『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は、ペンで卓球をしてましたが、自分のタイプなどを総合して、シェイクハンドに変更したいと思います。また、子供たちに卓球を教える機会もあるので、ペンにも持ち替えたりしたいと思います。
そこで質問なんですが。
中国式ペンで、シェイクハンドをすることは、OKでしょうか。遊びならできると思いますが、実際に大会などでそのような人はいるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

試合で使うとなるとかなりの腕が無ければ厳しいと思います。


シェークハンドはしっかり握って打つのでラケットも分厚く作ってあります。ペンハンドは指で固定して打つためどうしてもシェークと同じ重量では使いこなせないと思います。
またペンハンドでは前方で打つのに対してシェークは体の近くになりがちです。体の近くつまり相手から距離のある状態で軽いラケットをいくら強く振り回しても強いショットが打てるとは思いません。
結局は大会のレベルですね。

この回答への補足

ありがとうございます。無理だと思いつつも、質問させていただきました。ただ、スポーツ専門店で、「ωペン、シェイク両用」のラケットを見たような気がしたものですから。

補足日時:2006/04/07 06:12
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局はシェイクを購入することにしました。サービスなどはペンですることもあります。

お礼日時:2006/04/14 20:19

今晩は


卓球歴4年ですが、中国式ペンをシェイクハンドのようにするのはOKですが、実際に大会で使っている人は見たことないですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェークとペンの両刀使い

僕は卓球歴 3年ちょい、最初は ペンでしたが、
1年ちょい前にシェークに変更しました

毎週 練習してる友達(20台後半、♂) は元卓球部で
年齢からはシェークが多い世代なのに、部活ではペンで
2年前にシェークに変更しました

僕はフォアのドライブで、コーチから水平に近いラケット面
を求められ、ペンだと難しくて、簡単に面を作られるシェーク
にしました

最初は思ったのと全然 違う方向にボールが飛んでいき、
焦りましたが、1ヶ月で思った方向にボールが飛ぶようになり、

コーチから 「この前、シェークにしたばかりなのに、器用だなぁ」

と褒められました

でも、シェークに慣れちゃうと、今度はたまにペンを使うと、

思ったのと全然 違う方向にボールが飛んでいき、焦ります

毎週、練習してる友達も、「感覚が狂う」 と絶対、ペンを握ろうと
しません

でも、コーチ A も コーチ B も選手時代はペンで、今は生徒を
教えるためかどうか、普段はシェークが主なのに、たまにペンを
使っても、すごい自然で普通に打ってます

コーチA、B みたいに両方使えるとカッコ良いので、そうなりたい
です

でも、そうなるには、僕の場合、毎週 ペンとシェーク、両方 練習
しないとできそうもありません

ペンとシェーク、両方使える人は、元々卓球の才能があり、
できてるので、そんなマネしようとしない方が良いですか?

それとも、両方できるように練習するの、なんか良いこと
ありますか?

僕は卓球歴 3年ちょい、最初は ペンでしたが、
1年ちょい前にシェークに変更しました

毎週 練習してる友達(20台後半、♂) は元卓球部で
年齢からはシェークが多い世代なのに、部活ではペンで
2年前にシェークに変更しました

僕はフォアのドライブで、コーチから水平に近いラケット面
を求められ、ペンだと難しくて、簡単に面を作られるシェーク
にしました

最初は思ったのと全然 違う方向にボールが飛んでいき、
焦りましたが、1ヶ月で思った方向にボールが飛ぶようになり、

コーチから 「この前、シェ...続きを読む

Aベストアンサー

学生の頃、私の周りではシェイクが多く、実力者も大半はシェイクでした。
私はペンを愛用していましたが、その大きな理由はシェイクだとバックハンドの精度が低く、コントロールもいまいちだったからです。フォアはシェイクの方が好みでしたが。。

個人的には上達したいなら片方に絞ったほうがいいと思います。
どうしても細かい感覚が鈍ってしまうので。

両方上手な人はハイセンス!というのが自分では納得できます。

Qシェイクかペンホルダーか迷います

70才代老人です。運動を兼ねて卓球をしたいと思っています。過去の経験は子供の頃単なる遊びとして(訓練を受けたわけではない)何年かやり、その後はしていません。

グリップはその時はペンホルダーでした。現在もペンホルダーでフォア側のロングと言うかドライブをかけての多少の打ち合い位は出来ます。バックは難あり。シェイクハンドはやったことがありません。

