IDEって、どうやって増設するんですか?また、増設すると転送速度などはおちますか?また、パソコンにはどのように認識されるのですか?(プライマリーのマスター、などの表しかたで表示されるのですか?)

A 回答 (4件)

4つ以上増やす場合は、ATA-66やATA-100のインターフェイスボードが売られていますので、それを購入します。


PCIスロットに増設し、そこにマザーボードと同じようにHDDやCD-ROMなどを増設できます。
たいていのボードの場合、そのインターフェイスボード用のBIOSがあり、マザーボードのBIOSの設定とは違うところで認識されます。
マザーボード上は4つまでで、起動途中にATA-100のインターフェイスボードのHDDが見つかり増設ディスクとして認識されます。
ボードによっては、OS動作中にドライバを必要とするものがありますが、付属のドライバをインストールすれば動作します。
WinXPをお使いでしたら、対応しているボードを購入しましょう。
Linuxやその他UNIX系などの場合も、ドライバさえ対応していれば認識します。
    • good
    • 0

>で、そのときはなんと認識されるのですか?



どのHDDから起動するかによって、ドライブレター(C:やらD:)は変わります。
増設したIDEから起動した場合、起動したドライブがC:となって、あとはPrimaryのmasterから順にふられます。
    • good
    • 0

>あ、すみません。

説明不足でした。そうではなくて、
>Primary Master
>Primary Slave
>Secondary Master
>Secondary Slave
>の4つよりも増やすことはできるのですか?(マザーボードにはIDE3,IDE4はないです)

その場合はATAのインターフェースボードを追加してやって増設することになります。
そうすればIDE3,IDE4となります。
    • good
    • 0

通常は1本のケーブルに2つハードディスクが増設できます。

今1つ繋がっているのでしたらもう一つ増やすことが出来ます。

その際は増設するハードディスクは「セカンダリ」の設定をジャンパースイッチ(HDの)でします。

IDEはATA33,ATA66などの規格がありますがケーブルに接続された遅いほうの規格にあわせられます。
ATA66のハードディスクが付いていてATA33の物を接続したらATA66の方もATA33の速度で読み書きされます。

速度を落としたくないのだったらATA100などのインターフェースボードを増設してそこにATA100のハードディスクを接続すると速度は得れます。

この回答への補足

あ、すみません。説明不足でした。そうではなくて、
Primary Master
Primary Slave
Secondary Master
Secondary Slave
の4つよりも増やすことはできるのですか?(マザーボードにはIDE3,IDE4はないです)

で、そのときはなんと認識されるのですか?

補足日時:2002/01/26 23:55
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング