この間、電気メッキの実験をしました。そのときの電解メッキ液がよくわかりません。
『ビーカーに0.1mol/l硝酸銀水溶液25mlをとる。この中に飽和食塩水5mlを加える。しばらく静置し、上澄み液を捨てる。残った沈殿物は純粋で2~3回洗う。この中に、6mol/lの塩酸75mlを加える。このビーカーを温浴に入れ、硼酸4gとショ糖1gを加えて溶かす』のですが、塩酸や硼酸、ショ糖を入れる意味がわかりません。
教えてください。

A 回答 (2件)

銀は銀樹木のように特定の部位に析出しやすい傾向(へんせき)があります。


このように場合に.有機物をいれて反応を押さえます。

砂糖は.多分へんせき防止剤でしょう。
ほう酸はいろいろな金属と錯体を作りやすく.その結果いろいろな面白い性質があります。たしか.つや出しに使うと聞いているので.光沢剤でしょう。たぶん。
    • good
    • 0

「硝酸銀水溶液に食塩水を加える」の部分を化学式で書くと、意味がわかってくるかもしれません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