今後目標として4~5年はしてみたいと思います。これから行く所(老人ばかり)では皆さんシェイクです。シェイクの方が動きが少なくて済むと言う人もいます。

この年になってペンホルダーからシェイクハンドに変えるには大変でしょうか。

変えるには今始める時しかないと思います。どちらを選んで始めた方が良いか参考意見をお聞かせ願えればと思います。

Aベストアンサー

自分はペンホルダーからシェークハンドに変えたました。
特に苦労はしませんでした。
3点アドバイスさせて頂きます。
1 ペンホルダーで特に変な持ち方をしない限り、フォアハンドのバックスイングをとった時にラケットの先端が横(水平)か少し下を向くと思います。一方、シェークハンドで自然な握り方でバックスイングをとるとラケットの先端は水平より上方を向くはずです。(私の場合、ほぼ真上を向きます)
ところがペンからシェークに変えた人やペンしか知らない人の指導を受けた人の中には、シェークなのにペンのようにラケットが横を向いている人が結構います。これでは持ち方が不自然になるしボールの威力も劣ります。
ラケットの先端は上を向けることです。(自然に持てば必ずそうなります)
2 同世代で若いころに本格的な訓練を受けていた人は、フォアハンドのスイングの終点が頭の高さであるケースが多いのではないでしょうか?(額に前やそれよりやや高い位置までスイングする)
これにこだわらないほうがいいと思います。シェークではどうしても違和感があると思います。
以前60代の方でペンからシェークに変えようか迷っている方から「フォアハンドがやりにくい」とアドバイスを求められたことがあるのですが、まさにここに書いた1と2でした。
3 肩関節を大きく使うこと。年配の方に多いのですが、肩をほとんど使わずに手首と肘を主に使い、強いボールを打つ時は腰の回転を使うというタイプです。しかし、現在トッププレーヤーにこういう打ち方をする人はいません。基本的に肩関節を活用します。
ペンホルダーは日本人の手先の器用さを活かしやすいようにできていると思いますが、それをシェークハンドに持ち込むのは難しいでしょう。ラケットの重量の面でも手先に頼るのはよくないと思います。肩関節を使うということは体幹の大きな筋肉を使うということですので、威力は出やすく、健康作りという面でもメリットは大きいと思います。
長くなりましたが、1に気を付けていただければなんとかなると思います。

自分はペンホルダーからシェークハンドに変えたました。
特に苦労はしませんでした。
3点アドバイスさせて頂きます。
1 ペンホルダーで特に変な持ち方をしない限り、フォアハンドのバックスイングをとった時にラケットの先端が横(水平)か少し下を向くと思います。一方、シェークハンドで自然な握り方でバックスイングをとるとラケットの先端は水平より上方を向くはずです。(私の場合、ほぼ真上を向きます)
ところがペンからシェークに変えた人やペンしか知らない人の指導を受けた人の中には、シェークなの...続きを読む

Q日ペンドライブのラバーについて

趣味で卓球を10数年程前から続けているものです。日ペンで前・中陣ドライブでプレーしていますが、現状よりもさらにドライブがかかりやすく、扱いもそれほど難しくないラバーを求めています。

現在、ラケットはコクタクの単板角ペンを使用しており、ラバーは「スレイバーEL 中」です。個人的に「スレイバー EL」はとても安定しているように感じるので、このまま厚か特厚を選ぶべきなのかなとも思っていますが、回転がかかりやすいという「テナジー・05」が気になっています。「スレイバー EL」と比べると「テナジー・05」の難易度はかなり高いのでしょうか。

また、それ以外のラバーでもおススメいただける候補がある場合にはお教えいただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは、私も日ペンです、
スレイバー系は安定はありますがスピードが弱いと思います
ラウンデルを使ったことがおありなら飛び、スピンの数値を比べてみてください
同じメーカですので大体分かると思いますがテナジーの05は今まで使ったラバーの中で
一番回転が掛かります、「相手の回転も強く受けるのは当然です」がペンドラなら
細かいコントロールはシェークより楽ですから(私はシェークもやります、最近は裏ペンもやります)

 心配ないと思いますテナジー05はラウンデルより、かなり重いので05FXを
使って見ましたが回転もスピードも05の方が良いです、友人も中厚を使っていますが威力がありまよ、
今はバタフライ製品は割引率が少ないのが残念ですが(^_^)  

それ以外ではヤサカのラクザ7か、ラクザ7のソフトが扱いやすいです
価格も手ごろで現在使用中です中ペンと日ペンで私は特厚を使っていますが  

Q卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

卓球のペンの裏にラバーをはったら、バックで打ってもいいのですか?

