うつ病で精神科に通院治療中なのですが、先日、風邪でかかった内科医で、長い間、気分が落ち込んでいると言ったところ、抗うつ薬のルボックスが処方されました。うつ病というのは、心の病で、精神科で診てもらうものだと思っていましたので、驚きました。
 家族の者に話したところ、ラジオで、精神科医が抗うつ薬の売上が伸びている、内科でも処方していると話していたと言っておりました。ああ、内科でも処方できるようになったんだと、その時、思ったのですが、心の病の専門家でない内科医がどうして抗うつ薬で治療してもいいのか、疑問に思いました。
 ちなみに、私は、精神科では、うつ病ですが、抑うつ神経症で、抗うつ薬の処方はなく、抗不安薬と睡眠薬だけ処方されています。私もそれで納得しています。
 専門家ではない医師がうつ病の治療をしてもよいのでしょうか。うつ病は心の風邪と言われていますが、誰でもかかるという意味でいわれていると意味で理解しているのですが、対応を誤ると重い軽いに関係なく自死する病気だと思うのです。
 薬品会社の戦略なのでしょうか?皆さんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1)例えば、安定剤を『軽い睡眠導入目的』で使う場合、『不安神経症の治療目的』で使う場合・・・同じ薬でも目的が違えば専門性に関わらず使うことだってあるでしょう。



2)mentamaさんが書かれていること。
医師免許証は1つです。それを全ての医師はもち、それ以外に専門性から専門医や認定医などの資格を加えます。要処方薬の処方権限は医師であることで認められているものです。中には健康保険の規定などで各科の専門医資格がなければ処方を認めないものや行っても保険の支払いは認められないものもありますが、あくまでも例外です。医師は自分の裁量で行う医療範囲を決定することができます。(その責任も当然ですが負っています。)
状況を限定すれば、専門医とのコンタクトの元に処方のみ行うなんて場合もあります。あくまでも患者・医師同意のもとでですが…

>専門家ではない医師がうつ病の治療をしてもよいのでしょうか。

日本という国では医師は医療の専門家であるとされています。例えば私の領域でお話をさせていただけば、膀胱炎を産婦人科で治す女性は山ほどいるでしょうし、内科で腎盂腎炎を治す患者も山ほどいます。結果として治ればそれでいいのでしょうし、治らずに明らかに医療として問題であったときには訴訟で負けて賠償をすれば良いんです。そこは医師の良心と患者の自衛で成り立っています。

>うつ病は心の風邪と言われていますが、誰でもかかるという意味でいわれていると意味で理解しているのですが、対応を誤ると重い軽いに関係なく自死する病気だと思うのです。

その通りです。だからこそ、患者本人は自衛が必要ですし医師本人も己の技量を見極めた良心的な対応が求められるのです。ですが、これはあくまでもルールにのっとった行為です。

>薬品会社の戦略なのでしょうか?皆さんはどう思われますか?

さあ、わかりません。
私は1)は肯定的な考え方をします。道具は用いる目的で変えるべきです。
2)についてはコレが日本の医療のルールである以上、そのルールで行動するのが医師の務めと理解しています。個人としてどう動くかは個人の良心に従っていますよ。患者さんも個人的な自衛を念頭に動かれるべきです。社会が漫然と自分を守ってくれていると考えているのでしたら、それは間違いなく誤りです。どんなこともそうですが、社会は決められたルールで動くのが精一杯で、個人を守るために動いているわけではありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
1)について
 素人感覚ですが、抗うつ薬と安定剤では、使う目的によって道具を変えるべきという考え方は成り立たないように思います。なぜなら、安定剤は、抗うつ薬に比べその用途は汎用性があるが、抗うつ薬は、用途が限定され、それに、私の気分の落ち込みを聞いて処方されたことなどから、明らかに、うつ病の治療目的に使われたからです。
2)について
 mentamaさんへのお礼にも書かせていただきましたが、僻地ではなく、大都市の病院で処方されたことに疑問を感じました。
>患者本人は自衛が必要ですし医師本人も己の技量を見極めた良心的な対応が求められるのです。
 私もそう思いました。その先生は、うつ病の治療実績があったのかもしれません。昔、精神医療に従事していたのかもしれません。それで、抗うつ薬を処方されたのかもしれません。しかし、そんなことは、患者にはわかりません。医師の技量は素人の患者にはわからないのです。shu_sさんのように、良識のある医師ばかりではないように思うのです。いかにも高価そうな医療機器、たくさんの医療従事者の人件費を思うと、金儲けのことも考える先生も多いような気がします。
>社会が漫然と自分を守ってくれていると考えているのでしたら、それは間違いなく誤りです。どんなこともそうですが、社会は決められたルールで動くのが精一杯で、個人を守るために動いているわけではありませんよ。
 そう思ったからこそ、質問しました。まさに、私の思いはその一点に凝縮されています。
  

