1.5リットルや2リットルの大きなペットボトルに入っている糖分を含む飲料のガブ飲みにより、糖尿病およびその予備軍となってしまうことを指して
「ペットボトル症候群」と呼ぶと数年前の週刊誌に書いてありました。
当然、糖分を含まない「ウーロン茶」「麦茶」「日本茶」といったものは、たくさん飲んでも「ペットボトル症候群にはならない」と書いてありました。
ここまでは理解できたのですが、
「人工甘味料」で「カロリーオフ」や「ノンカロリー」の清涼飲料のガブ飲みによる害については記載がありませんでした。
1)人工甘味料ではペットボトル症候群の心配は無いのか?
2)人工甘味料の多量摂取の危険性とその量はどうか?
3)特定の飲料によってはNaやリン酸等を含有しますが、それらの過剰摂取の危険性はどうか?その量はどうか?
4)その他の害の可能性はどうか?
5)参考になる書籍、サイト等
以上についてご存知のことをを教えてください。

A 回答 (1件)

>サイト等


食テンの英語名がかわれは.後は検索するだけです。
食テンの名前で検索して.お近くの医学部のある大学の図書館で雑誌を拾ってください。
下記サイトは米国国立医学図書館の医学関係文献検索です。

日本語は後れがはなはなしいので避けたほうが良いでしょう。

参考URL:http://www3.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
英語が苦手なので、もう少し国内で探してみます。

お礼日時:2002/02/10 06:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