してスーダン人民解放軍(SPLA、キリスト教信者が多い)という反政府軍が覇権を争ってきたわけです。

ただでさえ食料が乏しい状況ですので、双方にとって援助物資の扱いは重要な意味を持ってきます。つまり、お互いが自分のほうに援助を確保しようとすると同時に、相手にわたりそうな援助を武力でさえぎろうとするからです。2年ほど前に、援助のための飛行機が撃墜され、WFPの支援スタッフが死亡した、ということがありました。このあたりが、先に回答したように各国の不安をかきたて、援助に二の足を踏ませる原因のひとつです。

もうひとつ大事なことは、イスラムの問題です。話題のビン・ラディンが90年代にスーダンに住んでいたことは知っていますか? このこと(だけではありませんが)がアメリカにとってスーダンの心象を決定的に悪くしました。スーダンをアメリカは「テロリスト国家」と名指しするようになったのですね。このこともあって、各国の公的な援助がきわめて困難なものになりました。

今調べてみると、しかし、1月19日にやっと停戦合意が結ばれたということです。まだ局地的停戦ですが、双方ともこの合意を国土全体に広げたい意向がある、とされていますので、将来的にはまた積極的な援助を再開できる環境が整いつつある、のかも知れません。
期待したいと本当に思います。

以上、長い回答になりましたが、参考になれば幸いです。

こんにちは。
また、ですが、ちょっと補足させてもらいます。
やはり食料援助の話の前には、内戦のことも触れないとわからないと思いますので。

スーダンの激しい内戦は1983年から続いています。
内戦と干ばつのダブルパンチによる死者は、累計でなんと200万人という推計を出している団体もあります。
イスラム系の政府組織に対してスーダン人民解放軍(SPLA、キリスト教信者が多い)という反政府軍が覇権を争ってきたわけです。

ただでさえ食料が乏しい状況ですので、双方にとって援助物資の扱いは重要...続きを読む

Q飢餓に関わる職業・学問

高校生です。

ソマリア干ばつのニュースなどを見て、世界の飢餓の問題に改めて興味を持ちました。

飢餓問題は原因が複雑で、解決には様々な形でのアプローチがあると思うのですが、問題解決に貢献できる職業にはどのようなものがあるのでしょうか。

また、飢餓に関わる学問としてはどのようなものがあるのでしょうか。

自分は理系なので、特に自然科学的な立場から飢餓に取り組むときにどういう側面があるのかが知りたいです。

Aベストアンサー

職業と呼んでいいのかどうか分りませんが、直接的な支援の手を差し伸べられたいのなら青年海外協力隊があります。

また、様々な形でのアプローチ、貢献できる職業、のワードから読み解くと農業土木辺りが一番妥当な所かと思いますが、何せこう言った国々の問題点は国としてのシステムが未熟で、インフラも殆ど整っていないので、変に日本の技術を当て嵌め様ととしても受け皿とコストの問題から敬遠され、ビジネスとして成り立たないと言う一面があります。

質問文では、理系で自然科学分野からの取り組みをと書かれておられます。それなら、農業分野で環境に強い新種改良に取り組むか、植物の生育可能な土壌改良への取り組みなどが考えられます。

何れにしても、そういった国々は最貧国に分類されるでしょうから、持ち出し覚悟のボランティア精神で出向くか、国連関系若しくは日本の政府開発援助機構か何かの組織に属する事を今から考えておくかしないと、習得した知識も技術も生かせなくなります。

Q蝦夷共和国の基幹計画

単なる話のネタです。

もし北海道(沖縄でも佐渡島でもいいですが)が独立した場合、基幹産業としては
・農業、漁業、酪農など食糧
・観光
になると思います。
ここでもうひとつ加えて3つの柱にしたいと思いますが、なにかアイデアはないでしょうか。
・実現可能かはこの際不問
・インフラは現状のを利用
・北海道ならでは!というこだわりはなし。
・麻薬や武器などはなし

自分のアイデアとしては
・データセンター
 耐停電耐震耐火構造のデータバックアップを専門にする電脳センター
・フリーポート
 ロシア、アジアなどとの貿易センター
・印刷センター
 書籍からチラシまでデータ入稿・印刷までを一手に引き受ける
・電力センター
 地熱、風力水力等のエコ電力を売る

Aベストアンサー

エコ電力だけではなく、原子力発電も含めて日本やロシアに輸出するのはいいアイディアだと思います。

他にもロシアの石油や中国の石炭の輸出入中継基地になったり、広大な土地を利用し稼動すれば事故時の不安や公害でトラブルもしばしば起きるガス精製や資源のリサイクルなどにも力を入れて「極東の資源センター」を目指すのはいかが?

