以下の条件でアルバイトをしております。

勤務時間:9:00~18:00(うち休息時間1時間)
所定外労働:させることができる(最大10時間)
所定外労働賃金の取り決めはなし
休日:土、日、祝日

実際は1日平均2~3時間の残業がありますが、雇用者側は日給制ということで
何時間残業しても1日分(8時間分)の賃金を払えば問題ないという考えです。
土日は休日なのですが、出勤することがあります。そのときは1日分の給料は
出ますが割り増しはありません。

このようなことが、労働基準法において問題ないのでしょうか?

アドバイスお願いいたします。

A 回答 (3件)

会社の業種、業態が不明なので一般論でいいます。



労働基準法第32条において1日8時間、1週40時間というのが大原則で、それを越える場合においては、当然に割増賃金を支払わなければならない。
所定労働時間が何時間であっても、法定時間を越えてしまえば支払い義務があるということです。

休日出勤について1週に1日もしくは4週において4日の休みを与えればよい。
土曜日は所定休日で日曜日が法定休日と判断できるのですが、1週に1日つまり日曜日に休みを与えていれば、土曜日の出勤について割増賃金の支払い義務はない。

残業手当(割増賃金)の支払いすら渋るようなところでは、休日出勤の支払いも・・・想像はできます。

いずれにせよ違法性は、かなり高いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございまいた。
違法性がかなり高いことが理解できました。

お礼日時:2002/02/11 21:23

労働基準法第32条~第37条あたりをご確認ください。


割増率については、労働基準法第37条第1項の時間外及び休日の割増賃金に係る率の最低限度を定める政令をご確認ください。

違反になると思います。
労働基準監督署に訴えることもできると思いますが・・・

参考URL:http://www.houko.com/00/FS_ON.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。労働基準監督署に問い合わせてみます。

お礼日時:2002/02/11 21:30

労基法の規定では、アルバイトでも、規定の労働時間を超えて残業をした場合は、時間外手当を支払う必要があります。


休日に出勤した場合も、日曜日などの法定休日については割増賃金を支払うことが必要です。
法定休日でない、土曜日に出勤した場合は割増賃金の支払いは必要有りません。

割増賃金は、日給制の場合は、1日の所定労働時間数で割った1時間単価を1.25倍して1時間あたりの割増賃金を計算します。
休日労働は、1日の賃金の1.35倍が、割増賃金です。

これを支払わないことは、労基法に違反していますから、事業主の話すか、労基署に相談(匿名も可)しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
労基法に違反していることを事業主に話します。

お礼日時:2002/02/11 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年間休日92日ってどんな感じですか?

ハローワークの求人で年間休日日数が92日の求人がありました。
休日は日祝となっていました。

年間休日92日って完全週休二日じゃないのはわかるのですが、どんな感じなのでしょうか?日祝以 外の休みの間隔は二週間に一回週休二日って感じですかね?

Aベストアンサー

日曜日は52日、国民の祝日は15日、年末年始で6日、夏休みも5日とするとこれで78日、これ以外に14日の休みがあるということになります。52週のうち夏休みと年末年始の2回を除くと50週、50÷14=3.6週に1回は日祝以外の週休があるという感じですね。2週に1回よりは少なくなりそうです。

Q休日が、日祝のみの場合、主婦なんですが・・・?

現在仕事を探しています。

既婚者 32歳 子供なし 条件が良い求人を望むことは難しいんですが、
理想としては、月2回は週休二日制のところがいいなぁと思っています。
しかし、現実は、求人自体が少ないのでそんな贅沢は言ってられそうにありません。

昨日、日祝のみ休み(土曜は12時半まで)という求人が家から歩いて5分くらい
のところであったんですが、どうしようか迷っています。

休みが2日あれば、一日は掃除の日で後1日はゆっくりできそうな気がするんですが
日曜だけだと、いろんな用事をしているうちにあっと言う間に終わってしまいそう
です。

その求人は、条件的にはまあまあいいのでおそらく残業も多いと思います。(時間外は15時間と書いてありました)土曜日
も表向きは12時半となってますが、実際は、3,4時だろうとは思っています。

主人は、まったく手伝ってくれるタイプではありません。
こういう環境の中、面接に行こうか行くまいか決断できずにいます。
経験談など何でも結構ですのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#2で回答しましたchoco87です。
お返事を読ませて頂きました。

