新日本プロレスのレフェリーであったミスター高橋氏(変な呼び方ですが?)が、一連の著書でさまざまな発言をしています。
「プロレスは筋書きがあるし勝敗も最初から決めている」
「猪木さんが筋書きなしの勝負をしたのは、アリとアクラ厶の2回だけだ」
「血はカミソリで皮膚を切る。本人が自分で切るときも、レフェリーの自分が切ることもある」
「猪木の舌出し失神はホーガン売り出しのための自作自演の芝居」
「猪木がアンドレの関節を極めて勝ったのも、アンドレの方からのリクエスト」
「筋書きがあることを認めてこそ、プロレスは最高のエンターテイメントとしてファンにも認められる」
 あの高橋氏がここまで言った以上、「プロレスは八百長(ファンの側から見てですが)」というのは真実と見るしかないでしょう。
 しかしねェェェ……。

 皆さんのご意見をお伺いしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私はその発言を特に何とも思っていません。

物心がついた時からプロレスを見ていますが、見ていて面白ければ私は構いません。ノアの試合は毎週興奮しながらテレビで見ています。nyannyanさんはプロレス否定派でいらっしゃるのでしょうか? 別にシナリオがあっても私は自分の感性を信じ、自分が面白かった試合は堂々と面白かったと言ってきました。むしろ、件の本を読んだかつての新日ファンの中で、当時全日本プロレスを馬鹿にした、見下した発言をした人々に猛省を促したいと思います。武藤や小島やカシンが離脱したり、経理部長がぬけたり、結局それが新日らしいのでしょうけど・・・。とにかく、何のあれしきって感じです。
    • good
    • 0

ぼくもプロレスには筋書きはあると思います。

やはりみなさんが言う通りあんなにムキムキに鍛えた筋肉で本気でやりあったら失神どころじゃないと思いますよ。
プロレスはショー的なところもありますし、見るほうもある程度それを承知して見に言ってるはずです。
あなたもそうじゃないですか?
    • good
    • 0

プロレスにはヒール(悪役)専門のレスラーがいて、


それが最後に負けるという筋書きは、力道山先生の
時代からおなじみのストーリーです。
私が幼い頃、午後8時から9時までのゴールデンタイムで
放映するプロレス中継は、必ず8時45分からヒール役が
弱くなり50分にはスリーカウントで負けました。
それは水戸黄門の印籠出しからラストへと向かうシーンと
同じで、1時間枠に収めるためのストーリ展開ですから。
高橋レフリの本を読んでいないのでコメントできないですが
「最高のショー」という意見には賛同します。

しかしK-1などを否定する者ではありません。
格闘家として技と力が優れた人が勝つという
筋書きなきストーリの面白さも正月のバンナと安田の試合で
堪能しました。
    • good
    • 0

そりゃそうですよ。

 あれだけ鍛えに鍛えた人が本当の力でやりあったら・・・って私も思います。

それを、昔からこういう人がいるとプロレスラーは怒るし、素人に「じゃあ、お前もやれ」って・・・・無茶苦茶な事を言って怒るのは、本当の事を言われて、商売に不味いからだなって思います。 外科医がモンク言われて、素人にオペをやれって言いますか・・・・ってレスラーには言いたいですね。"(^_^;)"


少し、格闘技をやった人なら、パンチを打つ時に体重を掛けていないとか、体内に力が伝わらないように止めているのは分ります。

しかし、バックドロップとか止めようがないのは鍛え込んでいるからこそ出来るんでしょうね。それに関節技は凄いな・・・あの角度なら完全にってのも多いし・。 

奇術もその時代は偽物と直ぐに分りましたが、マジックといわれるようになって、超能力かと思ってしまうほど進化しているから、プロレスも同じではないでしょうか。

別段、ローマのコロシアムを見たいわけではないから(見てみたいけど)、よく見ていても分らない程に騙してくれて、値段分楽しませてくれれば、それはそれで良いのだから、そんなに無気になって、レスラーが怒ること無いと思います。 怒れば怒るほどショーだと思いますね。
    • good
    • 0

僕は、シナリオがあると思っています。

あるいは、「ここで何をしたら客に喜ばれる」という意識をもっている。
が、シナリオがあったとしても実際に技を受けるのだからすごい。また、ヤラセに見えない努力をしている。