お礼日時:2002/01/28 07:55

>、医学というのは、現代では、高度に専門化され、分業化されているという思いこみがあり・・・



これはどの程度までかを考える必要があります。
書かれていることは正しいことです。ですがそれには限度というものがあります。
今回のお話を例にあげて考えます。

うつ病だという診断は、精神科専門医でなくともできることは多いです。それはこのサイトで一般の人ですら言い当てたりしていることからも明らかです。また医師は全て精神科の基礎知識は教育として受け、多くの医師はローテートという形で臨床医療にも加わった経験があります。ですから当然一般人よりは基礎知識を多くもつと考えるべきでしょう。そしてその経験をどう評価するか以上に、これまでの臨床経験を続ける上でうつ病の患者さんをさらに見てきた経験があるかないかも評価しなければなりません。それぞれの経験値は各医師ごとに違うのです。

その背景の違いを全く無視して、今回のように専門外のことは全くしない…そんな医療と医師を希望するのであればやはり他の大多数の患者さんとは異なるので自分で探すしかないと思います。多くの医師は『自分の専門と合わせて、基礎的な他の診療科も自分の能力と良心に合わせて診療をしている※』のです。専門科目以外は絶対にみない医者のほうが圧倒的に少ないですし、現在の医療システムではそれが許されている場の方が少ないのです。

分業化されているとは、先ほどの『※』に示したものに他なりません。
また基礎的な他科の知識を持っているからこそ、専門的な知識が必要か否かの『トリアージ(分類)』も出来るんです。
明らかな重症例や危険例を除いて、一般の医師は最初に許される範囲で治療的な投薬など行い、効果の有無を判断してからゆっくりと専門医への紹介を考えることのほうが多いと思います。また即座に専門科へ送致して方がよいと考えれば紹介状を渡すでしょう。
一般に専門家でなければ治療を出来ないものなのか、一時的に処方する間に考えて対応をしています。
それが許せない場合は…前回書き込んだように自分で指定し自分で決定しなければならないということです。
多くの患者さんはココまでのことは言わないと思います。ゆえに普通は自衛などと大それた言い方をすることすら必要は無いと思います。
>患者は自ら自衛しなければならないのですね。
あくまでも自分の気に入った医療しか認めないという態度であればそれに対しては変わらず『自らの責任で医療機関を選び自らの責任で対処をする』それが求められると思います。「医師は地域で自分に対して要求されるものに近似した医療を努力して供給し続けるのみです。」とはまさにそういう意味です。近似値に近いものが希望であれば探す必要なども全く無いんです。
    • good
    • 0

お礼を読んだ上で・・・



では何故、処方薬を受け取られたのですか?
『あなたは精神科医でないから診断処方は精神科医より頂くつもりです。必要があると判断されるのであればご紹介してください。』と主治医に何故言われなかったのでしょうか。

主治医は内科医として診療に当たっているかもしれませんが、これまでにも『仮面うつ』を始めとする心療内科領域にも造詣が深かったのかもしれません。またその関連領域ということで精神科領域のうつ病にも造詣が深かったのかもしれません。ですがそれは確認しなければわからないことですよ?ここで言う前に確認する…それができていなければ『自衛』ではありません。

また、追加で申し上げると『精神科』を標榜しているからといってその医師が本当に精神科のエキスパートである保証はありません。卒業後免許交付翌日から自由な標榜科目で開業が可能なのが日本のシステムなんです。つまり標榜科目なんて当てにならないといえば当てにならないのです。もしかして件の先生は何年かは精神科で修練を積んできた先生かもしれませんしね・・・
考えれば考えるだけ疑問は深まります。ですがその場で確認されればどちらかはハッキリします。
『信頼に足りる臨床経験があるorない』です。
無いのにもかかわらず処方する場合でしたら、そこで患者さんが評価を決められればいい話です。人によってはそれで良しとする人もいる…というか多いのが実態です。

