That which is so unlikely that we can leave it wholly out of account, a coward looks upon as sure so happen.

この文の意味と構造を教えていただけないでしょうか。
あとできればどのようにそう判断すればよいかもお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

「普通の人なら、そんなことは起こらないことだからと、全く気にもとめないようなことを、臆病者に限って、きっと起こると思いがちなのである」


=>「臆病者とは、もしもこうなったら、ああなったらと、起こりもしないうちから、取り越し苦労ばかりしている連中だ」が、述べ伝えたい意図。

(1)look upon A as BのAが、文頭に出ている。
 目的語を文頭に前置した場合、情報上は、2通りの解釈が可能である。
 1つは、「強調」で、概略、It is ... that~の...に現れた場合に等しい。
もう一つは、「話題提示」であり、Speaking of...,の...に相当する。もし、前者とした場合、「臆病者が確実に起こると考えていることが何かというとそれは、...だ」と、解答に当たると話し手が考えている対象に、聞き手の注意を向けることが情報上、重要な目的となるが、後者の場合は、「一般人がありえないと、はなから問題にしていないような事柄」について取り上げ、他の集団の人がどういう受け止め方をするのかに伝達の重点を置いた表現となる。前後の脈絡がないので、書き言葉としては、答えが2つあると言える(前置された目的語の後に、カンマが来るのは、通例、話題提示の場合だが、カンマの有無は絶対的ではない)が、「現実世界に対する常識」を加味すると、「一般人」の性向と対比することにより、「臆病者」の性向を浮き彫りにしていると考えるのが妥当であろうから、後者を模範解答とするのがよいだろう。更に、一言付け加えておくと、現在形の動詞は、時間の制約を受けない「変わることのない傾向・性質」を表すことが可能であり、今回の例は、「臆病者」とは何者かを、普遍的に特徴付けることにもなっている。cf. Bevers build a dam. (ビーバとはどういう生き物かというと、ダムを造る習性を持った生き物である)
(2)so...that~ 「とてもありそうにないので、(話し手を意識の中心とした)普通人なら全く(wholly=totally)考慮しない(leave A out of account)ような」
itは、thatを受けている。大まかに言うと、欧米の文化圏は、the law of duality(二分法)の視点から、「善と悪」、「愛と憎しみ」、「昼と夜」、「白と黒」のように2つに分けて考える傾向がある。相互の対比を通じて、違いを浮き彫りにすることで全体像を明らかにしようというわけだが、今回も'we'と'a coward'の対比関係に着目すると、話し手(というよりも書き手と言った方が、スタイル的には適当かもしれない)の意図が明確になるだろう。

この英文には、問題点もある。全体に古風なスタイルという印象を受けるが、少なくとも現代英語では、look (up)on A as B、より一般には、V (or phrasal V) A as Bでは、主述関係を成すAとBにおいて、述部のBに動詞由来の表現が入る場合は、doing形が使われるはずである。また、sureがsurelyの意味で使われているが、これは文修飾ではなく(文修飾なら、話し手自身の確信を表すことになる)、単なる語修飾で、しかも、未来のことに関して述べるのは、(一部の方言ででもなければ)古い用法に入るはずである。
誰が書いたのか、しかも、英語のネイティブとは言っても、どういう教育を受けてきた人間が書いたものか、吟味することことが必要な一例と思う。
    • good
    • 0

この文の意味について一言。



この文の意味は、心配性の人には、とてもよくわかるはずです。

as likely to happen ではなく、as sure to happen になっているところがポイントです。

coward を別の語にしたら、この面白みは消えてしまうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさま,詳しい回答をありがとうございました。
いろいろ勉強になりました。
失礼かとも思いますがまとめてお礼させていただきます。

お礼日時:2002/01/29 17:11

この質問が出た時から気になっていました。

読んでも意味がはっきりしないし、第一、この文から英文法的に学ぶものは殆どありません。今は試験に向けての大事な追い込みの時期です。今迄やってきた事を復習し、新しい事には手を出さない方がいいと思います。知っている事を復習し、自分に自信を持ってください! 

とてもおせっかいとは思いましたが、このメッセージを試験前に見て頂けることを願っています。

参考サイトは最近私が英訳した文です。難しいことも簡単な単語を使って英訳できる例としてあげさせて頂きました。

それから、英文の長文英作のときのアドバイスですが、後で修正が出来る程度の空白を残してわかる部分だけを書くと、後で付けたし出来ます。私は時間に追われているときはできる問題から答え、わからないものは後回しにします。あと、消しゴムは鉛筆型のものの方がマーク方式でも論文でも消したい箇所だけ消せるのでお勧めです。

それではいい結果が出る事をお祈りしています!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=201846
    • good
    • 0