「プロレスをショーとしてやっているのが嫌で旗揚げした」みたいな団体がありますが、その台詞すらパフォーマンスなのかもしれないし、やっている人たちしか本当のことはわかりませんね。ぶっちゃけた話し、客が喜べば、本気だろうと八百長だろうと立派なエンターテイメントですね。
僕は、パフォーマンスでやってるプロレス(昔の全日、全女)が好きでした。
    • good
    • 0

良いんですよ。

「ファンの求める内容の試合」をするためのシナリオ書きは『演出』です。

でも、僕はプロレスも好きなので応援します。
190cmの身長で100kgを越える人間が飛んだり投げたりと様々な展開の試合を行う。
会場を盛り上げるためなら、危険な技だって技術で受けきる。
こんなエンターテイメントは他には見当たりませんから大好きです。

八百長はファンの求めるものでは無いでしょうが、それを否定するとプロレスは成り立ちません。
あえて、ファンとして言いますと
「『演出』となりうるモノを『八百長』と呼ぶならそれは認める」ですね。
100%筋書き無しの真剣勝負で盛り上がりに欠ける試合なら見たくはないです。。(-"-;)

でも、あの選手達の汗を見ていると「演出ありの真剣勝負」だと思いますよ。
いい加減に試合をしてたら速攻で怪我しちゃいますもんね。

個人的な1ファンの意見ですので、ご参考までにどうぞ。m(__)m
    • good
    • 0

プロレスは格闘技ではなくショウです。


ですから「八百長」というのは、そもそもありえない。
と、ワタシは思っています。

なぜ「格闘技ではない」と言いきれるかといいますと、
「相手の技を受けなければならない」なんて、格闘技=戦闘技術なんていえませんよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女子プロレス

この間とある動画で、アメリカの人気レスラーと吉田万里子が戦っていて、
吉田が関節技でボッコボコにしている試合をみて思ったのですが、
日本の女子プロレスのレベルは高いのでしょうか?

あと女子プロレスだったらどこの国が一番強いのでしょうか?

今はアメリカとメキシコくらいしか試合を見たことがないので、
ほかに強いところがあれば教えてくださいw

Aベストアンサー

プロレスというくくりでいえば、女子というジャンルが存在するのは日本ぐらいです。日本に情報が入ってこないようなよほどのドインディーであれば別ですが、そもそも女子プロレス団体や、女子だけの興行自体が、ほとんど行われていません。メキシコの場合は男子の興行とミックスで(混合試合も含めて)行われますし、アメリカのWWEではセクシーコンテストと同列程度の試合しか存在しません。格闘技に近い形態で、純粋な競技のような見せ方をしてるのは、日本のみです。そういう意味では、日本ほど技術体系が進化した国はないと言えるでしょう。その土壌で戦えば、基本的に日本人に軍配が上がるのは仕方ないでしょう。ただし、格闘技全般でいえば、他の競技での海外の女性人口は多い(ボクシング、カラテ、ジュードーなど)わけで、そういう純粋なアスリートとの異種格闘技戦などとなれば、分が悪いこともしばしばです。(まあ、これはどちらの競技のルールに合わせるかという問題もありますが)

なお、「鬼嫁」北斗晶が何かのインタビューで「(メキシコ遠征時に)あっちのレスラーは怪我をさせる相手を怖がる。試合前に子どもの写真を見せてきて、暗に手加減してくれと言ってくる。まあ、試合ごとの歩合給だから、欠場すれば収入に響くから、仕方ないとも言えるけど。」という意味合いのことを言ってました。まあ、北斗の攻めは、特に厳しいですからね(笑)

プロレスというくくりでいえば、女子というジャンルが存在するのは日本ぐらいです。日本に情報が入ってこないようなよほどのドインディーであれば別ですが、そもそも女子プロレス団体や、女子だけの興行自体が、ほとんど行われていません。メキシコの場合は男子の興行とミックスで(混合試合も含めて)行われますし、アメリカのWWEではセクシーコンテストと同列程度の試合しか存在しません。格闘技に近い形態で、純粋な競技のような見せ方をしてるのは、日本のみです。そういう意味では、日本ほど技術体系が進化し...続きを読む

Q新日本プロレスレフェリーについて

新日本プロレスに所属していたマーティー浅見さんを見ませんがやめたのでしょうか?
佐藤レフリーを見ますが新人でしょうか?