多くの医師がいて、それぞれに多くの経験地・経路が存在する以上、それを普遍的なお話に帰着させようとすることがもともと無理なことなんです。医師は医療政策を自分で決められるわけではありません。患者さんと同じく、決められた政策・法律構成の中で安全性を模索しながら必要にして十分な医療を供給しようと努力しているだけです。しかし患者にも色々な人がいる以上、それぞれに求めるものが違って当然のことです。それには患者が自分にあった医療を供給する医師を探してつかれるほかないのです。医師は地域で自分に対して要求されるものに近似した医療を努力して供給し続けるのみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。
>では何故、処方薬を受け取られたのですか?
それが、抗うつ薬であることを家に帰ってから、調べてわかりました。薬局でもらった説明書には気分を明るくする薬と書いてあり、先生からも薬については気分を明るくする薬としか言われず、抗うつ薬とは、そのときは意識していませんでした。確かに、その時に確認すればよかったのですが、内科のお薬で、精神科のお薬だとは思わなかったのも不覚と言えば、不覚です。うつ病の治療を受けているという意識はまったくありませんでした。内科で、風邪の治療を受けているということしか頭になかったように思います。
>ここで言う前に確認する…それができていなければ『自衛』ではありません。
確かにそうかもしれません。ここで、質問した意図は、医学というのは、現代では、高度に専門化され、分業化されているという思いこみがあり、精神科は中でも特殊な領域であるという思いこみがあり、その思いこみのために、抗うつ薬を内科の先生が処方されたことの驚きと不安を確認したかったのだと思います。
>患者が自分にあった医療を供給する医師を探してつかれるほかないのです。
わたしのニーズをこの「教えてgoo」で一般化したのは間違いだったように思います。患者は自ら自衛しなければならないのですね。よくわかりました。

お礼日時:2002/01/28 17:08

内科にもいろいろありますが、そちらの内科には細かい表示はなかったでしょうか。

例えば神経内科とか。
私も昔、胃が痛くて内科にかかりました。診断は「精神的なものが原因」だそうで、向精神薬(マイナートランキライザー)を処方されました。
ルボックスが処方されたといわれましたが、参考URLにあるように必ずしもうつ病にのみ使用されるわけではありません。このように薬はある限られた病気以外にも使用が可能なものもあります。
医者は確かに現在は内科かも知れませんが、大学の6年間+α医療に関して勉強してきているのですから、専門家でないかもしれませんが、知識がないわけではありません。
そんなこと言っていたら小さな村の診療所なんかどうするんですか。
それから、貴方は内科にかかるときに精神科にかかっていることを先生にいいましたか? 
これは薬を処方する上で非常に大切ですので必ず言うようにして下さい。精神科の薬にはかなり配合禁忌のものがあるので、うっかり変な薬は飲み合わせはできません。

参考URL:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/rx/ku15/ku15-4050 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 わたしが風邪で診てもらった内科医は、内科、小児科、循環器科を標榜していました。神経内科は標榜していませんでしたが、うつ病などの精神疾患とそれとは少し違うような気がするのですが…。
 

お礼日時:2002/01/28 08:02

そのうち専門家から答えが来るかもしれませんが。


医師が看板をあげている専門科以外の科目で治療しても法律としては全く問題ないんだそうです。
むしろそうでなければ、僻地の診療所は成り立ちませんよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 わたしが受診した内科は大都市にあります。少し離れたところに、精神科があります。そういう環境で抗うつ薬が処方されました。
 確かに、医療行為を行えるのは、医師法上の医師、歯科医師法上の歯科医師はその法律の範囲内であれば、内科を標榜している医師が抗うつ薬を処方しても法律上、何の問題もないことはわかります。
 また、僻地の医療と、都市部のそれとの違いもよくわかります。内科だ、外科だと言ってられませんよね。
 しかし、私のケースでは、精神科に診てもらっているかを聞くとか、精神科を紹介するというのが、患者にとっては利益になる治療ではなかったのかと、あとで、薬局で抗うつ薬を処方されたことを知ったときは、そう思いました。

お礼日時:2002/01/28 07:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自律神経失調症の場合、精神科?神経内科?

自律神経失調症の場合、精神科か神経内科かどっちに行くのがベターなんでしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。

えーと。質問者さんは誰が(質問者ご自身を含む)「自律神経失調症」という「病名」だと分かったのでしょう?もし想像なら↓
http://www.selfdoctor.net/q_and_a/2000_10/jiritusinkei/06.html
なんていうのもご覧になるのがよいかと思います。

私は「外科・歯科を除く殆どの病気の入口は”内科”だ」と思っています。

かかりつけ≒患者さんのことをよくわかっている医師(内科)がおありでしたら、まずはそこで「相談」すると良いと思います。

個人的には心療内科・神経科・精神科のいずれからも「入る」ことはお奨めしません。

まずは内科から。です。

ご参考まで。

Q睡眠薬、抗不安薬、抗精神病薬を3週間ずつ処方されていたのですがこれは犯罪には問われないのでしょうか?