気になったので、最後に一言。



コーパス検索では、as [sure/certain/likely] toという組み合わせの表現がregardタイプの動詞と共起する例は見つかりませんでしたが、最初に質問者が問題にした文(自然な表現かどうかは別として)に関して、asの後にsure,certain,likelyのすべてが可能だという確認を信頼できるインフォーマントから得ましたので付け加えておきます。

面白い言語現象に接することができ、知的刺激を受けました。
    • good
    • 0

まだ、締め切っていなかったので、


はじめに、(be) sure toが埋め込み文に現れる例に気づいていなかったのは、私の勉強不足でした。この場を借りて、Alias氏にお礼申し上げます。

信頼できる友人の意見を参考までに、添えておきます。

まず、問題の文の印象として、何を言いたいのかよく分からないということです。cowardという語の選択をはじめとして、表現が稚拙であることが原因のようです。

style上の助言を求めたところ、次のような英文を代案として示してきました。
ネイティブ・スピーカーとしての力量が判断できると思います。

Things seen by most as highly unlikely can be seen by fools as something certain.
    • good
    • 0

Merriam-Webster で sure を引いてみたら、6 番目の語義として次のように出ていました。



a : bound to happen : INEVITABLE <sure disaster>
b : BOUND, DESTINED <is sure to win>

これでだいぶ確信がもてるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

全文の意味は、みなさんがおっしゃっている内容以外に取りようはないと思いますので、繰り返しません。



sure so happen はやはり sure to happen の誤植ではないでしょうか? 「原文」というのが日本の受験参考書・問題集なのであれば、誤植なんて珍しくはありませんから。もちろん、学習者は使っている教材に誤りがないことを前提にしなければなりません。しかし、その立場を離れて客観的に見るなら、so を正しいと考えるために、それに合わせて sure を副詞と見たり happen を as に続く原形と見たりすることには、かなり無理があります。いっそ単純に「誤植」と考えて、それで前記の無理をしなくてすむなら、そう解釈すべきでしょう。

以下、sure to happen という形が正しいとして話を進めます。この sure を likely や certain に替えなければならないというのが sanctus さんの意見ですが、これは必要ないと思います。No.4で述べておられるのは、「#3氏の主張するunlikelyとsureとの並行関係」が成り立たない2つの理由だけなので、sanctus さんがなぜ sure ではダメだとお考えなのかが、私にはいまひとつ明確でありません。それら2つの理由がそのまま「sure ではダメな理由」だと考えておいでなんでしょうか? 

> 第1点は、対応する構文が異なるからです。

これは明らかに「並行関係」だけにかかわることで、並行関係を想定しないのであれば、sure の正否には関係ありません。

> 第2点は、be sure toは、「話し手」の確信を表すことです。

これはそれこそ受験指導などで便宜のためによくなされる説明法ですが、この「話し手」とは、この句を含む文全体の話し手とは限りません。たとえば私が、

 (a) It's sure to happen.

と言えば、これは文全体の話し手である「私」の確信を表しますが。

 (b) Mary believes[says] it's sure to happen.

なら、文全体の話し手である「私」ではなく Mary の確信を表します(believe と sure は意味的に重複するかもしれませんが)。同様に、ご質問の文でも、

 (c) A coward looks upon it as sure to happen.
   = A coward believes it is sure to happen.

と考えれば、これは a coward の確信を表すのであって、「過去・現在・未来のありとあらゆる臆病者が、今という時間の枠に縛られた特定の話者の判断に関与するという凡そありえない意味を伝えようとすることになってしまいます」といった深読みはしなくてすみます。

長くなりましたが、私の結論は、「sure so happen を sure to happen に直せば、この文は英文として問題ない」ということです。非文でも破格でもないと思います。堅苦しい文だとは思いますが

この回答への補足

Alias さんや Lovely-day さんのおっしゃるように,これは to の誤植であることが判明しました。
ややこしいものを持ち出して済みません。

でもこんな誤植をされちゃあ困りますよね。

補足日時:2002/01/28 17:14
    • good
    • 0

 ビールを飲んでいてというのは、言い訳にならないけれども、2つ目のsoがasではなく「toならば」の間違いでした。

訂正します。


1.「時に」というのは、本当に曲者ですね。substandardsと考えるのがよいでしょうか。一般には、大学卒業程度の教育を受けた教養もある人間が(大学をでなくても教養のある人は大勢いますし、逆に、大学を出ても教養のない人もいるわけで、こうした議論は本来、不毛なはずですが、)(話す時には、無意識のうちに使っていても、)書く時に従っている規範文法(学校文法のように、教養ある人々が従うことが期待されている文法)が標準とされます。試験で○か×かの基準もここに置かれます。このstandardsの視点から言えば、誤りだけれども、実態として使用者が多く、ある程度優勢になれば、substandardsとして、話し言葉から書き言葉への侵食が始まることになります(日本語では、一方言の用法であった、「見れる」「食べれる」がいい例ですね)。
質問者が挙げた辞書は、残念ながら、私がもっとも信頼を置いていない辞書(見出し語の数だけを誇り、例文が少ない上に、語法・文法の記述に対する配慮が、他の英和辞書と比べても、足りない。更に、見出し語の訳自体に、参考になる面白みがない等の理由によります)なので見ていません。
 2とも関係するのですが、問題の英文が、ネイティブ・スピーカーの手になるものだと仮定した場合、他の数人のネイティブ・スピーカーに尋ねても、水掛け論になるので、コーパスで判断する以外にないでしょうね。統計学的に、現代英語の資料の中でどの頻度で現れるかだと思います。
 ちなみに、コリンズCobuildの無料のコーパス検索を使った簡易検索では、asの後に原形が来る文は出てきませんでした。