で、地熱や太陽による発電や火山性ガスの商用利用、メタンガスの効率の良い利用法などを研究中、とエコを全面に出すのも手です。

Q今後のアフリカの飢餓問題について

アフリカ(サブサハラアフリカ)の飢餓について分からないところがあるので、教えてください。お願いします。

☆ アフリカは食料を自給できていない覚えがあります。しかし、ある文献で、アフリカは本来自給できており、海外に輸出するために国内で飢餓が発生。購買力がないために、目の前に食料があっても買えない?正しいですか?
つまり、この考えでは、いくら国内生産を増やそうがあまり関係がない?


私はアフリカの飢餓原因は1、購買力がない。2、人口の増加。3、世界の穀物需要が増加し、輸入できない
この3つだと考えています。つまり、国内の自給率を向上させれば、飢餓は減少すると書きたいのですが、上の星で書いたとおりならば国内生産を増加させても、解決にはつながりませんか?解決にはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

定量的に見てみると、カロリーの輸出入と
栄養不足人口の関連性は想像されるほど高くはないようです。

・FAO-農業貿易マップ (輸出-輸入)÷消費カロリー
http://faostat.fao.org/Portals/_Faostat/documents/pdf/map05.pdf
・FAO-栄養不足人口マップ
http://www.fao.org/statistics/yearbook/vol_1_1/pdf/map14.pdf

広大な砂漠が広がり食料の自給に適さないように見える北アフリカは、
実はアフリカの中で栄養不足人口の割合が一番低いです。
一方、中南部には比較的自給的なはずですが、
栄養不足人口の割合の大きい国がたくさんあります。

そもそも自給率という言葉は日本以外であまり使われず、
国際開発上重要なキーワードではないです。
分母となる供給量に問題があり、自給していても供給量が少ない国では、
穀物が輸入できないために食糧事情が悪い可能性があります。
輸入できる能力があれば食料のキャパシティはあるわけで、
石油輸出能力がある国で栄養不足の問題は比較的小さくなります。
原理上は、中国のように工業製品を輸出することや、
インドのようにソフトウェアを輸出することでも食料と交換できます。

従って輸入に依存できる能力があれば食糧不足にならない仕組みですが、
自給率というよりも農業生産量は増加した方が望ましいと考えられます。
第一に自国産物の価格低下、穀物価格上昇、資本逃避などの変動で
輸入能力が低下した時に食料消費水準が悪化する可能性がある点、
第二には生産能力拡大による所得水準向上のために、
第三には世界レベルの供給拡張の必要性のために、
農業生産の増加は貧困脱出にとって重要となると思われます。

飢餓の最も多い地域と、紛争地域または最近まで
紛争を抱えていた地域は顕著に一致します。
これらの地域は、安定を保てればインフラが大きく改善できるかもしれません。
所得の低い地域では紛争が起こりやすいという関係も指摘され、
そのためなかなか貧困から脱出できない面もあります。

一方、人口問題に関しては、懸念はあるとはいえ、
一見想像されるほど所得水準や飢餓に与える影響は絶望的ではないかもしれません。
人口増加前にも飢餓がなかったわけではなく、
現状の供給能力が飽和しているという証拠は特にありません。
1980年のアフリカの人口は今の半分強で、人口的に余裕があるように見えますが、
ほとんどの国で1人当たりの消費カロリーも今より少なく食糧事情はよくなかったりします。

・消費カロリー水準
(アフリカの人口 (1980)4.8億人 (1990)6.4億人 (2000)8.2億人)(UNより)
ナイジェリア (1980)2050kcal(1990)2430kcal(2000)2700kcal
エジプト (1980)2900kcal(1990)3180kcal(2000)3350kcal
スーダン (1980)2180kcal(1990)2160kcal(2000)2260kcal
タンザニア (1980)2190kcal(1990)2120kcal(2000)1960kcal
モロッコ (1980)2750kcal(1990)3060kcal(2000)3070kcal
アルジェリア (1980)2640kcal(1990)2880kcal(2000)3040kcal
ケニア (1980)2250kcal(1990)2020kcal(2000)2150kcal
ウガンダ (1980)2110kcal(1990)2310kcal(2000)2380kcal
ガーナ (1980)1700kcal(1990)2010kcal(2000)2650kcal
中国 (1980)2330kcal(1990)2680kcal(2000)2940kcal
インド (1980)2080kcal(1990)2370kcal(2000)2440kcal
(FAOより、1980:1979-81年 1990:1989-91年 2000:2001-2003年)

平均の所得水準が悪化していないとしても、人口の増加に伴って、
栄養不足人口の絶対数が増加する問題はあります。
ただ、うまくいっていると人口が増加しながら
栄養不足人口が減少している国もあります。