はじめて利用させていただきます。実は同じ質問を2回しているのですが初めての為カテゴリーを間違えていましたので再度、質問させていただきます。私は長いことうつ病を患っていました。現在はクリニックも辞めて当然ながら薬も飲んでいません。良い悪いは別にして私には薬は害有れど益は無しといったところでした。2人の医師に診てもらいましたが医師を変えたのは最初の医師によって地獄をみたからです。薬漬けにされ悪性症候群まで発症し、ひどい副作用で仕事も出来なくなり人生が大きく狂ってしまいました。私が薬が合ってないようだと訴えても取り合ってもらえませんでした。2人目の医師が2週間分しか薬を処方しないので以前3週間処方だったことを伝えたところ初めておかしかったことに気がつきました。処方されてた薬にも驚いていましたが明らかにインチキをしているということでした。2週間しか出せない薬を3年間も3週間、出し続けた医師、薬局これは罪に問われないのでしょうか?あまりにも患者を馬鹿にしています。
同じような被害に合われた方いらっしゃいますか?社会復帰の術はあるのでしょうか?泣き寝入りしかできないのでしょうか?

はじめて利用させていただきます。実は同じ質問を2回しているのですが初めての為カテゴリーを間違えていましたので再度、質問させていただきます。私は長いことうつ病を患っていました。現在はクリニックも辞めて当然ながら薬も飲んでいません。良い悪いは別にして私には薬は害有れど益は無しといったところでした。2人の医師に診てもらいましたが医師を変えたのは最初の医師によって地獄をみたからです。薬漬けにされ悪性症候群まで発症し、ひどい副作用で仕事も出来なくなり人生が大きく狂ってしまいました。...続きを読む

Aベストアンサー

えっと、参考になるかどうかはわかりませんが。
今60代の母は、今はずいぶん回復して不眠症だけ残りましたが、10年くらい前からうつ病で隣の市の大学病院(当時精神科がある病院は近くでそこしかなかった。私も今同じ病院です)に通ってます。
さすがに最初の方は2週間ごとでしたが、薬が合って症状が安定してからは、通院の不便さから、4週間ごとに変わりました。
(うちも病院も最寄駅からバスというところにあり、車などがなければバス2本電車1本で通院が大変だったため)。

母は50歳過ぎからなので自分が何の種類を出されてるか解らない、家族にも見せなかったですが、たまたま寝る前に用意していたと思われる薬局の袋をある日見つけ、失礼ながら拝見しました。
抗精神病薬は出ていませんでしたが、抗うつ薬、抗不安薬、SSRI、あと睡眠薬、副作用による便秘のための整腸剤が出されていたようです(今はもっと減ってると思いますが)。
で、聞き出した訳ではなく、私自身も睡眠薬をもらっていて、ある時から睡眠薬は2週間以上出せなくなった(初めからそうだった訳ではないようです)ので話を振ったところ、睡眠薬に関しては倍の量(1回2錠)出してもらい、実際は1錠飲んでたそうです。これだけ頓服扱いにしてもらったとか。
通院の不便さを言った上での医師の配慮だったようです。

私も母も過服薬による自殺未遂を経験しているので、今はずいぶん量を少なくしてもらってます。十分反省して自分でコントロールできるようになったので、飲み忘れなどで余りが出たらその分減らしてもらってます。
質問者様はかなり医師を疑っていると判断しましたが、できれば副作用が強いので不要な薬は外してほしい、など相談されましたか?今の医師は以前の医師ほどやたら薬を出さないのではと判断しましたが、ちゃんと相談されるのが一番だと思います。
私は障害者枠で事務職で働いてますが、薬を夕食後と就寝前(+昼間の頓服)に別けてもらったところ、夕食後の眠気が強くて寝る前の薬を飲み損ねることが多く、眠りの質は悪くなるし翌朝断薬症状に悩まされる、と相談したところ、内容はそのままで就寝前にまとめられました。

この手の薬は自分で勝手に止める・飲み忘れると副作用とは違う断薬症状が出ます。これはこれできついです。徐々に減らしていくのがベストです。

粗方の答えは他の方が書かれてる通りだと思いますが、私と母の体験をもとに具体的に書いてみました。簡潔に書くと、
「ずいぶん前なら違法ではないと思う。だけど質問者さまが嫌だと思ったなら医師や病院を変えるのがベスト」
といったところでしょうか。
参考にならなかったらすいません。

えっと、参考になるかどうかはわかりませんが。
今60代の母は、今はずいぶん回復して不眠症だけ残りましたが、10年くらい前からうつ病で隣の市の大学病院(当時精神科がある病院は近くでそこしかなかった。私も今同じ病院です)に通ってます。
さすがに最初の方は2週間ごとでしたが、薬が合って症状が安定してからは、通院の不便さから、4週間ごとに変わりました。
(うちも病院も最寄駅からバスというところにあり、車などがなければバス2本電車1本で通院が大変だったため)。