2.「破格構文」というのは、本来は、文法的には誤りとされていたのが、いつのまにか、世間一般で使われるようになった表現を指します。例えば、日本語では、「意表をつく」がそうです。正しくは、「意表に出る」でしたが、「不意をつく」との混成で、一般化しました。入試英語で有名なところでは、It is no use doing~の代わりに、It is no use to do~が使われるようになったことを挙げることができます。(もともとは、uselessの意味で使うには、of no useとofが必要でしたから、It is no use doing~自体、非文法的な文のはずなのでしたが、それはさておくことにしましょう)実際、10年以上前の、入試なら、to doを選択すると、「誤り」とされていました。
  私が、愛用している文法書はQuirk et al.の電話帳あるいはBig Bookの名前で親しまれている、A Comprehensive Grammar of the English Language.(Longman)ですが、英語の実態を精査しているこの文法書にも、asの後に原形が来る例についての記述はありませんでした。

3.soとhappenとのコロケーションは、It so happens that...のような場合にはよく見かけます。日本語では、「偶然...する」で、soは本来は、happenの強調(大いに)のはずなのですが、実際には、(so)と記述されるように、あってもなくても意味には変化を及ぼしていないようです。


 私見では、可能性として最も実りが期待できるのは、英語構造として無理のない、'sure so'を'likely to'あるいは'certain to'に直し、ネイティブ・スピーカーの反応を見るというのがいいと思います。
    • good
    • 0

 2つ目のsoがasなら、破格構文の可能性はないですね。


 ただし、sureのままでは非文で、likelyかcertainに置換する必要があります。

 #3氏の主張するunlikelyとsureとの並行関係は、残念ながら2つの点で、英語の事実に反します。
 第1点は、対応する構文が異なるからです。to-不定詞をthat節に書き換えた場合、前者では主節主語に虚辞のitが現れますが、後者では、話し手が現れます。
 (1) a. She is unlikely to win.
b.=It is unlikely that she will win.
(2) a. She is sure to win.
b.=*It is sure that she will win. (*は、英語として不適格な表現であることを表します。)

 第2点は、be sure toは、「話し手」の確信を表すことです。
 (3) a. She is sure to win.
b.=I'M SURE that she will win.
もし、as sure to happenが原文だとした場合、#3氏に倣って、主述関係を独立した文で表すと、
(4) That which is unlikely [to happen] is sure to happen.となりますが、これは、(3)に従えば、
 (5) I'm sure that that which is unlikely [to happen] will happen.を意味することになります。
 過去・現在・未来のありとあらゆる臆病者が、今という時間の枠に縛られた特定の話者の判断に関与するという凡そありえない意味を伝えようとすることになってしまいます。

 構造的には、#3氏の指摘する意図が書き手にあったとする場合には、(1)と同じバターンを取るlikelyやcertainを選択すべきでしょう。

 結局のところ、我々は、日本語を母語とする(大学受験関係-どういうわけか、「今の私があるのは両親のおかげです」のような道徳的観念に関わる例文が多いのですね)者の作文に振り回されているというのが真相かもしれませんね。




  

この回答への補足

一応,原文は二つ目の所も,so になっています。

2,3点わからないところがあります。
拙いことかもしれませんが・・。

1.まず,sure についてで,辞書を引いてみたところ,
He is sure to come. (= It is certain [or 《ときに》 sure] that he will come.) 
とありました。(旺文社)
これは,本来は間違いであるけれども,慣用的に使われるようになっているということになるのでしょうか。

2.
>2つ目のsoがasなら、破格構文の可能性はないですね。
 ただし、sureのままでは非文で、likelyかcertainに置換する必要があります。

これは,この原文のままだと破格構文ということなのでしょうか。
あと破格構文と非文に違いはあるのでしょうか。

3.sure とも絡んでくるのかもしれませんが,原文の最後の so happen の部分は普通のことなのでしょうか。
この happen という動詞のかかり方というか,働きがよくわかりません。

変なことばかり聞いてすいません。

補足日時:2002/01/28 00:54
    • good
    • 0

sure to happen ですよね... ?  訳は既出の回答と重複するので、アプローチだけ書きます。



まず、見通しがよくなるように so ~ that ... のパターンであることが比較的自明な so と that we can leave it wholly out of account を隠してしまいます。
That which is unlikely, a coward looks upon as sure to happen.