・ナイジェリア
全人口 (1980)6430万人(1990)8600万人(2000)12400万人
栄養不足人口 (1980)2390万人(1990)1180万人(2000)1150万人
・エジプト
全人口 (1980)4390万人(1990)5580万人(2000)7190万人
栄養不足人口 (1980)360万人(1990)250万人(2000)240万人
・中国
全人口 (1980)10億4200万人(1990)11億6090万人(2000)13億1170万人
栄養不足人口 (1980)3億0400万人(1990)1億9360万人(2000)1億5000万人
・インド
全人口 (1980)6億8900万人(1990)8億4640万人(2000)10億6550万人
栄養不足人口 (1980)2億6130万人(1990)2億1480万人(2000)2億1200万人
(FAOより、1980:1979-81年 1990:1989-91年 2000:2001-2003年、全人口は2003年)

定量的に見てみると、カロリーの輸出入と
栄養不足人口の関連性は想像されるほど高くはないようです。

・FAO-農業貿易マップ (輸出-輸入)÷消費カロリー
http://faostat.fao.org/Portals/_Faostat/documents/pdf/map05.pdf
・FAO-栄養不足人口マップ
http://www.fao.org/statistics/yearbook/vol_1_1/pdf/map14.pdf

広大な砂漠が広がり食料の自給に適さないように見える北アフリカは、
実はアフリカの中で栄養不足人口の割合が一番低いです。
一方、中南部には比較的自給的なはずですが、
栄養不足人...続きを読む

Q国の借金を増やさずに国をインフレに持っていく方法を教えてください。日本国債を発行して国の借金を増

国の借金を増やさずに国をインフレに持っていく方法を教えてください。

日本国債を発行して国の借金を増やしてインフレに持っていく以外の方法です。

そして安定したインフレが条件です。

Aベストアンサー

紙幣の増刷。

Q飢餓なのになぜ人口爆発が起こるのですか?

病気・栄養失調などで飢餓に瀕している子供たちを見て心をいためています。
しかし、飢餓なのになぜ子供がたくさん生まれるのか、ふと不思議に思いました。というのも、一般的に女性は行過ぎたダイエットや拒食症の場合、(つまり飢餓状態になると)生理が停止するからです。なぜ出産が可能なのでしょうか?
その国あるいはその地域の人が飢餓状態なら、出生率は低下すると思うのですが。。
医学的、社会学的見地からこの「からくり」を解明してくださる方々の回答をお待ちしています。あるいは、このことを明らかにしている書物等ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

 人口爆発は、出生率(人口1000人当たり)と死亡率(人口1000人当たり)の差が大きいことが原因です。現在の日本は、どちらも10ほどです。

 平均寿命が40歳以下の、日本だと江戸時代以前の出生率は、出生率も死亡率も50~70と均衡していました。ですから、江戸時代の260年間かかって、2000万から3000万人と50%の増加でした。
 平均寿命が50歳の、現在の発展途上国だと、出生率は50程度ですが、死亡率は20ほど。その差が30だと、1000人当たりだと3%になります。『わずか3%』の印象でしょうが、毎年のことですから、33年もすると3%×33.3年=100%、すなわち2倍になります。100年もすれば2倍の2倍で8倍、江戸時代は260年間で50%増ですから、人口爆発という表現も頷けます。
 なお、平均寿命と出生率、死亡率との関係については、因果関係の無い擬似相関ですが、分かりやすいかと。

>飢餓なのになぜ子供がたくさん生まれるのか
 発展途上国は、慢性的な飢餓という感じもありますが、美味しさの元である蛋白や脂質は不足していますが、エネルギーであるカロリーでみると、炭水化物で満たすので、その平均値は先進国とそれほど変わりません。すなわち、平均的には飢餓とは言えないのです。
 飢餓の印象が強いのは、一部の地域では天候不順や内戦などで飢餓が続き、マスコミでも報道されるので、全体が飢餓の印象を受けてしまいます。「この地域以外は、問題ありません」なんぞは報道しません(それが悪いと言っているのではありません)。さらに、日本でも10年前だったか、米不足のときに外国米を買占めました。が、発展途上国は金が無いので、食料の輸入が簡単ではなく、飢餓に速やかに対処できません。そこで、「飢餓」の時期、地域が強調され、イメージとして埋め込まれます。
 先進国から見れば栄養状態が悪いのですが、発展途上国の生活レベルは、江戸時代(子供を生んでいた)より、はるかに上です。全体的には、子供を生み・育てられないほど悪い状況ではないのです。
 

 人口爆発は、出生率(人口1000人当たり)と死亡率(人口1000人当たり)の差が大きいことが原因です。現在の日本は、どちらも10ほどです。

 平均寿命が40歳以下の、日本だと江戸時代以前の出生率は、出生率も死亡率も50~70と均衡していました。ですから、江戸時代の260年間かかって、2000万から3000万人と50%の増加でした。
 平均寿命が50歳の、現在の発展途上国だと、出生率は50程度ですが、死亡率は20ほど。その差が30だと、1000人当たりだと3%になります。『わずか3%』の印象でしょうが、毎年のことですか...続きを読む