母は50歳過ぎからなので...続きを読む

Q内科で自律神経失調症

内科で自律神経失調症を診てもらうことはできるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

内科でまず診てもらうのが一番だと思います。

Q精神科医の薬の処方について

以前、南条あやさんの『卒業式まで死にません』という本を読んで疑問に思ったことがあります。
南条さんは鬱病でしたが、それと同時に重度の薬物依存とも受け取れる言動が文章の中に多々あり、ときには嘘をついてまで主治医から必要以上の薬を処方してもらっていたようです。
また、南条さんの主治医は、彼女に言われるまま、薬の量を増やしていたようにも見えました。
精神の病気は目に見えるものではないので、医者も患者さんが「ここが悪いんです」と言われたら、それを信じて薬を出すしかないのでしょうか。

Aベストアンサー

口に入れるものは、食べ物でも、お薬でも“愛情”と等価というふうに考えられる部分もありそうです。例えば、赤ちゃんはお乳と一緒にお母さんの想いもその身体の中に取り込んでいるように見えます。

お薬に関しては、抵抗のある方と、逆に増やして欲しい方と様々だと思います。
おそらく投薬は、それぞれの方の病気の重さだけでなくて、治療関係の中での意味を考えながらされているのではないかと思います。

お薬を増やされたら、自分の病気が悪くなったのではないかと感じる方もいれば、ちゃんと診ていてくれているんだと感じる方もいるでしょう。または、うるさく言ったので“薬を盛られた”とか、“めんどくさくて出したのだろう”とか。
そして、お薬が減らされる場合、自分の改善に自信が持てたり、薬以外のところでも信頼されているんだと感じたり。 反対に、薬が減って大丈夫だろうかとか、こんなに具合が悪いのに全然分かってもらえてない、だとか。

けれど、この辺のやり取りは、あくまで“さじ加減”の範囲のことが多いように思います。
薬剤の薬理学的な効果、副作用を可能な限り適切に評価しながら、処方の心理的な意味も重視していく、というのが実際の診療の中で行なわれている、あるいは努力されているのではないでしょうか。

“薬物依存”については、“よい意味での依存”、“過剰な依存”、“薬物依存症としての依存”などを考えて、有害事象を避けていくことは大切なことと思います。

口に入れるものは、食べ物でも、お薬でも“愛情”と等価というふうに考えられる部分もありそうです。例えば、赤ちゃんはお乳と一緒にお母さんの想いもその身体の中に取り込んでいるように見えます。

お薬に関しては、抵抗のある方と、逆に増やして欲しい方と様々だと思います。
おそらく投薬は、それぞれの方の病気の重さだけでなくて、治療関係の中での意味を考えながらされているのではないかと思います。

お薬を増やされたら、自分の病気が悪くなったのではないかと感じる方もいれば、ちゃんと診ていてく...続きを読む

Q自律神経失調症について、 検査は心療内科でできますか? 事前に検査予約は、いりますか?

自律神経失調症について、
検査は心療内科でできますか?
事前に検査予約は、いりますか?

Aベストアンサー

総合診療科で基本的な検査をして肉体に悪い部分が見つからなければ自律神経失調症と判断されます。

よって最初から心療内科に行くことはお勧めしません。仮に肉体に疾患があっても精神的な疾患と片づけられてしまうからです

Q精神科医が処方する薬の拒否する方法

精神科医が処方する薬を『太るし処方してもらっても飲まないかもしれない』と言っても良いのでしょうか??
そして医師に『これは太るから飲みたくないし処方しないで下さい』と言っても良いですよね??精神科医が処方する薬の拒否する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
私や、私の友人も処方を断ったり、
別の薬に買えて処方してもらうことはよくありますよ。
『太るのが気になって処方してもらっても飲めない』
と実際に医師に伝えた友人もいます。
「太るのが気になる」事自体がその方のストレスになるなら
治療の意味が無いですからね。

axl1113_2006さんも
気楽に伝えてはどうでしょうか?
 実際精神科のお薬って、
ぷくぷく良く太れるものが結構ありますよね~。
担当の医師と気楽に相談できる良い関係が出来るといいですね。
それでは、お大事に。