残りの部分をしばらく眺めていると、unlikely と sure に共通に to happen が使われていることが見えてきます (きませんか?)。
That which is unlikely (to happen), a coward looks upon as sure to happen.

前半の部分が目的語かもしれないという見当もつきます。
A coward looks upon that which is unlikely (to happen) as sure to happen.

この文なら、意味もまあ通じるし、構造の分析も妥当と判断できるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劣等比較の訳し方

中学の英語では優等比較と同等比較はかなり詳しく習いますが、劣等比較は高校でサラッと習うだけですね。そこで質問ですが、英語では劣等比較はあまり好まれないんでしょうか? それとも、訳しにくいから殊更日本の英語では嫌われているんでしょうか?例えば 次の文はどう訳したらいいでしょうか?

My father is less old than my mother.

そして、この文は次の文とどういうニュアンスの差があるでしょうか?

My father is younger than my mother.

Aベストアンサー

劣等比較は受身形と同じで、基本的に使われる場面と言うか、言い方がかなり限られています。

第一の要素は、younger と1語で表現できるのだからその方がいいと言うことでしょう。

第2には、劣等比較は、思考が面倒と言うことがあると思います。old と言うとき、どんどん年をとると言う方向にイメージは広がるわけで、年が若くなると言う情景はイメージしにくいものです。形容詞には一種の方向性があって、その方向性に逆こうした思考を求められるのは面倒と言うことがあるのではないでしょうか。

第3に、ご質問者の方自身が、受身は被害的な感覚を伴うと書かれていたと思いますが、劣等比較は、それと同じように、たとえば馬鹿にしたような感覚を与えるのではないでしょうか。

My father is less old than my mother.
これは、less young に比べると、多少は使われる場面があるような気がします。年をとっていると言うとき、もっと若いといいなと思うことは良くあるので、その意味でless old が使われることはあるかもしれません。しかし、普通は、やはり、young で表現するでしょう。

普通に使われるのは、

It is less expensive than this one. のような場合です。
高い、高価である という感覚とそれがもっと安くならないかと言う感覚は常に誰にでも普通はあるものでしょうから、less expensive と言う表現は普通に使われるものになるわけです。cheap としてしまうと、反対に、安物と言う感覚が出てしまい、less expensive の意味合いとは違ったものになってしまいます。

形容詞には反対の意味を持つものが多いので、less を使うよりは反対の意味を表す形容詞をそのまま使うのが普通であり、それでは意味を表せない場合にless を使うと言うことでしょうね。

劣等比較は受身形と同じで、基本的に使われる場面と言うか、言い方がかなり限られています。

第一の要素は、younger と1語で表現できるのだからその方がいいと言うことでしょう。

第2には、劣等比較は、思考が面倒と言うことがあると思います。old と言うとき、どんどん年をとると言う方向にイメージは広がるわけで、年が若くなると言う情景はイメージしにくいものです。形容詞には一種の方向性があって、その方向性に逆こうした思考を求められるのは面倒と言うことがあるのではないでしょうか。

第3...続きを読む

Qso that使用の訳について→soの前にコンマが付いていませんが、thatの後にwill、can、mayもありません。

こんにちは、みなさん!!

【質問】下記の文章での、so that構文の直訳がうまくできないので教えて頂けないでしょうか。

I would appreciate your looking into this matter in a timely manner so that my good credit standing is not damaged.

私の信用状態が損害を受けないよう、この件について早く、調査していただければ幸いです。

【質問の背景】
so that構文には下記の2種類があると思います。

1 so that S will(can,may)・・・ Sが・・・するために
2 ~,so that・・・        ~なので、結果・・・

しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い
訳に困ったのが背景です。

Aベストアンサー

>しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い訳に困ったのが背景です。

○ ある英々辞典の「so (that)」についての説明と例文です。

a) in order to make something happen, make something possible etc:

 (1) He lowered his voice so Doris couldn't hear.
 (2) Why don't you start out early so that you don't have to hurry?

○ 「目的」を表す場合でも「don't」を使ったり、「so」だけになったりもします。「may」を使うのはかなり格式ばった場合のみという説もあります。

b) used to say that something happens or is true as a result of the situation you have just stated:

 (1) There are no buses, so you'll have to walk.
 (2) The gravestones were covered with moss so that it was impossible to read the names on them.