Aベストアンサー

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打球する、そんな戦型の人もいない訳ではありません。

前置きが長くなりましたが、要するに、ラバーを両面に貼っていれば、ペンかシェークかにかかわらず、どちらの面でも打球出来ます。
ラケットの持ち方にルールは無いので、ペンホルダーグリップで裏面(3本指側)で打球してもかまいません。

ペンの代表的な選手は、中国の王皓選手と馬琳選手です。
特に王皓選手。
バックハンドの打球はツッツキ以外は裏面打法です。


★一つだけ注意
日ペンの場合、裏に半円コルクがありますが、それに重ねてラバーを貼ると違反です。
コルクを剥がして貼ってください。

#1さん正解、#2さん間違い、#3さんは推測ですが反転式を使用でしたか?正解ですけど。

ルール上は、ラバーを貼っている面でしか打球してはいけません。
片面にしか貼っていなければ、反対の貼っていない面での打球は許可されません。
不可抗力があるので、ラケットを持っている側の手首から先の打球は許可されます。
指やグリップ、ラケットサイドに当たるのはOKですが、貼っていない裏面での打球は故意とみなされるのでNGです。
ラケット形状はシェークでも、片面にしかラバーを貼らずに片面のみで打...続きを読む

Q中ペン 表ソフト

卓球で中ペンに変えるとき、F面はテナジーとかを貼ります
裏で考えていて、チキータとか裏面打法をやりたいんですけど、裏ソフトのほうがいいですかね?
それとも、表ソフトのほうがいいと思いますか?

Aベストアンサー

ペンドラ(ラケットはテンパースピードS) から 中ペンに転身ですね

チキータって擦る打法だから、常識的に考えると裏ソフトでは?

表がテナジーだと重いし、裏もテンション系、粘着だとすごい重いよね

さらにラケットも吉田海偉だと、重くて振れないね!

でも、バタフライの DVD で 吉田海偉 が裏面打法してるのにはビックリ
でしたw

ラケットは何にするの?

Qペンからシェークへの転向

こんにちは。
現在高一の卓球部の者です。

卓球は中学の時からやっていて、中学の時は支部でベスト4、県でベスト32というそこそこというか微妙な成績でした。

高校でも卓球を続けているのですが、
中学:中ペン裏粒
↓バックが打てない
現在(高校入って):中ペン裏裏

バックが打てないのを克服するために裏面を練習し始めたのですが、
2ヶ月練習してもあまりしっくり来ず、サーブなど他の技術もしっくりこない状況です。
たまたま調子が悪いというわけでは無く、裏面はともかく今までの技術までしっくり来なくなってしまいました。このままいても限界を感じています。

そこでシェークへの転向を考えています。
友達のラケットを借りて打ったことは何度かあり、とてもしっくりくるしやりやすく感じました。
でも、ネット調べてみると賛否両論で、OKという声もあればやめた方が良いという人もいました。

部活の顧問、仲間もシェークに変えるなら慣れるまで全力でサポート(多球、基礎打ちなど)すると言ってくれています。

最後はもちろん自分の努力次第なのでしょうが、どうなのでしょう?
またシェークのバック面にオススメのラバーは何かありますか?
テナジー以外で回転がかかってコントロールしやすいものが良いです。
アドバイスお願いします。

こんにちは。
現在高一の卓球部の者です。

卓球は中学の時からやっていて、中学の時は支部でベスト4、県でベスト32というそこそこというか微妙な成績でした。

高校でも卓球を続けているのですが、
中学:中ペン裏粒
↓バックが打てない
現在(高校入って):中ペン裏裏

バックが打てないのを克服するために裏面を練習し始めたのですが、
2ヶ月練習してもあまりしっくり来ず、サーブなど他の技術もしっくりこない状況です。
たまたま調子が悪いというわけでは無く、裏面はともかく今までの技術までしっくり来...続きを読む

Aベストアンサー

「どうなのでしょう?」とネットで聞きまくるよりは、ご自分で試してみてよかったんだから、変えればいいんじゃね?
これからも卓球を続けて強くなりたいのであれば、ラバーも自分で色々試してみるといいです。人によってかなり違います。因みに自分はヴェガヨーロッパを使ってます。

Q男子卓球でフォア表ラバーてどうですか。

男子卓球でフォア表バック裏の攻め方はどうしたらいいですか?
試合では、バックばかりにボールを集められなかなか、フォアハンドの
攻撃ができないです。

Aベストアンサー

フォアにボールがくるように、回転をかけてレシーブする。

元卓球部のひとりごと…

Q卓球ラケットのグリップが太くて手に合わないので、良い方法が無いでしょう

卓球ラケットのグリップが太くて手に合わないので、良い方法が無いでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

グリップを削ることは、認められていますから、自分に合うように調整しましょう。
ナイフ等で削ってから、サンドペーパーで仕上げるのが、いいと思います。
ただし、「JFATT」の刻印を削ってしまうと試合で使えなくなりますので、そこは
削らないようにね

Q反転ペンの裏面に貼るおすすめの粒高ラバー

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦り上げられずにボールの質が表ソフトラバーの角度打ちのような感じになってしまっています。(回転は一応それなりにかかっているのですが、上がらないと言った感じです)