Aベストアンサー

浅見さんはまだ現役ですよ

Qプロレスが好きで人形でプロレスごっこしてるんですが、コーナーマットとゴングがありません。なにか身近な

プロレスが好きで人形でプロレスごっこしてるんですが、コーナーマットとゴングがありません。なにか身近なもので代用できませんか

Aベストアンサー

割り箸をガムテープで角に立てて
紐で囲え

ゴングは舞台の缶をシャーペンでたたけ

観客が一人もいないぞ
地方巡業か

Qプロレスの仕組みについて(ミスター高橋の本を読んで)

先日ミスター高橋のプロレスの真実について書かれた本を2冊たて続けに読みました。だいたいは想像していたものの、ああまではっきり書かれてると納得&失望&感動、と様々な感情がこみ上げました。

で、あれは新日について書かれたもんですが、ほかの団体、例えば全日でもNOAHでも、はたまたZERO-ONEでも、同じようなこと(ストーリー作りなど)が行われているのでしょうか?そして新日では今でも?

みなさんのご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

団体のカラーにもよりけりですね。
DDTなんかはかなりその辺凝っています。
ただ、現在はファンの目もかなり肥えてますので、
重要な試合に関して言えば「勝敗そのもの」の取り
決めはしていない、と考えていいでしょう。

ただし長いスパンで見た場合、選手レベルで戦略的に
「負けておく」という作戦はあり得ます。
シリーズ最終戦でタイトルマッチが組まれていた時
など、(王者・挑戦者問わず)相手を油断させる目的
であえて負ける、という“心理戦”の部分も、重要な
要素になりますから。

決まったストーリーの中で進行するのではなく、その
時々の結果に応じてストーリーがリアルタイムで作ら
れていく…という手法が、現在の主流だと考えるのが
自然かと思います。

…ただ、そう考えても最近の新日に関して言えば、
ゴールデンでの「ハズし」が多かったのは事実なん
ですけど…。

Q全日本プロレス好きの外国人サッカー選手

スレ違いかもしれませんが、、、。
ちょっと前にTVで外国人サッカー選手が、全日本プロレスのビデオを見て「小さい頃見ていた、懐かしい」みたいな話をしていました。
そこへ藤波たつみが登場して・・・というような演出だったんですが、そのサッカー選手の名前がどうしても思い出せません。
どなたかご存じないでしょうか?確か夜の番組でした。

Aベストアンサー

アレッサンドロ・デルピエロ イタリア人 ユベントス所属 背番号10 ちなみに新日本プロレスですよ。

Qミスター高橋氏の裁判

ミスター高橋氏がプロレスについて嘘八百を並べた本で、プロレスに失望した人が多いと聞いています。
勝敗は事前に決まっているとか試合中にカミソリで額を切ってるとか、そんな嘘八百を書き立てられ、新日及びプロレス界全体のイメージダウンは計り知れないものがあると思うんです。
当然、新日は、名誉毀損でミスター高橋氏を訴えていると思うのですが、裁判の進捗はどうなっているのでしょうか?
もう判決は下されたのでしょうか?

Aベストアンサー

 プロレスは格闘技ではなく、“格闘演劇”です。
 ほとんどのプロレス技は、相手が「わざとかかってくれる」のでなければ極められません。
 もし真剣勝負ならば、ドロップキックは身を沈めた瞬間に相手はバックステップで逃げるでしょうし、卍固めは「相手が前屈みになった瞬間に背後に回って右腕を取る」というほとんどあり得ない大チャンスでないとかけられないでしょうし、ブレーンバスターの体勢に相手を捕まえたならば、何も投げなくてもフロントフェイスロックでキブアップを取れますし、相手ををロープに振るなんて、自分と同程度の体重の相手に対して物理的に不可能でしょうし、ラリアートは至近距離から炸裂すれば威力はあると思いますが、突進して叩き付けようとしてもカウンターのパンチ・キックを食ってしまいますし、トップロープに上ってフライングボディーアタックをかけるなんて、そんな長時間相手が失神していてくれるならば、レフェリーはさっさとKO勝ちを宣するでしょう。

 ミスター高橋氏の言うことは本当ですから、裁判で訴えられることもないのです。

Q悪役レスラー ザ・シーク

格闘技ではなく、プロレスなのですが、
昔全日本プロレスに、ザ・シークという口から火を吹く悪役レスラーがいたのですが、
あの火を吹く仕掛けは、どういったものだったのでしょうか?

