人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは!
ちょっと気になったのですが、全く同じ読み方だけど漢字や意味が違う言葉ってありますよね?例えば『詩』と『死』など。辞書にはそういったものが全部載ってますが、そういう言葉の並び順ってどのように決められてるのでしょうか?字画でしょうか?でも稀に字画が全く同じ言葉もありますよね?
非常にどうでも良い質問なのですがもし答えの分かる方いらっしゃいましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「使用頻度」順です。



意味や用法(使い方)の多い方が先に来て、古い言葉などは後ろに来ます。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

hiroko771様、ご回答有難う御座いました!
なるほど、使用頻度ですか!これでスッキリしました。
こんな下らない質問に答えて頂き、本当に有難う御座いました。

お礼日時:2006/04/04 16:58

辞書の冒頭の部分に、並べ方についての決まり(例えば”この辞典の使い方”)が書かれているかと思うのですが、そこら辺をご覧になれば、少なくともその辞典での順番が分かるかと思いますが。


何か順番が重要な意味を持つとすれば、発行社に問い合わせれば良いのでは ???
    • good
    • 1
この回答へのお礼

530529様、ご回答有難う御座いました!
私は電子辞書しか持っていないので並べ方についての決まり等はついておりませんでした(もしかしたらあるのかもしれないですがどこにあるのか分からなくて…)。
こんな下らない質問にわざわざご回答頂き本当に有難う御座いました!!

お礼日時:2006/04/04 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じかな文字で違う言葉

あめ → 「飴」「雨」
はし → 「橋」「箸」
かき → 「柿」「牡蠣」
くも → 「雲」「蜘蛛」
たこ → 「凧」「蛸」

といったような、かな文字で書くと一緒だけど、物は違う言葉(名詞で)を捜しています。
ご存知の言葉がありましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

おもしろい質問ですね。

私のパソコンは、一発で正しい漢字に変換してくれたことはありません。いつも同音異義語に変換して、楽しませてくれます。

というわけで、私のパソコンの漢字変換昨日、違う!、機能を使って探してみました。

とりあえず、「身の回りにありそうな」「ものの名前で」「2文字のもの」という条件で、「ああ、あい、あう、、、わわ、わを、わん」と、やってみた結果です。重複していたら、すみません。(濁点は面倒臭かったので、検索していません)

あか → 赤・垢
あし → 足・葦
あま → 尼・海女
あわ → 泡・粟 
いし → 石・医師 
うし → 牛・う歯
うみ → 海・膿 
えき → 駅・液 

かし → 菓子・下肢
かね → 金・鐘
かま → 鎌・釜
かみ → 紙・髪
かめ → 亀・瓶
かわ → 川・皮
きん → 金・菌 
くし → 串・櫛
くま → 熊・隈
くら → 倉・鞍
くわ → 桑・鍬
こし → 腰・古紙 

さけ → 酒・鮭 
しま → 島・縞
しろ → 白・城 
すみ → 炭・墨 

たま → 玉・弾 
ちち → 父・乳 
つち → 土・槌 

のり → 海苔・糊 

はい → 灰・肺
はち → 蜂・鉢
はな → 花・鼻 

ます → 鱒・枡
まゆ → 眉・繭 
 

おもしろい質問ですね。

私のパソコンは、一発で正しい漢字に変換してくれたことはありません。いつも同音異義語に変換して、楽しませてくれます。

というわけで、私のパソコンの漢字変換昨日、違う!、機能を使って探してみました。

とりあえず、「身の回りにありそうな」「ものの名前で」「2文字のもの」という条件で、「ああ、あい、あう、、、わわ、わを、わん」と、やってみた結果です。重複していたら、すみません。(濁点は面倒臭かったので、検索していません)

あか → 赤・垢
あし → ...続きを読む

Q同じ字で、読みが異なると意味も異なってしまう例

漢字の〔東〕は、【ひがし】と読むと方向を意味しますが
【あづま】とよむと、主として関東地域を意味します。
このように、同じ字でも読みが異なると意味が異なってしまう
事例を、お教え願います。