Q肌のヒリヒリ感に悩んでいます。 自律神経失調症だろうといことで心療内科に通い始めようとしている18

肌のヒリヒリ感に悩んでいます。

自律神経失調症だろうといことで心療内科に通い始めようとしている18歳の女です。


典型的な自律神経失調症の症状にプラスして、膝から下のヒリヒリ感がすごいです。

押しても痛くないのですが冷気などに当たったりするとヒリヒリ感が強く感じられたりします。

ストレスや気にしすぎなのでしょうか……。
心配性なものでとても大きな病気だったらどうしようなど、気にしてしまいます……。

同じ症状だったかた、専門とされている方、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

自律神経失調症!漢方薬で今日堂と検索すると決して安くは無いですが、かなり急いでいる症状なら病院かと思いますが、薬局でもかなり効果出ますよ。

Qうつ病です。抗うつ薬について教えて下さい。

転職先でパワハラにあい、うつ病を発症してから、6年が経ちました。
仕事、収入、婚約者全てを失ってしまいました。

今は療養生活をしながら、何か自営業をできないか模索しています。

これまで、パキシル25m、アモキサン25m、レキソタン2m、リボトリール0.5mを1日2回
頓服薬としてソラナックス0.8mを飲んでいました。
他に、睡眠導入剤として、マイスリー10m or レンドルミン0.25m(耐性に合わせて数ヶ月スパンで
変更:当初はマイスリー)+ハルシオン0.25+エリミン5mを飲んでいました。

上記を3年くらい続けていたのですが、睡眠導入剤は耐性のためか、
どんどん効きが悪くなり、その分多めにマイスリー2錠飲みなど勝手にしてしまったりしたのも
あり、寝入れず、睡眠中目覚めるが、起きたい時には逆に起きれず、
身体には強い倦怠感も起き、結局そこから数時間寝るという生活が辛くなり、
主治医に相談して、仕事も退職していたので、睡眠導入剤は辞めました。


その後、主治医から薬を減らしてみる時期ですね、ということで、
パキシルCR25、アモキサン25m、レキソタン2mを一日一回になりました。

1年くらいはこれでなんとかいけましたが、
いつの日からか、上記を飲む24時間後に対して、4時間前くらいから、
効果が切れるといいますか、早く飲みたいという気分、辛さになることが
多々起きました。ソラナックスを飲むか、主治医の指示で、
少し早めに飲んでもいいとのことで、どうしてもキツイ日は、
1、2時間早いタイミングで飲むようにしました。


また、一度再就職に失敗して、その後さらに状態がひどくなり、
一時期パキシルCR25、アモキサン25m×2、レキソタン2mを一日一回
飲んでいた時期もありました。


家族の理解が得られず、歳もどんどん重ね、働き盛りを何もなく過ごしていて、
生活資金もつき始め、寝たきりのような日々を常に送っています。

半年位前から、人間関係でさらにストレスが貯まり(借金のむしんに合い)、
イライラが激しくなり、レキソタンからメイラックス2mに変更になりました。

さらにその後、身体の硬直が酷く動けないことがあり、
ソラナックス0.8を最大一日3回まで飲んでいいと主治医に許可をいただきました。
なかなか3回飲むことはないですが、2回飲むことはあります。
またどうもソラナックスはあまり効果を感じにくいです。

その後、常時の過緊張状態と診断され、
ハンドマッサージ機により筋肉を解すことで、応急処置はできるようになりました。

現在は、パキシルCR25、アモキサン25m、メイラックス2m、ソラナックス0.8(最大一日3回)
となっています。

ここのところ、抗うつ剤とうつ病、ストレスの影響で、
身体(皮膚)にも影響が出てしまい、

・急性蕁麻疹⇒アレルギーと判定

・軽いアトピー発症

と皮膚科での治療も同時に行っています。
また、知人が泊まった時に指摘されたのですが、
睡眠時無呼吸症候群ではないのか?と、睡眠中呼吸が止まっている瞬間があるそうです。

過緊張がひどかった際は、
内科的な処置もしてもらえるのでは?と聞き(主治医からではありません)、
大学病院の内科を受診したところ、受付で看護師さんに詳細をヒアリングされ、
一番最適と思われる医師を選んでいただき、診察室には入りましたが、
分からない、私の専門外だ、主治医に紹介状をもらってこい、神経内科医に
診てもらうべきだ、私が離島医療の医師ならなんらかの対応はするがあなたにはできない、
と診察拒否されると同時に、迷惑だと言わんばかりの嫌味を言われました。

栄養療法による回復について書かれている書籍なども読みましたが、
著者のクリニックのサプリメント代が高く(10万単位)、またよくよく調べると
ネットワークビジネス企業のサプリメントを推奨・販売していることに疑問と絶望を覚えました。