○ 「結果」を表す場合でも「will」がついたり、「so」だけになったりもします。また、「,」がない場合もありますね。会話の場合には、ほとんど「, so」になってしまいます。

○ 確かに「目的」と「結果」の見分け方の最も簡単な基準は、「,」の有無や「助動詞」の有無です。そして、たいていの場合にはその基準(原則)が有効だと考えて良いでしょう。

○ しかし、略式か正式かだとか、主節の時制だとか、様々な理由で原則が崩れることが、上記の説明以外にもあります。それらをすべて覚えることは現実的ではありません。文脈で判断することが必要なことがあることを頭の中に入れておくと良いでしょう。

○ お尋ねの英文の場合には、「目的」と判断して良さそうです。

>しかし、質問文章は、上記の構文のどちらにも該当しないと思い訳に困ったのが背景です。

○ ある英々辞典の「so (that)」についての説明と例文です。

a) in order to make something happen, make something possible etc:

 (1) He lowered his voice so Doris couldn't hear.
 (2) Why don't you start out early so that you don't have to hurry?

○ 「目的」を表す場合でも「don't」を使ったり、「so」だけになったりもします。「may」を使うのはかなり格式ばった場合のみという説もありま...続きを読む

Q比較の文の訳し方が解らなくて困っています

She has a great deal of vitality and is doing as well as could be expected, all things considered.
長文の一部で、医者が病気の妻の容態について旦那に説明しているところからの一文です。

(1)後半部分のas以下が受身になっているのですが、どう訳すのがよいのでしょうか

(2)比較級の文章を作るとき、
「後半から、前半でも使われている語や比較の軸となった形容詞、副詞を省略する」と習ったのですが、
この文の後半部分のas以下に比較の軸となっている語、wellが省略されていると考えて訳していいのでしょうか?

Aベストアンサー

とにかく,as is expected で「予想通りに」です。
それに could/might がはさまって,「しようと思えば予想できるだろう通りに」

expect は「よいことを期待」「悪いことを覚悟」両方含めた「予想・予期」
今回はいいことなので「期待」でもいいです。

この「予想される」という受身の主語は「ものごと」です。
今回なら「よくなる」ということ。

expect O to 原形
こういう構造で受身と考えると,she が主語と考えられますが,
本来,この as is expected という表現はこの形から来ているのでなく,
expect O だけです。

すべてのことを考慮すると,彼女は予想通りに回復しています。

前にもう1つ as がついて,同等比較の形になっていますが,
実質,「予想通り」とだけ訳せば十分です。
(直訳的には「思われるだろうと同じくらいよくなっている」)

Q「I hope I can help make that happen 」

僕は高1です
昨日こんな英文を見ました

「I hope I can help make that happen 」

ここで makeは 「A make me happy 」
という使いかたをするんでしょうか

そして もしするなら、「I can help make that happen 」の訳は
「私が助けられることがそれを起こす」
見たいな感じになると思うんですけど、
「私が助けられること」の「こと」は、いったいどこから
ひねり出しているんでしょうか
I can help は わたしが助ける で、「こと」なんてはいって
ないのになぜなんでしょうか わかりません

誰か教えてください・・
よろしくお願いします

Aベストアンサー

はじめまして。

1.ご質問文の例文はto不定詞が省略されています。正しくは
I hope I can help to make that happen
となります。米口語ではhelpの後のto不定詞が省略されることがあります。

2.make that happenのmakeはここでは使役動詞で「~させる」という意味になります。この用法では、動詞V+目的語O+補語Cの語順になり、「OにCさせる」となります。

3.従ってここでは、
「それを、起こる、ようにさせる」
→「それを起こさせる」
となりますが、ここはもっとこなれた訳にして
「それが起きる」
という自動詞的な訳にした方がきれいにまとまります。

4.Helpの訳はcanと共に使われると、「避ける」の意味になります。通常はcan(not) help~ingと動名詞が使われますが、to不定詞が使われることもあります。また、口語でdoが省略されることもあります。
例:
if I can help doing it
if I can help (to) do it
(直訳)「もしそうするのを避けることができるなら」
→(意訳)「そうしなくていいのなら」

5.ご質問文のhelpはその「避ける」の意味にとっても、通常の「手伝う」の意味にとっても文意が通じますので、選択は話し手の主観によります。

6.以上を踏まえて訳例は

(1)help「避ける」の場合:
(直訳)「それが起こるのを避けることができると思う」
→(意訳)「そうならないようにできると思う」

(2)help「手伝う」の場合:
(直訳)「それが起こるのを手伝うことができると思う」
→(意訳)「そうなるようお役に立てると思う」

ぐらいになります。
以上ご参考までに。

はじめまして。

1.ご質問文の例文はto不定詞が省略されています。正しくは
I hope I can help to make that happen
となります。米口語ではhelpの後のto不定詞が省略されることがあります。

2.make that happenのmakeはここでは使役動詞で「~させる」という意味になります。この用法では、動詞V+目的語O+補語Cの語順になり、「OにCさせる」となります。

3.従ってここでは、
「それを、起こる、ようにさせる」
→「それを起こさせる」
となりますが、ここはもっとこなれた訳にして
「それが...続きを読む

Qこのlower たまあに長文ででてきてこんがります これは比較級ですか?だからアメリカより〜〜と訳す

このlower
たまあに長文ででてきてこんがります
これは比較級ですか?だからアメリカより〜〜と訳すのですか???