私の回答にさぞ傷つかれたかと思います。
実は『もしかしたら』という思いもあって
それでもあの回答にしたのです。
ほんとにごめんなさい。
ただそういう理由で断られることも
あるのだということを知って欲しかったのです。
正社員募集ということで面接に行かれるなら
採用されないことも覚悟した上で
希望を言ってみてはどうでしょうか??
やはり勤めはじめると無理は言えなくなり
hukutuuさんが仕事でも家庭でも
負担が増えてしまうからです。
女性が仕事を持つと負担が増えることはあっても
減ることはありません。
旦那さんの協力が得られ難い状況ですから
なるべく家事に時間を当てられる
パートやアルバイトをお薦めます。

なかなかこの不況で自分の希望する
職種になかなか出会えません。
仕事が気に入っても人間関係が
思わしくないこともあります。
もしお金に困っているという理由で
仕事を探しているのでないのなら
じっくり探していいのではないでしょうか??
その間に習い事をしたり
ボランティアや図書館に行くとか
自分のしたいことを見つけて見て下さい。

ほんとに不躾な回答をしたことを
心よりお詫び致します。
しかし間違った回答をしたわけでは
ないのでその点も考慮して下さい。

ご参考になれば幸いです。

#2で回答しましたchoco87です。
お返事を読ませて頂きました。

私の回答にさぞ傷つかれたかと思います。
実は『もしかしたら』という思いもあって
それでもあの回答にしたのです。
ほんとにごめんなさい。
ただそういう理由で断られることも
あるのだということを知って欲しかったのです。
正社員募集ということで面接に行かれるなら
採用されないことも覚悟した上で
希望を言ってみてはどうでしょうか??
やはり勤めはじめると無理は言えなくなり
hukutuuさんが仕事でも家庭でも
負担が増えて...続きを読む

Q月間残業45時間は給与日起算?それともカレンダー起算?

36協定で月間45時間、繁忙期60時間の取り決めがありますが。
この起算は給与締日起算でしょうか?それともカレンダー起算?それともどちらも超過した場合は罰則があるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

月です。カレンダー

繁忙期は、単発か、
長くて一週間程度、

一週間毎日二時間も多く、残業してしまったら、
あとは、通常通りです。

そもそも、
そこまで残業させる企業は少ないでしょうが……

早期退社をしなければいけない、
ハッピーフライデーなど、
休みも増えていると思いますので。

Q所定給付日数210日の場合は?

 現在、失業中です。
所定給付日数の残日数が三分の一以上、かつ、45日ある場合、再就職手当てが支給されるそうですが
たとえば支給残日数が、48日残ってるのに職が決まった場合は何か手当てがでるのでしょうか?

Aベストアンサー

「残日数が三分の一以上、かつ、45日ある場合」という支給要件は
「または」でなく「かつ」なので、どちらも満たしている必要があります。
残日数48日は、所定給付日数210日の三分の一である70日以上ないので、
支給要件を満たさず、再就職手当には該当しないでしょう。
usuhiroさんが障害者など就職困難者であれば「常用就職支度金」という制度も
ありますけどね。
もう一度「受給資格者のしおり」を見直してみられては。

Q試用期間中の最低賃金について

某中堅チェーン店のコンビニエンスストアで、土日のみのアルバイト採用となったのですが、
採用通知の際雇用者から「1ヶ月の試用期間を設け、その期間中、時給は通常額(680円)の半額(340円)になる」と説明を受けました。
ところが友人にその旨を話したところ「最低賃金を大幅に下回っているので労基法違反は明確。そんな不良雇用者の経営店はすぐ辞退した方がよい」とアドバイスされました。
この友人の意見は法的に正当性のあるものなのでしょうか?また、こういったことに関する事案は、どちらの公的機関に報告するのがよろしいでしょうか?
どなたかご存知の方、どういった事でもよいのでアドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

 最低賃金法と言う法律があり、都道府県毎に1時間の最低賃金が職種毎に決められています。この最低額を下回る賃金で雇用することは、この法律に違反することになります。アルバイトであっても、この法律が適用されます。

 この法律に関する公的機関は、労働基準監督署になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報