カウンセリングは一時期受けていましたが(在職中)、
カウンセラーがパワハラを人事部に是正するように伝えてあげます、
とのことで、本当に私の立場が悪くならず、是正できるのか確認すると、
大丈夫、そのために企業提携のカウンセラーがいるとのことで、
お願いすると、人事部の平社員は「実はその事実は把握している、改善します」
と回答してきたと、カウンセラーに告げられたのですが、逆に、
人事部長と産業医に一計をかけられ(復職を希望しても人事部に、
もう少し休みましょうと伸ばされ、数ヶ月に渡り伸ばされ続け、
権利として持っている休職期間を完全消化させられ、
「職務規定による退職勧告」をされ、退職させられました。

人事部長に平社員がカウンセラーに話したことを伝えるも、
そんな話は聞いていない、事実もない、とのことで、
労組、人権推進に関する部署に相談するも助けてもらえず、
退職となりました。 ※一応上場企業なのであまり労組は機能しませんでした

かなり脱線してしまいましたが、
私は現在飲んでいる薬以外には、デパスぐらいしか知りません。
 ※睡眠導入剤変わりに一時期飲んだことがあります(あまり効きませんでした)


今起きる症状は

・やる気があるときでも身体が動かない、起きれない
・眠気が強い(日中二回は昼寝します、が今はそれでいいとも思っています)
・疲労を感じやすい(医師に肉体の酷使は止められています)
・昼夜逆転生活(朝5時頃寝て、昼12時頃起きます、朝食を取ってしばらくして寝ます)
・体重の著しい増加
・過緊張による身体の硬直
・アトピー
・ストレス性の蕁麻疹
・診察日にクリニックに行けないことがある
・生活費枯渇と将来に対する不安とストレス

などがあります。

主治医は、あまり余計な情報は流さないようにするためか、
他にどんな薬があるかなどは敢えて話しません。
 現状はソラナックス×3回でどうしても辛い日は忍しかないとのことでした

長々と書いてしまいましたが、他になにか今の私の状況に
あった薬があれば、ぜひご教示いただければ幸いです。

また、主治医はずっと一貫して同じ医師で、
初回診断時の後、当時会社から大学病院でセカンドオピニオンを
受けるようにということで、診察を受けましたが、同じ診断でした。

家族は残念ながらうつに理解がないので、
頼ることができません。
私はいい歳をして、怠けている、自分たち(両親)の老後は
誰が面倒見るんだといつも突き上げられています。

今は絶望とストレスしかありません。

どんなことでもいいのでご助言をいただけますと幸いです。

転職先でパワハラにあい、うつ病を発症してから、6年が経ちました。
仕事、収入、婚約者全てを失ってしまいました。

今は療養生活をしながら、何か自営業をできないか模索しています。

これまで、パキシル25m、アモキサン25m、レキソタン2m、リボトリール0.5mを1日2回
頓服薬としてソラナックス0.8mを飲んでいました。
他に、睡眠導入剤として、マイスリー10m or レンドルミン0.25m(耐性に合わせて数ヶ月スパンで
変更:当初はマイスリー)+ハルシオン0.25+エリミン5mを飲んでいました。

上記を3年くらい続...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは

13年目の遷延性うつ病の40代男です
今も月一の通院と多量の投薬で、6年位安定して就労しております
それまでは3回休職をしました

tasukete-hoshiiさんも上場企業なのに、産業医に裏切られた感じですよね
私の会社も、最近産業医が冷たいようで、うつ病患者の復職が難しくなっている
ようです どこの企業も余裕が無いので、昔に比べ復職は難しいようです
またカウンセラーも精神科医も非常勤で来ることがあったのですが
(今はありません)私にはイマイチでした 産業医に意見を挙げていたようですが
上手く伝わっていなかったようです

薬の話はしたいですが、個人差があるので私の場合です
私の飲んでるのは
・アモキサン 25m x7(メインの薬)
・トフラニール 25m x2(これが復職を支えた薬)
・リーマス 200m x1(遷延性うつ病には無くてはならないもの)
・トレドミン 50m x2(意欲が湧いてきます)
・ラミクタール 100m x2(好不調の波が抑えられます)
・エビリファイ 6m x2(意欲が湧いてきます)
・チラージン 50u x2(?甲状腺の薬です)
あと整腸剤

です 睡眠薬や頓服薬は以前飲んでましたが、今はありません

かなり多いので、眠いです ですから日中の飲み方は眠くならないよう
自分でアレンジしてます(トータルで飲む量が同じであれば主治医も
文句言いません)
しかし、副作用より作用の方が大きいので、これで行ってます
健常者と一緒に働けるのは大きいです

セカンドオピニオンもしました(というか転院を5回位した)
ので、分かりますがいい加減な医者が多いということです
ウチ3人には、さじを投げられ今の主治医(開業医)に流れ着いた感じです
大学病院だからと言って、良いとは限りません
学生のモルモットにされること数回ありました
「あなたにはトリプタノールが効くはずだ!」と言われて、ただ眠いだけでした

私と同じだけ飲むのが良いとは言いませんが、薬で持ち上げられる所まで
持ち上げても良いのでは? その辺は減薬を焦るより、主治医と相談
してみては?