Aベストアンサー

#2 で回答した時はスマホであまり画像が見えず、
「オランダより?」という中途半端な回答をしてしまいました。

画像の上の方にある、OECD 諸国の平均、寄付をする人の率47%よりも、
アメリカの方がわずかに低い
一方(while)
ほぼ42%がボランティアをしている、つまり、OECD の平均24%のほぼ2倍。

とにかく、#2 で申し上げたように、「アメリカの方が低い」となります。

S was lower in the US は、比較級にしないと
S was low in the US です。
この in the US は「米国において低い」となりますので、
「米国において、より低い」のです。
「何かと比べて、何かより」低い。

than ~がなく、直前の than the Netherlands と思ってしまいましたが、
後の double the OECD average というボランティアについての比較から
同じように、寄付についても the OECD 平均との比較です。

Qso that S can[may/will] V~ の構文で、so は省略できますか?

that を省略できることは知っています。
逆に so を省略することはできるでしょうか?

Aベストアンサー

学校の基本教育で習う英文法や語彙は、少々古臭いですが、英国の正統派で、これをきちんと守られている限り、少々英語の発音がおかしくても、文法ミスがあっても、もともと上流階級の英語なので、とても丁寧な人に思われます。 そういう意味では、英語で話す機会があると得をします。

反面、かなり自由流暢に話しているように見えても、米国など現地で覚えた英語で、なかには黒人しか使わない英語を平気で使う人もいて、わたしの妻(英国人)からは、かなりあとで酷評されました。

※西洋人を見つけると、英語の話せる人は、友達になろうと話しかけてくるものですが、そういう汚い英語を話す人は、面と向かっては言わないですが、その場限りで、妻の場合は電話番号等を交換していても連絡することさえしませんでした。

なお、現代英語は、May I ~ というような言い方は、女王陛下の前に出たときにぐらいしか使えません。 そのくらい古い英語ですが、かなり丁寧な言い方なので、使わても相手に悪い印象は与えません。(外見が東洋人だと、事前の情報から日本人とわかるので、やっぱり日本人は礼儀正しいと思われるみたいです)

余談ですが、女王陛下を呼びかけるときはMa'amと言います。発音はマームに似ていて、フランス語のmadamから来た言葉です。

May I have tea with lemon, Ma'am.

(陛下、[紅茶に]レモンを頂いてもよろしゅうございますか)

soに関しては、下側に回答されている方とのご意見どおりです。

うえに余談でかいた、May I haveは、現実は、Can I haveが普通の言い方で、この言い方は買い物の時にも使えるので覚えておくと便利です。 家庭で、家族にものをとってもらう場合にも使えます。

学校の基本教育で習う英文法や語彙は、少々古臭いですが、英国の正統派で、これをきちんと守られている限り、少々英語の発音がおかしくても、文法ミスがあっても、もともと上流階級の英語なので、とても丁寧な人に思われます。 そういう意味では、英語で話す機会があると得をします。

反面、かなり自由流暢に話しているように見えても、米国など現地で覚えた英語で、なかには黒人しか使わない英語を平気で使う人もいて、わたしの妻(英国人)からは、かなりあとで酷評されました。

※西洋人を見つけると、英語の話...続きを読む

Q比較「彼女は10年前ほど美しくはない。」を英語に訳してください。お願いします><

比較
「彼女は10年前ほど美しくはない。」

を英語に訳してください。
お願いします><

Aベストアンサー

She is not as beautiful as she was ten years ago.

QThereis nothing of which we..., and about which we....

There is nothing of which we are apt to be so wasteful as of time, and about which we ought to be more careful.

上の英文の構造の解釈を3つ考えてみました。
1. andの前後に同じ構造(there is nothing …)の2つの節が並列されており、後半の2つ目の節のthere is nothingが主略されているという解釈。
直訳:時間ほど我々が浪費しがちなものはなく、これほど我々が注意深くしなければならないものはない。

2.主節there is nothingのnothing を先行詞として、「前置詞+関係詞節」が2つ並列する形で修飾している。
直訳:時間ほど我々が浪費しがちで、(かつ)注意深くしなければならないものはない。

3. 直訳:時間ほど私たちが浪費しがちなもので,時間以上に私たちが大切にすべきものはない.(ある構文問題集の「解答」です)


私は解釈3は間違い、andの前にカンマがあることから解釈2よりも解釈1が適当かな、と思うのですが自信がありません。ご教示ください。

There is nothing of which we are apt to be so wasteful as of time, and about which we ought to be more careful.