このままではマズいと思い、とりあえずアンチラバーに飽きてきたこともあり、裏面のアンチラバーを粒高に換えて(1枚ラバーか超極薄など)、ラケットの軽量化を図りたいと思っています。しかし、あまり粒高ラバーの経験が無いため、どのラバーが自分の希望に合っているかわかりません。そこで、皆さんからお勧めの粒高ラバーを教えて頂きたく、質問致しました。

自分の希望としては以下の通りです;

1. なるべく弾まない粒高ラバー(使用ラケットがバイオリンの為、結構弾む)

2. アンチとまではいかなくても、ツッツキ時あまり回転のかからないラバー(回転のメリハリでミスを誘いたい)

3. 粒高ということである程度の変化、及びナックルボールが出しやすいもの


自分としてはカールP-1R(特薄)かフェイントロング2(超極薄もしくはOX)で悩んでいるのですが、どう思われますか?

皆様の知恵を分けて頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。
 

はじめまして。

社会人になり再び卓球を始めた反転ペンプレーヤーです。
(前陣~中陣異質ドライブマンを目指しています)
現在はフォア面に「ファスタークG-1」、バック面に「ベストアンチ」を使用しています。

最近ラケットを角丸型反転から角型反転(バイオリン)に換え、フォア面のラバーの厚さも厚くしたところ、以前よりかなり重く感じるようになりました。(角型ですからある程度は仕方ないのかもしれませんが...)

また、重くなったことでドライブを打つ際も、腕の振りが鈍く、ボールを思うように擦...続きを読む

Aベストアンサー

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1.粒が細くて軟い方が弾まない。スポンジも柔い方が弾まない。アンチのなんかフニョフニョだろ?カールシリーズは硬いから、叩くと割とスピードが出る。でも所詮粒高、裏や表ほどにはどうしても、ね。

2.大抵の粒高は掛からないよ。アンチと違うのは、頑張れば掛かるってこと。それでも表ソフトの方がよっぽど掛かる。この、自分の意思で回転量が変えられるってところが、アンチが廃れても粒高は残っている理由だ。もちろん、アンチより扱いは難しくなるけどね。当たり具合で摩擦性能が変わらないアンチの方が扱い易くはある。

3.粒が曲がり易い方がナックルになり易い。たぶん。要するに回転を跳ね返さなけりゃナックルになる。氷みたいに滑る訳じゃないし。


まぁ、取り合えずカールP1Rじゃないかなぁ。
後は好みだし。
個人的にはフェイントSOFTかファントム008だけど。


P.S.
ニッタクの性能表見るとバイオリンはミッドスローなんだけど、そんなに弾むと感じてる?
ま、これも個人の打ち方とかで変わるしね。

角型が重く感じるのは長いからであって、ラバーの面積は角丸の方が広いか変わらない程度。
なので、グリップエンドに重りを付けると軽く感じられる。
試しに一円玉でも貼り付けてみればいい。

福岡春菜選手や田勢美紀江選手があのラバーを使っているのは、安定性とのバランスをとっているから。
決して変化性能だけで選んでいるわけじゃない。

オーストリアのカットマン、陳衛星選手は以前はカールP1Rだった。
TSPは前陣向けとして出してるラバーだ。
要するに好み。

前陣向きならどちらかと言えばカールシリーズ、カット向きはフェイントロング系かな。
軽打から強打まで、変化を付けて返し易いのがカール系、強ドライブをぶち切れカットで返し易いのがフェイントロング系。

さて、個別の回答。

1....続きを読む

Qグリップテープについてのルールは?

こんにちは、シェークハンドでピンポン がんばっています。
大きな悩みがあります。それは、シェークハンドのグリップに汗が付いて滑ってしまう事です。グリップテープを巻きましたが、汗を吸ってじきにテープの粘着を落ちて剥がれやすくなります。また、汗を吸って清潔感もなくなります。それよりグリップ側が、テープに染み込んだ汗とラケットの柄にも染み込み二重に重く感じられます。
そこで質問です。
最近になってある地元の職人さんが、あるプロスポーツ選手からも認められている滑り止めがある事を発見しました。これは、卓球のラケットにも抜群です。手作りの手触り感は、すばらしく肌理の細やかさ・耐久性・加工性どれをとってもいままでのグリップテープの次元を超えています。しかし、いくら良くてもこのテープを貼って卓球の試合に出たら失格では意味がありません。ラケットグリップ部位に貼るものに何か規定がありますか?知っている方、教えて下さい。

Aベストアンサー

写真で見る限り、全く問題ありません。
むしろ、メーカーにこのタイプのグリップテープを発売してもらいたいくらいです。
これで文句をつけてくる人はまず居ない筈です。
使用可能かどうかは、公認品であるかどうかにかかわらず、最終的にはその大会の審判長に委ねられます。
もし試合相手がいちゃもんを付けてきたら、審判⇒審判長まで上告して争いましょう。f^_^;
必ず勝てます。


人気Q&Aランキング