家族の理解が無いのは痛いです
一人暮らしですか? 本来なら両親に面倒見てもらって、通院が良い
のでしょうが、この場合は一人暮らしが適当でしょうね

私も31でうつ病になり、30代を棒に振りました
(おもに仕事、義父の癌発覚)
結婚して7か月で発症、おかげで子供を作ることができませんでした
離婚の危機も何度もあり、別居もしましたが、なんとかもってます
ただ会社に行って何もせず(できずに)定時で逃げるように帰ってくる日が
何年もありました また突発で休むことも多かったです
それで給与だけはもらってました(当然最低評価ですが、今では考えられないです)

仕事も自らメーカーの電気設計開発業務から、生産管理へ異動をお願いしました
いずれ設計から身を引く日が来ると思い、それが早いだけだと言い聞かせました
食うために必死でした
今では設計から生産管理への異動は示達ありなので、珍しくはありませんが
周りの復職者を見ると、恵まれていたなぁと思ってます

tasukete-hoshiiさん
絶望せず生きて下さい
きっと合う薬が出てきて、意欲が湧き、動ける時がきます
まだそれにめぐり合ってないだけだと思います
また就労は朝型のリズムが取れるようになったらにしてみては?
他の方も書いていたように、朝方の散歩(日中は酷暑でしょうから 早朝です)
等をして、疲れを感じるようになってみては?
私も最後の復職時は、通勤で駅まで往復50分歩いてました
夕方散歩20分しましたら、体重が随分落ちました(今はまた太ってますが)
ただしやろうと思った時だけやれば良いと思います 無理にやることはありません

※私も最近は異動して、新しい業務に順応できず土日は食事以外はずっと寝てる
ことが多いです(寝逃げ) でも月から金は出社できてますので主治医はOKと言ってます

こんばんは

13年目の遷延性うつ病の40代男です
今も月一の通院と多量の投薬で、6年位安定して就労しております
それまでは3回休職をしました

tasukete-hoshiiさんも上場企業なのに、産業医に裏切られた感じですよね
私の会社も、最近産業医が冷たいようで、うつ病患者の復職が難しくなっている
ようです どこの企業も余裕が無いので、昔に比べ復職は難しいようです
またカウンセラーも精神科医も非常勤で来ることがあったのですが
(今はありません)私にはイマイチでした 産業医に意見を挙げていたようですが...続きを読む

Q自律神経失調症で、心療内科にかよってます。女性器の陰核が、ジンジンピリピリするのが、ここ最近気になり

自律神経失調症で、心療内科にかよってます。女性器の陰核が、ジンジンピリピリするのが、ここ最近気になります。
これも、自律神経の乱れの影響ですか?
仕事に集中できなくて、不快です。

Aベストアンサー

しばらく仕事は休めませんか???・・・

精神的病症は無理すると直らなくなりますよ・・・汗

日々の穏やかな生活しか精神は休ませる事が出来ません

あせらずゆっくりのんびり出来ないと精神障害発症してしまいますよ・・・汗

正社員で仕事をされているなら病院で診断書書いて貰い会社に提出すれば精神傷病で3か月ほど休暇を貰えるはずですよ

今ゆっくりされないと直せなくなるかもしれません・・・・

成人が精神に支障きたすともう直せないのが今の医学です・・・汗

自律神経失調初期でしたら3か月休養すれば直せる可能性も有りますが・・・

忙しくてもご自分の体を休ませる事優先させて下さいね・・・今療養しないと直せませんよ・・・汗

Q札幌か北海道で、良い精神科、精神科医、カウンセラー

姉がうつのようです。

引越してから、家の床材などになじまないと言って、うつ状態になりました。

一度、精神科医に見てもらいたいと本人も言っています。

今、姉はパソコンを持っていないので、私が代わりに調べようと思います。

精神科医、カウンセラー、スピリチュアルカウンセラーなど・・・

良い先生をご存知ないですか?

Aベストアンサー

札幌市の円山公園の"響きの杜クリニック"はいかがでしょうか。
院長の西谷先生は、ホリスティック医療など、さまざまな新しい治療に取り組まれています。

産科・婦人科が専門のようですが
保険対象外で、カウンセリングや様々なセラピーをされていますので
一度相談に行かれてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/holotropic-sapporo/hibiki/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報