上の英文の構造の解釈を3つ考えてみました。
1. andの前後に同じ構造(there is nothing …)の2つの節が並列されており、後半の2つ目の節のthere is nothingが主略されているという解釈。
直訳:時間ほど我々が浪費しがちなものはなく、これほど我々が注意深くしなければならないものはない。

2.主節there is nothingのnothing を先行詞として、「前置詞+関係詞節」が2つ並列...続きを読む

Aベストアンサー

いずれも大きく解釈に違いはないと思いますが。

あえて there is nothing が省略されていると解釈する必要はありません。
先行詞まで省略されていて,関係詞節だけ残っていると考えなくても,関係詞節が接続詞でつながれているということで問題ありません。

3 は前半が同等比較で,後半が比較級なので「時間以上に」を補っているのだと思います。
「~浪費しがちなもので」の「もの」が余計ということなのかもしれませんが,単なる日本語の表現上の問題だと思います。

構造上は,コンマの有無にかかわらず,2 ということでいいと思います。

Q比較級の訳し方について

受験用の英文法問題集を解いていて疑問に思ったことがあったので質問させていただきます。

直接問題内容ではなく、対訳に、なのですが。

When I get older, I want to be an astronaut.

という問題で、訳が
「大きくなるにつれ、私は宇宙飛行士になりたいと思うようになった。」

となっているのですが、これは「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」ではないのでしょうか?

Olderを今より歳をとったとき→大きくなったら、という解釈なのですが。

whenではなくasなら「~につれて」となるのも納得いくのですが、when+比較級でこのような日本語訳になるのになんだか違和感を感じたのです。

それとも私が考えるような日本語訳にするためにはolderではなくoldじゃなければダメでしょうか?


分かる方いらっしゃいましたらご回答お願いいたします(>_<)

Aベストアンサー

When I get older, I want to be an astronaut.
という問題で、訳が
「大きくなるにつれ、私は宇宙飛行士になりたいと思うようになった。」となっているのですが、これは「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」ではないのでしょうか?

→olderというのは、今より年をとったらという意味で、赤ちゃんが5歳になることも、80歳の老人が85歳になることでも使えます。ですから、この人がこどもなら、「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」でよろしいと思います。それを、「大きくなるにつれて」としていますが、この訳は貴殿の言われるように、よくないと思います。

whenではなくasなら「~につれて」となるのも納得いくのですが、when+比較級でこのような日本語訳になるのになんだか違和感を感じたのです。
→同感です。

それとも私が考えるような日本語訳にするためにはolderではなくoldじゃなければダメでしょうか?
get oldだと、年寄りになることです。老人になることを意味してしまいますので、宇宙飛行士になるのは考えられませんので、oldがダメです。
以下のような訳がいいかもしれません。
If I grow up, I want to be an astronaut.
If I become a man (a woman), I want to be an astronaut.

My dream is to be an astronaut in the future.
程度でも言いたいことは伝わります。

以上、ご参考になればと思います。

When I get older, I want to be an astronaut.
という問題で、訳が
「大きくなるにつれ、私は宇宙飛行士になりたいと思うようになった。」となっているのですが、これは「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」ではないのでしょうか?

→olderというのは、今より年をとったらという意味で、赤ちゃんが5歳になることも、80歳の老人が85歳になることでも使えます。ですから、この人がこどもなら、「私は大きくなったら宇宙飛行士になりたい」でよろしいと思います。それを、「大きくなるにつれて」として...続きを読む

QWhat happened that was so wonderful?

NHKラジオ英会話講座より
Cecillia:Oh,Roy. Welcome home. How was your day?
Roy:Excellent-and not only because I quit work early.
Cecillia:Oh? What happened that was so wonderful?
・・省略・・、えっ?何かとってもいいことがあったの?

(質問)What happened that was so wonderful?でお尋ねします。
(1)第一文型でよろしいでしょうか?
what S
happened V(完全自動詞)
that was so wonderful...説明がつきません?
(2)WH語(S)+ 一般動詞(V)・・・?  がよくわかりません。
(2-1)WH語を主語にして次に一般動詞が続く形は、happen以外にも沢山ありますか?
(2-2)WH語を主語にして次に続く一般動詞は、自動詞/他動詞の区別なくありますか?
(2-3)WH語を主語になるのは、what/who/which以外もありますか?
(2-4)「WH語(S)+一般動詞(V)」の形は第一文型以外、3,4,5文型でもありますか?
(2-5)易しい例文を幾つかお願いできますか?  
  質問がまとまりませんが、私の疑問が回答者の皆様に理解されることを願って!! 以上
  

NHKラジオ英会話講座より
Cecillia:Oh,Roy. Welcome home. How was your day?
Roy:Excellent-and not only because I quit work early.
Cecillia:Oh? What happened that was so wonderful?
・・省略・・、えっ?何かとってもいいことがあったの?