Aベストアンサー

聞いたところによれば、ガソリン(または揮発油)を口に含んで、霧状に噴き出すときに、手に隠し持った小型のライターで火をつけて大きくさせていたようです。
現在一部のレスラーがやっている、いわゆる「毒霧攻撃」も、口の中にあらかじめ、風船のようなものの中に液体を入れておいて、攻撃するときに歯で噛み切って噴射(?)しています。
ただ、相手選手に怪我を負わせることはプロレスではタブーですので、あくまでも、レフェリーや相手選手との「呼吸(タイミング)」が大事だと思います。

Q【タイ人の日本国内戦績「9勝266敗5分」】  ボクシングはプロレスと同じ八百長ショーですか?

2006年度のタイ人の日本国内での戦績が「9勝266敗5分」であることが判明しました。
「タイ=八百長」という構図の中で、亀田弟の相手もタイ人でした。
よく考えてみると、亀田弟はインドネシア人など、東南アジア人としか対戦していません。
「9勝266敗5分」のタイ人と対戦した、亀田弟の試合はやっぱり八百長ですか?

ある某スポーツジャーナリストが言っていましたが、
「亀田のボクシングはある意味プロレスと同じショーなんですよ。
八百長判定、幻惑実況、ヤラセ解説、サクラ動員、過剰演出。
ありとあらゆる裏技を駆使した、なんでもアリのエンターテイメント八百長ショーなんですよ!!」

亀田のボクシングはTBSが展開する金儲け八百長ショーだとわかっている人は多いと思いますが、
タイ人の日本国内戦績「9勝266敗5分」が証明しているように、亀田以外の試合でも八百長ボクシングは平然と行なわれているのでしょうか?
もし、それが事実ならショックです。
日本で行なわれるボクシングの試合の何%が八百長なんでしょうか?

Aベストアンサー

 アメリカのボクシング界にはアンダードックと呼ばれるボクサーが存在します(数年前、やや問題になった)。タイトルに絡む実力はないボクサーはこのような役回りでギャラを得ることになります。また無理をせずに負けるのである意味、割に合う仕事でもあります。
 日本の場合、このアンダードックが東南アジアの選手になるだけです。地味にタイの選手でもイーグル京和のような素晴らしいボクサーがいることも付け加えておきます。

Qマーケティング学科の人

マーケティング学科の人、マーケティング学科の卒業生の人、なぜマーケティング学科を選んだのか教えてください。
また、経営学科でマーケティングの勉強してる方も、マーケティングを学んだら、何に役に立つか、教えてください。

Aベストアンサー

マーケティング学科は経済学・統計学・心理学の要素がベースにありますが
私は心理学の要素にとても関心を持ち選択しました。
なぜその商品を手にするのか、ブランドの何が作用したのか、
そういった消費者心理がおもしろいく感じたのです。

何に役立つかといえば
私はマケの仕事をしていたので、直接的に仕事に役立ちました。
マケの用語・思考・知識があることが仕事の大前提です。

また、マーケティング学科卒という肩書きは
就職・転職活動でマケを仕事とするにあたり、かなり有利にはたらきました。

しかし、正直、マーケティングは学問として深く追求する意味はないな、とも思います。
「マーケティングの基礎」というような本を1冊理解すれば十分な学問だと思います。

●●マーケティングと銘打って深く細分化された手法が現れては消えていきます。
そういったものは本質的でも普遍的でもなく、ある成功ストーリーを華やかに脚色したものにすぎず、ほとんど意味がないんですよね。
実社会ではそんなことよりも会社のカラーや上司の方針が優先されるのが現実です。

つまり、マーケティングは、基礎は役立つけど、応用は役立たない学問、だと思います。

マーケティング学科は経済学・統計学・心理学の要素がベースにありますが
私は心理学の要素にとても関心を持ち選択しました。
なぜその商品を手にするのか、ブランドの何が作用したのか、
そういった消費者心理がおもしろいく感じたのです。

何に役立つかといえば
私はマケの仕事をしていたので、直接的に仕事に役立ちました。
マケの用語・思考・知識があることが仕事の大前提です。

また、マーケティング学科卒という肩書きは
就職・転職活動でマケを仕事とするにあたり、かなり有利にはたらきまし...続きを読む

Q新日本プロレス

新日本プロレスの蝶野選手の入場曲で最初に英語でファックユー何とかって言ってますがファックユーの後何て言っているのでしょうか?気になって夜も眠れません何回聞いても聞き取れません、知っている方教えて下さいお願いします。お願いします。

Aベストアンサー

Fuck you all niggaz wanna do! のようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%B6%E9%87%8E%E6%AD%A3%E6%B4%8B


人気Q&Aランキング

おすすめ情報