Q【いまの年金問題は60代の問題ではなく30代、40代の問題】 いまの60代は年金が引き下げられても貯

【いまの年金問題は60代の問題ではなく30代、40代の問題】

いまの60代は年金が引き下げられても貯蓄があるので生き延びられる。

30代、40代は給料が下がっていった世代なので老後の貯蓄がない世帯がいるので日本は30年後の2050年には終わると思われる。

年金が破綻して、国民が暴動を起こし、国は怒られたくないので税金を引き上げて増税分を年金支払いに回し、30年後の20代、30代は今の30代、40代よりきつい経済社会になっていると予想出来る。

いまですら死にそうな社会なのにまだ一段下の経済になる。

もう親の資産で生きられる世代ではなくなっている。

今の30代、40代の裕福度は親の裕福度で決まっている。

今の30代、40代の老後の世界が死の世界なのに、それを支える今の10代の老後の世界は下の下だと思う。

ビックリする話がいまの高校生で筆箱を持たずにシャープペンシルと消しゴムと定規など必要な筆記用具を筆箱を持たずに持ってくる高校生が増えているらしい。

筆箱を買うのがもったいない。筆箱を買うお金がない。なんで入れ物にお金を使うのが分からない。

という意見が上がったらしい。

これが今の貧困層の高校生の実態ですよ。

この話を聞いて泣けましたよ。

今の貧困層の高校生って筆箱すら買えないんだって。

これクラスに一人や二人の話じゃないんですよ。

どうするんですか日本の未来はどうなるんですか?

【いまの年金問題は60代の問題ではなく30代、40代の問題】

いまの60代は年金が引き下げられても貯蓄があるので生き延びられる。

30代、40代は給料が下がっていった世代なので老後の貯蓄がない世帯がいるので日本は30年後の2050年には終わると思われる。

年金が破綻して、国民が暴動を起こし、国は怒られたくないので税金を引き上げて増税分を年金支払いに回し、30年後の20代、30代は今の30代、40代よりきつい経済社会になっていると予想出来る。

いまですら死にそうな社会なのにまだ一段下の経済にな...続きを読む

Aベストアンサー

何も考えていないでしょうね。なにぶん政治家、特に国会議員は、腐る程の金が、たまりますから、はみ出た分を、味方に少し分け与えると、尻尾振って応援します、くらいでしょうね。小池さん見ても、自分の元所属政党と喧嘩しながら、離れないのはなぜか???
日本の未来はどうなるんですか?・・・・・・・自給自足が正解でしょうか。

Q食事制限による体の飢餓状態は、栄養不足でおこる?空腹感でおこる?

 よく、ダイエットで過剰に食事制限すると、体が飢餓状態になるので余計に脂肪を溜め込むようになる、といいますよね。
 この飢餓状は栄養不足からくるのでしょうか? 空腹感からくるのでしょうか?
 もし空腹感からくるのでしたら寒天やコンニャクなどの低カロリーのものを食べていれば飢餓状態を抑えられるし、逆に栄養不足からくるものなら寒天やコンニャクでは効果がないのではないかと思い、質問させていただきました。
 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>ダイエットで過剰に食事制限すると、体が飢餓状態になるので余計に脂肪を溜め込むようになる
…これは、普段人間は何も行動してないときも1日何カロリーか消費しています。ですが無理なダイエットをすると、体が少しでもエネルギーを節約しようとするため前述したような、いわゆる基礎代謝が低下しこれが健康を害したり、リバウンドしたりする原因になります。

>この飢餓状は栄養不足からくるのでしょうか? 空腹感からくるのでしょうか?
…栄養(エネルギー)不足です。

基本的に極端な食事制限ダイエットは最初こそ、効果が目に見えて表れることが多いため試す人もたくさんいますが、上記のように基礎代謝が低下するため、成功したと思い食事制限を緩めたとたん急激に太る(体の本能で)こともあれば、この時代に栄養失調で倒れる人もいます。極端な場合では拒食症や過食症になる人もいるようです。

Q財政黒字の国はどこ?(資源国以外で)

ギリシャの財政危機が問題になっていますが、ギリシャや日本は別格としても、財政に苦しんでいる国が大半であるかのような印象が私にはあります。

恒常的な財政黒字を達成している国はあるのでしょうか。

産油国や豪州のような、天然資源に恵まれた国は除きます。

Aベストアンサー

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920019&sid=audzSdVjhKuw

別に別格でもないようだ、日本は


人気Q&Aランキング

おすすめ情報