(質問)What happened that was so wonderful?でお尋ねします。
(1)第一文型でよろしいでしょうか?
what S
happened V(完全自動詞)
that was so wonderful...説明がつきません?
(2)WH語(S)+ 一般動詞(V)・・・?  がよくわかり...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。4/4のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1-1:
<(1)第一文型でよろしいでしょうか?>

いいです。SVの分類もあっています。


ご質問1-2:
<that was so wonderful...説明がつきません?>

1.このthatは主格の関係代名詞です。

2.thatの後にすぐ動詞wasがきていることから、主語が先行詞として前置していることがわかります。

3.先行詞は「名詞」ですから、thatの前にある名詞と言えば疑問代名詞Whatしかありません。つまり、thatの先行詞はWhatになります。

4.この英文は本来
What that was so wonderful happened?
(直訳)「そんない素晴らしいところの何が、起こったの?」
→(意訳)「何かいいことがあったの?」
となっていて、What~wonderfulまでが主語になる頭でっかちの文だったのです。

5.英文では頭でっかちの文は嫌われるため、関係詞を動詞の後に置いて、バランスを調製しているのです。英語では、このような調製はよく見られます。

6.ちなみにこの英文が「疑問詞」+「関係詞」が使われている点に注目して、現代日本語風に訳すと
「なになに?何かいいことでもあったの?」
といった感じの表現です。


ご質問2-1:
<(2-1)WH語を主語にして次に一般動詞が続く形は、happen以外にも沢山ありますか?>

沢山はありません。

1.いわゆる、疑問詞を主語にして、ということですね。

2.主語になる、ということは名詞の働きをする「疑問代名詞」ということですから、以下のような疑問代名詞が可能です。
例:
What
Which
Who


ご質問2-2:
<(2-2)WH語を主語にして次に続く一般動詞は、自動詞/他動詞の区別なくありますか?>

区別はありません。

1.自動詞なら副詞などの修飾語がその後に続く可能性があります。
例:
What happened in Japan?
「日本で何が起こったの?」(疑問代名詞+自動詞+副詞)

2.他動詞なら目的語などがその後に続き、SVO、SVOO、SVOCなどの文型が可能です。
例:
Who did it?
「誰がそれをしたの?」(SVO)
Who gave you that present?
「誰があなたにその贈り物をあげたの?」(SVOO)
What made you happy?
「何があなたを幸せにしたの?」(SVOC)


ご質問2-3:
<(2-3)WH語を主語になるのは、what/who/which以外もありますか?>

あります。

1.疑問副詞が「名詞」として使われる場合があります。その場合は、疑問代名詞のように主語として使われることがありますが、動詞は一般動詞ではなくbe動詞が一般的です。
例:
Where was the best in your trip?
「旅行ではどこが一番よかった?」
When is available for you?
「いつが都合がいい?」
これらの疑問副詞は、疑問代名詞的に使われ主語となっています。

2.また、疑問副詞が肯定文で主語として「代名詞」的に使われる場合もあります。
例:
Why is my question.
「何故か、が私の質問なの」→「何故かって聞いてるのよ。」

3.疑問代名詞が疑問形容詞として使われる場合は、いろいろな名詞を修飾して、それらが主語になることができます。
例:
Which boy did it?
「どの少年がそれをしたの?」
What kind of accident happened?
「どんな事故が起こったの?」
Whose child is playing there?
「誰の子供がそこで遊んでるの?」

これらの疑問詞は「疑問形容詞」として名詞を修飾しています。

4.同じように、疑問副詞howも「形容詞+名詞」を後続させることで、主語になり得ます。
例:
How many children are playing there?
「何人の子供がそこで遊んでいますか?」
ここではHowが→many→childrenにかかることで、How many childrenの連語で主語になっています。


ご質問2-4:
<(2-4)「WH語(S)+一般動詞(V)」の形は第一文型以外、3,4,5文型でもありますか?>

あります。上記質問2-2の2で挙げた例文の通りです。


ご質問2-5:
<(2-5)易しい例文を幾つかお願いできますか?>

ご質問文のように、疑問詞が主語になり、かつ関係詞が後続するバターンは以下のような例文があります。

例:
Who said it that were present at the party?
=Who that were present at the party said it?
「そのパーティに参加した誰がそう言ったのか?」
関係代名詞が修飾する主語が長すぎるので、関係詞節を後続させています。


以上ご参考までに。なお、不明な点がありましたら再質問下さい。

こんにちは。4/4のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1-1:
<(1)第一文型でよろしいでしょうか?>

いいです。SVの分類もあっています。


ご質問1-2:
<that was so wonderful...説明がつきません?>

1.このthatは主格の関係代名詞です。

2.thatの後にすぐ動詞wasがきていることから、主語が先行詞として前置していることがわかります。

3.先行詞は「名詞」ですから、thatの前にある名詞と言えば疑問代名詞Whatしかありません。つまり、thatの先行詞は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報