カフカの「変身」を読んでみました。
とても奇妙な感じのする後味でした。
これは、書かれたときのご時世と何か関係あるのでしょうか。
風刺が含まれていたりするのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

実存主義、全体主義、ユダヤ人、プラハ、ドイツ語、第一時世界大戦


シオニズム、チェコ

参考URL:http://www.hannan-u.ac.jp/~ida/praha.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカフカ「変身」について。。。。

チェコの文化に興味があるのですが、「変身」の内容がよく理解できません。また、当時の作家自身の状況や、時代背景等も調べたいのですが、なかなか良いサイトが見つかりませんでした。もしそのようなことに詳しい方、サイトをご存知の方がいらっしゃったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

変身を語るときには、やはりそれを書いたカフカと、それが書かれた
時代背景を考慮すると、作品をさらに深く味わえると思います。
フランツ・カフカは1883年、つまり19世紀末のプラハに、ユダヤ系の商人の
長男として誕生しています。
当時のプラハはオーストリアとハンガリーの両帝国の
はざまにあり、
一般の人々はチェコ語を、富裕な人々はドイツ語圏である
オーストリアにならってドイツ語を話しました。
カフカの父もまた、富裕な商人であったため、カフカは
ドイツ語を語り、ドイツ語で小説を書くことになります。
そうした世紀末の重苦しい雰囲気を作品は反映しています。

「変身」が世に出たのは1912年、29歳のときであり、その二年後の1914年には
第一次大戦が始まっています。
多くの文芸評論家は、ここに「時代の予見」を感じ取ります。なぜなら、
カフカの描く小説世界は常に「不安」がキーワードだったからです。
ある朝目が覚めると大きな毒虫になっていた、というまるでSFかホラーのような
作品の冒頭から、不安と迷い、どうにもならない自分を深く見つめた作品は、
まさに時代の変わり目に立つ当時の人々の不安を象徴していた、といえます。

そうした時代背景を考えながら「変身」を読み解くと、単なるストーリーの
面白さを超えた、人々の心の奥底にある不安をあぶり出すものとして
味わい深い作品となっています。

ちょっと抽象的ですが。。。

URLも参照にどうぞ。略年表もあります。



参考URL:http://home.att.ne.jp/theta/wgkosima/Germanistik/KAFKA1.html

こんばんは。

変身を語るときには、やはりそれを書いたカフカと、それが書かれた
時代背景を考慮すると、作品をさらに深く味わえると思います。
フランツ・カフカは1883年、つまり19世紀末のプラハに、ユダヤ系の商人の
長男として誕生しています。
当時のプラハはオーストリアとハンガリーの両帝国の
はざまにあり、
一般の人々はチェコ語を、富裕な人々はドイツ語圏である
オーストリアにならってドイツ語を話しました。
カフカの父もまた、富裕な商人であったため、カフカは
ドイツ語を語り、ドイ...続きを読む

Qカフカの変身は何が言いたいの?

最後まで読んだけど意味が分かりませんでした。
いきなり虫になってその謎が明かされないまま終わって結局何がいいたいんでしょうね?

Aベストアンサー

 人間が「頭がいい」とされる要素にはいろいろあります。「記憶力」「計算力」「直感力」等々、その中で文学を味わうために最も重要なのは「想像力」だと思います。
 人間が朝いきなり虫になっていたという「不条理」をキーワードに、もしも自分が当事者であったらその後どのような「不条理」な状況が展開されていくのかを想像しながら読み進めてみましょう。
 虫への変身という不条理が、家族愛の不確かさの不条理などと帰納的に係わり合い、人間存在そのものの不条理さがそこに現れるとしましょう。またそれを結論にとどまらせず、さらに演繹的に不条理の意味付けを試みたらどうですか。
 文学はエンターテイメントの小説とちがって、「想像力」をもとに判断をくだす(自分なりの結論を導き出す)ためのテキストであるとも言えるのではないでしょうか。
 筒井康隆氏曰く「文学を読むためにはそれ相応の訓練が必要だ。」
 「変身」はその訓練のための格好の入門書であると思います。


人気Q&Aランキング