Aベストアンサー

同音異義語ほどではありませんが、日本語では結構な数あるかと思います。

相対 「あいたい」「そうたい」
新手 「あらて」「しんて」  ※混同して使われ「しんて」は忘れられつつあります
一見 「いっけん」「いちげん」
一物 「いちもつ」「いちぶつ」  
一途 「いちず」「いっと」
異名 「いみょう」「いめい」
開眼 「かいげん」「かいがん」
気骨 「きこつ」「きぼね」
小兵 「こひょう」「しょうへい」
建立 「こんりゅう」「けんりつ」
座頭 「ざがしら」「ざとう」
直筆 「じきひつ」「ちょくひつ」   などなど

また、厳密には違う意味をいえないかもしれませんが、「和尚」の読みは宗派によって違ったりします。天台宗では『かしょう』、真言宗では『わしょうorわじょう』、法相宗・律宗では『わじょう』、禅宗では『おしょう』と読みます。

Q同じ言葉で違う意味 (お盆など)

同じ言葉で違う意味の言葉を何と呼ぶのでしょうか。「橋」と「箸」のような同音異義語ではなく、「お盆」(器のお盆と仏事のお盆) のように書いても全く同じだけど意味が違う場合です。このような言葉を探したいのですが、呼び名が分かりません。また、呼び名が分からなくても、他に思いついたら教えてください。

Aベストアンサー

(参考)
http://bnkayak.ameblo.jp/
このブログの2005-06-19に、そのような例がたくさん集めてあります。
この人は同字異義語、同字異音語と言っていますが、そのような表現で通じると思います(辞書に載っていない言葉であっても、漢字の造語力を生かした言葉として意味は通じるということです)。

なお、「お盆」は「同字同音異義語」といえそうです。

Q意味が全く違うのに、なぜ同じ漢字を使うのでしょうか

素朴な疑問なのですが、
「服を着る」の「着る」と
「家に着く」の「着く」は
意味が全く違うのに、なぜ同じ漢字を使うのでしょうか?

Aベストアンサー

こちらにお探しの答えがありそうですよ。
どうぞ。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0728/254087.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1232676987

Q国語辞典の見出し語の並び順

新明解国語辞典(三省堂)で、読みが「こうしょう」の語を調べると、並び順は、
口承、口証、口誦、工匠、工廠、公称、公娼、公証、公傷、交渉、好尚、考証、行賞、厚相、咬傷、哄笑、校章、降将、高尚、高承、高唱、鉱床
となっています。
広辞苑(岩波書店)では語の数は増えますが、順番は上記と同じになっています。

明らかに、漢字の画数順に並べられています。そこまではわかりました。
しかし、わからないのは、同じ画数の漢字の並び順にルールがあるように見受けられることです。
たとえば「交」、「好」、「考」、「行」は、すべて6画ですが、これらの並び順は2つの辞書で並び順がぴたりと一致しています。

画数が同じ漢字の並び順には、どういう決まりがあるのでしょうか。

※すみませんが、推測ではなく、ご存じの方のみご回答ください。

Aベストアンサー

『康熙字典』に準拠した(伝統的な)漢和辞典の順です。
「交」:二画「亠」部
「好」:三画「女」部
「考」:六画「老」部(先)
「行」:六画「行」部(後)*

* 最近の漢和辞典で「行」部を廃して「彳」部に併合し、“肉月”を含む字を六画「肉」部から四画「月」部に移動するなどの変更が行われているものがありますが、それには従いません。


ところで、
1『広辞苑』「しょう」(先)、「しよう」(後)の順
2『岩波国語辞典』「しよう」(先)、「しょう」(後)の順
だったと記憶しています。
大多数の国語辞典は1の方式です。
「つ」「っ」についても同様です。

Qあらゆる漢字の中で、読み方の多い漢字を教えてください。

あらゆる漢字の中で、読み方の多い漢字を教えてください。

例えば、
清=せい、しょう、しん、きよ・い 
生=せい、しょう、じょう、いき・る、うま・れる
といった具合です。

出来れば
「複数の訓読みをもつ漢字」よりも
「複数の音読みをもつ漢字」
を優先して下さい

また、ベスト1でなくても結構です。
ベスト10ぐらいの漢字を多数挙げてください。

ご回答よろしくおねがいします。


********************


以下の解釈は勘違いですので回答しなくて結構です。

間違い1
承る、ってのは「うけたまわ・る」って読むから、一文字でひらがな5文字があてはめられる。
こういう回答を求めているんだよね?

いいえ、そういう質問ではありません。


間違い2
もずを漢字で書くと「百舌鳥」
たたきを漢字で書くと「三和土」
読みは二文字しかないのに漢字表記は三文字になる。
こういう回答を求めているんだね?

いいえ、そういう質問ではありません。

間違い3
こう、と読む漢字は多いよ。甲、校、高、項、公、鋼、候
ほら、こう、だけで何種類もの漢字が当てはまるね。
こういう回答を求めているんだね?

いいえ、そういう質問ではありません。


間違い4
一=1
十=10
百=100
千=1000
万=10000



極=10の48乗

一文字で一番数が大きいのは「極」だよ
こういう回答を求めているんだね?

いいえ、そういう質問ではありません。

あらゆる漢字の中で、読み方の多い漢字を教えてください。

例えば、
清=せい、しょう、しん、きよ・い 
生=せい、しょう、じょう、いき・る、うま・れる
といった具合です。

出来れば
「複数の訓読みをもつ漢字」よりも
「複数の音読みをもつ漢字」
を優先して下さい

また、ベスト1でなくても結構です。
ベスト10ぐらいの漢字を多数挙げてください。

ご回答よろしくおねがいします。


********************


以下の解釈は勘違いですので回答しなくて結構です。

間違い1
承る...続きを読む

Aベストアンサー

訓読みを入れると煩雑なので、音読みのヴァリエーションが多い漢字に限定してみます。

7種類:「百」
ひゃく・びゃく・ぴゃく・ひゃっ・びゃっ・ぴゃっ・はく
※「はく」は漢音です。日常的には使いませんが、『奥の細道』では「月日は百代(はくたい)の過客にして……」と、使われています。

6種類:「石」
せき・せっ(石灰)・しゃく(石神井)・じゃく(盤石)・こく(石高)・ごく(千石)
※「こく」は中国にはない読み方ですが、一応音読みです。「こっ」「ごっ」という用例があればさらに増えますが、見つかりませんでした。

5種類:「白」「発」「品」
白:はく・はっ(白金)・ぱく(三白眼)・びゃく(白蓮)・びゃっ(白虎)
発:はつ・はっ(発見)・ぱつ(出発)・ほつ(発願)・ほっ(発作)
品:ひん・ぴん(逸品)・ほん・ぼん・ぽん
※「ほん」は階級を表す言葉です。上につく数字により、「ぼん」や「ぽん」にもなるようです。

4種類:「本」「歩」「籍」「分」
本:ほん・ぼん(漫画本)・ぽん(献本)・ほ(本意)
歩:ほ・ぽ・ふ・ぶ(歩合制)
籍:せき・ぜき(狼藉)・じゃく(庚午年籍)・しゃ
※「しゃ」は日常的には使いませんが、古い漢語にはあるようです。
※「分」はNo.2の方がすでにとり上げておられるので、省略します。

4種類はもっとありそうです。3種類くらいなら、数えきれないほどあるでしょう。

訓読みを入れると煩雑なので、音読みのヴァリエーションが多い漢字に限定してみます。

7種類:「百」
ひゃく・びゃく・ぴゃく・ひゃっ・びゃっ・ぴゃっ・はく
※「はく」は漢音です。日常的には使いませんが、『奥の細道』では「月日は百代(はくたい)の過客にして……」と、使われています。

6種類:「石」
せき・せっ(石灰)・しゃく(石神井)・じゃく(盤石)・こく(石高)・ごく(千石)
※「こく」は中国にはない読み方ですが、一応音読みです。「こっ」「ごっ」という用例があればさらに増えますが、見つ...続きを読む


人気Q&Aランキング